*

【アプリ紹介】eLyric iPhone/iPod Touch版

※この記事のデータ等は基本的に2012年2月29日時点のものです



基本的にはかなりiPad版とかぶるので、iPad版の記事を合わせて参照されたい。
物理的に大きさの違うiPad版とは微妙に評価が異なる。



●イントロダクション
iPad版参照。


●検証環境
無線LANルーター:Buffalo WZR-HP-G450H
NAS:QNAP TS-119 firmware version 3.6.0 Build 0210T
サーバーソフト:TwonkyServer version 6.0.38
レンダラー:MAJIK DS-I
コントローラー:iPhone3GS


●インターフェース&コントロール
縦画面専用である。

いかした起動画面。
s_App再生画面 002


「Devices」――機器の選択画面。
s_App再生画面 001


「Music」――曲の検索画面。
s_App再生画面 003


音源の階層を下り、曲を選択するとiPad版同様のウィンドウが出現。
「Play Now」は問答無用でいますぐ再生、
「Play Next」はプレイリストの次の曲に割り込み登録、
「Add to Queue」はプレイリストの最後に追加、
「Add to Favorites」はアプリ内で管理するお気に入りに追加(イマイチ使い道がない)、
「Replace Queue」はプレイリストのクリアと追加のセット。
s_App再生画面 011
s_App再生画面 005


再生が始まると、自動的に再生中の曲情報が表示される。
ここで左上の「←」を押すと選曲画面に戻る。
s_App再生画面 008


再生中の画面右上の「i」を押すと、iPad版同様アーティストの情報がwiki的に表示される。
ここで右上の「Done」を押すと再生中画面に戻る。
s_App再生画面 009


プレイリストの確認は画面下の「Queue」にて。
左上の「Help」を押すと、iPad版同様のヘルプ一覧が表示される。
s_App再生画面 010



●機能
・再生:〇
・一時停止:〇
・停止:×
・曲送り:〇
・サーチ:〇
・ランダム再生:×
・リピート再生:×
・プレイリストでの再生管理:〇
・プレイリストの保存:〇
・検索ウィンドウ:〇
・アルバムアート拡大:〇
・音源のスペック表示:×
・音量調整:〇
・ミュート:×
・機器の入力切替:× (DS使用時)
・電源オンオフ:× (DS使用時)
・機器の再検索:〇

出来ることは基本的にiPad版と同じ。
しかし、iPod Touch版ではなぜか「Radio」という項目がある。
s_App再生画面 012



●操作感
速度検証:48.8秒  ※速度検証の詳細についてはこの記事を参照(iPhone3GSで検証)
他のアプリにも言えることだが、情報の一覧性という点でiPhone/iPod Touch版はiPad版に遠く及ばず、曲を選んで再生、という一連の手順でも画面そのものの切り替えが何度も発生する。その結果、iPad版に比べて再生までに要する時間も長くかかってしまう。
とはいえ、手間というほどのものでもなく、画面の切り替え自体もスムーズなため、それほど待たされている感は無い。落ちることもなく、安定性は相変わらず高い。
ただし、検証に使っているのが既にロートルなiPhone3GSということも関係してか、画像の取得時間にやや時間がかかり、スクロールもかくつくことがあった。



●まとめ
一画面で多くの情報を表示でき、ボタン等の配置も容易なiPad版とは異なり、iPhone/iPod Touchは少々違ったインターフェースを求められる。一画面に大量の情報を表示しようと思っても物理的な大きさという点で限界があるし、かといって表示する情報量を少なくしすぎると今度は操作にあたって画面の切り替えが多くなってしまう。
そんな中、eLyricはiPhone/iPod Touch版においても、iPad版同様うまくまとめられており、欠点というほどのものも無い。

PS Audioの研究熱心さがよくわかる、よくできたアプリと言える。
ただし、出来ればiPad版の方を使うべきアプリである。


5段階評価――3あれば及第点

・インターフェースの洗練度――3
・情報の一覧性――3
・速度――3
・機能性――3
・安定性――4



ネットワークオーディオTipsまとめ

スポンサーリンク


関連記事

aria music serverが日本上陸

ハイレゾサラウンド音楽サーバー「aria」とは? - av watch  海外では「ストレージ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第192回『パーフェクトブルー』

オタクの描写が的確かつ重すぎる 「これがお前らだ!!」と…… 監督…… 画質:6 音質

記事を読む

SFORZATO DSP-01への並々ならぬ期待

【ヘッドホン祭】スフォルツァート、11.2MHz DSD対応ネットワークプレーヤー「DSP-01」/

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】スピーカーの配置② ― 天井にスピーカーを設置できない場合

 前回の記事で、私の部屋におけるスピーカーの配置を下図のとおり決定した。  ただし、こ

記事を読む

canarino Fils 単体サーバー編 その2

その1  懸案だったアナログ電源を手に入れて状況が整ったので、さっそくその2。  決戦編

記事を読む

JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化・実践編

JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化  かねてから言っている通り、私

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第187回『無皇刃譚』

画質:7 音質:9 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの24bit 画質につい

記事を読む

1,000,000PVに想う

 「言いたいことを言える場所を自分で作る」べく、このページを立ち上げたのは約2年前。  かつて

記事を読む

【Munich HIGH END 2016】Dynaudio The New Contour

The New Contour - Dynaudio  そうそう、こういうのでいいんだよこ

記事を読む

【BDレビュー】第253回『ロボコップ』 Remastered

画質:7 音質:9 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Audio 5.1

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

→もっと見る

PAGE TOP ↑