*

【アプリ紹介】eLyric iPhone/iPod Touch版

※この記事のデータ等は基本的に2012年2月29日時点のものです



基本的にはかなりiPad版とかぶるので、iPad版の記事を合わせて参照されたい。
物理的に大きさの違うiPad版とは微妙に評価が異なる。



●イントロダクション
iPad版参照。


●検証環境
無線LANルーター:Buffalo WZR-HP-G450H
NAS:QNAP TS-119 firmware version 3.6.0 Build 0210T
サーバーソフト:TwonkyServer version 6.0.38
レンダラー:MAJIK DS-I
コントローラー:iPhone3GS


●インターフェース&コントロール
縦画面専用である。

いかした起動画面。
s_App再生画面 002


「Devices」――機器の選択画面。
s_App再生画面 001


「Music」――曲の検索画面。
s_App再生画面 003


音源の階層を下り、曲を選択するとiPad版同様のウィンドウが出現。
「Play Now」は問答無用でいますぐ再生、
「Play Next」はプレイリストの次の曲に割り込み登録、
「Add to Queue」はプレイリストの最後に追加、
「Add to Favorites」はアプリ内で管理するお気に入りに追加(イマイチ使い道がない)、
「Replace Queue」はプレイリストのクリアと追加のセット。
s_App再生画面 011
s_App再生画面 005


再生が始まると、自動的に再生中の曲情報が表示される。
ここで左上の「←」を押すと選曲画面に戻る。
s_App再生画面 008


再生中の画面右上の「i」を押すと、iPad版同様アーティストの情報がwiki的に表示される。
ここで右上の「Done」を押すと再生中画面に戻る。
s_App再生画面 009


プレイリストの確認は画面下の「Queue」にて。
左上の「Help」を押すと、iPad版同様のヘルプ一覧が表示される。
s_App再生画面 010



●機能
・再生:〇
・一時停止:〇
・停止:×
・曲送り:〇
・サーチ:〇
・ランダム再生:×
・リピート再生:×
・プレイリストでの再生管理:〇
・プレイリストの保存:〇
・検索ウィンドウ:〇
・アルバムアート拡大:〇
・音源のスペック表示:×
・音量調整:〇
・ミュート:×
・機器の入力切替:× (DS使用時)
・電源オンオフ:× (DS使用時)
・機器の再検索:〇

出来ることは基本的にiPad版と同じ。
しかし、iPod Touch版ではなぜか「Radio」という項目がある。
s_App再生画面 012



●操作感
速度検証:48.8秒  ※速度検証の詳細についてはこの記事を参照(iPhone3GSで検証)
他のアプリにも言えることだが、情報の一覧性という点でiPhone/iPod Touch版はiPad版に遠く及ばず、曲を選んで再生、という一連の手順でも画面そのものの切り替えが何度も発生する。その結果、iPad版に比べて再生までに要する時間も長くかかってしまう。
とはいえ、手間というほどのものでもなく、画面の切り替え自体もスムーズなため、それほど待たされている感は無い。落ちることもなく、安定性は相変わらず高い。
ただし、検証に使っているのが既にロートルなiPhone3GSということも関係してか、画像の取得時間にやや時間がかかり、スクロールもかくつくことがあった。



●まとめ
一画面で多くの情報を表示でき、ボタン等の配置も容易なiPad版とは異なり、iPhone/iPod Touchは少々違ったインターフェースを求められる。一画面に大量の情報を表示しようと思っても物理的な大きさという点で限界があるし、かといって表示する情報量を少なくしすぎると今度は操作にあたって画面の切り替えが多くなってしまう。
そんな中、eLyricはiPhone/iPod Touch版においても、iPad版同様うまくまとめられており、欠点というほどのものも無い。

PS Audioの研究熱心さがよくわかる、よくできたアプリと言える。
ただし、出来ればiPad版の方を使うべきアプリである。


5段階評価――3あれば及第点

・インターフェースの洗練度――3
・情報の一覧性――3
・速度――3
・機能性――3
・安定性――4



ネットワークオーディオTipsまとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第225回『ヒトラー ~最期の12日間~』

画質:8 音質:12 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit 画質につ

記事を読む

【BDレビュー】第336回『クロニクル』

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

OPPO Sonica DAC

<ヘッドホン祭>OPPOのネットワークプレーヤー「Sonica DAC」/MrSpeakersの静電

記事を読む

【BDレビュー】第293回『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 【Dolby Atmos】

画質:13 音質:13 映像:AVC 音声:Dolby Atmos

記事を読む

【BDレビュー】 第234回『パシフィック・リム』 北米盤

居ても立っても居られず 画質:15 音質:15 映像はAVC、音声はDTS-HD

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Beat

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall Trio / Beat

記事を読む

【ネットワークオーディオ】LUMIN Appの詳細な挙動とささやかな改善案

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ 【ネットワークオーディオTips】コントロール

記事を読む

【音源管理の精髄】 『タグ』を編集する 【ネットワークオーディオTips】

 タグとは何か。  タグとはなぜ重要か。  タグに関するありがちな誤解とは。  三回連続で

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 Roon Does

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第76回『イノセンス』 アブソリュート・エディション

画質:14 音質:12   ※旧版は12の9 映像はAVCで基本30台のハイビットレート。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑