*

【アプリ紹介】eLyric iPad版

※この記事のデータ等は2012年2月28日時点のものです



●イントロダクション
『eLyric』とはアメリカのオーディオメーカー、PS Audioがリリースしているネットワークオーディオのコントロールアプリである。PS Audioとはご存じのとおり、ネットワークブリッジを追加することでネットワークプレーヤーになるPWDというDACを発売している。eLyricは基本的にはPWD用の純正アプリという立ち位置だが、LINNのKinskyと同様、UPnP/DLNA対応の汎用アプリとして動作する。さらに試してはいないが、『eLyric Music Manager』というPC用音源管理・再生・サーバーソフトも自前で用意しているという徹底ぶり。その意気やよし。

価格はiPod Touch/iPad共用で850円。

さて、私は前に「メーカーが提供するコントロールアプリの出来も含めてネットワークプレーヤーの商品価値である」という意味のことを言ったが、果たしてこのことをきちんと理解しているメーカーは一体どれほどあるのだろうか?


●検証環境
無線LANルーター:Buffalo WZR-HP-G450H
NAS:QNAP TS-119 firmware version 3.6.0 Build 0210T
サーバーソフト:TwonkyServer version 6.0.38
レンダラー:MAJIK DS-I
コントローラー:iPad2


●インターフェース&コントロール
まず、eLyricは“横画面”専用である。

いかした起動画面。
s_App再生画面 002


基本インターフェース。各要素に含まれるアイテムの数が表示される。
左上に使用中のサーバー名、上には検索ウィンドウがある。
s_App再生画面 003


楽曲を選択するとこんなウィンドウが出てきて、再生時の扱いを聞いてくる。
「Play Now」は問答無用でいますぐ再生、
「Play Next」はプレイリストの次の曲に割り込み登録、
「Add to Queue」はプレイリストの最後に追加、
「Add to Favorites」はアプリ内で管理するお気に入りに追加(イマイチ使い道がない)、
「Replace Queue」はプレイリストのクリアと追加のセット。
s_App再生画面 004


再生が始まると、左下にアルバムアートがぴょこんと出てくる。
そしてこのウィンドウを押すと……
s_App再生画面 005


!?
s_App再生画面 009
ちなみに音源のスペックの表示機能は無し。(Fragile 96kHz/24bitと表示されているのは私がそういうアルバムタイトルにしているだけ)


プレイリストの確認、使用する機器の確認は右下の「Playlist」「Devices」で行う。
s_App再生画面 006
s_App再生画面 007


右下の「Help」は大したもので、PS Audioに関する説明からUPnPの説明、機器の接続の仕方に到るまでのガイドが現れる。ちなみにそれぞれの項目を選択するとブラウザが起動する形になる。
s_App再生画面 008



●機能
・再生:〇
・一時停止:〇
・停止:×
・曲送り:〇
・サーチ:〇
・ランダム再生:×
・リピート再生:×
・プレイリストでの再生管理:〇
・プレイリストの保存:〇
・検索ウィンドウ:〇
・アルバムアート拡大:〇
・音源のスペック表示:×
・音量調整:〇
・ミュート:×
・機器の入力切替:× (DS使用時)
・電源オンオフ:× (DS使用時)
・機器の再検索:〇

機器の入力切替や電源オンオフといった機能は、純正であるPWDとの組み合わせでは項目が現れるかもしれないが(こういうことはよくある)、DS使用時では不明。

その他に特筆すべきは、アルバムアート拡大時、再生中の楽曲のアーティスト情報がwiki的にぶわっと表示されること。どこぞの音楽情報サイトから引っ張ってきているらしいが、これがかなりヒットする。SSにあるように、私が敬愛する光田康典氏といった日本人アーティストも結構ひっかかるし、試してみたところ初音ミクやら巡音ルカやら、はては同人音楽界隈まで拾ってくる。
日本人アーティストもひっくるめて全部英語表記なのでアレだが、私の知る限りeLyricにしかない素敵な機能である。
s_App再生画面 010


また、「Devices」において“再検索”ボタンがあるのはポイント高し。何かの間違いで機器が見つからない場合は往々にしてあるもので、この機能があるかないかでアプリの再起動の手間が省けて非常に助かるのである。
s_App再生画面 007


なお、レンダラーにiPadを選ぶとAirPlayも使える。わりとどうでもいい。


●操作感
速度検証:33.8秒  ※速度検証の詳細についてはこの記事を参照
SongBook Lite、ChorusDSに続く速さであり、これは操作していてストレスをほとんど感じないレベルのレスポンスを実現しているということに他ならない。
インターフェースもそつなく洗練され、再生に必要な機能も過不足なく備えており、アルバムアートの取得も速く、さらにスクロールもじゅうぶん滑らかと、かなり高いレベルにある。強いて言えば、ひとつの画面で再生操作からプレイリストの管理までできると申し分なかったのだが、逆に言えば弱点といえばそのくらいしかない。
安定性も問題なし。常識的な運指で使う限り、落ちることも固まることもなかった。



●まとめ
「メーカーが提供するコントロールアプリの出来も含めてネットワークプレーヤーの商品価値である」という意味のことを言ったが、果たしてこのことをきちんと理解しているメーカーは一体どれほどあるのだろうか?

答え:殆ど無い。でも、PS Audioはわかっている。

PS Audioは先行するSongBookやChorusDSをかなり研究したのだろう。操作感や機能も含めて、使っていて不満を覚えないレベルに仕上げられている。しかも汎用アプリとして機能する。この辺、無様な国産純正アプリとは大違いである。


5段階評価――3あれば及第点

・インターフェースの洗練度――4
・情報の一覧性――3
・速度――4
・機能性――3
・安定性――4

これで850円はお買い得である。
完実電気はもっとこのアプリの存在をプッシュすべき。



ネットワークオーディオTipsまとめ

スポンサーリンク


関連記事

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server  日本未上

記事を読む

【ネットワークオーディオ】foobar2000 UPnP ServerでDSDを配信したかった

 今のところ、私が限られた時間と機材と投資額の中で実際に確認した、「DSDを配信可能なサーバーソフト

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Cho-Liang Lin / Vivaldi: The Four Seasons

・アーティスト / アルバムタイトル Cho-Liang Lin / Vivaldi:

記事を読む

【アプリ紹介】 LUMIN App

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ 【ネットワークオーディオTips】コントロール

記事を読む

【UHD BDレビュー】第24回『マグニフィセント・セブン』 【Dolby Atmos】

画質:8 音質:13 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:HEVC 

記事を読む

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・追記】

記事を読む

【音源管理の精髄】 ハイレゾ音源! ……でもちょっと待った 【ネットワークオーディオTips】

 12月18日にエヴァのハイレゾが出て、かつ色んな意味で期待通りだったので予定通り書くとしよう。

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】BDと歩んだ7年半

 最初に、一番最初に再生したBDはたしか『ステルス』だったような気がする。  発売からあまり間を置

記事を読む

【BDレビュー】第320回『白鯨との闘い』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:Dolb

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第188回『パットン 大戦車軍団』

画質:10 音質:6 映像はAVC、音声はDTS-HDMA・24bit 画質について

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑