*

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編


 ドライバをインストールしたので設定パネルを開きたいのだが……
 ここにはない。


 ここにあった。


 この時点でNmode- X-DP10を接続していないので、機器は何も表示されていない。



 X-DP10を接続する。
 出た。


 そして例のJPLAYモード。
 ポチッ。



 さて……


 それでは、JPLAY・700Hz/0.01sec再生チャレンジを行う。




 音源のフォーマットは上から、

PCM 44.1kHz/16bit
PCM 44.1kHz/24bit
PCM 48kHz/24bit
PCM 88.2kHz/24bit
PCM 96kHz/24bit
PCM 176.4kHz/24bit
PCM 192kHz/24bit
PCM 352.8kHz/24bit
DSD 2.8MHz
DSD 5.6MHz
DSD 11.2MHz

 
 使用PCはcanarino Filsで、JPLAYのシングルPCモード。
 JPLAYのためにCPUの動作を制限したりBIOSにまで潜って諸々の設定をしたり、そういったことは特に行っていない。

 サーバーソフトはPCM全部とDSD 2.8MHzはAsset UPnP、DSD 5.6MHz/11.2MHzはMinimServerを使用。
 コントロールアプリは見てのとおりBubbleUPnP。


 結果。


PCM全部とDSD 2.8MHz:ド安定 問題なく再生可能

DSD 5.6MHz:不安定 音切れ&次の曲が再生されないことが頻発

DSD 11.2MHz:無理 そもそも再生不可能か、冒頭が一瞬だけ再生されてすぐ止まる

※X-DP10そのものはDSD 11.2MHzまでの再生が可能であり、JPLAYの設定を350Hz/0.01secにすると、DSD 5.6MHz/11.2MHzでもド安定で再生可能になった。


 私自身はPCをいじくりまわしてJPLAYをDAC Link 700Hz/PC Buffer 0.01sec設定で安定再生させるエクストリームスポーツにたいして興味はないのだが、現にこれだけ大騒ぎされている以上、紹介する側として無視はできない。

 所有しているiFI nano iDSDやOPPO Sonica DACもレイテンシーの設定が可能であり、JPLAYの700Hz/0.01sec設定でも音は出せた。しかし、それは単に「選べる」というレベルでしかなく、安定再生とは程遠かったことも事実。DSDどころか、場合によってはPCM 44.1kHz/16bitの音源でさえ、一曲通して再生されることを祈りながら聴いていたような有様だった。
 「700Hz/0.01sec設定でなければJPLAYの真価を発揮したことにはならない」などという強迫観念に囚われてしまったなら、こんな有様では心穏やかに音楽を楽しむこと自体、夢のまた夢になってしまう。

 一応付け加えると、レイテンシーの設定やKernel Streamingに対応するか否かだけでUSB DACの価値を計ったり、Asset UPnPやMinimServerといったそれ自体で価値のあるソフトをまるでJPLAYの付属品のごとく扱ったりするような思想に私は与しない。
 良さを認めることと盲従することは違う。Roonもそうだし、JPLAYだってそうだ。

 まぁ色々あるが、実際に700Hz/0.01sec設定が音質的に高く評価されているなかで、Nmode X-DP10がJPLAYモードを搭載してきたことのインパクトは大きい。
 上記のとおり、700Hz/0.01sec設定下で従来とは隔絶した高い安定性を実現できていたのには素直に感嘆した。私の環境化ではDSD 5.6MHz/11.2MHzだけ今一歩及ばなかったとはいえ、存在する音源の実態を考えれば、ほとんどの場合で気にするような問題でもない。

 ちなみに私はcanarino FilsをJPLAY専用機にするつもりはなく、JPLAY以外でも常に大喰らいのRoon Server・JRiver Media Centerに加え、Twonky Server・Asset UPnP・MinimServerが動いている。そのため、JPLAYの安定再生にとって相当シビアな環境であると言えるのかもしれない。それでも、オーディオ用PCならではの美点、汎用機としての価値を潰すような真似をするつもりはない。



 というわけでJPLAYに関してはおしまい。



 JPLAY以外の再生ソフトでも、ASIOとWASAPIの両方で問題なくDSD 11.2MHzまでの再生を確認した。(画像はRoon)




 特に動作で不安はない。



 最後にアップサンプリングについて。

 フロントパネルのスイッチはカチカチとした固定切り替え式のように見えるが、実はニュートラルになっている。固定切り替え式ではないので、リモコンでの操作と競合しない。
 上に押す(倒す)とアップサンプリングオン(押すごとにPCMとDSDが切り替わる)、下に押すとオフになる。
 

 アップサンプリングを有効にすると、入力されたレートとアップサンプリングのレートが同時に表示される。
 PCMアップサンプリングの場合、44.1系列なら705.6kHz、48系列なら768kHzにアップサンプリングされる。
 DSDアップサンプリングの場合、PCM 44.1kHz/48kHzならDSD 5.6MHz、それ以外はDSD 11.2MHzにアップサンプリングされる。48系列も44.1系列と一緒くたの扱いを受けるのが少々気になるところだが……





 音質編に続く。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

しばしさらば、Focus200C

「センタースピーカーさえ無ければ」と何度思ったことか  Focus200Cを導入して最初に

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー オーディオユニオン・御茶の水 ハイエンド館

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  11月14

記事を読む

【ホームシアターでゲームをしよう!】第1回『The Last of Us』

 『The Last of Us』。  通称ラスアス。  2013年6月発売。プ

記事を読む

【レビュー】DELA N1Z ― 音楽の座

DELA N1Z 来たる 運用編 サーバーソフト編 音質編 USB DAC接続機能を試したか

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】BDと歩んだ7年半

 最初に、一番最初に再生したBDはたしか『ステルス』だったような気がする。  発売からあまり間を置

記事を読む

【レビュー】OPPO Sonica DAC 導入・外観編

ネットワーク編 音質編  待ちに待ったOPPO Sonica DACが届いた。

記事を読む

SOUND SPHEREでルームチューニングをしてみる

 オーディオを初めてかれこれ8年になるが、恥ずかしながら今の今まで「ルームチューニング」なるものを、

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Helge Lien Trio / Natsukashii

・アーティスト / アルバムタイトル Helge Lien Trio / Natsukashii

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Bill Evans / Waltz For Debby

・アーティスト / アルバムタイトル Bill Evans / Waltz For Debby

記事を読む

Nmode X-DP10

<ヘッドホン祭>Cocktail Audio、デジタル出力特化の新ミュージックサーバー/Rogers

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑