*

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 – GameSpark


 私のPS3に対する感情は、普通のゲーム機に対するものではなかった。

 PS3が発売された時はBDとHD DVDの規格戦争真っただ中。
 いかにAV業界から「所詮ゲーム機」と蔑まれようと、PS3がBDの普及において最大の役割を果たしていたことは疑う余地がないし、はじめからBDの優位性を確信していた私にとって、PS3とBDはもはや分けて考えられないほど強く結びついていた。BD不要論やPS3失敗論が幅を利かせていた当時、私にしてみれば「PS3の失敗」は「BDの失敗」と同義だったし、「PS3はただのゲーム機じゃないんだ!」などと息巻いていた記憶もある。若かった……

 BDの存在の大きさに加えて、初期のゲームタイトルの充実度がアレだったこともあって、今思えば、私自身PS3のことを最初は「ゲーム機」というよりも「BDプレーヤー」として見ていたのかもしれない。
 『RESISTANCE〜人類没落の日〜』でFPSの洗礼を受けたり、『ガンダム無双』で謎の感動を覚えたり、『COD4MW』であまりにも死にまくって心が折れそうになったり、『DMC4』で自分の下手糞ぶりにあらためて絶望したり、『アンチャーテッド』で洋ゲーの進歩に驚愕したりと、それなりにゲームもやっていたが、真にPS3をゲーム機として捉えられるようになったのは、2008年初頭にBDの勝利が確定してからだったように思う。

 その後、初期の苦しみを経て2008年の『MGS4』、2009年の『アンチャーテッド2』、2010年の『GOW3』といった傑出したタイトルが次々に登場し、さらに単体BDプレーヤーを導入したこともあって、PS3は私の中でようやく本来のゲーム機としての立ち位置に収まっていった。
 一方で、BDによって大きく開花した「画と音へのこだわり」はPS3を純粋にゲーム機として扱うようになってからも消えることはなく、「ホームシアターでゲームをしよう!」という新たな発想にも繋がっていった。私のオーディオ・ビジュアル趣味の遍歴において、PS3の存在はとてつもなく大きい。

 PS4はPS3とは異なり、最初からいい具合に肩の力を抜いて、純粋にゲーム機としての立ち位置に専念している。その結果として、今日の世界的な成功がある。PS4 ProがUHD BDに対応しないとなった時、ごく一部の界隈から極めて身勝手な批判が噴出したが(そもそもゲームなんてやらないくせに)、まったく的外れもいいところだ。無論私とて、オーディオビジュアルを趣味とする者としてPS4 ProにUHD BDに対応してほしかったのは事実だが、こんなものは単なる個人的な願望に過ぎないと承知している。
 PS4はあくまでもゲーム機なのであって、以前のように新メディアの立ち上げに協力させられる筋合いなどない。
 むしろその点、PS3はゲーム機としての立ち位置に加えてBDの普及拡大を立派に成し遂げたのだから、その功績は偉大と言うほかないだろう。


 ありがとう、PS3。

 長きに渡り、お疲れ様でした。

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオ】LUMIN Appの詳細な挙動とささやかな改善案

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ 【ネットワークオーディオTips】コントロール

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第111回『インクレディブル・ハルク』

画質:9 音質:7 映像はAVCでSPEの手堅いエンコード。 音声はドルビーTRUEHD

記事を読む

canarino Fils あらためてソフト編

canarino Fils ― デジタル・ファイル再生の原器 ついにデジタル・ファイル再生の原器を

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第166回『美女と野獣』

画質:15 音質:10 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit、7.1ch

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第194回『ワイルド・スピード クアドリロジー』

『ワイルド・スピード』 画質:7 音質:8 『ワイルド・スピード X2』 画質:7 音質:8 『

記事を読む

ECLIPSE TD316SWMK2 いろんなタイトルとの組み合わせ④

0.1の壁 導入編 リファレンスBD10タイトルとの組み合わせ いろんなタイトルとの組み合わせ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第176回『ツイスター』

「ツイスター」といえば、この映画かサガフロのスカイツイスター 90年代のこの手の映画は「いよいよ本

記事を読む

DMP-UB90のキャンペーンのプレゼントが届いた

早くプレーヤー買えばUHD BD2枚あげるよキャンペーン  DMP-UB90のキャンペーンのプ

記事を読む

Roon Readyになりました

 いつものようにRoonのボスのEnno Vandermeer氏とやり取りするなかで 「いつも

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第127回『BLOOD THE LAST VAMPIRE』

フルデジタル製作黎明期の傑作。 デジタルという言葉から連想される機械的無機質さは全く無く、むしろ非

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. ぱんら より:

    あれー、とうとう出荷終了なんですか…
    うちのメーンネットワークAVプレーヤーなんですよね、
    軽快な’UIに慣れた身には代替機種が思い浮かばない…
    予備にもう一台買っとこうか…

  2. しかも より:

    洋ゲーと任天堂ゲーしか興味ない私は
    XBOX360とWiiで十分でしたね。
    bdは専用プレーヤーで見てました

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪】力水、復活!

 記事にするのが遅きに失した感はあるが、こういうのはきちんとフォローし

季刊・オーディオアクセサリー 167号で記事を執筆しました

 本日発売。 ・Cocktail Audio X50D

【イベント報告】11/18にダイナミックオーディオ5555でファイル再生のセミナーを行いました

予告編:【イベント情報】11/18(土)にダイナミックオーディオ555

【UHD BDレビュー】第44回『ドラキュラ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

UHD BDはこの先生きのこれるか

DEGジャパン、4KのUHD BDは「4K Ultra HDブルーレイ

NASやネットワークプレーヤーの設定などを行う訪問サポート

 ……が始まるのだそうだ。 ブライトーン、NASやネットワー

Stereo 2017年12月号で記事を執筆しました

Stereo 2017年12月号 - 音楽之友社 ・20

【朗報】雪

 雪の夜。  防音や遮音の結果生じるものとは異次元の静寂

【悲報】雪

 夜行バスでセミナーから帰ってきたらこのありさま。

【UHD BDレビュー】第43回『ワイルド・スピード ICE BREAK』 【DTS:X】

画質:7 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第42回『未知との遭遇』 米国盤

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第41回『ブレードランナー』 【Dolby Atmos】

ようやく昨日2049を見てきました 【BDレビュー】

月刊HiVi 2017年12月号に記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 12月号 11/17発売 半

【BDレビュー】第348回『この世界の片隅に』

画質:9 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

TuneBrowserを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

 四年ほど前から、TuneBrowserというWindows用の再生ソ

【BDレビュー】第347回『夜明け告げるルーのうた』

画質:8 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

Twonky Server 8.5、WAVのタグが……!

 こないだ、Twonky Serverのバージョンが8.5になった。

【BDレビュー】第346回『BLAME!』 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNTITLED

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan & bohemianvoodoo / color & monochrome 2

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

→もっと見る

PAGE TOP ↑