*

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。
 昨年は当ブログにお越しいただきありがとうございました。



 というわけで、2016年の言の葉の穴を数字で振り返る。


 ブログ開設(2013/05/21)からの推移。


 月間10万PVが安定した。密かに昨年中の3,000,000PVを狙っていたが達成ならず。
 なお地元ネタの記事はオーディオ記事に比べて限りなくアクセスが少ない模様。
 これから、これから……




 続いて、去年の元旦の呟きのレビュー。


・オブジェクトベースシアターへの道を完結させる


 完結!



・UHD BDのタイトルラインナップの迅速な拡充

 ほんの少しでも出し惜しみをしようものなら、映像メディアとしての立ち位置を確立することすらできずあっという間にNetflixやら何やらの映像配信サービスに食い潰されてUHD BDは死産に終わる、そんな気がしてならない。BDですら、本当の意味で浸透したとは言えない有様なのだ。UHD BDを取り巻く状況は極めて厳しいと言わざるを得ない。ただ、いちオーディオビジュアルファンとして、その船出を応援せずにはいられない。
 とりあえず、フォースの覚醒を間違いなくUHD BDで出してくれれば。


 んー……
 現時点でのUHD BDリリースは百数十枚。一年目としてこの数字は多いのか少ないのか謎だが、Hなんとかに邪魔されていたBDの時と比べるとだいぶ立ち上がりは早いように思う。新作だけでなく、旧作のUHD BD化もそれなりに出ている。
 ちなみにフォースの覚醒はUHD BDで出なかった。ディズニーの沈黙は続く。

【UHD BDレビュー】総まとめ



・「オーディオ&オーディオビジュアルは楽しい!」をもっともっと伝える


 伝わりましたか……?

【ホームシアターでゲームをしよう!】



・ネットワークオーディオのさらなる浸透


 Roonのおかげで、いわゆるPCオーディオといわゆるネットワークオーディオの垣根、無意味な田一縷の構図が一層崩れたように思う。
 「快適な音楽再生」というネットワークオーディオの本懐、「実際に使って、どうなのか」を伝える旅路は続く。



・オーディオネタ以外の記事も書く


 漫画が出ました
 それ以外でも、「神様セカンドライフ」のおかげでついにタガが外れて地元ネタ解禁。
 今年の地元ネタは倍増どころでは済むまい。




 さらに続いて、2017年の目標やら展望やら。


・ネットワークオーディオのさらなる浸透

 終わりはない。
 Roonしかり、JPLAYしかり、ミュージックサーバーの興隆しかり、ネットワークオーディオをやるうえでの環境はかつてないほど整っている。
 本質を見誤ることなく、その魅力を伝え続けていきたい。


・オーディオビジュアルの楽しさをもっともっと伝える

 終わりはない。
 【ホームシアターでゲームをしよう!】をもっと充実させねば……


・4K/HDRディスプレイの導入

 主に経済的な理由でプロジェクターは限りなく難しいので、とりあえず何かしらのテレビを手に入れることになるだろう。その時は【UHD BDレビュー】も4K/HDR仕様にバージョンアップである。


・地元ネタの拡充

 仕込みは色々と済んでいるので、おそらく雪が融けた辺りから本格的に始まるはず。
 菅江真澄と、小野小町と、さらに柱をもう一本。



 それでは、今年も「言の葉の穴」をよろしくお願いいたします。



2014-2015
2015-2016

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第200回『善き人のためのソナタ』

足かけ約5年、記念すべき200回目は、 「爆発とかしない映画で一本だけ選べ」と言われたら選ぶ作品

記事を読む

続・なぜ、オーディオなのか?

 前回の続き。  大枚を叩いて購入したHD595は、私にある確信をもたらした。  「再生機器

記事を読む

【RoonReady】Brinkmann Nyquist DAC 【Munich HIGH END 2016】

Brinkmann Nyquist DAC  PCM 384kHz/32bit、DSD12

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第217回『トップをねらえ!』

お前とアマノは ひとりひとりでは単なる火だが…… ふたり合わせれば炎となる! 炎となったガ

記事を読む

【BDレビュー】第326回『RWBY Volume 3』

 Vol.4は10/22放送開始!  ところで何故にワイスだけ後ろを向いてるんですかね……

記事を読む

【一周年】これまでのPV上位10記事

 この一年間の集計。  データはGoogle Analyticsより。  ちなみにトップページは

記事を読む

【音源管理の精髄】フォーマットによるディスクナンバーの扱い 再生ソフト編

フォーマットによるディスクナンバーの扱い サーバーソフト編  長くなったので続き。  検証に

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Billy Joel / Piano Man

・アーティスト / アルバムタイトル Billy Joel / Piano Man ・購入元

記事を読む

順調に増えていくRoonのパートナーブランドと国内メーカーの動向

 気付けば、RoonのHPのPartnersのページで、Roon Readyプレーヤーを作っているブ

記事を読む

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第八章「光ことなる錦秋の宮」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です ※この記事はF

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/03/23初出の記事を更新・

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した  純

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/03/12初出の記事を更新・

【レビューのような何か】ACOUSTIC REVIVE LANアイソレーター RLI-1GB-TripleC

 JS PC Audio NH100を入れて、既に「ハブから後」は気に

【UHD BDレビュー】第16回『ハドソン川の奇跡』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/01/30初出の記事を更新・

月刊HiVi 2017年9月号から連載が始まりました

月刊HiVi 9月号 8/17発売 特集「有機ELテレビ読本2

【UHD BDレビュー】第15回『レヴェナント: 蘇えりし者』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/30初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第14回『Sicario / ボーダーライン』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/21初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第13回『ローン・サバイバー』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【地元探訪・神様セカンドライフ編】元稲田神社/あぐりこ稲荷(羽後町杉宮)

神様セカンドライフ 66話「あぐりこ稲荷」  雄勝郡の稲荷オ

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・

【ハイレゾ音源備忘録】結城アイラ / decade wind(NetAudio27付録) 【768kHz/32bit】

・アーティスト / アルバムタイトル / 曲タイトル 結

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/10/07初出の記事を更新・

→もっと見る

PAGE TOP ↑