*

PS4 ProがUHD BDに対応しなかったのは残念だが、それでゲーム機としての価値が減ずるわけではない

PS4 Pro

 PS2で初めてDVDを見、PS3で初めてBDを見た者として、PS4 ProがUHD BDに対応しなかったのが残念なのは確かだ。UHD BDの普及を願う一人として、対応してほしかったと個人的に思っている。
 また、4Kを前面に出しつつディスクメディアでは4Kに対応しないというのは片手落ちもいいところでは、とも思っている。

 しかし、それはそれ。

 PS4 Proはあくまでもゲーム機である。
 映像面でより高品質(グラフィック/解像度/フレームレート)にゲームをプレイするためのPS4 Proである。
 UHD BDに対応せずとも、PS4 Proのゲーム機としての価値が減ずることはない。

 現実的な需要、ディスクメディアの現状やコストの観点から、より良いゲーム機であることに集中したところで何もおかしくはないし、むしろそうして当然である。
 映像プレーヤーとしての機能はPS4 Proにとって付加価値に過ぎない。現行のゲームメディアがBDである以上、UHD BDに対応しなかったところで、外野から、特にAV業界からとやかく言われる筋合いはない。
 PS4 Proが向いている方向は最初からゲーマーなのであって、AVファンではない。

 そもそも、AV業界はPS4に多くを望みすぎなのだ。
 歴史を振り返れば、PS2はDVDの普及に大きく貢献し、PS3はBD対Hなんとかとの規格戦争で事実上の決戦兵器となった。とはいえ、PS4まで同じように新規格の立ち上げと普及に貢献しなければならない道理はない。時代は変わる。ディスクメディアを取り巻く状況も変わる。会社の姿勢だって変わる。一応タイトルをリリースしているとはいえ、ソニー本体がUHD BDにあまり乗り気でないことは前々からわかっていたはずだ。
 ゲームなんてやりもせず、いつもは「所詮ゲーム/ゲーム機」という具合に下に見ているくせして、いざPS4 ProがUHD BDに対応しないとわかった途端、急に文句を言い出す。AV業界に少しは自分たちの力で普及させてやろうという気概はないのか。ついでに、PS4 ProがUHD BDに対応したところで、間違いなく普及は勢いづくだろうが、DVDやBDの時のようなインパクトは到底期待できない。

 だいたい、AV業界が昔からすべきで、今もすべきなのは、PSプラットフォームに新しいディスクメディアの普及を期待することではなく、「ホームシアターでゲームをする」という文化の醸成ではないのか。私には、UHD BDどころではない巨大な可能性が手つかずのまま放置されているように思えてならない。

 繰り返すが、PS4 Proはあくまでもゲーム機である。
 映像面でより高品質(グラフィック/解像度/フレームレート)にゲームをプレイするためのPS4 Proである。
 UHD BDに対応せずとも、PS4 Proのゲーム機としての価値が減ずることはない。
 私は買う。より良い環境でゲーム(主にGOD OF WAR)がしたいから。それ以上でもそれ以下でもない。


 というわけで、まずはホームシアターでゲームをしよう。

 UHD BD対応だの何だのがどうでもよくなるくらい、死ぬほど楽しいぞ。



【ホームシアターでゲームをしよう!】 記事まとめ



 ……それでも、やっぱり、UHD BDに対応してほしかった。

スポンサーリンク


関連記事

【一周年】これまでのPV上位10記事

 この一年間の集計。  データはGoogle Analyticsより。  ちなみにトップページは

記事を読む

【システム】 Dynaudio Sapphire

 2007年のTIAS。  その時、奇しくも私は同じくDynaudioのAudience122を買

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第2位『スパイダーマン 3』 ― 4Kの胎動

【BDレビュー】第14回『スパイダーマン3』  BDに収録されている映像の解像度は

記事を読む

【UHD BDレビュー】第15回『レヴェナント: 蘇えりし者』 北米盤

画質:15☆ (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫定評価) 音質:10 (評価の詳

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 KOKIA / Where to go my love?

・アーティスト / アルバムタイトル KOKIA / Where to go my love?

記事を読む

【RoonReady】AURALiC ALTAIR

 また強烈に強力なのが出てきたな。 AURALiC's New Bundle Of Goodi

記事を読む

【Munich HIGH END 2016】OPPOのUHD BDプレーヤーは16年末発売

<HIGH END>OPPO、Ultra HD Blu-rayプレーヤーを’16年末に発売へ - P

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『media:connect』(iPad版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

OPPO Sonica DAC

<ヘッドホン祭>OPPOのネットワークプレーヤー「Sonica DAC」/MrSpeakersの静電

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第87回『ゴッドファーザー PART2』

画質:4、条件付7 音質:7 映像はAVC、クソ長いためビットレートは25Mbps付近で頭

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑