*

PS4 ProがUHD BDに対応しなかったのは残念だが、それでゲーム機としての価値が減ずるわけではない

PS4 Pro

 PS2で初めてDVDを見、PS3で初めてBDを見た者として、PS4 ProがUHD BDに対応しなかったのが残念なのは確かだ。UHD BDの普及を願う一人として、対応してほしかったと個人的に思っている。
 また、4Kを前面に出しつつディスクメディアでは4Kに対応しないというのは片手落ちもいいところでは、とも思っている。

 しかし、それはそれ。

 PS4 Proはあくまでもゲーム機である。
 映像面でより高品質(グラフィック/解像度/フレームレート)にゲームをプレイするためのPS4 Proである。
 UHD BDに対応せずとも、PS4 Proのゲーム機としての価値が減ずることはない。

 現実的な需要、ディスクメディアの現状やコストの観点から、より良いゲーム機であることに集中したところで何もおかしくはないし、むしろそうして当然である。
 映像プレーヤーとしての機能はPS4 Proにとって付加価値に過ぎない。現行のゲームメディアがBDである以上、UHD BDに対応しなかったところで、外野から、特にAV業界からとやかく言われる筋合いはない。
 PS4 Proが向いている方向は最初からゲーマーなのであって、AVファンではない。

 そもそも、AV業界はPS4に多くを望みすぎなのだ。
 歴史を振り返れば、PS2はDVDの普及に大きく貢献し、PS3はBD対Hなんとかとの規格戦争で事実上の決戦兵器となった。とはいえ、PS4まで同じように新規格の立ち上げと普及に貢献しなければならない道理はない。時代は変わる。ディスクメディアを取り巻く状況も変わる。会社の姿勢だって変わる。一応タイトルをリリースしているとはいえ、ソニー本体がUHD BDにあまり乗り気でないことは前々からわかっていたはずだ。
 ゲームなんてやりもせず、いつもは「所詮ゲーム/ゲーム機」という具合に下に見ているくせして、いざPS4 ProがUHD BDに対応しないとわかった途端、急に文句を言い出す。AV業界に少しは自分たちの力で普及させてやろうという気概はないのか。ついでに、PS4 ProがUHD BDに対応したところで、間違いなく普及は勢いづくだろうが、DVDやBDの時のようなインパクトは到底期待できない。

 だいたい、AV業界が昔からすべきで、今もすべきなのは、PSプラットフォームに新しいディスクメディアの普及を期待することではなく、「ホームシアターでゲームをする」という文化の醸成ではないのか。私には、UHD BDどころではない巨大な可能性が手つかずのまま放置されているように思えてならない。

 繰り返すが、PS4 Proはあくまでもゲーム機である。
 映像面でより高品質(グラフィック/解像度/フレームレート)にゲームをプレイするためのPS4 Proである。
 UHD BDに対応せずとも、PS4 Proのゲーム機としての価値が減ずることはない。
 私は買う。より良い環境でゲーム(主にGOD OF WAR)がしたいから。それ以上でもそれ以下でもない。


 というわけで、まずはホームシアターでゲームをしよう。

 UHD BD対応だの何だのがどうでもよくなるくらい、死ぬほど楽しいぞ。



【ホームシアターでゲームをしよう!】 記事まとめ



 ……それでも、やっぱり、UHD BDに対応してほしかった。

スポンサーリンク


関連記事

理想のオーディオ用PCを求めて 単体サーバー編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

fidata HFAS1 音質編

 さて、一番難しいところにやってきた。  fidata HFAS1の音。  比較対象

記事を読む

PS Audio DirectStream Junior

PS Audio launch DirectStream Junior FPGA DAC w/ st

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 『プレーヤー』を選ぶ

 そもそもネットワークオーディオにおける「プレーヤー」とは何か、ということについては、以下の記事で確

記事を読む

【BDレビュー】 第234回『パシフィック・リム』 北米盤

居ても立っても居られず 画質:15 音質:15 映像はAVC、音声はDTS-HD

記事を読む

LUMIN L1 運用編

 L1における最大のツッコミどころ。  あらためてL1のクイックスタートガイドを見てみる。

記事を読む

【オブジェクトベースシアターへの道】DTS:Xはどうなる?

DTS:X!!!  3月中に発表するとか言っておきながらなしのつぶてとはいったいどうい

記事を読む

【おしらせ】音展2014に参加します

 ユーザー代表? として、LUMIN製品について話すことになりました。  会場と時間帯は以

記事を読む

Amare Musica DIAMOND Music Server

 日本に上陸していないネットワークオーディオ関連機器をなんとなく紹介するシリーズ。  本機について

記事を読む

【アプリ紹介】 LUMIN App

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ 【ネットワークオーディオTips】コントロール

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

canarino Fils 単体サーバー編 その2

その1  懸案だったアナログ電源を手に入れて状況が整ったので

→もっと見る

PAGE TOP ↑