*

LUMIN U1を試す 接続&運用編

ハード編
 

 DAC入りでそのまんま音が出るプレーヤーとは違い、LUMIN U1はトランスポートなので、別途DACが要る。しかも、きっと使われるDACの多くはUSB DACである。
 ドライバだのASIOだのWASAPIだのビットストリームだのDoPだの何だのかんだの、PCと繋ごうと思えば死ぬほど面倒な目に遭う可能性もあるUSB DAC。LUMIN U1との接続でははたしてどうなるか。


 ……


 …


 挿した。

 鳴った。

 おわり。


 接続設定的なものはいっさいなく、LUMIN Appには今繋がっているUSB DACの機種名すら表示されない。
 「機種名なんて表示しなくたってわかるだろ、それにちゃんと音が出てるんだからこまけぇことはいいんだよ」とでも言わんばかりで、いや確かに実際そうなのだが、えーと、きちんと機器が認識されて繋がっているという実感を情報として得たいというか、その……

 ……とにかく 繋いだ瞬間USB DACが使えるようになる。
 U1と一緒に借りていたラックスマンのDA-06もそうだし、価格差40倍以上のいつものiFI nano iDSDもそうだった。DA-06のディスプレイやnano iDSDのLEDの色を見る限り、DSDを含む各フォーマットの再生も問題なくできている。

 USB DACとの接続でどんな設定が要るのかと少々構えていたら、単なる拍子抜けで終わった。もはや光やら同軸やらで繋ぐのと変わらない。
 こないだ試したfidataもそうだったが、USB DACを使う場合でもオーディオ機器の方がPCよりもよっぽど簡単な時代になったのだなあ。バッファーサイズがどうしたこうしたとか、そういう楽しみ(?)はないけれども。

 なお、U1はデジタル出力端子が豊富なぶん、その辺のオンオフの設定が増えている。
20160414u107


 ところで忘れられがちだが、U1のネットワークは今までのプレーヤーとは異なりギガビット対応である。(ちなみにLUMIN全体としてはM1からギガビット対応)
 そのため、USB端子が二つあるうちの一つにストレージを挿した時、音源を扱う諸々の動作やレスポンスが高速化……する可能性もある。というより、それを狙ってギガビット対応にしたのではないかと勘繰っているのだが、どうだろう。

 というわけで、A1を買った時から今までずーっとスルーしていたそういう使い方もしてみる。

 USBストレージを挿せば、このようにサーバーの一つして認識され、中身の音源を再生可能になる。
20160414u101

 DSDを含めて完璧に再生できるし、最終的なトラックレベルではタグもしっかり読んでくれる。
20160414u104

 ただし、タグベースのナビゲーションツリーは用意されず、ブラウズはストレージ内部のフォルダ構造そのままに限定される。
 普通のサーバー(=サーバーソフト)を選んだ際のLUMIN App独自のナビゲーションも使えない。
20160414u106
20160414u105

 タグベースのナビゲーションツリーなんて不要でフォルダーさえ見えればいいという人、NASなんてめんどくさくて使いたくないという人にとっては、これはこれで使い道がある機能である。

 しかも結構、音に効く。


 ちなみに、このLUMIN USB Music ServerはLUMIN以外のUPnP/DLNAプレーヤーにも音源を配信できたりする。
 それで喜ぶ人がいるのかは限りなく謎だが、一応。
 こんな具合に。
20160414u102
20160414u103


 
【レビュー】LUMIN A1
【インプレッション】LUMIN S1

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 2014-2015

※評価項目を整理し直したので2014/06/30公開の記事を再掲※ 始まるのがだいぶ遅くなってしま

記事を読む

【Audio】 システム遍歴 【Visual】

2014/12/05更新終了 以降はシステムまとめに集約 備忘録として。

記事を読む

【RoonReady】IQaudIO Pi-DAC+ / Pi-DigiAMP+

 UPnP/DLNAにあって、OpenHomeやRoonReadyのプラットフォームにないもの。

記事を読む

【レビュー】DELA N1Z ― 音楽の座

DELA N1Z 来たる 運用編 サーバーソフト編 音質編 USB DAC接続機能を試したか

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】サーバーソフトの画像配信能力をぶった斬る

 コントロールアプリ上で美しいアルバムアートを表示するためには三つの条件がある。  1、大前提

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第2位『スパイダーマン 3』 ― 4Kの胎動

【BDレビュー】第14回『スパイダーマン3』  BDに収録されている映像の解像度は

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第177回『セブン』

画質:13 音質:9 映像はVC-1、音声はDTS-HDMAの7.1ch、24bit

記事を読む

【レビュー】 BENCHMARK DAC2 HGC 外観・機能編

 導入&写真はコチラ。  とある理由(後述)により詳細な音質評価はまた後日。 ・

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『BubbleUPnP』

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

SOUND SPHEREでルームチューニングをしてみる

 オーディオを初めてかれこれ8年になるが、恥ずかしながら今の今まで「ルームチューニング」なるものを、

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突! OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

【UHD BDレビュー】第31回『キング・コング:髑髏島の巨神』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

【UHD BDレビュー】第30回『ハクソー・リッジ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事

【UHD BDレビュー】第29回『許されざる者』 米国盤

【BDレビュー】第112回『許されざる者』 画質

→もっと見る

PAGE TOP ↑