*

LUMIN U1を試す 接続&運用編

ハード編
 

 DAC入りでそのまんま音が出るプレーヤーとは違い、LUMIN U1はトランスポートなので、別途DACが要る。しかも、きっと使われるDACの多くはUSB DACである。
 ドライバだのASIOだのWASAPIだのビットストリームだのDoPだの何だのかんだの、PCと繋ごうと思えば死ぬほど面倒な目に遭う可能性もあるUSB DAC。LUMIN U1との接続でははたしてどうなるか。


 ……


 …


 挿した。

 鳴った。

 おわり。


 接続設定的なものはいっさいなく、LUMIN Appには今繋がっているUSB DACの機種名すら表示されない。
 「機種名なんて表示しなくたってわかるだろ、それにちゃんと音が出てるんだからこまけぇことはいいんだよ」とでも言わんばかりで、いや確かに実際そうなのだが、えーと、きちんと機器が認識されて繋がっているという実感を情報として得たいというか、その……

 ……とにかく 繋いだ瞬間USB DACが使えるようになる。
 U1と一緒に借りていたラックスマンのDA-06もそうだし、価格差40倍以上のいつものiFI nano iDSDもそうだった。DA-06のディスプレイやnano iDSDのLEDの色を見る限り、DSDを含む各フォーマットの再生も問題なくできている。

 USB DACとの接続でどんな設定が要るのかと少々構えていたら、単なる拍子抜けで終わった。もはや光やら同軸やらで繋ぐのと変わらない。
 こないだ試したfidataもそうだったが、USB DACを使う場合でもオーディオ機器の方がPCよりもよっぽど簡単な時代になったのだなあ。バッファーサイズがどうしたこうしたとか、そういう楽しみ(?)はないけれども。

 なお、U1はデジタル出力端子が豊富なぶん、その辺のオンオフの設定が増えている。
20160414u107


 ところで忘れられがちだが、U1のネットワークは今までのプレーヤーとは異なりギガビット対応である。(ちなみにLUMIN全体としてはM1からギガビット対応)
 そのため、USB端子が二つあるうちの一つにストレージを挿した時、音源を扱う諸々の動作やレスポンスが高速化……する可能性もある。というより、それを狙ってギガビット対応にしたのではないかと勘繰っているのだが、どうだろう。

 というわけで、A1を買った時から今までずーっとスルーしていたそういう使い方もしてみる。

 USBストレージを挿せば、このようにサーバーの一つして認識され、中身の音源を再生可能になる。
20160414u101

 DSDを含めて完璧に再生できるし、最終的なトラックレベルではタグもしっかり読んでくれる。
20160414u104

 ただし、タグベースのナビゲーションツリーは用意されず、ブラウズはストレージ内部のフォルダ構造そのままに限定される。
 普通のサーバー(=サーバーソフト)を選んだ際のLUMIN App独自のナビゲーションも使えない。
20160414u106
20160414u105

 タグベースのナビゲーションツリーなんて不要でフォルダーさえ見えればいいという人、NASなんてめんどくさくて使いたくないという人にとっては、これはこれで使い道がある機能である。

 しかも結構、音に効く。


 ちなみに、このLUMIN USB Music ServerはLUMIN以外のUPnP/DLNAプレーヤーにも音源を配信できたりする。
 それで喜ぶ人がいるのかは限りなく謎だが、一応。
 こんな具合に。
20160414u102
20160414u103


 
【レビュー】LUMIN A1
【インプレッション】LUMIN S1

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips】ネットワークオーディオとストリーミングサービス

 spotifyに加えて最近ではApple MusicやらAWAやら、音楽ストリーミングサービスがま

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第93回『アニマトリックス』

画質:9 音質:8 映像はVC-1でビットレートは超変動型、30台後半にも乗る。 音声は

記事を読む

【BDレビュー】第317回・特別篇『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 北米盤

画質:13 音質:15 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC

記事を読む

Pioneer SC-LX59でDolby Atmosを聴く

 まずはSC-LX85と比べたSC-LX59の音を把握すべく、トップスピーカーから音が出ていないこと

記事を読む

【音源管理の精髄】 コントロールアプリの重要性 【ネットワークオーディオTips】

 先の記事で、ネットワークオーディオの本質は『コントロール』にあり、スマホやタブレットの登場が、音楽

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】QNAP TS-119でKazoo Serverを使う

LINN - SOFTWARE Available for Windows and Mac ope

記事を読む

【BDレビュー】第269回『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』

画質:14 音質:12 映像:AVC 音声:DTS-HD Master A

記事を読む

WaversaSystems WSmartHub

WaversaSystems WSmartHub オリオスペックとzionote、超低ノイズ設

記事を読む

UHD BDを買った

 UHD BDプレーヤーどころか4Kディスプレイもないけどな!  記念すべき初UHD BDはな

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・サウンドマック

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  9月5日・

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑