*

LUMIN U1を試す 接続&運用編

ハード編
 

 DAC入りでそのまんま音が出るプレーヤーとは違い、LUMIN U1はトランスポートなので、別途DACが要る。しかも、きっと使われるDACの多くはUSB DACである。
 ドライバだのASIOだのWASAPIだのビットストリームだのDoPだの何だのかんだの、PCと繋ごうと思えば死ぬほど面倒な目に遭う可能性もあるUSB DAC。LUMIN U1との接続でははたしてどうなるか。


 ……


 …


 挿した。

 鳴った。

 おわり。


 接続設定的なものはいっさいなく、LUMIN Appには今繋がっているUSB DACの機種名すら表示されない。
 「機種名なんて表示しなくたってわかるだろ、それにちゃんと音が出てるんだからこまけぇことはいいんだよ」とでも言わんばかりで、いや確かに実際そうなのだが、えーと、きちんと機器が認識されて繋がっているという実感を情報として得たいというか、その……

 ……とにかく 繋いだ瞬間USB DACが使えるようになる。
 U1と一緒に借りていたラックスマンのDA-06もそうだし、価格差40倍以上のいつものiFI nano iDSDもそうだった。DA-06のディスプレイやnano iDSDのLEDの色を見る限り、DSDを含む各フォーマットの再生も問題なくできている。

 USB DACとの接続でどんな設定が要るのかと少々構えていたら、単なる拍子抜けで終わった。もはや光やら同軸やらで繋ぐのと変わらない。
 こないだ試したfidataもそうだったが、USB DACを使う場合でもオーディオ機器の方がPCよりもよっぽど簡単な時代になったのだなあ。バッファーサイズがどうしたこうしたとか、そういう楽しみ(?)はないけれども。

 なお、U1はデジタル出力端子が豊富なぶん、その辺のオンオフの設定が増えている。
20160414u107


 ところで忘れられがちだが、U1のネットワークは今までのプレーヤーとは異なりギガビット対応である。(ちなみにLUMIN全体としてはM1からギガビット対応)
 そのため、USB端子が二つあるうちの一つにストレージを挿した時、音源を扱う諸々の動作やレスポンスが高速化……する可能性もある。というより、それを狙ってギガビット対応にしたのではないかと勘繰っているのだが、どうだろう。

 というわけで、A1を買った時から今までずーっとスルーしていたそういう使い方もしてみる。

 USBストレージを挿せば、このようにサーバーの一つして認識され、中身の音源を再生可能になる。
20160414u101

 DSDを含めて完璧に再生できるし、最終的なトラックレベルではタグもしっかり読んでくれる。
20160414u104

 ただし、タグベースのナビゲーションツリーは用意されず、ブラウズはストレージ内部のフォルダ構造そのままに限定される。
 普通のサーバー(=サーバーソフト)を選んだ際のLUMIN App独自のナビゲーションも使えない。
20160414u106
20160414u105

 タグベースのナビゲーションツリーなんて不要でフォルダーさえ見えればいいという人、NASなんてめんどくさくて使いたくないという人にとっては、これはこれで使い道がある機能である。

 しかも結構、音に効く。


 ちなみに、このLUMIN USB Music ServerはLUMIN以外のUPnP/DLNAプレーヤーにも音源を配信できたりする。
 それで喜ぶ人がいるのかは限りなく謎だが、一応。
 こんな具合に。
20160414u102
20160414u103


 
【レビュー】LUMIN A1
【インプレッション】LUMIN S1

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを、 HFAS1は、Grace

記事を読む

【BDレビュー】第336回『クロニクル』

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第18回『アンダーワールド2 エボリューション』

御馬鹿で下品で愉快な映画。 エログロの見本のような血作。 美人のねーちゃんがぴちぴちの服を着て実

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの基本要素

 遅れに遅れているコントロールアプリの検証2014だが、個別の検証に入る前にちょっと整理しておきたい

記事を読む

【BDレビュー】 第246回『エリジウム』

『第9地区』の監督の新作だってんなら……もう見るしかないでしょうよ 画質:13 音質

記事を読む

おかえり、SongBook

2014/10/26 さらば、SongBook 2014/11/19 コントロールアプリの黄昏

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第43回『バイオハザード3』

タイラント「アァリィスゥゥゥゥウウウウッ!!」 アリス「さんを付けろよこのタコ野郎ォ!!」(触

記事を読む

Nmode X-PM7 導入&外観編

 MAJIK DS-Iからのデジタル出力を受けるためにDAC2 HGCを買ったはいいが、その直後にL

記事を読む

ディズニーのUHD BDはいつ出てくるのだろうか

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』がMovieNEX仕様で9月にBD化  スター・ウ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / FRAGILE

・アーティスト / アルバムタイトル fox capture plan / FRAGI

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【イベント報告】11/18にダイナミックオーディオ5555でファイル再生のセミナーを行いました

予告編:【イベント情報】11/18(土)にダイナミックオーディオ555

【UHD BDレビュー】第44回『ドラキュラ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

UHD BDはこの先生きのこれるか

DEGジャパン、4KのUHD BDは「4K Ultra HDブルーレイ

NASやネットワークプレーヤーの設定などを行う訪問サポート

 ……が始まるのだそうだ。 ブライトーン、NASやネットワー

Stereo 2017年12月号で記事を執筆しました

Stereo 2017年12月号 - 音楽之友社 ・20

【朗報】雪

 雪の夜。  防音や遮音の結果生じるものとは異次元の静寂

【悲報】雪

 夜行バスでセミナーから帰ってきたらこのありさま。

【UHD BDレビュー】第43回『ワイルド・スピード ICE BREAK』 【DTS:X】

画質:7 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第42回『未知との遭遇』 米国盤

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第41回『ブレードランナー』 【Dolby Atmos】

ようやく昨日2049を見てきました 【BDレビュー】

月刊HiVi 2017年12月号に記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 12月号 11/17発売 半

【BDレビュー】第348回『この世界の片隅に』

画質:9 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

TuneBrowserを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

 四年ほど前から、TuneBrowserというWindows用の再生ソ

【BDレビュー】第347回『夜明け告げるルーのうた』

画質:8 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

Twonky Server 8.5、WAVのタグが……!

 こないだ、Twonky Serverのバージョンが8.5になった。

【BDレビュー】第346回『BLAME!』 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNTITLED

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan & bohemianvoodoo / color & monochrome 2

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【祝】『ダンケルク』にあわせて『バットマン ビギンズ』・『ダークナイト』・『ダークナイト ライジング』・『インセプション』・『インターステラー』がまとめてUHD BD化

 海外に続き日本でも正式に発表された。 『ダンケルク』の4K

【ハイレゾ音源備忘録】Keishi Tanaka feat. fox capture plan / 透明色のクルージング

・アーティスト / アルバムタイトル Keishi Ta

→もっと見る

PAGE TOP ↑