*

fidataが「ミュージックサーバー」になったぞ

 対応フォーマットやら何やらは下の記事を参照。
 DSD256に対応した「USB出力搭載ネットワークオーディオトランスポート」は海外製品も含めてそんなに数があるわけではないので貴重。

アイ・オーの高級オーディオNAS “fidata HFAS1”、USB-DAC直結再生に対応 – Phile-web



 で、ミュージックサーバーって、最初からfidataってサーバーじゃないの?
 ……と思われるのはもっともだが、海外では「ストレージ内臓/サーバー一体型ネットワークオーディオプレーヤー」の製品ジャンルとして、「ミュージックサーバー」の呼称がそれなりに定着しているので、私もそれに倣っている。

 つまり、「ミュージックサーバー」とは製品ジャンルとしての呼称である。もっとも、この呼称は日本ではほとんど定着していないため、このまま定着するか、それとも別の呼称が現れるかまではわからない。
 そしてネットワークオーディオの三要素で考えれば、「サーバー」と「プレーヤー」の機能を両方備える製品が「ミュージックサーバー」に相当する。ネットワークオーディオの三要素における「プレーヤー」とはすなわち「音源の再生機能」のことであり、DACの有無は関係ない。よって、fidataは紛れもないプレーヤーとなる。
 でもって、fidataは音声出力をUSB――デジタルで行うため、オーディオ機器の伝統に則れば「トランスポート」でもある。
 アレコレとくっ付ければ、最終的にfidataは「サーバー一体型USB出力搭載ネットワークオーディオトランスポート」ということになる。長い。早いとこミュージックサーバーの呼称が定着してほしい。

 色々と呼称が多くてまどろっこしいが、わけもわからず使っているならいざ知らず、それぞれが意味するところをきちんと理解していれば混乱することもあるまい。


 今回、fidataはその本懐である「サーバー」としての機能に加えて「再生機能」を備えたことで、「ミュージックサーバー」となった。
 しかもOpenHome対応。OpenHomeに対応するのだから、On-Device Playlistだってそりゃ当然。
 この通り明記されている。
20160302fidata04

 DELAに引き続き、サーバーを出発点としつつ「まともなネットワークオーディオプレーヤー」としても使えるようになったことは実に喜ばしい。ただでさえ真にオーディオ機器と呼び得るサーバーなのである。これで活躍の場がさらに広がるだろう。
 なお、OpenHomeの採用はネットワークオーディオプレーヤーが「まともな音楽再生機器であること」を担保するうえで確実かつ手っ取り早い選択である。OpenHomeは決して極一部のメーカーに限定された話ではない。妙な勘違いをしてはいけない。


 というわけで、fidataをネットワークオーディオプレーヤーとしてテストしてみた。
 USB DACは例によってiFI nano iDSD、コントロールアプリはタダ乗りもアレなのでBubbleUPnPを使用。
 fidata本体のサーバーを使う場合と、どの程度の需要があるかはわからないが、外部サーバー(一例として今回はPCのTwonky Server 8.2)を使う場合とで分けてある。
 常にそうだが、ズルは無し。嘘も無し。

20160302fidata02プレーヤーとしての使用時には前面ランプが翠色に光る。

20160302fidata03
20160302fidata01
ボリューム値がマックスで16になっているが、ま、細かいことは気にしない方向で。


fidata本体(Twonky Server7.2.10)/PC(Twonky Server 8.2)

操作へのレスポンス:良好/良好
シーク:○/○
スキップ:○/○
ギャップレス再生:○/○
音源のスペック表示:○/○
オンデバイス・プレイリスト:○/○

 完璧
 普通に使えることの素晴らしさ。
 iFI nano iDSDには受けているフォーマットの仕様をLEDの色で知らせる素敵な機能があり、DSD256を含めて各フォーマットがきちんと再生できていることが確認できた。


 今回のfidataといい、先んじたDELAといい、まともなネットワークオーディオプレーヤーが増えることは本当にいいことだ。



【レビュー】fidata HFAS1 ― 清冽な源流

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・オーディオユニオン お茶の水アクセサリー館

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  8月8日に

記事を読む

【システム】 Dynaudio Focus200C

 映画のサラウンド再生において、センタースピーカーは必要か不要かという議論がある。  非常に難しい

記事を読む

JRiver Media Center 22

 22は先月には公開されていたので、遅ればせながらアップグレード。  真面目に多機能を行く、私にと

記事を読む

【ネットワークオーディオ】 極限状況下でレスポンス最速のコントロールアプリは?

【2013年11月19日更新・追記】 2012年の初頭、iPad2でもってネットワーク

記事を読む

Linn KazooがiPhoneでもandroidでも使えるようになったよ+α

 Kinskyに続くLINN純正のコントロールアプリ、Linn Kazoo。  長らくiPad

記事を読む

【BDレビュー】第266回『攻殻機動隊 ARISE』

次巻完結。 画質:9 音質:8 映像:AVC 音声:ドルビーTRUEHD

記事を読む

【BDレビュー】第250回『おおかみこどもの雨と雪』

画質:14 音質:9 映像:AVC 音声:リニアPCM 5.1ch 24bit

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Twonky Server 導入・設定・運用編

サーバーソフトの紹介 『Twonky Server』 ・使用したサーバー機器 PC(Wi

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第76回『イノセンス』 アブソリュート・エディション

画質:14 音質:12   ※旧版は12の9 映像はAVCで基本30台のハイビットレート。

記事を読む

【BDレビュー】第292回『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』

画質:8 音質:8 映像:AVC 音声:リニアPCM 5.1ch 16bit

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑