*

fidataが「ミュージックサーバー」になったぞ

 対応フォーマットやら何やらは下の記事を参照。
 DSD256に対応した「USB出力搭載ネットワークオーディオトランスポート」は海外製品も含めてそんなに数があるわけではないので貴重。

アイ・オーの高級オーディオNAS “fidata HFAS1”、USB-DAC直結再生に対応 – Phile-web



 で、ミュージックサーバーって、最初からfidataってサーバーじゃないの?
 ……と思われるのはもっともだが、海外では「ストレージ内臓/サーバー一体型ネットワークオーディオプレーヤー」の製品ジャンルとして、「ミュージックサーバー」の呼称がそれなりに定着しているので、私もそれに倣っている。

 つまり、「ミュージックサーバー」とは製品ジャンルとしての呼称である。もっとも、この呼称は日本ではほとんど定着していないため、このまま定着するか、それとも別の呼称が現れるかまではわからない。
 そしてネットワークオーディオの三要素で考えれば、「サーバー」と「プレーヤー」の機能を両方備える製品が「ミュージックサーバー」に相当する。ネットワークオーディオの三要素における「プレーヤー」とはすなわち「音源の再生機能」のことであり、DACの有無は関係ない。よって、fidataは紛れもないプレーヤーとなる。
 でもって、fidataは音声出力をUSB――デジタルで行うため、オーディオ機器の伝統に則れば「トランスポート」でもある。
 アレコレとくっ付ければ、最終的にfidataは「サーバー一体型USB出力搭載ネットワークオーディオトランスポート」ということになる。長い。早いとこミュージックサーバーの呼称が定着してほしい。

 色々と呼称が多くてまどろっこしいが、わけもわからず使っているならいざ知らず、それぞれが意味するところをきちんと理解していれば混乱することもあるまい。


 今回、fidataはその本懐である「サーバー」としての機能に加えて「再生機能」を備えたことで、「ミュージックサーバー」となった。
 しかもOpenHome対応。OpenHomeに対応するのだから、On-Device Playlistだってそりゃ当然。
 この通り明記されている。
20160302fidata04

 DELAに引き続き、サーバーを出発点としつつ「まともなネットワークオーディオプレーヤー」としても使えるようになったことは実に喜ばしい。ただでさえ真にオーディオ機器と呼び得るサーバーなのである。これで活躍の場がさらに広がるだろう。
 なお、OpenHomeの採用はネットワークオーディオプレーヤーが「まともな音楽再生機器であること」を担保するうえで確実かつ手っ取り早い選択である。OpenHomeは決して極一部のメーカーに限定された話ではない。妙な勘違いをしてはいけない。


 というわけで、fidataをネットワークオーディオプレーヤーとしてテストしてみた。
 USB DACは例によってiFI nano iDSD、コントロールアプリはタダ乗りもアレなのでBubbleUPnPを使用。
 fidata本体のサーバーを使う場合と、どの程度の需要があるかはわからないが、外部サーバー(一例として今回はPCのTwonky Server 8.2)を使う場合とで分けてある。
 常にそうだが、ズルは無し。嘘も無し。

20160302fidata02プレーヤーとしての使用時には前面ランプが翠色に光る。

20160302fidata03
20160302fidata01
ボリューム値がマックスで16になっているが、ま、細かいことは気にしない方向で。


fidata本体(Twonky Server7.2.10)/PC(Twonky Server 8.2)

操作へのレスポンス:良好/良好
シーク:○/○
スキップ:○/○
ギャップレス再生:○/○
音源のスペック表示:○/○
オンデバイス・プレイリスト:○/○

 完璧
 普通に使えることの素晴らしさ。
 iFI nano iDSDには受けているフォーマットの仕様をLEDの色で知らせる素敵な機能があり、DSD256を含めて各フォーマットがきちんと再生できていることが確認できた。


 今回のfidataといい、先んじたDELAといい、まともなネットワークオーディオプレーヤーが増えることは本当にいいことだ。



【レビュー】fidata HFAS1 ― 清冽な源流

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第45回『アンダーワールド』

3月はBDソフトを8枚カッとなってカッた。後悔はしていない。 一年以上の時を経てリリースされた

記事を読む

Roonの「音楽の海」がもたらすもの

 いわゆるPCオーディオにせよ、いわゆるネットワークオーディオにせよ、両者の根幹には共通して、デジタ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第211回『遊星からの物体X』

犬はスタン・ウィンストン大先生の作品 画質:7 音質:8 仕様詳細はsiro様の

記事を読む

ECLIPSE TD316SWMK2 いろんなタイトルとの組み合わせ③

0.1の壁 導入編 リファレンスBD10タイトルとの組み合わせ いろんなタイトルとの組み合わせ

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの選択②―― ECLIPSE TD307MK2A

トップスピーカーの選択  天井への埋め込みは困難。  悲しいけれどDynaudioは極めて困

記事を読む

【音源管理の精髄】 アルバムアートに関する駄目な例 【ネットワークオーディオTips】

 あえて「駄目な例」と言い切ってしまおう。  身の回りでこんな例、見たことはないだろうか?

記事を読む

【音源管理の精髄】 『自分ルール』の重要性――ジャンル/アーティスト/アルバム 【ネットワークオーディオTisp】

 『自分にとって良いライブラリとはどのようなものか』  『どのようなライブラリを作りたいのか』

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 鷺巣詩郎 / NEON GENESIS EVANGELION

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / NEON GENESIS EVANGELION

記事を読む

PRIMAREからフラグシップセパレート

http://www.stereophile.com/content/primare-perfect

記事を読む

【CES2014】 Dynaudio Confidence Platinum

 CES2014で気になったものその3。    Dynaudio Confidence

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑