*

fidataが「ミュージックサーバー」になったぞ

 対応フォーマットやら何やらは下の記事を参照。
 DSD256に対応した「USB出力搭載ネットワークオーディオトランスポート」は海外製品も含めてそんなに数があるわけではないので貴重。

アイ・オーの高級オーディオNAS “fidata HFAS1”、USB-DAC直結再生に対応 – Phile-web



 で、ミュージックサーバーって、最初からfidataってサーバーじゃないの?
 ……と思われるのはもっともだが、海外では「ストレージ内臓/サーバー一体型ネットワークオーディオプレーヤー」の製品ジャンルとして、「ミュージックサーバー」の呼称がそれなりに定着しているので、私もそれに倣っている。

 つまり、「ミュージックサーバー」とは製品ジャンルとしての呼称である。もっとも、この呼称は日本ではほとんど定着していないため、このまま定着するか、それとも別の呼称が現れるかまではわからない。
 そしてネットワークオーディオの三要素で考えれば、「サーバー」と「プレーヤー」の機能を両方備える製品が「ミュージックサーバー」に相当する。ネットワークオーディオの三要素における「プレーヤー」とはすなわち「音源の再生機能」のことであり、DACの有無は関係ない。よって、fidataは紛れもないプレーヤーとなる。
 でもって、fidataは音声出力をUSB――デジタルで行うため、オーディオ機器の伝統に則れば「トランスポート」でもある。
 アレコレとくっ付ければ、最終的にfidataは「サーバー一体型USB出力搭載ネットワークオーディオトランスポート」ということになる。長い。早いとこミュージックサーバーの呼称が定着してほしい。

 色々と呼称が多くてまどろっこしいが、わけもわからず使っているならいざ知らず、それぞれが意味するところをきちんと理解していれば混乱することもあるまい。


 今回、fidataはその本懐である「サーバー」としての機能に加えて「再生機能」を備えたことで、「ミュージックサーバー」となった。
 しかもOpenHome対応。OpenHomeに対応するのだから、On-Device Playlistだってそりゃ当然。
 この通り明記されている。
20160302fidata04

 DELAに引き続き、サーバーを出発点としつつ「まともなネットワークオーディオプレーヤー」としても使えるようになったことは実に喜ばしい。ただでさえ真にオーディオ機器と呼び得るサーバーなのである。これで活躍の場がさらに広がるだろう。
 なお、OpenHomeの採用はネットワークオーディオプレーヤーが「まともな音楽再生機器であること」を担保するうえで確実かつ手っ取り早い選択である。OpenHomeは決して極一部のメーカーに限定された話ではない。妙な勘違いをしてはいけない。


 というわけで、fidataをネットワークオーディオプレーヤーとしてテストしてみた。
 USB DACは例によってiFI nano iDSD、コントロールアプリはタダ乗りもアレなのでBubbleUPnPを使用。
 fidata本体のサーバーを使う場合と、どの程度の需要があるかはわからないが、外部サーバー(一例として今回はPCのTwonky Server 8.2)を使う場合とで分けてある。
 常にそうだが、ズルは無し。嘘も無し。

20160302fidata02プレーヤーとしての使用時には前面ランプが翠色に光る。

20160302fidata03
20160302fidata01
ボリューム値がマックスで16になっているが、ま、細かいことは気にしない方向で。


fidata本体(Twonky Server7.2.10)/PC(Twonky Server 8.2)

操作へのレスポンス:良好/良好
シーク:○/○
スキップ:○/○
ギャップレス再生:○/○
音源のスペック表示:○/○
オンデバイス・プレイリスト:○/○

 完璧
 普通に使えることの素晴らしさ。
 iFI nano iDSDには受けているフォーマットの仕様をLEDの色で知らせる素敵な機能があり、DSD256を含めて各フォーマットがきちんと再生できていることが確認できた。


 今回のfidataといい、先んじたDELAといい、まともなネットワークオーディオプレーヤーが増えることは本当にいいことだ。



【レビュー】fidata HFAS1 ― 清冽な源流

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第205回『塔の上のラプンツェル』

画質:10 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit、7.1ch

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】家庭用アトモスを聴く

 音展で東京遠征したついでに、某所の試聴イベントに参加して家庭用Dolby Atmosを聴いてきた。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第62回『トロイ』

画質:9 音質:10 映像はVC-1、驚異の低ビットレート。詳細は後述。 音声はドルビー

記事を読む

RoonとLUMIN A1とAirPlayでRoon Readyの雰囲気を先取る

Roon Ready、Roon Server、Roon Core、Roon Remote

記事を読む

【CES2014】 Primare PRE60 & A60

 いつぞやプロトタイプをチラ見せしていたPrimareのフラグシップシリーズだが、CES2014で正

記事を読む

【BDレビュー】 第236回『ジャンゴ 繋がれざる者』

色んな意味で期待を裏切らない監督に拍手喝采 画質:9 音質:12 映像はAVC、

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 NASをサーバーとして使う/Twonky

 TwonkyはPCでも動く。コレ重要。  さて、Twonkyが入っているNASとして間違いな

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第36回『フルメタル・ジャケット』

笑ったり泣いたり出来なくしてやる! フゥ~ハァ~ 次世代ディスク戦争は地獄だぜェ~

記事を読む

【魔境】ハブで音は変わるか?

 魔境注意。 ネットワークオーディオの魔境を往く  今回の魔境はかなり深

記事を読む

Nmode X-PM100!!!

 予告されていた上位機種の名称はそのものずばりX-PM100。  Nmodeのリファレンススピーカ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑