*

LUMIN U1を試す ハード編

 LUMINのネットワークオーディオトランスポート、U1。
 データの再生機能という「プレーヤー」の本懐、そして痒い所に手が届くユーザビリティをLUMINのプラットフォームで実現し、なおかつUSB出力を搭載して製品層の厚いUSB DACとの接続性を得たのがLUMIN U1である。

 というわけで、LUMIN U1が今手元にある。
 その実態はいかに。



 ……なんて言っても99%はA1とS1の時点で既にわかり切っていることだが、まぁ。


 筐体。
 A1/S1と同等。
 S1のような金ぴかバッジが付いていない。
 LUMINとしてのフラグシップはあくまでS1、ということなのだろう。
20160413u103

 なお、外部電源はS1と同等。


 背面。
 トランスポートなのでアナログ出力はない。
 一通りのデジタル出力を備えているが、注目すべきはUSB端子が二つあること。
20160413u104
20160413u105

 正直なところ、LUMIN U1を使う人の大多数はUSBで出力するのだと思う。
 そこでもしUSB端子が一つしかなければ、USB DACと繋いでそれでおしまいである。
 一方、LUMINのプレーヤーはU1以前から、背面のUSB端子に繋げたストレージの音源を再生することができた。これはストレージの中のフォルダ構造をそのまんま読む以上のものではないのだが、フォルダ構造通りに音源をブラウズできればそれで事足りるという人にしてみれば、かなり強引だがLUMIN製品をミュージックサーバーとして使えることを意味する。
 フォルダ構造しか読めないと言っても、それをやるのはLUMIN Appなのである。音源自体にきっちりタグを仕込んでおけば、下手なアプリとサーバーソフトの組み合わせよりもよほど使いやすいという可能性もなくはない。

 そんなこんなで、USB DACとストレージを同時に繋げられるように、LUMIN U1にはUSB端子が二つある。
 もっとも、この手の仕様は「USB出力搭載ネットワークオーディオトランスポート」ではたいして珍しくもないが。



【レビュー】LUMIN A1
【インプレッション】LUMIN S1

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

Roon 設定・再生編

前記事 Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか Roon 導入編 Roonの「魔法」の正体

記事を読む

【アプリ紹介】Songbook Lite iPad版 version4.1.0検証

※この記事のデータ等は基本的に2012年5月12日時点のものです SongBook L

記事を読む

2015年の心残りその2 Cocktail Audio X40 Music Serverはどうなった?

【TIAS】トライオード、自社新製品に加えてCocktail Audioなど新規取り扱い予定ブランド

記事を読む

【速報】 B&WからNew 600 series 登場!

New B&W 600 series(公式)  待ってました!  B&W

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの選択

 Dolby Atmosの肝となる天井スピーカーは一体どのようなものを使えばいいのか。  というこ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第118回『ヘルボーイ』

画質:11 音質:11 映像はAVCでSPEらしい手堅いエンコード。 音声はリニアPCM

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第18回『アンダーワールド2 エボリューション』

御馬鹿で下品で愉快な映画。 エログロの見本のような血作。 美人のねーちゃんがぴちぴちの服を着て実

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第59回『28日後…』

画質:無評価 音質:9 映像はAVCで基本30台のハイビットレート。 音声はDTS-HD

記事を読む

【音源管理の精髄】 いざ、リッピング――機械任せにしてはいけない! 【ネットワークオーディオTips】

 PC/ネットワークオーディオが隆盛を極めたところで、CDの価値が消えてなくなるわけではない。  

記事を読む

エヴァのハイレゾ音源を聴きました

 以下、引用。 スペックの進化を凌駕する「名人の耳と腕」  新たな鼓動、躍動まで聴こえ、

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑