*

Twonky Serverのトンキー病が直ったところで

公開日: : 最終更新日:2016/06/25 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

アイ・オーのオーディオNAS“fidata”「HFAS1」、RAIDモード変更に対応 – Phile-web

さらに、今回のアップデートで高画質アートワークの自動表示にも対応した。これまでは、各種コントロールアプリでのアルバムアート表示が、標準で低解像度表示になっており、高解像度表示には設定変更が必要だった。これが解決され、自動的に高解像で表示できるようになった。


 というわけで、DELAに続きfidataでもメーカーの側でTwonky Serverに手を入れてトンキー病を放逐した。
 8.2.0でトンキー病が直ったような気がしないでもないが、やはりサーバー機器を売るメーカーとして、きちんと問題を把握して改善する姿勢は大切である。PCみたく自分でソフトをアップデートできるわけじゃないしね。


 さて、私のブログの読者の皆様には「何を今さら」だろうが、念のため。


 「アルバムアートを高解像度で表示する」といっても、それは単に「サーバーソフトの側でリサイズをせずにオリジナルの解像度のまま画像を配信する」というだけ。

 アルバムアートとして埋め込まれた画像が高画質なら、アプリにもよるが、基本的にそのままで表示される。
 逆に、元から糞画質ならば表示される画像も糞画質である。
 元画像より高画質になどならない。
 サーバーが担う役割を見誤ってはいけない。

 サーバーの側に文句を言うのは自分のライブラリを完璧に仕上げた、その後で。



※2016/06/25追記※

Twonky Server 8.3、さらば、トンキー病

※追記おわり※



サーバーソフトの紹介 『Twonky Server』

Twonky Server 導入・設定・運用編

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 <HIGH END

記事を読む

【レビュー】LUMIN A1 続・音質編

【レビュー】LUMIN A1 LUMIN A1を試す・音質編 【インプレッション】LUMIN S

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第101回『ルパン三世 カリオストロの城』

画質:6 音質:8 映像はAVCでビットレートは常時30台後半を維持。 音声はリニアPC

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第115回『FFⅦAC コンプリート』

画質:8 音質:5 映像はAVC、ビットレートは随時変動。 音声はドルビーTRUEHDの

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Dan Arborise / Of Tide & Trail

・アーティスト / アルバムタイトル Dan Arborise / Of Tide & Trail

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの天吊り方法

 Dolby Atmos/DTS:Xの最大のハードルはスピーカーの天井への設置である。  埋め込み

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】ネットワークオーディオの三要素――『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』

 「はじめに」でも言っているように、ネットワークオーディオは決して理解不能な代物ではない。  

記事を読む

【CES2014】 Dynaudio Confidence Platinum

 CES2014で気になったものその3。    Dynaudio Confidence

記事を読む

【ネットワークオーディオ・実践編】 MediaMonkeyでリッピング

 38ドルが惜しいという人はMediaMonkeyでリッピングもしてしまおう。  Medi

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi: Belkis, Regina di Saba, Ballata delle gnomidi & Pini di Roma 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第41回『ブレードランナー』 【Dolby Atmos】

ようやく昨日2049を見てきました 【BDレビュー】

月刊HiVi 2017年12月号に記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 12月号 11/17発売 半

【BDレビュー】第348回『この世界の片隅に』

画質:9 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

TuneBrowserを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

 四年ほど前から、TuneBrowserというWindows用の再生ソ

【BDレビュー】第347回『夜明け告げるルーのうた』

画質:8 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

Twonky Server 8.5、WAVのタグが……!

 こないだ、Twonky Serverのバージョンが8.5になった。

【BDレビュー】第346回『BLAME!』 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNTITLED

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan & bohemianvoodoo / color & monochrome 2

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【祝】『ダンケルク』にあわせて『バットマン ビギンズ』・『ダークナイト』・『ダークナイト ライジング』・『インセプション』・『インターステラー』がまとめてUHD BD化

 海外に続き日本でも正式に発表された。 『ダンケルク』の4K

【ハイレゾ音源備忘録】Keishi Tanaka feat. fox capture plan / 透明色のクルージング

・アーティスト / アルバムタイトル Keishi Ta

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan feat. Keishi Tanaka / 透明色のクルージング

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

LUMIN D2

 1じゃない……2だ! http://www.luminmu

さらば、PlugPlayer

 ちょっと今更感が漂う気もするが、やはり決着をつけておかなければ。

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / FRAGILE

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / COVERMIND

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】Kygo / Kids in Love

・アーティスト / アルバムタイトル Kygo / Ki

【ハイレゾ音源備忘録】Sam Smith / The Thrill Of It All (Special Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Sam Smith

【イベント情報】11/18(土)にダイナミックオーディオ5555でファイル再生のセミナーを行います

前回 前回の報告  超盛況だった前回を受けて各方面の御理解

【UHD BDレビュー】第40回『猿の惑星:聖戦記』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:12 (評価の詳細については

→もっと見る

PAGE TOP ↑