Qobuz。
 「コブズ」ではなく「クーバズ」と読むそうだ。
 TIDAL同様、ロスレスクオリティの音楽ストリーミングサービスである。
 海外ではこれまたTIDAL同様一気にメジャー化しているが、日本では影も形も見えない。相変わらず日本は置いてけぼりのようだ。


 というわけで、LUMINがTIDALに続いてQobuzにも対応した。

 まずはアプリを更新。
 Qobuz以外にも多言語対応となったため、メジャーアップデートとしたようだ。
 これで日本語も選べるようになった
 ここ重要。選択肢が増えただけで強制適用ではない。
2015071102
2015071107
2015071108

 本体も更新。
 日本語……
2015071103
 TIDALの隣にQobuzのアイコンが出現。
 QobuzのライブラリがLUMIN Appに統合されている。
2015071106


 この記事でもちょろっと書いたが、TIDALとQobuzをはじめとするストリーミングサービスへの対応・統合は、今後のプレーヤーの必須機能になる気がする。再生ソフトか単体プレーヤーかに関わらず、好むと好まざるとにも関わらず。

 日本のオーディオシーンはこれからどうなっていくのだろうか。



LUMINがTIDALに対応

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】