*

アイ・オー・データ RockDisk for Audioで高解像度のアルバムアートを配信する方法

 前回、ものの見事にトンキー病を発症したRockDisk for Audio。
20150908io13
20150908io17

 公式では出来ると言っているが、これはあくまで

※2 表示側の対応が必要。またTwonky Serverの設定が必要になる場合があります。


 ということ。
 ついでに言えば、その「場合」というのは決して少なくない。


 では、RockDisk for Audioをネットワークオーディオのサーバーたらしめているもの、Twonky Serverに潜ろう。

 ブラウザから見たRockDisk for Audioのメニュー。
 色々あるが、気にするのは「メディアサーバー設定」のみ。
20150909iopc01

 押すと開く。
20150909iopc02

 公開フォルダは別にどうでもいいとして、

 データベース初期化。
 おそらくTwonky Serverのアレを指しているのだと思われるが使わない。
20150909iopc03

 メディアサーバー表示設定。
 間違いなくTwonky Serverのアレ。
20150909iopc04

 Twonky設定/e-onkyoミュージックダウンローダー設定。
 恐ろしげな文言が書かれている一方で、メニューから直接Twonky Serverの設定に飛ぶことはできない。
20150909iopc05

 「e-onkyoミュージックダウンローダー設定へ」を押す。
20150909iopc06

 そしてe-onkyo絡みの設定画面へ。
 あぁ、あったあった。
 二重三重に隠されて、なるべくユーザーの目に触れないような場所に、ひっそりとTwonky Serverへの入り口がある。
20150909iopc07

 ここから先はサポート対象外
 自己責任の領域となるので要注意


 見飽きるほど目にしたTwonky Serverの設定画面。
 RockDisk for AudioのTwonky Serverのバージョンは7.2.9のようだ。
20150909iopc08

 例によって、この設定ページはブックマークに入れてしまおう。
 いくらサポート対象外とはいえ、ネットワークオーディオのサーバーとして使い込むにはTwonky Server側の設定が必要となる。


 初期状態の設定を見ていく。
 基本想像していた通り。
20150909iopc09
20150909iopc10
20150909iopc11

 で、あとは自分で気になるところは修正して、トンキー病に対処すればいい。
 詳細はこの記事を参照。
20150909iopc12

 これだけ。

 Kinsky(iPad)でも、
20150909io01

 BubbleUPnPでも、問題なく高解像度でアルバムアートが表示されるようになる。
20150909io03

 iPad側への設定の反映には過去最高に時間を要したが。

 ついでにサーバー名も変更した。
20150909io02


 RockDisk for Audioを買ってきて、繋げて、いつものアプリから音源を覗いた時、トンキー病が発症していたとしよう。
 その場合、今のアプリを使い続ける限り、ずーっとトンキー病の症状は出続ける。
 
 解決するためには、Twonky Serverの設定画面に潜らなければならない。
 サポート対象外だが。

 しかし、直る。直せる。
 アルバムアートという形で音源に込めた愛情は間違いなく報われる。
 トンキー病に出くわしても諦める必要はない。



【レビュー】アイ・オー・データ RockDisk for Audio

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

LUMIN L1来たる

 ちょっと来すぎじゃないですかね……  L1とは、LUMINが自前で作ったミュージックサー

記事を読む

【音源管理の精髄】 『タグ』に関するありがちな誤解 【ネットワークオーディオTips】

 前回と前々回の記事によって、タグの何たるかはだいぶわかってもらえたと思う。  それを踏まえて

記事を読む

Dolby Atmosのソフトを片っ端から聴く

Pioneer SC-LX59でDolby Atmosを聴く オブジェクトベースオーディオとト

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『mconnect player』

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第1回『父親たちの星条旗』・『硫黄島からの手紙』

やる気のある内に早々と第一回。 記念すべき?第一回は父親たちの星条旗と硫黄島からの手紙、いわゆ

記事を読む

Asset UPnP Release 5

 長らくR5のベータ版だったのが先々月に正式版となり、先日R5.1になった。  詳細は公式HP

記事を読む

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 運用編 【Roon Server】

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編

記事を読む

LUMIN L1 続・運用&サーバーソフト編

○前の記事○ 運用編 サーバーソフト編  はじめに。  以前全力でツッコミを入れた、

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第219回『電脳コイル』

この時代において攻殻機動隊を再解釈して再構築したとも言える傑作 画質:9 音質:10

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】おすすめのコントロールアプリ

 この記事は随時更新の予定。  コントロールアプリはネットワークオーディオの最後の仕上げ。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

→もっと見る

PAGE TOP ↑