*

アイ・オー・データ RockDisk for Audioで高解像度のアルバムアートを配信する方法

 前回、ものの見事にトンキー病を発症したRockDisk for Audio。
20150908io13
20150908io17

 公式では出来ると言っているが、これはあくまで

※2 表示側の対応が必要。またTwonky Serverの設定が必要になる場合があります。


 ということ。
 ついでに言えば、その「場合」というのは決して少なくない。


 では、RockDisk for Audioをネットワークオーディオのサーバーたらしめているもの、Twonky Serverに潜ろう。

 ブラウザから見たRockDisk for Audioのメニュー。
 色々あるが、気にするのは「メディアサーバー設定」のみ。
20150909iopc01

 押すと開く。
20150909iopc02

 公開フォルダは別にどうでもいいとして、

 データベース初期化。
 おそらくTwonky Serverのアレを指しているのだと思われるが使わない。
20150909iopc03

 メディアサーバー表示設定。
 間違いなくTwonky Serverのアレ。
20150909iopc04

 Twonky設定/e-onkyoミュージックダウンローダー設定。
 恐ろしげな文言が書かれている一方で、メニューから直接Twonky Serverの設定に飛ぶことはできない。
20150909iopc05

 「e-onkyoミュージックダウンローダー設定へ」を押す。
20150909iopc06

 そしてe-onkyo絡みの設定画面へ。
 あぁ、あったあった。
 二重三重に隠されて、なるべくユーザーの目に触れないような場所に、ひっそりとTwonky Serverへの入り口がある。
20150909iopc07

 ここから先はサポート対象外
 自己責任の領域となるので要注意


 見飽きるほど目にしたTwonky Serverの設定画面。
 RockDisk for AudioのTwonky Serverのバージョンは7.2.9のようだ。
20150909iopc08

 例によって、この設定ページはブックマークに入れてしまおう。
 いくらサポート対象外とはいえ、ネットワークオーディオのサーバーとして使い込むにはTwonky Server側の設定が必要となる。


 初期状態の設定を見ていく。
 基本想像していた通り。
20150909iopc09
20150909iopc10
20150909iopc11

 で、あとは自分で気になるところは修正して、トンキー病に対処すればいい。
 詳細はこの記事を参照。
20150909iopc12

 これだけ。

 Kinsky(iPad)でも、
20150909io01

 BubbleUPnPでも、問題なく高解像度でアルバムアートが表示されるようになる。
20150909io03

 iPad側への設定の反映には過去最高に時間を要したが。

 ついでにサーバー名も変更した。
20150909io02


 RockDisk for Audioを買ってきて、繋げて、いつものアプリから音源を覗いた時、トンキー病が発症していたとしよう。
 その場合、今のアプリを使い続ける限り、ずーっとトンキー病の症状は出続ける。
 
 解決するためには、Twonky Serverの設定画面に潜らなければならない。
 サポート対象外だが。

 しかし、直る。直せる。
 アルバムアートという形で音源に込めた愛情は間違いなく報われる。
 トンキー病に出くわしても諦める必要はない。



【レビュー】アイ・オー・データ RockDisk for Audio

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

【CES2016】眩しいディスプレイよりも黒が黒いディスプレイが欲しい

 テレビにおいては「解像度が4Kであることはもはや優位性ではない」とでも言わんばかりに、「その先」の

記事を読む

no image

iPad Air諸々

iPad 5ではなく。 とりあえずiPad 3どれくらい早くなってるか、それしか興味なし。

記事を読む

【レビュー】Bricasti Design M1 Special Edition mk2 音質編

外観・運用編 ネットワーク編 ・再生環境(詳細) canarino Fil

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第163回『A River Runs Through It』

画質:8(6~10) 音質:9 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit

記事を読む

日本のアニメのUHD BDはどうなる?

 そもそも、4K解像度/HDR/BT.2020のフルスペックで製作された日本のアニメ作品は存在するの

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】The Corrs / White Light

・アーティスト / アルバムタイトル The Corrs / White Light

記事を読む

Roon ServerがQNAPとSynologyでも使えるようになったぞ

Roon Server on NAS  元々は一人のユーザーが始めた試みに、本体が合流した

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第27回『人狼 JIN-ROH』

押井の趣味丸出しの世界を最高のアニメーターの一人である沖浦啓之がこだわりを持って映像化した作品。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第14回『スパイダーマン3』

怪奇蜘蛛男    VS. 頑強砂塵男&新生翠悪鬼&暗黒毒蜘蛛 ついに真打登場です。

記事を読む

ゲーム産業は映画産業+音楽産業よりも大きくなったらしい

ゲーム産業は「映画+音楽」よりも大きくなった―調査会社IHS Technology - Gamesp

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【イベント報告】11/18にダイナミックオーディオ5555でファイル再生のセミナーを行いました

予告編:【イベント情報】11/18(土)にダイナミックオーディオ555

【UHD BDレビュー】第44回『ドラキュラ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

UHD BDはこの先生きのこれるか

DEGジャパン、4KのUHD BDは「4K Ultra HDブルーレイ

NASやネットワークプレーヤーの設定などを行う訪問サポート

 ……が始まるのだそうだ。 ブライトーン、NASやネットワー

Stereo 2017年12月号で記事を執筆しました

Stereo 2017年12月号 - 音楽之友社 ・20

【朗報】雪

 雪の夜。  防音や遮音の結果生じるものとは異次元の静寂

【悲報】雪

 夜行バスでセミナーから帰ってきたらこのありさま。

【UHD BDレビュー】第43回『ワイルド・スピード ICE BREAK』 【DTS:X】

画質:7 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第42回『未知との遭遇』 米国盤

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第41回『ブレードランナー』 【Dolby Atmos】

ようやく昨日2049を見てきました 【BDレビュー】

月刊HiVi 2017年12月号に記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 12月号 11/17発売 半

【BDレビュー】第348回『この世界の片隅に』

画質:9 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

TuneBrowserを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

 四年ほど前から、TuneBrowserというWindows用の再生ソ

【BDレビュー】第347回『夜明け告げるルーのうた』

画質:8 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

Twonky Server 8.5、WAVのタグが……!

 こないだ、Twonky Serverのバージョンが8.5になった。

【BDレビュー】第346回『BLAME!』 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNTITLED

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan & bohemianvoodoo / color & monochrome 2

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【祝】『ダンケルク』にあわせて『バットマン ビギンズ』・『ダークナイト』・『ダークナイト ライジング』・『インセプション』・『インターステラー』がまとめてUHD BD化

 海外に続き日本でも正式に発表された。 『ダンケルク』の4K

【ハイレゾ音源備忘録】Keishi Tanaka feat. fox capture plan / 透明色のクルージング

・アーティスト / アルバムタイトル Keishi Ta

→もっと見る

PAGE TOP ↑