*

JPLAYがバージョン6.1でTIDALに対応

 厳密にはJPLAYの中のJPLAYStreamerがTIDALに対応。
 これだけでは「へー」以外の何物でもないが、今までの対応製品と少々状況が異なる。

 TIDALに対応しているネットワークオーディオプレーヤーとして、例えばLINN DSとLUMINがある。
 これらはメーカーがプレーヤー(ハードとソフトの両方)とコントロールアプリを自前で作成することで、TIDALへの対応も含めたトータルのシステムを構築している。LINN DSであればKazoo、LUMINであればLUMIN AppにTIDALのサービスを統合することで、ローカルとクラウドの音源をシームレスに活用できるようにするという寸法だ。

 一方で、JPLAYStreamerは音楽再生のコントロールはOpenHomeに対応した汎用アプリを使ってくれというスタンスであり、自前のコントロールアプリを持たない
 ローカルのサーバーから音源を再生するぶんにはそれでまったく問題ないのは確かだが、はたしてTIDALのようなストリーミングサービスとの統合も純正アプリなくして可能なのだろうか?


 ……と思っていたら、BubbleUPnPまたはBubbleDS NEXTを使えば問題なくTIDALの恩恵を受けられるようだ。
 ご覧のとおり、BubbleUPnPでは「Local Media Server」の中に「CLOUD」があり「TIDAL」がある。ローカルの中にクラウドがあるという階層構造は少々アレだが、分からないではない。
20150625jplay01

 「RENDERER」に「Local Renderer」(つまりandroid端末)を選べば直接端末にストリーミングされ、TIDAL対応プレーヤー(この場合はJPLAYStreamer)を選べばプレーヤー側にストリーミングされる、という仕組みだろうか。

 もっとも、まだ日本でサービスが始まっていないのでここで行き止まりだが……
20150625jplay02


 もともとBubbleUPnPにはTIDALの項目が用意されていたが、こういう使い方もできるということか。
 いやはやBubbleUPnP強し。SongBook HDが相変わらず不安定極まる現状では、iOSまで含めた汎用アプリの一強と呼んでいいかもしれない。
 ところで、公式HPのSSでは出現しているQobuzのアイコンが見当たらないのは地域制限か何かだろうか?


 汎用アプリとの組み合わせでTIDALへの対応も果たし、JPLAYStreamerはますます隙がなくなった。バージョン6.1になったことで操作性の改善もされたようだ。

 それにしても、JPLAYStreamerがここまでの機能を獲得してしまうと、単品ネットワークオーディオプレーヤーを取り巻く環境はますます厳しくなると言わざるを得ない。
 単品プレーヤーはハードにおける強み、すなわち「最初からオーディオ機器として作られたオーディオ機器であること」の上に胡座をかいてはいけない。オーディオ機器としての完成度だけでなく、ユーザビリティの完成度も絶え間なく高めていかなければ瞬く間に価値を失ってしまう。ただでさえ、とうの昔に「ネットワークオーディオ」という領域は単品プレーヤーのものだけではなくなっているのだから。

 そのネットワークオーディオプレーヤー、本当にJRiverとJRemoteの組み合わせより快適に使えますか?
 
 いずれJRiver Media Centerやら何やら、有名どころの再生ソフトも次々とTIDALに対応していくことだろう。
 TIDALやQobuzなど、音質を担保したストリーミングサービスを取り込めない製品は、再生ソフトだろうが単品プレーヤーだろうが見向きもされなくなる時代がやってくるかもしれない。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第40回『スチームボーイ』

絵を見もしない人間がガタガタ抜かすな。 これはアニメだ。 動く絵だ。 画質:1

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】ようやく映画館でアトモスを聴く

 田舎は辛いよ……  というわけで、ようやくようやく念願だった映画館でDolby Atmosを

記事を読む

画質を取るか、迫力を取るか

ホームシアターにおけるプロジェクターの行く末  以前は市場動向や将来性という点から「テレビかプ

記事を読む

【システム】 Dynaudio Sapphire

 2007年のTIAS。  その時、奇しくも私は同じくDynaudioのAudience122を買

記事を読む

【BDレビュー】第275回『How to Train Your Dragon 2 / ヒックとドラゴン 2』 北米盤

みんな立派になって……(感涙 画質:10 音質:9 映像:AVC 音声:

記事を読む

【RoonReady】Musica Pristina A Cappella II

 Roonの1.2へのアップデートに伴い突如として現れた感。 Musica Pristin

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Bloodborne The Old Hunters

・アーティスト / アルバムタイトル Various Artists / Bloodb

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第176回『ツイスター』

「ツイスター」といえば、この映画かサガフロのスカイツイスター 90年代のこの手の映画は「いよいよ本

記事を読む

Netflixを使ってみた

 ネットワークオーディオなんてものを実践して、TIDALやQobuzに価値を見出している以上、Net

記事を読む

アニソンオーディオ vol.3を買ったよ

 盛りだくさんの内容。  光田氏のインタビューも読めて満足。  ハルカナルトキノカナタへ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

→もっと見る

PAGE TOP ↑