*

JPLAYがバージョン6.1でTIDALに対応

 厳密にはJPLAYの中のJPLAYStreamerがTIDALに対応。
 これだけでは「へー」以外の何物でもないが、今までの対応製品と少々状況が異なる。

 TIDALに対応しているネットワークオーディオプレーヤーとして、例えばLINN DSとLUMINがある。
 これらはメーカーがプレーヤー(ハードとソフトの両方)とコントロールアプリを自前で作成することで、TIDALへの対応も含めたトータルのシステムを構築している。LINN DSであればKazoo、LUMINであればLUMIN AppにTIDALのサービスを統合することで、ローカルとクラウドの音源をシームレスに活用できるようにするという寸法だ。

 一方で、JPLAYStreamerは音楽再生のコントロールはOpenHomeに対応した汎用アプリを使ってくれというスタンスであり、自前のコントロールアプリを持たない
 ローカルのサーバーから音源を再生するぶんにはそれでまったく問題ないのは確かだが、はたしてTIDALのようなストリーミングサービスとの統合も純正アプリなくして可能なのだろうか?


 ……と思っていたら、BubbleUPnPまたはBubbleDS NEXTを使えば問題なくTIDALの恩恵を受けられるようだ。
 ご覧のとおり、BubbleUPnPでは「Local Media Server」の中に「CLOUD」があり「TIDAL」がある。ローカルの中にクラウドがあるという階層構造は少々アレだが、分からないではない。
20150625jplay01

 「RENDERER」に「Local Renderer」(つまりandroid端末)を選べば直接端末にストリーミングされ、TIDAL対応プレーヤー(この場合はJPLAYStreamer)を選べばプレーヤー側にストリーミングされる、という仕組みだろうか。

 もっとも、まだ日本でサービスが始まっていないのでここで行き止まりだが……
20150625jplay02


 もともとBubbleUPnPにはTIDALの項目が用意されていたが、こういう使い方もできるということか。
 いやはやBubbleUPnP強し。SongBook HDが相変わらず不安定極まる現状では、iOSまで含めた汎用アプリの一強と呼んでいいかもしれない。
 ところで、公式HPのSSでは出現しているQobuzのアイコンが見当たらないのは地域制限か何かだろうか?


 汎用アプリとの組み合わせでTIDALへの対応も果たし、JPLAYStreamerはますます隙がなくなった。バージョン6.1になったことで操作性の改善もされたようだ。

 それにしても、JPLAYStreamerがここまでの機能を獲得してしまうと、単品ネットワークオーディオプレーヤーを取り巻く環境はますます厳しくなると言わざるを得ない。
 単品プレーヤーはハードにおける強み、すなわち「最初からオーディオ機器として作られたオーディオ機器であること」の上に胡座をかいてはいけない。オーディオ機器としての完成度だけでなく、ユーザビリティの完成度も絶え間なく高めていかなければ瞬く間に価値を失ってしまう。ただでさえ、とうの昔に「ネットワークオーディオ」という領域は単品プレーヤーのものだけではなくなっているのだから。

 そのネットワークオーディオプレーヤー、本当にJRiverとJRemoteの組み合わせより快適に使えますか?
 
 いずれJRiver Media Centerやら何やら、有名どころの再生ソフトも次々とTIDALに対応していくことだろう。
 TIDALやQobuzなど、音質を担保したストリーミングサービスを取り込めない製品は、再生ソフトだろうが単品プレーヤーだろうが見向きもされなくなる時代がやってくるかもしれない。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第2回『キングダム・オブ・ヘブン』

やる気のある内に第二回。今後も期待の新作が次々に発売になるので、早いうちにお気に入りのソフトの評価を

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『SongBook HD』

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気付けば2015年になってしまった。  このままでは永遠に

記事を読む

【BDレビュー】第291回『新世紀エヴァンゲリオン TVシリーズ』

画質:7 音質:8 映像:AVC 音声:リニアPCM 5.1ch 16bit

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第3回『007 カジノ・ロワイアル』

怒涛の勢いで第三回。休日の有効利用ってやつです。 さて今回は、皆さんご存知新たなスタートを切っ

記事を読む

【BDレビュー】第298回『ヒート』

画質:8 音質:12 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Au

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 鷺巣詩郎 / NEON GENESIS EVANGELION

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / NEON GENESIS EVANGELION

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第13回『スパイダーマン2』

怪奇蜘蛛男    VS. 豪力蛸博士 二作目です。MJが金髪になってます。さて、どんな

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第8回『イノセンス』

第八回はアニメ映画・イノセンスを取り上げます。 「アニメなんぞ所詮はオタクが傾倒する気色悪い低

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第190回『KICK-ASS』 北米盤

やる気無さすぎの日本版はスルー余裕でした 画質:8 音質:13 映像はAVC、音

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】アトモス時代のAVプリ

マランツ、旗艦AVプリ「AV8802」。ドルビーアトモス対応/フルディスクリート電流帰還型プリ採用

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

→もっと見る

PAGE TOP ↑