*

TIDALがリローンチ ― 「ストリーミングオーディオ」の時代は来るか?

 「ストリーミングオーディオ」とは、この記事では「音楽ストリーミングサービスを音源とするオーディオの形態」を指す。
 ただし、あくまでオーディオを名乗る以上、非可逆圧縮の音源は最初から論外なので、実質的にTIDALのような「ロスレス配信」を行うサービスの存在がストリーミングオーディオの前提となる。



 というわけで、TIDALのリローンチが随分大々的に行われたようだ。

ジェイ・Zの定額音楽配信サービス TIDAL が米国ほかで開始。発表会には豪華ゲストが参加 – engadget 日本版

 これだけのアーティストがTIDALのイベントに集まったのは、「音楽はロッシーではなくロスレスで聴いてほしい」というアーティスト側の姿勢が暗に? 明確に? 示されたということではなかろうか。

 ただ、それだけに私が気になったのはTIDALのユーザー数と、「TIDALというサービスに対するengadget(の記者)の反応」である。

ちなみに、TIDAL のユーザー数は今年1月現在で1万7000人ほど。WiMPユーザーを足しても51万2000人。対する Spotify は有料ユーザーで1500万人。無料ユーザーは6000万人と言われます。


 TIDALのユーザー数は1万7000人。
 「圧縮音源とCD相当のロスレス音源に明確な差を見出せるだけのオーディオシステムを持ち、なおかつ音楽ストリーミングサービスなんてものを活用できる程度にはデジタル・リテラシーがあり、そのうえでTIDALが提供するロスレス・ストリーミングサービスの価値を認めている」人々が世界に1万7000人いるということになる。
 嘘か真か知らないが、「日本のオーディオマニアの総人口は精々1万人」なんて話を聞いたことがあるので、それを考えれば1万7000人という人数はかなり多いのではなかろうか。
 もちろん人数的にはSpotifyと比べるべくもないが、これは結局のところ「音質なんてものはたいして重要ではない」という世界的なユーザー意識の現れだろう。いちオーディオファンとしては悲しい限りだ。

 記事中のこの文言がすべてを表している。

なお、TIDAL には Spotify のような無料サービスはありません。映像コンテンツにしても、今回ゲストとして壇上に上がったアーティストを中心に映像コンテンツも提供されてはいるものの、より一層ユーザーを獲得したいのであれば、もう少し何か差別化要素が欲しいところです。

 

 音質を重要視するオーディオの観点からすれば、まず圧縮している(ロッシー)という時点で、ほとんどの音楽ストリーミングサービスは音源として論外である。
 そんななかでロスレス配信を行うTIDALの登場は、音楽ストリーミングサービスが提供する音質がオーディオファンの要求する一線を越えたことを意味し、オーディオ業界にとって一大事件ですらあった。
 すなわち、オーディオファンからすれば、「ロスレス配信」こそTIDALの絶対的な差別化要素に他ならず、月額料金が多少高かろうが「TIDALすげえ!」となるのだが、engadgetには「他に何か欲しい」と一言で片付けられてしまった。
 engadgetはオーディオ系サイトというわけではないので、むしろこのような反応が普通・正常・一般的なんだろうなと考えると、なんとも言えない気分になる。音楽ストリーミングサービスという土俵においても、やはり「音質」は強みにはならないのかと……
 TIDALが「これからMQAを使ってハイレゾ配信も始めます!」なんて言ったところで、世間一般からすれば、「は? 何ソレ」となるのがオチだろう。

 オーディオファンとして見れば、TIDALに対しては「よくぞやってくれた、いいぞもっとやれ」という称賛と応援の言葉しか出てこない。ストリーミングオーディオという可能性を大きく広げていってほしいと心から思う。
 しかし、そもそも「別に圧縮音源でも構わない」というユーザーが限りなく大多数を占める音楽ストリーミングサービスの市場にあって、TIDALのような「音質」を売りにするサービスが今後もきちんと立ち行くのか……少々不安である。
 結局ごく一部のオーディオファンにしか浸透せず、「ユーザーがちっとも増えない=儲からないからやっぱりやめた」なんてことにならなければいいのだが。

 はたしてストリーミングオーディオの時代は来るのだろうか。
 せめて「音楽はロスレスで聴く」という文化が廃れないことを願う。



TIDALがもたらすもの

CES2015の「Streamer」に見るネットワークオーディオプレーヤーの復権

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

LUMIN A1・外観編

導入編 動作編 機能編 LINN DSとの徹底比較 DSD編 音質編① 開梱編

記事を読む

【イベントレポート】音展2015

 昨年の音展はあくまでLUMINのユーザー代表? としてネットワークオーディオの魅力を語りました。

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi: Belkis, Regina di Saba, Ballata delle gnomidi & Pini di Roma

・アーティスト / アルバムタイトル Respighi: Belkis, Regina di Sa

記事を読む

【音展2014】個人的ハイライト① アイ・オー・データのオーディオNAS参入

<音展>アイ・オー、“ハイレゾのため究極設計”のオーディオNAS参考出展 - 20万円以下予定

記事を読む

【音源管理の精髄】 WAVでリッピングするとタグはどうなる? 【ネットワークオーディオTips】

 正直「何を今更」というか、物凄く不毛なことをしている気がするのだが、未だに「WAVではタグが使えな

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第106回『ターミネーター2』

画質:7 音質:6 映像はAVCでハイビットレート。 音声はドルビーTRUEHDの24b

記事を読む

【ネットワークオーディオ・実践編】 あると便利なもの

○スキャナ  ネットに転がっているアルバムアートを適当に貼り付けるだけでも、何もないのに比べれ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第225回『ヒトラー ~最期の12日間~』

画質:8 音質:12 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit 画質につ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第176回『ツイスター』

「ツイスター」といえば、この映画かサガフロのスカイツイスター 90年代のこの手の映画は「いよいよ本

記事を読む

【BDレビュー】第317回・特別篇『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 北米盤

画質:13 音質:15 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

ESOTERIC N-01

エソテリック、最上位ネットワークプレーヤー/USB-DAC「N-01」

OPPO Sonica DACに贈り物をしよう

 というわけで企画記事を書きました。 話題のOPPO「Son

NetAudio vol.27で記事を執筆しました

 本日発売。  今回は、ありそうでなかった「やりたいこと

【祝】『ターミネーター2』がUHD BD化

StudioCanal: Remastered Terminator

HiVi 2017年8月号で『君の名は。』を含む新海誠監督作品の記事を執筆しました

 本日発売。 月刊HiVi 8月号 7/15発売 家で観

LG OLED55B6P ― ブラウン管の呪縛からの解放

レーザー光源プロジェクターと有機ELテレビとブラウン管の呪縛 画質を

エイサーの4K/HDR対応液晶ディスプレイ「ET430Kwmiiqppx」

エイサー、実売7万円でHDR/4K対応の43型液晶ディスプレイ - a

【祝】ついにディズニーからUHD BDがリリース――第一弾は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』

James Gunn Confirms Guardians of th

パケットビデオ・ジャパンが……解散

パケットビデオ・ジャパンが解散。Twonky Beamやbonoboな

【イベント報告】7/1にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行いました

予告編:7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

【祝】『ブレードランナー』がUHD BD化

Blu-ray.comのニュース Warner Bros. Ho

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

→もっと見る

PAGE TOP ↑