*

TIDALがリローンチ ― 「ストリーミングオーディオ」の時代は来るか?

 「ストリーミングオーディオ」とは、この記事では「音楽ストリーミングサービスを音源とするオーディオの形態」を指す。
 ただし、あくまでオーディオを名乗る以上、非可逆圧縮の音源は最初から論外なので、実質的にTIDALのような「ロスレス配信」を行うサービスの存在がストリーミングオーディオの前提となる。



 というわけで、TIDALのリローンチが随分大々的に行われたようだ。

ジェイ・Zの定額音楽配信サービス TIDAL が米国ほかで開始。発表会には豪華ゲストが参加 – engadget 日本版

 これだけのアーティストがTIDALのイベントに集まったのは、「音楽はロッシーではなくロスレスで聴いてほしい」というアーティスト側の姿勢が暗に? 明確に? 示されたということではなかろうか。

 ただ、それだけに私が気になったのはTIDALのユーザー数と、「TIDALというサービスに対するengadget(の記者)の反応」である。

ちなみに、TIDAL のユーザー数は今年1月現在で1万7000人ほど。WiMPユーザーを足しても51万2000人。対する Spotify は有料ユーザーで1500万人。無料ユーザーは6000万人と言われます。


 TIDALのユーザー数は1万7000人。
 「圧縮音源とCD相当のロスレス音源に明確な差を見出せるだけのオーディオシステムを持ち、なおかつ音楽ストリーミングサービスなんてものを活用できる程度にはデジタル・リテラシーがあり、そのうえでTIDALが提供するロスレス・ストリーミングサービスの価値を認めている」人々が世界に1万7000人いるということになる。
 嘘か真か知らないが、「日本のオーディオマニアの総人口は精々1万人」なんて話を聞いたことがあるので、それを考えれば1万7000人という人数はかなり多いのではなかろうか。
 もちろん人数的にはSpotifyと比べるべくもないが、これは結局のところ「音質なんてものはたいして重要ではない」という世界的なユーザー意識の現れだろう。いちオーディオファンとしては悲しい限りだ。

 記事中のこの文言がすべてを表している。

なお、TIDAL には Spotify のような無料サービスはありません。映像コンテンツにしても、今回ゲストとして壇上に上がったアーティストを中心に映像コンテンツも提供されてはいるものの、より一層ユーザーを獲得したいのであれば、もう少し何か差別化要素が欲しいところです。

 

 音質を重要視するオーディオの観点からすれば、まず圧縮している(ロッシー)という時点で、ほとんどの音楽ストリーミングサービスは音源として論外である。
 そんななかでロスレス配信を行うTIDALの登場は、音楽ストリーミングサービスが提供する音質がオーディオファンの要求する一線を越えたことを意味し、オーディオ業界にとって一大事件ですらあった。
 すなわち、オーディオファンからすれば、「ロスレス配信」こそTIDALの絶対的な差別化要素に他ならず、月額料金が多少高かろうが「TIDALすげえ!」となるのだが、engadgetには「他に何か欲しい」と一言で片付けられてしまった。
 engadgetはオーディオ系サイトというわけではないので、むしろこのような反応が普通・正常・一般的なんだろうなと考えると、なんとも言えない気分になる。音楽ストリーミングサービスという土俵においても、やはり「音質」は強みにはならないのかと……
 TIDALが「これからMQAを使ってハイレゾ配信も始めます!」なんて言ったところで、世間一般からすれば、「は? 何ソレ」となるのがオチだろう。

 オーディオファンとして見れば、TIDALに対しては「よくぞやってくれた、いいぞもっとやれ」という称賛と応援の言葉しか出てこない。ストリーミングオーディオという可能性を大きく広げていってほしいと心から思う。
 しかし、そもそも「別に圧縮音源でも構わない」というユーザーが限りなく大多数を占める音楽ストリーミングサービスの市場にあって、TIDALのような「音質」を売りにするサービスが今後もきちんと立ち行くのか……少々不安である。
 結局ごく一部のオーディオファンにしか浸透せず、「ユーザーがちっとも増えない=儲からないからやっぱりやめた」なんてことにならなければいいのだが。

 はたしてストリーミングオーディオの時代は来るのだろうか。
 せめて「音楽はロスレスで聴く」という文化が廃れないことを願う。



TIDALがもたらすもの

CES2015の「Streamer」に見るネットワークオーディオプレーヤーの復権

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

【音響の火花】・序・そもそも“音響”って?

 いわゆるオーディオの考え方を映像にも取り入れると、「オーディオビジュアル」という趣味の領域が出来上

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第107回『AKIRA』

過去→AKIRA→未来 画質:7 音質:15☆ 映像はAVCでビットレートは

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの基本要素

 遅れに遅れているコントロールアプリの検証2014だが、個別の検証に入る前にちょっと整理しておきたい

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第220回『リアル・スティール』

わたしは映画通になりたいわけではない。 深淵な映画全般の知識も無ければ、作品の衒学的文学的な評論な

記事を読む

どれだけ便利になったところで、クオリティが担保されない限り

Netflixを使ってみた  Netflixをある程度使ってみた結果、少なくとも現時点では、「

記事を読む

アイ・オーのオーディオ用NAS新製品

アイ・オー、“設定不要”の簡単オーディオ用NAS「RockDisk for Audio」。e-onk

記事を読む

ネットワークオーディオとOpenHomeとRoon Ready

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  「プレーヤー」に関して言えば、今日にお

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Lightning DS』

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの選択②―― ECLIPSE TD307MK2A

トップスピーカーの選択  天井への埋め込みは困難。  悲しいけれどDynaudioは極めて困

記事を読む

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS PC Audio NH100

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突! OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

【UHD BDレビュー】第31回『キング・コング:髑髏島の巨神』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

【UHD BDレビュー】第30回『ハクソー・リッジ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事

【UHD BDレビュー】第29回『許されざる者』 米国盤

【BDレビュー】第112回『許されざる者』 画質

→もっと見る

PAGE TOP ↑