*

TIDALがリローンチ ― 「ストリーミングオーディオ」の時代は来るか?

 「ストリーミングオーディオ」とは、この記事では「音楽ストリーミングサービスを音源とするオーディオの形態」を指す。
 ただし、あくまでオーディオを名乗る以上、非可逆圧縮の音源は最初から論外なので、実質的にTIDALのような「ロスレス配信」を行うサービスの存在がストリーミングオーディオの前提となる。



 というわけで、TIDALのリローンチが随分大々的に行われたようだ。

ジェイ・Zの定額音楽配信サービス TIDAL が米国ほかで開始。発表会には豪華ゲストが参加 – engadget 日本版

 これだけのアーティストがTIDALのイベントに集まったのは、「音楽はロッシーではなくロスレスで聴いてほしい」というアーティスト側の姿勢が暗に? 明確に? 示されたということではなかろうか。

 ただ、それだけに私が気になったのはTIDALのユーザー数と、「TIDALというサービスに対するengadget(の記者)の反応」である。

ちなみに、TIDAL のユーザー数は今年1月現在で1万7000人ほど。WiMPユーザーを足しても51万2000人。対する Spotify は有料ユーザーで1500万人。無料ユーザーは6000万人と言われます。


 TIDALのユーザー数は1万7000人。
 「圧縮音源とCD相当のロスレス音源に明確な差を見出せるだけのオーディオシステムを持ち、なおかつ音楽ストリーミングサービスなんてものを活用できる程度にはデジタル・リテラシーがあり、そのうえでTIDALが提供するロスレス・ストリーミングサービスの価値を認めている」人々が世界に1万7000人いるということになる。
 嘘か真か知らないが、「日本のオーディオマニアの総人口は精々1万人」なんて話を聞いたことがあるので、それを考えれば1万7000人という人数はかなり多いのではなかろうか。
 もちろん人数的にはSpotifyと比べるべくもないが、これは結局のところ「音質なんてものはたいして重要ではない」という世界的なユーザー意識の現れだろう。いちオーディオファンとしては悲しい限りだ。

 記事中のこの文言がすべてを表している。

なお、TIDAL には Spotify のような無料サービスはありません。映像コンテンツにしても、今回ゲストとして壇上に上がったアーティストを中心に映像コンテンツも提供されてはいるものの、より一層ユーザーを獲得したいのであれば、もう少し何か差別化要素が欲しいところです。

 

 音質を重要視するオーディオの観点からすれば、まず圧縮している(ロッシー)という時点で、ほとんどの音楽ストリーミングサービスは音源として論外である。
 そんななかでロスレス配信を行うTIDALの登場は、音楽ストリーミングサービスが提供する音質がオーディオファンの要求する一線を越えたことを意味し、オーディオ業界にとって一大事件ですらあった。
 すなわち、オーディオファンからすれば、「ロスレス配信」こそTIDALの絶対的な差別化要素に他ならず、月額料金が多少高かろうが「TIDALすげえ!」となるのだが、engadgetには「他に何か欲しい」と一言で片付けられてしまった。
 engadgetはオーディオ系サイトというわけではないので、むしろこのような反応が普通・正常・一般的なんだろうなと考えると、なんとも言えない気分になる。音楽ストリーミングサービスという土俵においても、やはり「音質」は強みにはならないのかと……
 TIDALが「これからMQAを使ってハイレゾ配信も始めます!」なんて言ったところで、世間一般からすれば、「は? 何ソレ」となるのがオチだろう。

 オーディオファンとして見れば、TIDALに対しては「よくぞやってくれた、いいぞもっとやれ」という称賛と応援の言葉しか出てこない。ストリーミングオーディオという可能性を大きく広げていってほしいと心から思う。
 しかし、そもそも「別に圧縮音源でも構わない」というユーザーが限りなく大多数を占める音楽ストリーミングサービスの市場にあって、TIDALのような「音質」を売りにするサービスが今後もきちんと立ち行くのか……少々不安である。
 結局ごく一部のオーディオファンにしか浸透せず、「ユーザーがちっとも増えない=儲からないからやっぱりやめた」なんてことにならなければいいのだが。

 はたしてストリーミングオーディオの時代は来るのだろうか。
 せめて「音楽はロスレスで聴く」という文化が廃れないことを願う。



TIDALがもたらすもの

CES2015の「Streamer」に見るネットワークオーディオプレーヤーの復権

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

続・LUMIN S1でDSDを聴く

 L1と一緒にS1を使う機会に再び恵まれたので、前回指摘したDSD再生時のノイズ問題がどうなっている

記事を読む

TIDALがもたらすもの

 TIDAL。  ドイツの高級スピーカーメーカーのことではなく、音楽配信サービスのTIDALである

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリにおける「プレイリスト」あるいは「キュー」について

 今更だが、なんとなく共通理解になっていない気がして。  ネットワークオーディオの究極

記事を読む

【レビュー】Telegärtner MFP8 Gold

 久々の魔境注意。 ネットワークオーディオの魔境を往く  そのうえであえて言わせ

記事を読む

【ホームシアターでゲームをしよう!】第1回『The Last of Us』

 『The Last of Us』。  通称ラスアス。  2013年6月発売。プ

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて 単体プレーヤー編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第29回『劇場版 カウボーイ・ビバップ 天国の扉』

画質:8 音質:10 映像はAVCでビットレートは30台で安定。 音声はドルビーTRUE

記事を読む

DELA N1ZのUSB DAC接続機能を試したかった

USB出力を搭載したネットワークオーディオトランスポートについて考える  色々と大騒ぎ

記事を読む

【BDレビュー】第271回『攻殻機動隊 ARISE BORDER:4』

画質:10 音質:8 映像:AVC 音声:ドルビーTRUEHD 5.1ch

記事を読む

【インプレッション】LUMIN A1/S1用NVS製外部電源接続ケーブル(試作品)

一応前の記事  縁あってお借りしたNVSのケーブル。  LUMIN A1/S1と外部

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

→もっと見る

PAGE TOP ↑