*

Nmode X-PM7 続・音質編 LモードとHモード

 HモードのX-PM7は素晴らしいスピーカー駆動力を示したが、ホワイトノイズの多さに我慢ならなくなった。
 音楽が鳴り出せば気にならなくなるとはいえ、24時間延々と音楽を再生し続けているわけでもない。「サー」というホワイトノイズが部屋中に満ち、気が散るを通り越して気が滅入る。「1メートル程度距離が取れればHモード推奨」どころのレベルではない。
 というわけで、Lモードを試してみた。
 
 電源を落とす。耳障りなホワイトノイズが消え去る。
 スピーカーケーブルを差し直し、電源再投入。
 Sapphireからホワイトノイズが流れ出す。
 が、胸をなでおろした。ホワイトノイズの量はHモードから激減し、X-PW10と比べて少し多いかな程度になった。
 さらに幸いなことに、スピーカーユニットから260センチ離れた視聴位置ではもはや音として認識できない。懐かしい静寂が戻って来た。

 で、肝心の音質なのだが……
 Hモードと全く遜色がない。
 それどころか、部分的にHモードを上回っている。
 確かに、押し出し感というか、音全体から感じるエネルギーはHモードに比べると落ちるようだ。
 しかし、その差は微々たるものでしかなく、X-PM7の美点である「弾む・楽しい中低音」はいささかも損なわれていない。
 また、音の背景が静寂になったことで、音と音のコントラスト、立体感は明らかにHモードを凌駕している。Hモードは従来のNmodeの音とは少々毛色が違うと思ったが、Lモードは完全にX-PW10の延長線上にあるようだ。

 X-PM7を使ううえで、私はHモードよりも断然Lモードをすすめる。
 Hモードが発する多量のホワイトノイズは、僅かなパワー感を上乗せするための代償としてはあまりにも大きすぎる。
 「ノイズ? そんなもん気にならん!」という人はHモードを使えばいいと思うが、私には……無理だった。

 Lモードで聴くX-PM7はX-PW10の繊細さを保ったまま、さらなるキレッキレのスピード感に加えて弾む中低音も獲得している。
 Sapphireが元気よく歌っている。
 これは善い買い物をした。



Nmode X-PM7 音質編(Hモード)

Nmode X-PM7 導入&外観編

【Audio】 システムまとめ 【Visual】

スポンサーリンク


関連記事

【レビュー】LUMIN T1 & D1

LUMIN T1 & D1 来たる LUMIN T1 & D1 ハード編 LUMIN

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第213回『スカーフェイス』

画質:9 音質:11 映像はVC-1、音声はDTS-HDMAの24bit、7.1ch

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

 Dolby AtmosやDTS:Xといったオブジェクトベースオーディオは、映像メディア用の音声規格

記事を読む

Twonky Server 8.4にアップデートするのは待った方がいいかもしれない

 QNAPへの今後の対応が取り沙汰されたTwonky Serverだが、Twonky Server自

記事を読む

アイ・オー・データ RockDisk for Audio 導入編

 それなりに安い。  ファンレスで静か。  中身がTwonky Server。  ネットワ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】ネットワークオーディオとストリーミングサービス

 spotifyに加えて最近ではApple MusicやらAWAやら、音楽ストリーミングサービスがま

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースオーディオとトップスピーカー

 Dolby AtmosにDTS:X、あと一応Auro-3D。  これらオブジェクトベースの新

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】 Asset UPnP for QNAP Testバージョンを追う

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Asset U

記事を読む

【システム】 Dynaudio Focus200C

 映画のサラウンド再生において、センタースピーカーは必要か不要かという議論がある。  非常に難しい

記事を読む

ELAC DS-S101 “Discovery Music Server”

 CES2016における最大のニュースはRoonReady。  私個人が選ぶハイライトはAudio

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

no image
【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

→もっと見る

PAGE TOP ↑