*

Nmode X-PM7 続・音質編 LモードとHモード

 HモードのX-PM7は素晴らしいスピーカー駆動力を示したが、ホワイトノイズの多さに我慢ならなくなった。
 音楽が鳴り出せば気にならなくなるとはいえ、24時間延々と音楽を再生し続けているわけでもない。「サー」というホワイトノイズが部屋中に満ち、気が散るを通り越して気が滅入る。「1メートル程度距離が取れればHモード推奨」どころのレベルではない。
 というわけで、Lモードを試してみた。
 
 電源を落とす。耳障りなホワイトノイズが消え去る。
 スピーカーケーブルを差し直し、電源再投入。
 Sapphireからホワイトノイズが流れ出す。
 が、胸をなでおろした。ホワイトノイズの量はHモードから激減し、X-PW10と比べて少し多いかな程度になった。
 さらに幸いなことに、スピーカーユニットから260センチ離れた視聴位置ではもはや音として認識できない。懐かしい静寂が戻って来た。

 で、肝心の音質なのだが……
 Hモードと全く遜色がない。
 それどころか、部分的にHモードを上回っている。
 確かに、押し出し感というか、音全体から感じるエネルギーはHモードに比べると落ちるようだ。
 しかし、その差は微々たるものでしかなく、X-PM7の美点である「弾む・楽しい中低音」はいささかも損なわれていない。
 また、音の背景が静寂になったことで、音と音のコントラスト、立体感は明らかにHモードを凌駕している。Hモードは従来のNmodeの音とは少々毛色が違うと思ったが、Lモードは完全にX-PW10の延長線上にあるようだ。

 X-PM7を使ううえで、私はHモードよりも断然Lモードをすすめる。
 Hモードが発する多量のホワイトノイズは、僅かなパワー感を上乗せするための代償としてはあまりにも大きすぎる。
 「ノイズ? そんなもん気にならん!」という人はHモードを使えばいいと思うが、私には……無理だった。

 Lモードで聴くX-PM7はX-PW10の繊細さを保ったまま、さらなるキレッキレのスピード感に加えて弾む中低音も獲得している。
 Sapphireが元気よく歌っている。
 これは善い買い物をした。



Nmode X-PM7 音質編(Hモード)

Nmode X-PM7 導入&外観編

【Audio】 システムまとめ 【Visual】

スポンサーリンク


関連記事

fidata HFAS1 運用編

 どれだけ音の良さを謳おうが、まともに使えないサーバーに用はない。  「信頼」の名を背負ったf

記事を読む

【音源管理の精髄・応用編】 基礎から応用へ 【ネットワークオーディオTips】

 タグ、ライブラリの構築、アルバムアート、サーバー、コントロール、プレーヤー。  今まで音源の管理

記事を読む

AURALiC ARIES MINI

 日本に上陸していないネットワークオーディオ関連機器を何となく紹介するシリーズ。 AURALi

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第60回『28週後…』

画質:8 音質:10 映像はAVCで30台中心のハイビットレート。 音声はDTS-HDM

記事を読む

【BDレビュー】第299回『007 スカイフォール』

画質:15 音質:15 映像:AVC 音声:DTS-HD Master A

記事を読む

【ネットワークオーディオ】 極限状況下でレスポンス最速のコントロールアプリは?

【2013年11月19日更新・追記】 2012年の初頭、iPad2でもってネットワーク

記事を読む

【Dynaudio】 Sapphireの足元 その3 【完結】

 ついに、Sapphireに相応しい台座を導入できた。  導入したのは、『ブビンガ』のボードで

記事を読む

【UHD BDレビュー】第16回『ハドソン川の奇跡』 【Dolby Atmos】

ちなみにパッケージ&ケースには記載はないが、「Ultra HD Premium」認定のようだ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第200回『善き人のためのソナタ』

足かけ約5年、記念すべき200回目は、 「爆発とかしない映画で一本だけ選べ」と言われたら選ぶ作品

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】続・理想のサーバーを考える

理想のサーバーとは?  前回の記事から約1年半が経ち、いわゆる「オーディオ用サーバー」が本

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑