*

Nmode X-PM7 音質編

公開日: : 最終更新日:2015/01/09 オーディオ・ビジュアル全般, システム・機器

 電源入れっ放し三日目の音質所感速報。

2014123101


○システム

LUMIN A1
LUMIN L1(HDD 2TB)
Nmode X-PM7
Dynaudio Sapphire

 LUMIN A1とX-PM7はバランス接続、Hモード。


○比較対象

BENCHMARK DAC2 HGC(プリとして)
Nmode X-PW10


 X-PM10との比較なら話は早いのだが、プリを噛ませたX-PW10との比較なので少々ややこしい。



○所感

 まず、説明書にも「出ます」と書かれているホワイトノイズについて触れねばなるまい。
 確かに出る。むしろ、電源投入直後から露骨に聴こえる「サー」というノイズは今まで聴いたことのない大きさで、コレはひょっとしてまずいんじゃないかと肝を冷やした。
 X-PW10と比べても遥かに目立つし、FundamentalのLA10が聴かせた「漆黒」とは大違いである。ちなみにLモードにするとどうなるかは試していない。
 で、冷や汗をかきながら音を聴いた。
 X-PW10は繊細さとスピード感が命だったが、逆に言えばそれ以上でもそれ以下でもなかったのだなあ、と。
 鳴る。X-PW10に輪をかけて鳴る。さすがに最初の1、2時間程度は本調子ではなかったようだが、みるみる音に力が出てきた。
 公式が謳う「弾むような低音」は本物だ。それでいて、まったく滲まない。速い。キレッキレである。特にパーカッションの鮮やかな存在感には目を見張る。電源巨大化の効果だろうか、とにかく音全体から感じるエネルギーは激増した。中低音が厚く、弾ける。楽しい。
 鳴りっぷりの変化が大きな効果をもたらす曲がある一方で、そうでもない曲もある。特に、静かで、シンプルで、しっとりとした歌やピアノソロなんかは音の背後にホワイトノイズの気配を感じてしまってちょっと……という場合もある。絶対的な繊細さについては、X-PM7はX-PW10と同等か、ごく僅かに劣る印象。ま、この辺は楽しさとのトレードオフと言うべきか。基本的に、音楽が鳴り始めた途端ホワイトノイズはどうでもよくなる。圧倒的に音楽を聴く楽しさが勝る。

 正直なところ、システムのシンプル化が目的の導入で、そこまで劇的な音の変化を期待していたわけではなかったのだが、これは思わぬ僥倖と言っていい。
 Dynaudioは別として、私は特定のメーカーの製品に対するこだわりのようなものは持っていないつもりだった。「1bitだから」だとか「デジタルアンプだから」だとか、そんなことを気にしたことはただの一度もない。音(とデザインと価格)がすべてだ。しかし、気付いてみれば随分とNmodeのアンプを買っている。X-PW10と組み合わせたAudience122の音の印象がそれだけ強烈だったということだろう。あの雪が融けた瞬間の輝き……
 X-PW10、X-PW1、自分用にではないがX-PM2も買って、どれも音の良さに満足した。聴きもせずにX-PM7の導入を決めるくらいには、私の中で既にNmodeのアンプに対する信頼が出来上がっているようだ。そしてX-PM7は今までのアンプとは少々毛色が違うとはいえ、やはりNmodeらしい繊細さが根底にある。それでいて、弾む低音という新たな音のステージを迎えている。もっとも、ホワイトノイズばかりはもう少しどうにかならなかったのかと思うが。来年度に出るという上位機種にも期待しよう。



Nmode X-PM7 続・音質編(Lモード) ←こっちも読んでね

Nmode X-PM7 導入&外観編

【Audio】 システムまとめ 【Visual】

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第113回『ゴーストライダー』

画質:12 音質:13 映像はAVC、SPEらしい手慣れたエンコード。 音声はリニアPC

記事を読む

サーバーで音は変わるか? ソフト編

【ネットワークオーディオの魔境を往く】 - いったい何が始まるんです?  ハード編の続

記事を読む

【理想のオーディオ用PCを求めて】canarino Fils ― デジタル・ファイル再生の原器

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous Roon 1.3 - DAR

記事を読む

【音源管理の精髄】 アルバムアートにこだわる理由 【ネットワークオーディオTips】

 私は聴きたい曲を選ぶ際、あくまで「○○というアルバムの中の○○という曲」という意識を持っている。

記事を読む

【CES2016】個人的ハイライトと記事まとめ

 CES2016の個人的なハイライトは、先行逃げ切りで RoonReady  …

記事を読む

【BDレビュー】第309回『フューリー』

 某アニメを意識して今更取り上げたわけでは……なくはないです。 画質:9 音質:10→1

記事を読む

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのBuild 208の更新内容とし

記事を読む

Roon 1.3の諸々 ライブラリ機能編

 Roon 1.3! Roon 1.3 Is Live! - Roon Labs

記事を読む

Primareの新フラグシップ・PRE60 & A60は今春発売! の予定

 公式HP  本気でそのパンダみたいなデザインのまま発売するのか……  純シルバー(プラ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

→もっと見る

PAGE TOP ↑