*

Nmode X-PM7 音質編

公開日: : 最終更新日:2015/01/09 オーディオ・ビジュアル全般, システム・機器

 電源入れっ放し三日目の音質所感速報。

2014123101


○システム

LUMIN A1
LUMIN L1(HDD 2TB)
Nmode X-PM7
Dynaudio Sapphire

 LUMIN A1とX-PM7はバランス接続、Hモード。


○比較対象

BENCHMARK DAC2 HGC(プリとして)
Nmode X-PW10


 X-PM10との比較なら話は早いのだが、プリを噛ませたX-PW10との比較なので少々ややこしい。



○所感

 まず、説明書にも「出ます」と書かれているホワイトノイズについて触れねばなるまい。
 確かに出る。むしろ、電源投入直後から露骨に聴こえる「サー」というノイズは今まで聴いたことのない大きさで、コレはひょっとしてまずいんじゃないかと肝を冷やした。
 X-PW10と比べても遥かに目立つし、FundamentalのLA10が聴かせた「漆黒」とは大違いである。ちなみにLモードにするとどうなるかは試していない。
 で、冷や汗をかきながら音を聴いた。
 X-PW10は繊細さとスピード感が命だったが、逆に言えばそれ以上でもそれ以下でもなかったのだなあ、と。
 鳴る。X-PW10に輪をかけて鳴る。さすがに最初の1、2時間程度は本調子ではなかったようだが、みるみる音に力が出てきた。
 公式が謳う「弾むような低音」は本物だ。それでいて、まったく滲まない。速い。キレッキレである。特にパーカッションの鮮やかな存在感には目を見張る。電源巨大化の効果だろうか、とにかく音全体から感じるエネルギーは激増した。中低音が厚く、弾ける。楽しい。
 鳴りっぷりの変化が大きな効果をもたらす曲がある一方で、そうでもない曲もある。特に、静かで、シンプルで、しっとりとした歌やピアノソロなんかは音の背後にホワイトノイズの気配を感じてしまってちょっと……という場合もある。絶対的な繊細さについては、X-PM7はX-PW10と同等か、ごく僅かに劣る印象。ま、この辺は楽しさとのトレードオフと言うべきか。基本的に、音楽が鳴り始めた途端ホワイトノイズはどうでもよくなる。圧倒的に音楽を聴く楽しさが勝る。

 正直なところ、システムのシンプル化が目的の導入で、そこまで劇的な音の変化を期待していたわけではなかったのだが、これは思わぬ僥倖と言っていい。
 Dynaudioは別として、私は特定のメーカーの製品に対するこだわりのようなものは持っていないつもりだった。「1bitだから」だとか「デジタルアンプだから」だとか、そんなことを気にしたことはただの一度もない。音(とデザインと価格)がすべてだ。しかし、気付いてみれば随分とNmodeのアンプを買っている。X-PW10と組み合わせたAudience122の音の印象がそれだけ強烈だったということだろう。あの雪が融けた瞬間の輝き……
 X-PW10、X-PW1、自分用にではないがX-PM2も買って、どれも音の良さに満足した。聴きもせずにX-PM7の導入を決めるくらいには、私の中で既にNmodeのアンプに対する信頼が出来上がっているようだ。そしてX-PM7は今までのアンプとは少々毛色が違うとはいえ、やはりNmodeらしい繊細さが根底にある。それでいて、弾む低音という新たな音のステージを迎えている。もっとも、ホワイトノイズばかりはもう少しどうにかならなかったのかと思うが。来年度に出るという上位機種にも期待しよう。



Nmode X-PM7 続・音質編(Lモード) ←こっちも読んでね

Nmode X-PM7 導入&外観編

【Audio】 システムまとめ 【Visual】

スポンサーリンク


関連記事

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、標準仕様になっているSOtMの

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第140回『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』

画質:8 音質:10 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit。 ちなみにこ

記事を読む

【音源管理の精髄】 タグ編集&CDのリッピングにかかる時間 【ネットワークオーディオTips】

 タグの編集と管理はめんどくさい。  確かにめんどくさい。  それは事実だ。  では、どれ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第230回『言の葉の庭』

 Phile-webコミュニティで書き続けてきた『御気楽BD視聴記』。  HNも変えた再出発につき

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第7回『300』

Spartans!! Tonight, We Dine in Hell!!! 画質:9→1

記事を読む

【オブジェクトベースシアターへの道】DTS:Xはどうなる?

DTS:X!!!  3月中に発表するとか言っておきながらなしのつぶてとはいったいどうい

記事を読む

みんなでRoonを翻訳しようプロジェクト

 Roonのコミュニティ的な話題なのでちょっとアレかなと思い、RoonのEnno Vandermee

記事を読む

ホームシアターにおけるプロジェクターの行く末

 CES2015雑感でも書いたが、別にCESに限った話ではなく、ここ最近の「ホームシアター用プロジェ

記事を読む

Qobuzがハイレゾストリーミングを開始

 何を使ってどんな仕組みでどんな具合にハイレゾを配信するのかは分からないが、とりあえず始まっ

記事を読む

【BDレビュー】第271回『攻殻機動隊 ARISE BORDER:4』

画質:10 音質:8 映像:AVC 音声:ドルビーTRUEHD 5.1ch

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

canarino Fils 単体サーバー編 その2

その1  懸案だったアナログ電源を手に入れて状況が整ったので

→もっと見る

PAGE TOP ↑