*

Nmode X-PM7 音質編

公開日: : 最終更新日:2015/01/09 オーディオ・ビジュアル全般, システム・機器

 電源入れっ放し三日目の音質所感速報。

2014123101


○システム

LUMIN A1
LUMIN L1(HDD 2TB)
Nmode X-PM7
Dynaudio Sapphire

 LUMIN A1とX-PM7はバランス接続、Hモード。


○比較対象

BENCHMARK DAC2 HGC(プリとして)
Nmode X-PW10


 X-PM10との比較なら話は早いのだが、プリを噛ませたX-PW10との比較なので少々ややこしい。



○所感

 まず、説明書にも「出ます」と書かれているホワイトノイズについて触れねばなるまい。
 確かに出る。むしろ、電源投入直後から露骨に聴こえる「サー」というノイズは今まで聴いたことのない大きさで、コレはひょっとしてまずいんじゃないかと肝を冷やした。
 X-PW10と比べても遥かに目立つし、FundamentalのLA10が聴かせた「漆黒」とは大違いである。ちなみにLモードにするとどうなるかは試していない。
 で、冷や汗をかきながら音を聴いた。
 X-PW10は繊細さとスピード感が命だったが、逆に言えばそれ以上でもそれ以下でもなかったのだなあ、と。
 鳴る。X-PW10に輪をかけて鳴る。さすがに最初の1、2時間程度は本調子ではなかったようだが、みるみる音に力が出てきた。
 公式が謳う「弾むような低音」は本物だ。それでいて、まったく滲まない。速い。キレッキレである。特にパーカッションの鮮やかな存在感には目を見張る。電源巨大化の効果だろうか、とにかく音全体から感じるエネルギーは激増した。中低音が厚く、弾ける。楽しい。
 鳴りっぷりの変化が大きな効果をもたらす曲がある一方で、そうでもない曲もある。特に、静かで、シンプルで、しっとりとした歌やピアノソロなんかは音の背後にホワイトノイズの気配を感じてしまってちょっと……という場合もある。絶対的な繊細さについては、X-PM7はX-PW10と同等か、ごく僅かに劣る印象。ま、この辺は楽しさとのトレードオフと言うべきか。基本的に、音楽が鳴り始めた途端ホワイトノイズはどうでもよくなる。圧倒的に音楽を聴く楽しさが勝る。

 正直なところ、システムのシンプル化が目的の導入で、そこまで劇的な音の変化を期待していたわけではなかったのだが、これは思わぬ僥倖と言っていい。
 Dynaudioは別として、私は特定のメーカーの製品に対するこだわりのようなものは持っていないつもりだった。「1bitだから」だとか「デジタルアンプだから」だとか、そんなことを気にしたことはただの一度もない。音(とデザインと価格)がすべてだ。しかし、気付いてみれば随分とNmodeのアンプを買っている。X-PW10と組み合わせたAudience122の音の印象がそれだけ強烈だったということだろう。あの雪が融けた瞬間の輝き……
 X-PW10、X-PW1、自分用にではないがX-PM2も買って、どれも音の良さに満足した。聴きもせずにX-PM7の導入を決めるくらいには、私の中で既にNmodeのアンプに対する信頼が出来上がっているようだ。そしてX-PM7は今までのアンプとは少々毛色が違うとはいえ、やはりNmodeらしい繊細さが根底にある。それでいて、弾む低音という新たな音のステージを迎えている。もっとも、ホワイトノイズばかりはもう少しどうにかならなかったのかと思うが。来年度に出るという上位機種にも期待しよう。



Nmode X-PM7 続・音質編(Lモード) ←こっちも読んでね

Nmode X-PM7 導入&外観編

【Audio】 システムまとめ 【Visual】

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第298回『ヒート』

画質:8 音質:12 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Au

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第174回『トイストーリー 三部作』

ピクサーほんとすげえな…… 『トイストーリー』  画質:10 音質:10 『トイストーリ

記事を読む

LUMIN A1を試す・導入編

 DAC2 HGCは素晴らしいDACだ。  USB入力もあるし、「ネットワークオーディオはコントロ

記事を読む

【BDレビュー】第308回『セッション』

画質:8 音質:15 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS

記事を読む

【システム】 Victor DLA-X30

 むかしむかし、VictorのDLA-HD350を使っていたことがある。  部屋があまりにも狭くて

記事を読む

dBpoweramp Release 16

 リッピング&タグ編集&フォーマット一括変換機能のパッケージ、自分にとって理想のライブラリの構築を志

記事を読む

DigiFi No.28で記事を執筆しました

 本日発売。 DigiFi No.28 特別付録ハイレゾサンプラーDVDつき号 - S

記事を読む

UHD BDのローンチと今後の【BDレビュー】について

 3月1日を迎え、とうとうタイトルが発売されたUHD BD。  既にアメリカから輸入して実際に見た

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第98回『ショーシャンクの空に』

好い映画。 画質:7 音質:7 映像はVC-1、ビットレートは高くて25Mbps程度

記事を読む

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は、単に「CD以上のスペックであ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

月刊HiVi 2018年1月号を読んで、ホームシアターでゲームをしよう!【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 1月号 12/16発売 

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑