*

LUMIN L1 続・音質編

前の記事


 前回の試用ではS1との組み合わせだったが、本導入の今となってはA1との組み合わせである。
 というわけで、あらためてL1の唯一にして最大の長所、不便極まる運用上の難点を吹き飛ばして余りあるその音質について検証する。



○比較対象

QNAP TS-119(SSD 600GB) + EL SOUNDアナログ電源


○再生環境

LUMIN A1
BENCHMARK DAC2 HGC(プリとして)
audioquest Ethernet Vodka(直近のハブからA1とL1を接続)
Nmode X-PW10
Dynaudio Sapphire

 一応言っておくと、LUMIN A1でのアップサンプリング等は一切なし。
 さすがに今回はL1の設置環境・ケーブル等にも気を使っている。


 再生曲その1
20141204-2
 その2
20141204-3



 S1との組み合わせでL1を聴いた時、「サーバーでこれほどまでに音が変わる」という体験に打ちのめされ、ある意味では冷静に考える余裕がなかった。
 そして今一度聴いてみて、L1の音質的諸相――ギターのジューシーさもボーカルの艶やかさもディティールの表出も演奏の立体感も中低音の充実感も音像の透明感も音場の広がりも、何もかもがあまりにも違う――が何に起因するのかわかった。

 滲みがないのだ。

 滲みがなくなった結果、音楽が姿を変える。
 単に紫だと思っていた音色は、実は青と赤から構成されていた。
 ギターの音の表面に、実は歪みが漣のように立体的な感触を与えていた。
 乱雑で膨らんだ響きに隠されて、実はパーカッションが繊細なリズムを刻んでいた。
 互いに押し退け合うだけだったコーラスは、実は驚くべき立体感を醸成していた。
 音の底でどろどろと蠢いていた低音は、実は明快な意図をもって跳ね回っていた。
 より一層真っ黒に沈んだ背景に、実はさらに多くの輝きが浮かんでいた。
 聴こえる。見える。気が付く。
 高S/N化、中低音の改善、色彩感の向上、オーディオ的に語れることは多いが、それらがひとえに“サーバーを替えた”ことで得られるというのは驚きと言わざるを得ない。
 あとはやはり、静かな曲よりもやかましい曲の方が大きな向上を実感できる。

 なぜサーバーで音が変わるのか、と聞かれても困る。そんなこと私は知らん。想像することならできる、もとい想像することしかできないが、それをさもわかったことのように言い触らす趣味は私にはない。
 そして、「サーバーで音が変わるとか本気で言ってるの? 頭おかしいんじゃね?」と言われても甘んじて受けるしかあるまい。実際に聴いてみて、としか言えない。
 高音質サーバーという製品ジャンル、大いにありだ。


 加えて、聴いていてあることに気付いた。
 S1にL1を組み合わせると、中低音の充実感やら演奏の迫力やらが見えてきて――つまるところA1的な要素が加わって、音楽が聴くのがより楽しくなった。
 A1にL1を組み合わせると、高S/N化や中低音の見通しが改善されることで――つまるところS1的な要素が加わって、オーディオ的な快感がさらに増した。
 面白い。


 音は良い。
 音だけは良い。
 音に限って言えば抜群に良い。
 そしてL1はLUMINのプレーヤー以外にも使えるサーバーなので、色々なプレーヤーと組み合わせた時にどんな表情を示すのか、その辺の興味も尽きない。



LUMIN L1 まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第171回『エイリアン 四部作』

『エイリアン』  画質:7 音質:8 『エイリアン2』 画質:8 音質:10 『エイリアン3』 

記事を読む

【音源管理の精髄】 DSDについて 【ネットワークオーディオTips】

 技術詳細はwikiへ。  Direct Stream Digital / Wikipedia

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

再生ソフトを用いたPCのサーバー化――最も簡単なネットワークオーディオの形 foobar200

記事を読む

続・サーバーソフトで音は変わるか?

ネットワークオーディオの魔境を往く - サーバーで音は変わるか? ハード編 ネットワークオーディオ

記事を読む

LUMIN L1 ハード編

 デザイン、“モノ”としてのクオリティはオーディオ機器の重要な要素である。  NAS/サーバーも“

記事を読む

LUMIN T1 & D1 運用編

 T1/D1はA1とまったく同じように使える。  以上。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第144回『白雪姫』

画質:15 音質:6 映像はAVC、音声は英語日本語共にDTS-HDMA、7.1ch

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第208回『ノエイン』

画質:5 音質:8 映像はAVC、音声はリニアPCMの16bitステレオ 画質につい

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】The Corrs / White Light

・アーティスト / アルバムタイトル The Corrs / White Light

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第62回『トロイ』

画質:9 音質:10 映像はVC-1、驚異の低ビットレート。詳細は後述。 音声はドルビー

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑