*

LUMIN L1 続・音質編

前の記事


 前回の試用ではS1との組み合わせだったが、本導入の今となってはA1との組み合わせである。
 というわけで、あらためてL1の唯一にして最大の長所、不便極まる運用上の難点を吹き飛ばして余りあるその音質について検証する。



○比較対象

QNAP TS-119(SSD 600GB) + EL SOUNDアナログ電源


○再生環境

LUMIN A1
BENCHMARK DAC2 HGC(プリとして)
audioquest Ethernet Vodka(直近のハブからA1とL1を接続)
Nmode X-PW10
Dynaudio Sapphire

 一応言っておくと、LUMIN A1でのアップサンプリング等は一切なし。
 さすがに今回はL1の設置環境・ケーブル等にも気を使っている。


 再生曲その1
20141204-2
 その2
20141204-3



 S1との組み合わせでL1を聴いた時、「サーバーでこれほどまでに音が変わる」という体験に打ちのめされ、ある意味では冷静に考える余裕がなかった。
 そして今一度聴いてみて、L1の音質的諸相――ギターのジューシーさもボーカルの艶やかさもディティールの表出も演奏の立体感も中低音の充実感も音像の透明感も音場の広がりも、何もかもがあまりにも違う――が何に起因するのかわかった。

 滲みがないのだ。

 滲みがなくなった結果、音楽が姿を変える。
 単に紫だと思っていた音色は、実は青と赤から構成されていた。
 ギターの音の表面に、実は歪みが漣のように立体的な感触を与えていた。
 乱雑で膨らんだ響きに隠されて、実はパーカッションが繊細なリズムを刻んでいた。
 互いに押し退け合うだけだったコーラスは、実は驚くべき立体感を醸成していた。
 音の底でどろどろと蠢いていた低音は、実は明快な意図をもって跳ね回っていた。
 より一層真っ黒に沈んだ背景に、実はさらに多くの輝きが浮かんでいた。
 聴こえる。見える。気が付く。
 高S/N化、中低音の改善、色彩感の向上、オーディオ的に語れることは多いが、それらがひとえに“サーバーを替えた”ことで得られるというのは驚きと言わざるを得ない。
 あとはやはり、静かな曲よりもやかましい曲の方が大きな向上を実感できる。

 なぜサーバーで音が変わるのか、と聞かれても困る。そんなこと私は知らん。想像することならできる、もとい想像することしかできないが、それをさもわかったことのように言い触らす趣味は私にはない。
 そして、「サーバーで音が変わるとか本気で言ってるの? 頭おかしいんじゃね?」と言われても甘んじて受けるしかあるまい。実際に聴いてみて、としか言えない。
 高音質サーバーという製品ジャンル、大いにありだ。


 加えて、聴いていてあることに気付いた。
 S1にL1を組み合わせると、中低音の充実感やら演奏の迫力やらが見えてきて――つまるところA1的な要素が加わって、音楽が聴くのがより楽しくなった。
 A1にL1を組み合わせると、高S/N化や中低音の見通しが改善されることで――つまるところS1的な要素が加わって、オーディオ的な快感がさらに増した。
 面白い。


 音は良い。
 音だけは良い。
 音に限って言えば抜群に良い。
 そしてL1はLUMINのプレーヤー以外にも使えるサーバーなので、色々なプレーヤーと組み合わせた時にどんな表情を示すのか、その辺の興味も尽きない。



LUMIN L1 まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオ】レスポンス最速のコントロールアプリは?

 ※この記事のデータ等は2012年2月28日時点のものです 速さは大事である。 もちろん、ネ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第211回『遊星からの物体X』

犬はスタン・ウィンストン大先生の作品 画質:7 音質:8 仕様詳細はsiro様の

記事を読む

センタースピーカーの次はサブウーファーか!

 ホームシアターのマルチチャンネル・サラウンド再生においてセンタースピーカーは極めて重要である。「台

記事を読む

【BDレビュー】 第241回『アベンジャーズ』 北米盤

続編の敵になるのは誰かな? 画質:10 音質:9 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来一年半以上に渡って頓挫していた

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第180回『96時間』

画質:8 音質:13 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質につ

記事を読む

【オブジェクトベースシアターへの道】Dolby AtmosでもDTS:Xでもどっちでもいいから

 もっとソフト!  ソフト出して!  怒りのデスロードがDolby Atmos収録でテンショ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第199回『マスク・オブ・ゾロ』

画質:8 音質:12 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第220回『リアル・スティール』

わたしは映画通になりたいわけではない。 深淵な映画全般の知識も無ければ、作品の衒学的文学的な評論な

記事を読む

TEAC NT-505(OpenHome/Roon Ready)

ティアック、MQAやRoon対応のデュアルモノラル構造ネットワークプレーヤー「NT-505」 - P

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

アニメ『宝石の国』が素晴らしい

 アニメから入って、原作漫画も全巻買ってしまった。フォス……

Fundamental LA10 version II / ATT10

「LA10v2」リリース文(PDF) 「ATT10」リリース文(

月刊HiVi 2018年1月号を読んで、ホームシアターでゲームをしよう!【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 1月号 12/16発売 

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

→もっと見る

PAGE TOP ↑