*

LUMIN L1 続・音質編

前の記事


 前回の試用ではS1との組み合わせだったが、本導入の今となってはA1との組み合わせである。
 というわけで、あらためてL1の唯一にして最大の長所、不便極まる運用上の難点を吹き飛ばして余りあるその音質について検証する。



○比較対象

QNAP TS-119(SSD 600GB) + EL SOUNDアナログ電源


○再生環境

LUMIN A1
BENCHMARK DAC2 HGC(プリとして)
audioquest Ethernet Vodka(直近のハブからA1とL1を接続)
Nmode X-PW10
Dynaudio Sapphire

 一応言っておくと、LUMIN A1でのアップサンプリング等は一切なし。
 さすがに今回はL1の設置環境・ケーブル等にも気を使っている。


 再生曲その1
20141204-2
 その2
20141204-3



 S1との組み合わせでL1を聴いた時、「サーバーでこれほどまでに音が変わる」という体験に打ちのめされ、ある意味では冷静に考える余裕がなかった。
 そして今一度聴いてみて、L1の音質的諸相――ギターのジューシーさもボーカルの艶やかさもディティールの表出も演奏の立体感も中低音の充実感も音像の透明感も音場の広がりも、何もかもがあまりにも違う――が何に起因するのかわかった。

 滲みがないのだ。

 滲みがなくなった結果、音楽が姿を変える。
 単に紫だと思っていた音色は、実は青と赤から構成されていた。
 ギターの音の表面に、実は歪みが漣のように立体的な感触を与えていた。
 乱雑で膨らんだ響きに隠されて、実はパーカッションが繊細なリズムを刻んでいた。
 互いに押し退け合うだけだったコーラスは、実は驚くべき立体感を醸成していた。
 音の底でどろどろと蠢いていた低音は、実は明快な意図をもって跳ね回っていた。
 より一層真っ黒に沈んだ背景に、実はさらに多くの輝きが浮かんでいた。
 聴こえる。見える。気が付く。
 高S/N化、中低音の改善、色彩感の向上、オーディオ的に語れることは多いが、それらがひとえに“サーバーを替えた”ことで得られるというのは驚きと言わざるを得ない。
 あとはやはり、静かな曲よりもやかましい曲の方が大きな向上を実感できる。

 なぜサーバーで音が変わるのか、と聞かれても困る。そんなこと私は知らん。想像することならできる、もとい想像することしかできないが、それをさもわかったことのように言い触らす趣味は私にはない。
 そして、「サーバーで音が変わるとか本気で言ってるの? 頭おかしいんじゃね?」と言われても甘んじて受けるしかあるまい。実際に聴いてみて、としか言えない。
 高音質サーバーという製品ジャンル、大いにありだ。


 加えて、聴いていてあることに気付いた。
 S1にL1を組み合わせると、中低音の充実感やら演奏の迫力やらが見えてきて――つまるところA1的な要素が加わって、音楽が聴くのがより楽しくなった。
 A1にL1を組み合わせると、高S/N化や中低音の見通しが改善されることで――つまるところS1的な要素が加わって、オーディオ的な快感がさらに増した。
 面白い。


 音は良い。
 音だけは良い。
 音に限って言えば抜群に良い。
 そしてL1はLUMINのプレーヤー以外にも使えるサーバーなので、色々なプレーヤーと組み合わせた時にどんな表情を示すのか、その辺の興味も尽きない。



LUMIN L1 まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄】『音源』の重要性――『快適な音楽再生』を実現するために 【ネットワークオーディオTips】

 最初に、一般的な定義を確認しておこう。今後の話を分かりやすくするために。  (狭義の)PCオ

記事を読む

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満載の特典BD - AV Wat

記事を読む

【ネットワークオーディオ・実践編】dBpoweramp CD Ripperでリッピング

 38ドルくらい投資しよう。  買いましたね?  インストールしましたね?  

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第213回『スカーフェイス』

画質:9 音質:11 映像はVC-1、音声はDTS-HDMAの24bit、7.1ch

記事を読む

LUMIN L1のSSDを1TBに換装した

 急激に増えていくライブラリのサイズに耐えきれず、SanDisk X300sの512GBから、同じく

記事を読む

ネットワークオーディオとOpenHomeとRoon Ready

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  「プレーヤー」に関して言えば、今日にお

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第63回『メン・イン・ブラック』

画質:7 音質:9 映像はAVCでビットレートは高めに推移。 音声はドルビーTRUEHD

記事を読む

Marantz SR7009

マランツ、同社初のDolby Atmos対応AVアンプ SR7009」。音場補正用マイクとスタンドも

記事を読む

【レビュー】Panasonic DMP-UB90

UHD BDプレーヤー Panasonic DMP-UB90を買った  4Kディスプレイもない

記事を読む

【BDレビュー】第296回『バンパイアハンターD』 北米版

 妖獣都市、獣兵衛忍風帖と並ぶ川尻善昭監督の大傑作。ちなみに英語版がオリジナル。日本語版を待

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑