*

LUMIN L1 音質編

 L1についてハード、ソフト、運用と見てきたが、オーディオ的なセンスに溢れた豪華な筐体であるという一点を除き、さしたる魅力は感じられなかった。
 むしろ、“シンプル”という言葉の意味を履き違えており製品コンセプトがよくわからない、というのが正直な印象だ。

 では、L1の価値とは何か。
 シンプルを通り越してもはや“何もできない”感のあるL1に何を求めるのか。
 L1に10万以上の投資をするだけの価値はあるのか。

 筐体、サーバーソフトの完成度、運用の柔軟性/使い勝手。
 ネットワークオーディオにおけるサーバーに求めるものとして、これ以外に何がある?


 ひとつだけあった。

 音質だ。



 サーバーで音は変わるか? ハード編

 上記の記事で行った検証から、私はサーバーで音は変わるとの立場である。いやはやオーディオは恐ろしい。


 それでは、L1の音質を検証してみよう。


○比較対象

QNAP TS-119(SSD 600GB) + EL SOUNDアナログ電源


○再生環境

LUMIN S1 ←L1と一緒に再び送られてきたのでこちらを使用
BENCHMARK DAC2 HGC(プリとして)
Nmode X-PW10
Dynaudio Sapphire



 白状すると、L1は外部電源の衝撃が大きすぎて色々とやる気を失くしたので、本体も電源もカーペットに直置きした挙句、電源ケーブルもLANケーブルも付属したその辺に転がっていそうなケーブルをそのまま使用した。
 (真面目な)オーディオファンとしてあるまじき設置状態のまま音質検証を行ったことをあらかじめお詫びしておく。

 ちなみに比較対象となるTS-119は、ご存じのとおりネットワークオーディオ黎明期から“高音質NAS”として一世を風靡した感がある。僅かな駆動音も嫌ってSSDに交換し、さらに別途アナログ電源を導入している。なんだかんだ言って15万程度は投資している。
 相手にとって不足はあるまい。


27

 比較はプレイリスト上に同一音源をそれぞれのサーバーから登録して行った。
 プレイリストの上がLUMIN L1、下がTS-119。
 よく見ると曲によっては再生時間が異なっているが、これはサーバーソフト(LUMINオリジナルとTwonkyMedia)の違いによるものである。コンマ○秒を繰り上げて表示するか切り捨てるかの違いだろう。
 決して不正をしているわけではない。

 音源には旬のものを入れつつ、静かな曲にやかましい曲、44.1kHz/16bitから352.8kHz/24bit、DSD 5.6MHzまで織り交ぜてある。

 まずはYes / Heaven & Earthの「The Game」から。


 …………


 ……


 ん?


 続けて残りの曲も聴いていく。


 …………


 ……


 ん!?


 聴いた印象から以下の曲も追加。


28


 …………


 ……


 何だこれは。


 A1からS1にした時よりも遥かに音が良くなった。
 

 まるで別物だ!


 ギターのジューシーさもボーカルの艶やかさもディティールの表出も演奏の立体感も中低音の充実感も音像の透明感も音場の広がりも、何もかもがあまりにも違う。
 むしろTS-119とは何だったのか。
 とにかくにわかには信じ難い音の変化である。

 L1はサーバーとして見れば機能不全というかそもそも未完成もいいところだが、この音は、音だけは認めざるを得ない。
 正直言ってたまげた。某社の高音質NASと真剣勝負させたい。

 音はいい。
 音だけはいい。
 まるでパラメータを音質に全振りしたかのようだ。

 機能的にはあまりにも貧弱だとしても、高音質ミュージックサーバーという謳い文句は決して間違いではない。

 ソフト面はアップデート発展改善していく余地は大いにあるが、ハード的な音質はそうもいくまい。
 ということは、今でこそ出来たてほやほやで未完成としか言えないL1も、いずれ機能性と高音質を兼ね備えたサーバーに化ける可能性は残されている。


 L1はさしずめ

『発売!! 未完の高音質NAS!』

 といったところか。

スポンサーリンク


関連記事

no image

iPad Air諸々

iPad 5ではなく。 とりあえずiPad 3どれくらい早くなってるか、それしか興味なし。

記事を読む

さらば、SongBook

 ひとつの時代が終わったようだ。  SongBook LiteもSongBook’11 U

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Marvin Gaye / The Marvine Gaye Collection

・アーティスト / アルバムタイトル Marvin Gaye / The Marvine Gaye

記事を読む

2015年の心残りその2 Cocktail Audio X40 Music Serverはどうなった?

【TIAS】トライオード、自社新製品に加えてCocktail Audioなど新規取り扱い予定ブランド

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / サラ-プレミアム・セレクション

・アーティスト / アルバムタイトル サラ・オレイン / サラ-プレミアム・セレクショ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第45回『アンダーワールド』

3月はBDソフトを8枚カッとなってカッた。後悔はしていない。 一年以上の時を経てリリースされた

記事を読む

Roon ServerがQNAPとSynologyでも使えるようになったぞ

Roon Server on NAS  元々は一人のユーザーが始めた試みに、本体が合流した

記事を読む

【ネットワークオーディオ】コントロールアプリ・iPad篇

※この記事の内容・データ等は2012年3月21日時点のものです       手始

記事を読む

【BDレビュー】第301回『トレマーズ ブラッドライン』

 マメに写真を撮ってアイコンに仕立ててきたが、くたびれたのでおしまい。  というわけで、UHD

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 eufonius / bezel

・アーティスト / アルバムタイトル eufonius / bezel ・購入元 OTOT

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑