*

LUMIN L1 音質編

 L1についてハード、ソフト、運用と見てきたが、オーディオ的なセンスに溢れた豪華な筐体であるという一点を除き、さしたる魅力は感じられなかった。
 むしろ、“シンプル”という言葉の意味を履き違えており製品コンセプトがよくわからない、というのが正直な印象だ。

 では、L1の価値とは何か。
 シンプルを通り越してもはや“何もできない”感のあるL1に何を求めるのか。
 L1に10万以上の投資をするだけの価値はあるのか。

 筐体、サーバーソフトの完成度、運用の柔軟性/使い勝手。
 ネットワークオーディオにおけるサーバーに求めるものとして、これ以外に何がある?


 ひとつだけあった。

 音質だ。



 サーバーで音は変わるか? ハード編

 上記の記事で行った検証から、私はサーバーで音は変わるとの立場である。いやはやオーディオは恐ろしい。


 それでは、L1の音質を検証してみよう。


○比較対象

QNAP TS-119(SSD 600GB) + EL SOUNDアナログ電源


○再生環境

LUMIN S1 ←L1と一緒に再び送られてきたのでこちらを使用
BENCHMARK DAC2 HGC(プリとして)
Nmode X-PW10
Dynaudio Sapphire



 白状すると、L1は外部電源の衝撃が大きすぎて色々とやる気を失くしたので、本体も電源もカーペットに直置きした挙句、電源ケーブルもLANケーブルも付属したその辺に転がっていそうなケーブルをそのまま使用した。
 (真面目な)オーディオファンとしてあるまじき設置状態のまま音質検証を行ったことをあらかじめお詫びしておく。

 ちなみに比較対象となるTS-119は、ご存じのとおりネットワークオーディオ黎明期から“高音質NAS”として一世を風靡した感がある。僅かな駆動音も嫌ってSSDに交換し、さらに別途アナログ電源を導入している。なんだかんだ言って15万程度は投資している。
 相手にとって不足はあるまい。


27

 比較はプレイリスト上に同一音源をそれぞれのサーバーから登録して行った。
 プレイリストの上がLUMIN L1、下がTS-119。
 よく見ると曲によっては再生時間が異なっているが、これはサーバーソフト(LUMINオリジナルとTwonkyMedia)の違いによるものである。コンマ○秒を繰り上げて表示するか切り捨てるかの違いだろう。
 決して不正をしているわけではない。

 音源には旬のものを入れつつ、静かな曲にやかましい曲、44.1kHz/16bitから352.8kHz/24bit、DSD 5.6MHzまで織り交ぜてある。

 まずはYes / Heaven & Earthの「The Game」から。


 …………


 ……


 ん?


 続けて残りの曲も聴いていく。


 …………


 ……


 ん!?


 聴いた印象から以下の曲も追加。


28


 …………


 ……


 何だこれは。


 A1からS1にした時よりも遥かに音が良くなった。
 

 まるで別物だ!


 ギターのジューシーさもボーカルの艶やかさもディティールの表出も演奏の立体感も中低音の充実感も音像の透明感も音場の広がりも、何もかもがあまりにも違う。
 むしろTS-119とは何だったのか。
 とにかくにわかには信じ難い音の変化である。

 L1はサーバーとして見れば機能不全というかそもそも未完成もいいところだが、この音は、音だけは認めざるを得ない。
 正直言ってたまげた。某社の高音質NASと真剣勝負させたい。

 音はいい。
 音だけはいい。
 まるでパラメータを音質に全振りしたかのようだ。

 機能的にはあまりにも貧弱だとしても、高音質ミュージックサーバーという謳い文句は決して間違いではない。

 ソフト面はアップデート発展改善していく余地は大いにあるが、ハード的な音質はそうもいくまい。
 ということは、今でこそ出来たてほやほやで未完成としか言えないL1も、いずれ機能性と高音質を兼ね備えたサーバーに化ける可能性は残されている。


 L1はさしずめ

『発売!! 未完の高音質NAS!』

 といったところか。

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第170回『エイリアンVS.プレデター2』

画質:9 音質:11 映像はAVC、音声はDTS-HDMA 画質について。 凄まじ

記事を読む

DMP-UB90のキャンペーンのプレゼントが届いた

早くプレーヤー買えばUHD BD2枚あげるよキャンペーン  DMP-UB90のキャンペーンのプ

記事を読む

ヱヴァのハイレゾ音源を聴きました

エヴァのハイレゾ音源を聴きました 序 破 Q 再生環境  こんな感じに。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第47回『インベージョン』

それにしても二コール・キッドマン美人杉ワロタ 必殺技はゲロぶっかけ。 画質:8 音質

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第123回『ピノキオ』

画質:15 音質:8 映像はAVCでビットレートは20Mbps前後で推移。 音声は日本語英語

記事を読む

【BDレビュー】第267回『ルパン三世 カリオストロの城』 ジブリ盤

第101回『ルパン三世 カリオストロの城』 ジブリ盤 画質:7 音

記事を読む

【BDレビュー】 第238回『エクスペンダブルズ』 エクステンデッド・ディレクターズ・カット

ジェット・リーの扱いが酷いのがちょっとなぁ…… 画質:8 音質:11 映像はAV

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】MinimServer 導入・設定・運用編

サーバーソフトの紹介 『MinimServer』 ・使用したサーバー機器 PC(Wind

記事を読む

【祝】エヴァついにBD化

新世紀エヴァンゲリオン Blu-ray BOX & 新世紀エヴァンゲリオン TV放映版 DVD BO

記事を読む

B&W CMシリーズ販売終了

B&W CMSeries販売終了のお知らせ  ついにCMシリーズも完了。ちょうど私がオーデ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑