*

LUMIN L1 音質編

 L1についてハード、ソフト、運用と見てきたが、オーディオ的なセンスに溢れた豪華な筐体であるという一点を除き、さしたる魅力は感じられなかった。
 むしろ、“シンプル”という言葉の意味を履き違えており製品コンセプトがよくわからない、というのが正直な印象だ。

 では、L1の価値とは何か。
 シンプルを通り越してもはや“何もできない”感のあるL1に何を求めるのか。
 L1に10万以上の投資をするだけの価値はあるのか。

 筐体、サーバーソフトの完成度、運用の柔軟性/使い勝手。
 ネットワークオーディオにおけるサーバーに求めるものとして、これ以外に何がある?


 ひとつだけあった。

 音質だ。



 サーバーで音は変わるか? ハード編

 上記の記事で行った検証から、私はサーバーで音は変わるとの立場である。いやはやオーディオは恐ろしい。


 それでは、L1の音質を検証してみよう。


○比較対象

QNAP TS-119(SSD 600GB) + EL SOUNDアナログ電源


○再生環境

LUMIN S1 ←L1と一緒に再び送られてきたのでこちらを使用
BENCHMARK DAC2 HGC(プリとして)
Nmode X-PW10
Dynaudio Sapphire



 白状すると、L1は外部電源の衝撃が大きすぎて色々とやる気を失くしたので、本体も電源もカーペットに直置きした挙句、電源ケーブルもLANケーブルも付属したその辺に転がっていそうなケーブルをそのまま使用した。
 (真面目な)オーディオファンとしてあるまじき設置状態のまま音質検証を行ったことをあらかじめお詫びしておく。

 ちなみに比較対象となるTS-119は、ご存じのとおりネットワークオーディオ黎明期から“高音質NAS”として一世を風靡した感がある。僅かな駆動音も嫌ってSSDに交換し、さらに別途アナログ電源を導入している。なんだかんだ言って15万程度は投資している。
 相手にとって不足はあるまい。


27

 比較はプレイリスト上に同一音源をそれぞれのサーバーから登録して行った。
 プレイリストの上がLUMIN L1、下がTS-119。
 よく見ると曲によっては再生時間が異なっているが、これはサーバーソフト(LUMINオリジナルとTwonkyMedia)の違いによるものである。コンマ○秒を繰り上げて表示するか切り捨てるかの違いだろう。
 決して不正をしているわけではない。

 音源には旬のものを入れつつ、静かな曲にやかましい曲、44.1kHz/16bitから352.8kHz/24bit、DSD 5.6MHzまで織り交ぜてある。

 まずはYes / Heaven & Earthの「The Game」から。


 …………


 ……


 ん?


 続けて残りの曲も聴いていく。


 …………


 ……


 ん!?


 聴いた印象から以下の曲も追加。


28


 …………


 ……


 何だこれは。


 A1からS1にした時よりも遥かに音が良くなった。
 

 まるで別物だ!


 ギターのジューシーさもボーカルの艶やかさもディティールの表出も演奏の立体感も中低音の充実感も音像の透明感も音場の広がりも、何もかもがあまりにも違う。
 むしろTS-119とは何だったのか。
 とにかくにわかには信じ難い音の変化である。

 L1はサーバーとして見れば機能不全というかそもそも未完成もいいところだが、この音は、音だけは認めざるを得ない。
 正直言ってたまげた。某社の高音質NASと真剣勝負させたい。

 音はいい。
 音だけはいい。
 まるでパラメータを音質に全振りしたかのようだ。

 機能的にはあまりにも貧弱だとしても、高音質ミュージックサーバーという謳い文句は決して間違いではない。

 ソフト面はアップデート発展改善していく余地は大いにあるが、ハード的な音質はそうもいくまい。
 ということは、今でこそ出来たてほやほやで未完成としか言えないL1も、いずれ機能性と高音質を兼ね備えたサーバーに化ける可能性は残されている。


 L1はさしずめ

『発売!! 未完の高音質NAS!』

 といったところか。

スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄】 『タグ』に関するありがちな誤解 【ネットワークオーディオTips】

 前回と前々回の記事によって、タグの何たるかはだいぶわかってもらえたと思う。  それを踏まえて

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第142回『七人の侍』 東宝盤

画質:5 音質:無評価 映像はAVC、音声はモノラルで見たのでそれ以外は不明。5.1chド

記事を読む

【CES2016】LUMIN U1

 画像はLUMIN MusicのFBから。  DACを省き、デジタル出力に特化したネッ

記事を読む

【アプリ紹介】 LUMIN App

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ 【ネットワークオーディオTips】コントロール

記事を読む

より好い視聴環境を目指して

 ソフト・ハードともに色々とレビューしてきた。  しかし、「そんな環境で画質音質もクソもあるか」と

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第219回『電脳コイル』

この時代において攻殻機動隊を再解釈して再構築したとも言える傑作 画質:9 音質:10

記事を読む

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 北米盤 【Dolby Atmos】

画質:14 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫定評価) 音質:14 (評価の詳細につ

記事を読む

JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化・音質編

JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化 JPLAYを用いたPCのネットワー

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】全体の流れ――音源の管理運用・システムの構築・実際の音楽再生

 全体像の把握は大切だ。  でないと、何から手を付けていいのかわからないまま各論に走り、破局を迎え

記事を読む

DELA N1ZのUSB DAC接続機能を試したかった

USB出力を搭載したネットワークオーディオトランスポートについて考える  色々と大騒ぎ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第九章「馨る女神の御膝元」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第八章「光ことなる錦秋の宮」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

Twonky Server 8.4にアップデートするのは待った方がいいかもしれない

 QNAPへの今後の対応が取り沙汰されたTwonky Serverだが

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第七章「風渡る山姫の幽谷」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第六章「恵み色濃き深碧の淵」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

ポタ研の中のデジ研

ポータブルしないオーディオイベント「デジ研」、ポタ研と同時開催 - P

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第五章「雄勝の背骨に麒麟舞う」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】OPPO Sonica DAC 音質編

導入・外観編 ネットワーク編 ・再生環境(詳細)

【ハイレゾ音源備忘録】Marcus Miller / Afrodeezia

・アーティスト / アルバムタイトル Marcus Mi

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / BUTTERFLY

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【レビュー】OPPO Sonica DAC ネットワーク編

導入・外観編 音質編  USB入力と比べて対応フォ

【レビュー】OPPO Sonica DAC 導入・外観編

ネットワーク編 音質編  待ちに待ったOPPO S

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNDERGROUND

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第四章「湯澤の山の上と下」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave One

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

Roon 1.3の諸々 再生機能編

 Roon 1.3! Roon 1.3 Is Live!

Roon 1.3の諸々 ライブラリ機能編

 Roon 1.3! Roon 1.3 Is Live!

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第三章「彼岸の真白なる静寂」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第二章「妙産の湯、深山に湧く」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑