*

【音響の火花】 鴉-KARAS-

公開日: : 最終更新日:2013/06/20 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

 と、いうわけで【音響の火花】を始めようと思う。第1回なので、どう書くべきか、どんなデータが必要かも合わせて考えつつ。
 この記事が何のためにあるのかについては『序』を参照のこと。


作品データ

鴉-karas-

・タイトル
鴉-KARAS-

・シーン
第一話のオープニング終了まで

・ソース
鴉 -KARAS- フルエピソードエディション [Blu-ray](2009)



 プライベート・ライアンと並ぶ私がサラウンドシステムを構築するきっかけとなったソフトであり、未だに私にとって最上級の音であり続けている。
 冒頭の約7分間はもはや伝説と言っていいだろう。

 厳密に言うと、この作品の音響はよくできたハリウッド映画に比べれば、緻密さや技巧では劣っている。
 ただ、そんなことはもはやどうでもよくなるくらい、映像展開に伴う劇的な盛り上がりと、マルチチャンネルの徹底した活用が圧倒的に素晴らしい。
 全チャンネルから朗々と鳴り響くメインテーマをバックに、二つの影が夜闇を切り裂いて飛び回る。時には人型、時には戦闘機形態となり、白刃を打ち付け光弾を乱れ撃つ。目まぐるしく動き回るカメラにも音響の中心はぴたり追随し、弾け飛び吹き荒ぶ音の嵐を巻き起こす。前方から撃たれた光弾がカメラを突き抜け、背後に飛び散っていく際の異様なハイテンション。紫電一閃、ぶつかり合う光と白刃の火花から突如として炸裂し網膜と鼓膜に焼き付けられるスタッフロール。そして僅かなインターバルを経て、廻向と先代鴉の全身が露わになり、BGMが移り変わり、重厚な男声コーラスが加わる中でぶつかり合う二人の鴉。限りなく静止に近づく時間。舞い散る雪華の煌めき。神がかった映像演出、火花散る音響、それらすべてが合わさり、瞬きも呼吸も忘れる灼熱の一瞬が訪れる!

 ただひたすら、かっこいい!
 この一言に尽きる。

 音響的には、ステレオでは絶対に味わえない、マルチチャンネルでしか再現不可能な面白さを非常にわかりやすく伝えられる素晴らしいソースである。アニメ好き、特に萌えオタじゃなく映像そのものに並々ならぬこだわりがある人に見せれば、もうイチコロじゃないかな。


+異様なテンションで展開するマルチチャンネル総動員の炸裂サウンド
+映像の展開にぴたり追随し、圧倒的な盛り上げを演出する音響の鑑
+サラウンドシステムでなければ味わうことのできない音響のあるべき姿
☆灼熱の一瞬


スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Mayer / Continuum

記事を読む

【BDレビュー】第332回『キャプテン・アメリカ』

 シビル・ウォーBD発売記念。 画質:9 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

記事を読む

【アプリ紹介】 LUMIN App

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ 【ネットワークオーディオTips】コントロール

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・アバック大阪梅田店

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  8月1日と

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第113回『ゴーストライダー』

画質:12 音質:13 映像はAVC、SPEらしい手慣れたエンコード。 音声はリニアPC

記事を読む

続・ネットワークオーディオとOpenHomeとRoon Ready

ネットワークオーディオと「OpenHome」 ネットワークオーディオとOpenHomeとRoo

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第84回『バンテージ・ポイント』

画質:10 音質:10 映像はAVCでビットレートはストレスなく変動。 音声はドルビーT

記事を読む

【BDレビュー】 第243回『SHORT PEACE』

 ジーニアスパーティー・ビヨンドのBD化はまだか! まだですか!  (無印は別に……)

記事を読む

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino Fils + JRiver

記事を読む

RoonがDropboxと連携できるようになったようだが……?

 ん、いつの間に。  とうとうユーザー所有の音源もクラウドに持っていく時代になったとでもい

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑