*

【音響の火花】・序・そもそも“音響”って?

公開日: : 最終更新日:2013/06/10 オーディオ・ビジュアル全般

 いわゆるオーディオの考え方を映像にも取り入れると、「オーディオビジュアル」という趣味の領域が出来上がる。
 そこで私が気付いたのが、「映像作品の面白さにとって、“音”が果たす役割はとてつもなく大きい」ということだ。言い換えれば、「“音”を意識することによって、映像の面白さは倍増する!」ということに他ならない。
 失うものは何もない。物語を楽しみ、目で見て楽しんできた今まで通りの映像鑑賞に、今度は“音を聴く”という意識が加わるだけだ。純然たる楽しみの上乗せである。私のような映像大好き人間にとって、これほどの福音はない。
 「ただでさえ愛してやまない作品が、音を意識することでもっと面白くなる」という福音だ。

 ここで重要になるのが、音響である。あくまで音響であって、音質ではない。
 音質と音響に関して、私は以下のように解釈している。ちなみに、ここでいう音響とは“映像内の音”のことを指す。また、音響学とかその辺のことはさっぱり知らないので、あくまで私自身の解釈だということに注意してほしい。
 音質とは、高音が伸びているとか、低音がよく出るとか、音に瞬発力があるとか、音がきちんとほぐれているとか、そういう“再生する時点”の問題だ。で、この音質というのは、再生機器の質を上げていけば元が悪くても意外となんとかなってしまう。BDのロスレス音声が登場する前、DVDのロッシー音声時代でもじゅうぶん楽しめたのだから。
 一方、音響とは、制作者が“その映像の音をどのように作ったのか”、すなわち“再生する以前”の問題である。例えば“一発の銃声”でも、ただバンと鳴らして終わるのか、それとも引き金を引く音・撃鉄の音・発射音・弾丸が空を切る音・着弾音・余韻・残響までマルチチャンネルを駆使して構築するのか、そういうことである。再生機器の質によって再生できるレベルに差はあるとはいえ、根本的に我々視聴者がいじることのできない部分である。DVDからBDに移行し、容量やスペックの関係から音質は上昇しても、音響そのものが善くなるなどということはない。ただし、音響を制作する時点できちんと伸びた高音・迫力のある低音・瞬発力etc…を“収録”する必要はあるので、音響と音質は決して分離するものではないということは注意しなければならない。そしてそのためにこそ、いわゆる音響スタジオは極めて優れた再生システムを構築している。
 音質と音響の線引きは非常に難しいし、私もきちんと説明できたのか自信はないが、なんとなく理解してもらえるだろうか。

 音響、音とは映像を嘘から真にする力を持っている。
 視覚的には天変地異が巻き起こっているような映像でも、音響がしょぼければ途端に現実感を失う。
 本当に善く出来た音響とは、もはや音だけで(目を瞑っても)作品中で何が起こっているのかを実感できるし、視覚情報と結びつき、互いに補完し合い高め合うことで、無尽蔵の感動を生み出すことができる。大げさなことを言うようだが、瞬きも、時には呼吸さえも忘れて映像に没入する瞬間というのは間違いなく存在する。そして、その至福の瞬間を味わうためには、作品それ自体が優れた音響を備え、さらにそれを十全に現出し得る再生システムが必要になるのである。
 これは「映画館で見る映画はなぜ楽しいのか?」という疑問に対する答えでもある。
 すべてはより深い感動のために。


 さて、前置きが長くなってしまったが、また新しくオーディオネタで何か書き始めようとするにあたり、以前と同じような視聴記を続けたのではちょっと面白くないな、との思いがあった。そして、いまさら画質音質を気にしなければならないようなシステムではないし、むしろ以前の音質の評価も七割くらい音響に軸足を置いた評価だったので、いっそ完全に音響にフォーカスした記事を書こう、と思ったわけだ。

 【音響の火花】では、映画・アニメ・ゲームといったあらゆる“映像作品”の「音響」に焦点を当てていく。
 これから、記事ひとつにつき、ひとつの作品のひとつのシーンを取り上げる。私が自信を持って、「このシーンは音響的にすげえぞ!」と太鼓判を押すシーンである。
 作品内容やら脚本やらテーマ性やら、その手の小難しい話題はとりあえず脇に置いて、とにかく「優れた音響によって映像の楽しみはどれだけ増えるのか」ということを感じられる記事にしていきたい。
 これからの記事を通じて、「音にこだわるのって楽しそうだな、ひょっとしたら自分の好きな作品ももっと楽しめるかな」と思ってもらえたのなら本望である。そしてそれこそが、私のオーディオ観の発露である。


 繰り返しになるが、すべてはより深い感動のために。


次回予告:『鴉-KARAS-』第一話・オープニング

スポンサーリンク


関連記事

PS Audio DirectStream Junior

PS Audio launch DirectStream Junior FPGA DAC w/ st

記事を読む

Asset UPnP Release 5

 長らくR5のベータ版だったのが先々月に正式版となり、先日R5.1になった。  詳細は公式HP

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第5位『眠れる森の美女』 ― 50年越しの奇跡

【BDレビュー】第90回『眠れる森の美女』  奇跡。  奇跡としか言いようが

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第134回『X-MEN』

画質:9 音質:9 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit。この仕様は今回のBO

記事を読む

【オブジェクトベースシアターへの道】DTS:X正式発表

DTS:Xはどうなる? 2、3年前から劇場公開で使われまくっているDolby Atmosでさえ

記事を読む

【BDレビュー】第252回『ゼロ・グラビティ』

 映画館では未見。  ちなみに見たのは2D版。  残念ながらDLA-X30の3Dはしょぼすぎてま

記事を読む

アイ・オー・データ RockDisk for Audio 運用編

 一週間ほど運用してみての諸々。  一言で言えば、動作は安定している。  「Ma

記事を読む

【音源管理の精髄】 ハイレゾ音源! ……でもちょっと待った 【ネットワークオーディオTips】

 12月18日にエヴァのハイレゾが出て、かつ色んな意味で期待通りだったので予定通り書くとしよう。

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】D’Angelo / Black Messiah

・アーティスト / アルバムタイトル D'Angelo / Black Messiah

記事を読む

LUMIN L1 続・音質編

前の記事  前回の試用ではS1との組み合わせだったが、本導入の今となってはA1との組み合わ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

→もっと見る

PAGE TOP ↑