*

【音響の火花】・序・そもそも“音響”って?

公開日: : 最終更新日:2013/06/10 オーディオ・ビジュアル全般

 いわゆるオーディオの考え方を映像にも取り入れると、「オーディオビジュアル」という趣味の領域が出来上がる。
 そこで私が気付いたのが、「映像作品の面白さにとって、“音”が果たす役割はとてつもなく大きい」ということだ。言い換えれば、「“音”を意識することによって、映像の面白さは倍増する!」ということに他ならない。
 失うものは何もない。物語を楽しみ、目で見て楽しんできた今まで通りの映像鑑賞に、今度は“音を聴く”という意識が加わるだけだ。純然たる楽しみの上乗せである。私のような映像大好き人間にとって、これほどの福音はない。
 「ただでさえ愛してやまない作品が、音を意識することでもっと面白くなる」という福音だ。

 ここで重要になるのが、音響である。あくまで音響であって、音質ではない。
 音質と音響に関して、私は以下のように解釈している。ちなみに、ここでいう音響とは“映像内の音”のことを指す。また、音響学とかその辺のことはさっぱり知らないので、あくまで私自身の解釈だということに注意してほしい。
 音質とは、高音が伸びているとか、低音がよく出るとか、音に瞬発力があるとか、音がきちんとほぐれているとか、そういう“再生する時点”の問題だ。で、この音質というのは、再生機器の質を上げていけば元が悪くても意外となんとかなってしまう。BDのロスレス音声が登場する前、DVDのロッシー音声時代でもじゅうぶん楽しめたのだから。
 一方、音響とは、制作者が“その映像の音をどのように作ったのか”、すなわち“再生する以前”の問題である。例えば“一発の銃声”でも、ただバンと鳴らして終わるのか、それとも引き金を引く音・撃鉄の音・発射音・弾丸が空を切る音・着弾音・余韻・残響までマルチチャンネルを駆使して構築するのか、そういうことである。再生機器の質によって再生できるレベルに差はあるとはいえ、根本的に我々視聴者がいじることのできない部分である。DVDからBDに移行し、容量やスペックの関係から音質は上昇しても、音響そのものが善くなるなどということはない。ただし、音響を制作する時点できちんと伸びた高音・迫力のある低音・瞬発力etc…を“収録”する必要はあるので、音響と音質は決して分離するものではないということは注意しなければならない。そしてそのためにこそ、いわゆる音響スタジオは極めて優れた再生システムを構築している。
 音質と音響の線引きは非常に難しいし、私もきちんと説明できたのか自信はないが、なんとなく理解してもらえるだろうか。

 音響、音とは映像を嘘から真にする力を持っている。
 視覚的には天変地異が巻き起こっているような映像でも、音響がしょぼければ途端に現実感を失う。
 本当に善く出来た音響とは、もはや音だけで(目を瞑っても)作品中で何が起こっているのかを実感できるし、視覚情報と結びつき、互いに補完し合い高め合うことで、無尽蔵の感動を生み出すことができる。大げさなことを言うようだが、瞬きも、時には呼吸さえも忘れて映像に没入する瞬間というのは間違いなく存在する。そして、その至福の瞬間を味わうためには、作品それ自体が優れた音響を備え、さらにそれを十全に現出し得る再生システムが必要になるのである。
 これは「映画館で見る映画はなぜ楽しいのか?」という疑問に対する答えでもある。
 すべてはより深い感動のために。


 さて、前置きが長くなってしまったが、また新しくオーディオネタで何か書き始めようとするにあたり、以前と同じような視聴記を続けたのではちょっと面白くないな、との思いがあった。そして、いまさら画質音質を気にしなければならないようなシステムではないし、むしろ以前の音質の評価も七割くらい音響に軸足を置いた評価だったので、いっそ完全に音響にフォーカスした記事を書こう、と思ったわけだ。

 【音響の火花】では、映画・アニメ・ゲームといったあらゆる“映像作品”の「音響」に焦点を当てていく。
 これから、記事ひとつにつき、ひとつの作品のひとつのシーンを取り上げる。私が自信を持って、「このシーンは音響的にすげえぞ!」と太鼓判を押すシーンである。
 作品内容やら脚本やらテーマ性やら、その手の小難しい話題はとりあえず脇に置いて、とにかく「優れた音響によって映像の楽しみはどれだけ増えるのか」ということを感じられる記事にしていきたい。
 これからの記事を通じて、「音にこだわるのって楽しそうだな、ひょっとしたら自分の好きな作品ももっと楽しめるかな」と思ってもらえたのなら本望である。そしてそれこそが、私のオーディオ観の発露である。


 繰り返しになるが、すべてはより深い感動のために。


次回予告:『鴉-KARAS-』第一話・オープニング

スポンサーリンク


関連記事

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のPS3に対する感情は、普通のゲー

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Creation 5』(iPhone版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第130回『スカイクロラ』

画質:10 音質:10 映像はAVCでビットレートはかなり高め。 音声はドルビーTRUE

記事を読む

【ネットワークオーディオ・実践編】 『音源』/『ライブラリ』を作る

 とにかく音源がないことには何も始まらない。  ハイレゾだDSDだと大騒ぎするよりもまず、手持ちの

記事を読む

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

画質:13 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫定評価) 音質:15 (評価の詳細

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第95回『マトリックス・レボリューションズ』

画質:7 音質:6 映像はVC-1でビットレートは絶望的な頭打ち。リローデッドより多少マシ

記事を読む

みんなでRoonを翻訳しようプロジェクト

 Roonのコミュニティ的な話題なのでちょっとアレかなと思い、RoonのEnno Vandermee

記事を読む

【音源管理の精髄】 Asset UPnPをQNAPで使う 【ネットワークオーディオTips】

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Asset U

記事を読む

B&W CMシリーズ販売終了

B&W CMSeries販売終了のお知らせ  ついにCMシリーズも完了。ちょうど私がオーデ

記事を読む

【UHD BDレビュー】第3回『キング・オブ・エジプト / GODS OF EGYPT』 北米盤 【DTS:X】

 記念すべき初UHD BD、2本の内の1本。  邦題はキングだが原題はゴッド。 画質

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第20回・特別篇『君の名は。』

思ひつつ 寝ればや人の 見えつらむ 夢と知りせば 覚めざらましを

【祝】『スターシップ・トゥルーパーズ』がUHD BD化

凶悪4Kバグ襲来 『スターシップ・トゥルーパーズ』 (4K UHD B

ESOTERIC N-01

エソテリック、最上位ネットワークプレーヤー/USB-DAC「N-01」

OPPO Sonica DACに贈り物をしよう

 というわけで企画記事を書きました。 話題のOPPO「Son

NetAudio vol.27で記事を執筆しました

 本日発売。  今回は、ありそうでなかった「やりたいこと

【祝】『ターミネーター2』がUHD BD化

StudioCanal: Remastered Terminator

HiVi 2017年8月号で『君の名は。』を含む新海誠監督作品の記事を執筆しました

 本日発売。 月刊HiVi 8月号 7/15発売 家で観

LG OLED55B6P ― ブラウン管の呪縛からの解放

レーザー光源プロジェクターと有機ELテレビとブラウン管の呪縛 画質を

エイサーの4K/HDR対応液晶ディスプレイ「ET430Kwmiiqppx」

エイサー、実売7万円でHDR/4K対応の43型液晶ディスプレイ - a

【祝】ついにディズニーからUHD BDがリリース――第一弾は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』

James Gunn Confirms Guardians of th

パケットビデオ・ジャパンが……解散

パケットビデオ・ジャパンが解散。Twonky Beamやbonoboな

【イベント報告】7/1にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行いました

予告編:7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

【祝】『ブレードランナー』がUHD BD化

Blu-ray.comのニュース Warner Bros. Ho

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

→もっと見る

PAGE TOP ↑