*

【音響の火花】・序・そもそも“音響”って?

公開日: : 最終更新日:2013/06/10 オーディオ・ビジュアル全般

 いわゆるオーディオの考え方を映像にも取り入れると、「オーディオビジュアル」という趣味の領域が出来上がる。
 そこで私が気付いたのが、「映像作品の面白さにとって、“音”が果たす役割はとてつもなく大きい」ということだ。言い換えれば、「“音”を意識することによって、映像の面白さは倍増する!」ということに他ならない。
 失うものは何もない。物語を楽しみ、目で見て楽しんできた今まで通りの映像鑑賞に、今度は“音を聴く”という意識が加わるだけだ。純然たる楽しみの上乗せである。私のような映像大好き人間にとって、これほどの福音はない。
 「ただでさえ愛してやまない作品が、音を意識することでもっと面白くなる」という福音だ。

 ここで重要になるのが、音響である。あくまで音響であって、音質ではない。
 音質と音響に関して、私は以下のように解釈している。ちなみに、ここでいう音響とは“映像内の音”のことを指す。また、音響学とかその辺のことはさっぱり知らないので、あくまで私自身の解釈だということに注意してほしい。
 音質とは、高音が伸びているとか、低音がよく出るとか、音に瞬発力があるとか、音がきちんとほぐれているとか、そういう“再生する時点”の問題だ。で、この音質というのは、再生機器の質を上げていけば元が悪くても意外となんとかなってしまう。BDのロスレス音声が登場する前、DVDのロッシー音声時代でもじゅうぶん楽しめたのだから。
 一方、音響とは、制作者が“その映像の音をどのように作ったのか”、すなわち“再生する以前”の問題である。例えば“一発の銃声”でも、ただバンと鳴らして終わるのか、それとも引き金を引く音・撃鉄の音・発射音・弾丸が空を切る音・着弾音・余韻・残響までマルチチャンネルを駆使して構築するのか、そういうことである。再生機器の質によって再生できるレベルに差はあるとはいえ、根本的に我々視聴者がいじることのできない部分である。DVDからBDに移行し、容量やスペックの関係から音質は上昇しても、音響そのものが善くなるなどということはない。ただし、音響を制作する時点できちんと伸びた高音・迫力のある低音・瞬発力etc…を“収録”する必要はあるので、音響と音質は決して分離するものではないということは注意しなければならない。そしてそのためにこそ、いわゆる音響スタジオは極めて優れた再生システムを構築している。
 音質と音響の線引きは非常に難しいし、私もきちんと説明できたのか自信はないが、なんとなく理解してもらえるだろうか。

 音響、音とは映像を嘘から真にする力を持っている。
 視覚的には天変地異が巻き起こっているような映像でも、音響がしょぼければ途端に現実感を失う。
 本当に善く出来た音響とは、もはや音だけで(目を瞑っても)作品中で何が起こっているのかを実感できるし、視覚情報と結びつき、互いに補完し合い高め合うことで、無尽蔵の感動を生み出すことができる。大げさなことを言うようだが、瞬きも、時には呼吸さえも忘れて映像に没入する瞬間というのは間違いなく存在する。そして、その至福の瞬間を味わうためには、作品それ自体が優れた音響を備え、さらにそれを十全に現出し得る再生システムが必要になるのである。
 これは「映画館で見る映画はなぜ楽しいのか?」という疑問に対する答えでもある。
 すべてはより深い感動のために。


 さて、前置きが長くなってしまったが、また新しくオーディオネタで何か書き始めようとするにあたり、以前と同じような視聴記を続けたのではちょっと面白くないな、との思いがあった。そして、いまさら画質音質を気にしなければならないようなシステムではないし、むしろ以前の音質の評価も七割くらい音響に軸足を置いた評価だったので、いっそ完全に音響にフォーカスした記事を書こう、と思ったわけだ。

 【音響の火花】では、映画・アニメ・ゲームといったあらゆる“映像作品”の「音響」に焦点を当てていく。
 これから、記事ひとつにつき、ひとつの作品のひとつのシーンを取り上げる。私が自信を持って、「このシーンは音響的にすげえぞ!」と太鼓判を押すシーンである。
 作品内容やら脚本やらテーマ性やら、その手の小難しい話題はとりあえず脇に置いて、とにかく「優れた音響によって映像の楽しみはどれだけ増えるのか」ということを感じられる記事にしていきたい。
 これからの記事を通じて、「音にこだわるのって楽しそうだな、ひょっとしたら自分の好きな作品ももっと楽しめるかな」と思ってもらえたのなら本望である。そしてそれこそが、私のオーディオ観の発露である。


 繰り返しになるが、すべてはより深い感動のために。


次回予告:『鴉-KARAS-』第一話・オープニング

スポンサーリンク


関連記事

Roon 1.3の諸々 ライブラリ機能編

 Roon 1.3! Roon 1.3 Is Live! - Roon Labs

記事を読む

【BDレビュー】第266回『攻殻機動隊 ARISE』

次巻完結。 画質:9 音質:8 映像:AVC 音声:ドルビーTRUEHD

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】光田康典 / クロノ・トリガー&クロノ・クロス アレンジアルバム/ハルカナルトキノカナタへ

・アーティスト / アルバムタイトル 光田康典 / クロノ・トリガー&クロノ・クロス アレ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第149回『崖の上のポニョ』

画質:15 音質:7 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bitで6.1ch収録

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『media:connect』(iPad版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

iFI nano iDSD 導入

 実際に聴きたいDSDの音源があるかどうかはさておいて、聴ける環境くらい作っておかないとまずいなあと

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第224回『獣兵衛忍風帖』

BD化されていたという事実を三か月も見過ごしていたとは……不覚! 画質:9 音質:6

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第151回『トランスフォーマー リベンジ』

画質:15 音質:13 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質につい

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第62回『トロイ』

画質:9 音質:10 映像はVC-1、驚異の低ビットレート。詳細は後述。 音声はドルビー

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第113回『ゴーストライダー』

画質:12 音質:13 映像はAVC、SPEらしい手慣れたエンコード。 音声はリニアPC

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑