*

LUMIN S1を聴く

 というわけで、色々と聴いてみた。


11


 A1と比較すると、


 ノイズフロアが非常に低い。ただ、単に高S/Nというよりも、機器の側で強烈にノイズを消し去っているように感じる。
 「サラ・オレイン / Canta Con Me~あの日の歌」は、A1ではホールに漂う空気感が微細な音の粒子として聴こえていたのに対し、S1ではもはや音として認識できない。「Yes / Roundabout」の冒頭のサーノイズも明らかに小さく抑え込まれている。
 この音源にまで踏み込むノイズの徹底的な排除が、はたして良いことなのか悪いことなのかは、私には判断できない。

 しかし、容赦ない高S/N化により、さらに微細な領域のディティールが掘り起こされているのは間違いない。
 また、静寂の度合いが深まったことによって音の立体感がさらに増している。そのため音数豊富な曲になればなるほど、ひとつひとつの楽器が際立つのが分かる。

 A1は従来のネットワークオーディオプレーヤーのイメージを覆す、圧倒的に“熱い”音を聴かせて私の度肝を抜いたが、S1の音はそれとは異なる。
 端的に言って、A1のような熱さはない。

 A1と違ってボーカルが勢いよく張り出すこともなければ、中音域が楽しげに炸裂することもない。特に「The Winery Dogs / Elevate」を聴いた時にその差は顕著に現れた。これはやかましめの曲に限らず、“歌”の要素がある曲全般に言える。
 S1はあくまで冷静に、緻密に、こともなげに整然と音を提示する。

 音場はA1に比べると奥行方向に展開し、若干左右にも広い。膨大な情報量を受け止めるに十分な空間の広さがあり、音が飽和してしまっている感はない。非常に見通しがいい。
 「Jennifer Warnes / Rock You Gently」など、元々構築美に優れた曲では、凄まじく精緻な空間が出現する。


 A1が“熱い音”なら、S1は……何だろう、“知的な音”だろうか。
 高S/N追求路線や奥行き方向への音場展開など、私が“ハイエンドオーディオ”に抱いている個人的イメージに近い。

 どちらも極めて高いレベルではあるものの、確かにオーディオ機器としての性能はS1がA1を上回っているように思う。


 ただ、ここまでくると……クラシックや静かで耽美な曲しか聴かないというならさておき……“どっちの音が好きか”で選んでもいいような……



 一週間通電してみて、だいぶ印象も変わった。
【インプレッション】LUMIN S1



 余談ではあるが、S1で聴いて一番オオッと唸ったのはコレ。
12


 続く。

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

画質:9 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第194回『ワイルド・スピード クアドリロジー』

『ワイルド・スピード』 画質:7 音質:8 『ワイルド・スピード X2』 画質:7 音質:8 『

記事を読む

【システム】 LINN MAJIK DS-I

 2010年の春だったか。  快適な音楽再生を求め、ネットワークオーディオなるものに手を出そうと考

記事を読む

【BDレビュー】第285回『ベイマックス』

画質:10 音質:8 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Au

記事を読む

「プラットフォーム」としてのJRiver Media Center

 そろそろバージョン22になる記念。  まず、JRiver Media Center(以下

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第48回『デジャヴ』

カッとなってカッたソフトのひとつ。 予約買いじゃねーからたけーでやんの。 発売はディズニー。コー

記事を読む

LUMIN T1 & D1 ハード編

○参考 【レビュー】LUMIN A1 LUMIN T1(公式HP) LUMIN D

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】7.1.4ch ドルビー Atmos TrueHD……?

「ゼロ・グラビティ」Dolby Atmos収録版BDが来年2月発売 - Phile-web

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第127回『BLOOD THE LAST VAMPIRE』

フルデジタル製作黎明期の傑作。 デジタルという言葉から連想される機械的無機質さは全く無く、むしろ非

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】ネットワークオーディオとストリーミングサービス

 spotifyに加えて最近ではApple MusicやらAWAやら、音楽ストリーミングサービスがま

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑