*

LUMIN S1を聴く

 というわけで、色々と聴いてみた。


11


 A1と比較すると、


 ノイズフロアが非常に低い。ただ、単に高S/Nというよりも、機器の側で強烈にノイズを消し去っているように感じる。
 「サラ・オレイン / Canta Con Me~あの日の歌」は、A1ではホールに漂う空気感が微細な音の粒子として聴こえていたのに対し、S1ではもはや音として認識できない。「Yes / Roundabout」の冒頭のサーノイズも明らかに小さく抑え込まれている。
 この音源にまで踏み込むノイズの徹底的な排除が、はたして良いことなのか悪いことなのかは、私には判断できない。

 しかし、容赦ない高S/N化により、さらに微細な領域のディティールが掘り起こされているのは間違いない。
 また、静寂の度合いが深まったことによって音の立体感がさらに増している。そのため音数豊富な曲になればなるほど、ひとつひとつの楽器が際立つのが分かる。

 A1は従来のネットワークオーディオプレーヤーのイメージを覆す、圧倒的に“熱い”音を聴かせて私の度肝を抜いたが、S1の音はそれとは異なる。
 端的に言って、A1のような熱さはない。

 A1と違ってボーカルが勢いよく張り出すこともなければ、中音域が楽しげに炸裂することもない。特に「The Winery Dogs / Elevate」を聴いた時にその差は顕著に現れた。これはやかましめの曲に限らず、“歌”の要素がある曲全般に言える。
 S1はあくまで冷静に、緻密に、こともなげに整然と音を提示する。

 音場はA1に比べると奥行方向に展開し、若干左右にも広い。膨大な情報量を受け止めるに十分な空間の広さがあり、音が飽和してしまっている感はない。非常に見通しがいい。
 「Jennifer Warnes / Rock You Gently」など、元々構築美に優れた曲では、凄まじく精緻な空間が出現する。


 A1が“熱い音”なら、S1は……何だろう、“知的な音”だろうか。
 高S/N追求路線や奥行き方向への音場展開など、私が“ハイエンドオーディオ”に抱いている個人的イメージに近い。

 どちらも極めて高いレベルではあるものの、確かにオーディオ機器としての性能はS1がA1を上回っているように思う。


 ただ、ここまでくると……クラシックや静かで耽美な曲しか聴かないというならさておき……“どっちの音が好きか”で選んでもいいような……



 一週間通電してみて、だいぶ印象も変わった。
【インプレッション】LUMIN S1



 余談ではあるが、S1で聴いて一番オオッと唸ったのはコレ。
12


 続く。

スポンサーリンク


関連記事

LUMIN D2

 1じゃない……2だ! http://www.luminmusic.com/lumin-d

記事を読む

【システム】 Dynaudio Audience52

 Audienceシリーズがディスコンになって結構な時間が経った時、あるショップで奇跡的に残っていた

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第84回『バンテージ・ポイント』

画質:10 音質:10 映像はAVCでビットレートはストレスなく変動。 音声はドルビーT

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・サウンドマック

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  9月5日・

記事を読む

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のBD化が発表されたが

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が4月5日にBD化。デジタル配信も - Phile-web

記事を読む

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LUMINは年初にRoon Rea

記事を読む

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年は当ブログにお越しいただきあり

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Springsteen / Born

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第117回『トレインスポッティング』

画質:7 音質:8 映像はAVCでビットレートは30台以上で高めに安定。 音声はドルビー

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / The Yes Album

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / The Yes Album ・購入元 H

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

→もっと見る

PAGE TOP ↑