*

言の葉の穴・一周年と、これから

公開日: : オーディオ・ビジュアル全般, 雑記

 気付けば開設から一年も経ってしまった。
 というわけで、備忘録的に色々と振り返ってみようと思う。



 とりあえず、これが現状。

直近一カ月
WS000421

一年間
WS000422

一年間(PV)
WS000423


 そもそもこのブログを立ち上げた最初の目的は、「言いたいことを言える場所を自分で作る」ということだったように記憶している。Word Pressで、自前でサーバーを借りて始めたのもそれが理由。長らく某所で色々と書いてきたが、そのままではいつまでも、何を書いても「自分のもの」にならないという懸念もあった。
 PVを稼いでどうにかなってやろうとか、そんな大それた目的があったわけではない。
 ただ単に、自分が書いたものをまとめておける、自分の場所が欲しかったのである。

 こうして、最初は今まで書いてきたものを移植することから始まった。移植といっても、250? 300? そのくらい記事があったため非常に骨が折れた。もっと上手なやり方もあったのかもしれないが、その辺素人な私はひたすら時間をかけて移植するしかなかった。
 最初の半年間はほとんど移植しかしていなかった。ネットワークオーディオのコントロールアプリに関する記事などは今でも価値を維持しているとは思うのだが、当然のようにアクセスは超低空飛行。ただ、前述のとおり、PVを稼ぐことが目的ではないので、別に気になるものでもなかった。

 転機が訪れたのは、2013年11月11日。
 色々と思うところがあり、【音源管理の精髄】をスタートした。
 迷走を重ねるネットワークオーディオという領域に物申さずにはいられなくなった。黙っていられないのは私の悪い癖だ。仰々しいタイトルは私の決意表明でもある。
 【音源管理の精髄】に書かれている内容の大部分は、かなり以前から知っていた/把握していたことをまとめたに過ぎない。しかし、まとめるだけでも意味があったと思う。例えば、オーディオの雑誌や情報サイトで(たまに)素晴らしい記事が掲載されたとしても、意図して拾い上げておかなければ、瞬く間に流れ去り、忘れ去られてしまう。その結果、延々と似たような内容が進歩もなく繰り返される羽目になる。これはオーディオ業界でネットワークオーディオのノウハウが一向に蓄積されない大きな理由であると思う。
 そんななか、ネットワークオーディオのノウハウが“まとまっている場所”を作るということは、このブログを作った理由とも合致する。
 タグ。ライブラリ。アルバムアート。コントロール。サーバー。プレーヤー。最初はここまでのつもりだったが、実践編やらDSDやらも加わり、まだまだネタは尽きそうにない。ネットワークオーディオのさらなる可能性を探求する日々である。

 そしてふと気付けば、妙にPVが伸び始めた。私自身驚いている。
 むしろ、ほとんどBDレビューとネットワークオーディオTipsしかないこのブログに、なぜこんなに人が来るのかわからない。この数字をもって「ネットワークオーディオはまだまだ死んじゃいない!」と喜びたいのはやまやまなのだが、残念ながら、業界の有様を見る限りそんな気にもなれない。
 地道に発信を続けるしかあるまい。
 

 さて、これから。


 ネットワークオーディオの可能性をもっと広げていきたい。
 書きたいこと、検証したいことはまだまだたくさんある。
 そして喜ばしいことに、色々と情報も寄せていただけるようになった。まったくもって感謝に堪えない。

 BDレビューも継続するが、4Kソースも到来間近だと思うので、そろそろBD――1920×1080時代の決算をするような記事を書きたい。

 「オーディオ業界を活性化させたい!」と、わりと真剣に考えている身として、もっとダイレクトに、善い画と音がもたらす楽しさを伝える記事を書きたい。


 このブログは決してオーディオ専門にするつもりで始めたわけではないのだが、当面はやっぱりオーディオ一直線になりそうだ。

スポンサーリンク


関連記事

iFI nano iDSD 導入

 実際に聴きたいDSDの音源があるかどうかはさておいて、聴ける環境くらい作っておかないとまずいなあと

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第177回『セブン』

画質:13 音質:9 映像はVC-1、音声はDTS-HDMAの7.1ch、24bit

記事を読む

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UPnP 導入・設定・運用編

記事を読む

Asset UPnPがQNAPで使用可能に

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Asset U

記事を読む

ECLIPSE TD316SWMK2 リファレンスBD10タイトルとの組み合わせ

0.1の壁 導入編  サブウーファー自体の音質を語る前に、各タイトルでどのような効果・変化が

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Led Zeppelin / Led Zeppelin IV (Deluxe Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Led Zeppelin / Led Zeppe

記事を読む

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のBD化が発表されたが

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が4月5日にBD化。デジタル配信も - Phile-web

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Bill Evans / Waltz For Debby

・アーティスト / アルバムタイトル Bill Evans / Waltz For Debby

記事を読む

RoonがDropboxと連携できるようになったようだが……?

 ん、いつの間に。  とうとうユーザー所有の音源もクラウドに持っていく時代になったとでもい

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー オーディオユニオン・御茶の水 ハイエンド館

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  11月14

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. れいんぼー より:

    ここまで纏め上げられたサイトを他に知りません!!
    本当に必要な要素を的を得て解説してくれていると感じます。
    これからも楽しみにしています。
    お身体には気をつけて頑張って下さい。

    • sakakihajime より:

      れいんぼーさん

      ありがとうございます。
      励みになります。

      これからも色々とネットワークオーディオの可能性を追求していきますので、お楽しみいただければ幸いです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

→もっと見る

PAGE TOP ↑