*

言の葉の穴・一周年と、これから

公開日: : オーディオ・ビジュアル全般, 雑記

 気付けば開設から一年も経ってしまった。
 というわけで、備忘録的に色々と振り返ってみようと思う。



 とりあえず、これが現状。

直近一カ月
WS000421

一年間
WS000422

一年間(PV)
WS000423


 そもそもこのブログを立ち上げた最初の目的は、「言いたいことを言える場所を自分で作る」ということだったように記憶している。Word Pressで、自前でサーバーを借りて始めたのもそれが理由。長らく某所で色々と書いてきたが、そのままではいつまでも、何を書いても「自分のもの」にならないという懸念もあった。
 PVを稼いでどうにかなってやろうとか、そんな大それた目的があったわけではない。
 ただ単に、自分が書いたものをまとめておける、自分の場所が欲しかったのである。

 こうして、最初は今まで書いてきたものを移植することから始まった。移植といっても、250? 300? そのくらい記事があったため非常に骨が折れた。もっと上手なやり方もあったのかもしれないが、その辺素人な私はひたすら時間をかけて移植するしかなかった。
 最初の半年間はほとんど移植しかしていなかった。ネットワークオーディオのコントロールアプリに関する記事などは今でも価値を維持しているとは思うのだが、当然のようにアクセスは超低空飛行。ただ、前述のとおり、PVを稼ぐことが目的ではないので、別に気になるものでもなかった。

 転機が訪れたのは、2013年11月11日。
 色々と思うところがあり、【音源管理の精髄】をスタートした。
 迷走を重ねるネットワークオーディオという領域に物申さずにはいられなくなった。黙っていられないのは私の悪い癖だ。仰々しいタイトルは私の決意表明でもある。
 【音源管理の精髄】に書かれている内容の大部分は、かなり以前から知っていた/把握していたことをまとめたに過ぎない。しかし、まとめるだけでも意味があったと思う。例えば、オーディオの雑誌や情報サイトで(たまに)素晴らしい記事が掲載されたとしても、意図して拾い上げておかなければ、瞬く間に流れ去り、忘れ去られてしまう。その結果、延々と似たような内容が進歩もなく繰り返される羽目になる。これはオーディオ業界でネットワークオーディオのノウハウが一向に蓄積されない大きな理由であると思う。
 そんななか、ネットワークオーディオのノウハウが“まとまっている場所”を作るということは、このブログを作った理由とも合致する。
 タグ。ライブラリ。アルバムアート。コントロール。サーバー。プレーヤー。最初はここまでのつもりだったが、実践編やらDSDやらも加わり、まだまだネタは尽きそうにない。ネットワークオーディオのさらなる可能性を探求する日々である。

 そしてふと気付けば、妙にPVが伸び始めた。私自身驚いている。
 むしろ、ほとんどBDレビューとネットワークオーディオTipsしかないこのブログに、なぜこんなに人が来るのかわからない。この数字をもって「ネットワークオーディオはまだまだ死んじゃいない!」と喜びたいのはやまやまなのだが、残念ながら、業界の有様を見る限りそんな気にもなれない。
 地道に発信を続けるしかあるまい。
 

 さて、これから。


 ネットワークオーディオの可能性をもっと広げていきたい。
 書きたいこと、検証したいことはまだまだたくさんある。
 そして喜ばしいことに、色々と情報も寄せていただけるようになった。まったくもって感謝に堪えない。

 BDレビューも継続するが、4Kソースも到来間近だと思うので、そろそろBD――1920×1080時代の決算をするような記事を書きたい。

 「オーディオ業界を活性化させたい!」と、わりと真剣に考えている身として、もっとダイレクトに、善い画と音がもたらす楽しさを伝える記事を書きたい。


 このブログは決してオーディオ専門にするつもりで始めたわけではないのだが、当面はやっぱりオーディオ一直線になりそうだ。

スポンサーリンク


関連記事

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・追記】

記事を読む

DigiFi No.28で記事を執筆しました

 本日発売。 DigiFi No.28 特別付録ハイレゾサンプラーDVDつき号 - S

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi: Belkis, Regina di Saba, Ballata delle gnomidi & Pini di Roma

・アーティスト / アルバムタイトル Respighi: Belkis, Regina di Sa

記事を読む

【BDレビュー】第264回『THE RAID / ザ・レイド』 北米盤

突撃死亡塔 重装開戦 2購入記念。 画質:6 音質:7 映像:AV

記事を読む

【UHD BDレビュー】第42回『未知との遭遇』 米国盤

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:HEVC 4

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Wi-Fiの速度がコントロールアプリの挙動に与える影響

 前々から疑問だった。  アプリの挙動に影響するものはライブラリの中身やデバイスの性能だけではない

記事を読む

【レビュー】LUMIN A1

 素材が出揃ったので、まとめ。  ちなみに本国HP、あるいは国内のHPやメディアでは「LUMI

記事を読む

続・サーバーソフトで音は変わるか?

ネットワークオーディオの魔境を往く - サーバーで音は変わるか? ハード編 ネットワークオーディオ

記事を読む

日本のアニメのUHD BDはどうなる?

 そもそも、4K解像度/HDR/BT.2020のフルスペックで製作された日本のアニメ作品は存在するの

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第30回『ワールド・トレード・センター』

今となっては貴重なパラマウントのBDソフトです。 まだまだ発表されるソフトが少なかった当時だから買

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. れいんぼー より:

    ここまで纏め上げられたサイトを他に知りません!!
    本当に必要な要素を的を得て解説してくれていると感じます。
    これからも楽しみにしています。
    お身体には気をつけて頑張って下さい。

    • sakakihajime より:

      れいんぼーさん

      ありがとうございます。
      励みになります。

      これからも色々とネットワークオーディオの可能性を追求していきますので、お楽しみいただければ幸いです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑