*

【ネットワークオーディオ】続・DSDを配信可能なサーバー

 こんなことを書くのは非常に大人げないとは思いつつも、信じ難いことが立て続けにあったために我慢できなくなった。
 ついでに、今までずーっと言いたかったことも言ってしまおう。



 まず。
 Net Audio vol.14、P136・137。
 LUMIN A1のレビュー記事である。
 ここに、以下のような記述がある。

>DSDを再生するためにはNASの音源管理を行うアプリ、minim serverが不可欠である。


 は?


 ネットワークオーディオに関する理解の浅さに愕然とするほかないが、とりあえず、

・そもそもMinimServerは“NASの音源管理を行うアプリ”ではない
 →あくまでマルチプラットフォームに対応したサーバーソフトである。
  なおかつ、“NASがなければDSD再生ができない”というのも誤解である。

・MinimServer以外のサーバーソフトとの組み合わせでも、LUMIN A1でDSDの再生は可能である
 →現に私の環境でJRiver Media CenterとTwonkyMediaとの組み合わせでもDSDの再生を確認している。

 他の製品のレビュー記事でどんなことが書かれようが知ったことではない。
 しかし、自分の使っている、しかも非常に気に入っている機器の価値や可能性を不当に貶められるようなことを書かれては黙っていられない。
 というより、この程度のことすら知らず、調べもせず、検証すらせずに堂々と商業誌にレビューを書くのか。信じられない。


 PCさえあれば、PCをサーバーとし、ネットワークオーディオにおけるDSD再生は実現可能である。NASが必要不可欠などということはない。
 そして、サーバーソフトの選択肢も決してMinimServerだけではない。JRiver Media CenterでもTwonkyMediaでもDSDの配信は可能である。




 次。
 Phile-webに上がった次のレビュー記事。

QNAPのNAS「HS-210」をDSD対応プレーヤー4機種と組み合わせテスト

 この中の、以下の記述。

>なお、いちおう前提として説明しておくと、「TS-119」は1ドライブモデルで、もちろんDSD配信には対応していない。


 いやいやいやいや。


 対応してるでしょ。何言ってんの。
1
 だいたいもちろんって何だ。そんなに新製品を売りたいのか。
 というよりこないだ「TwonkyMediaのバージョンアップでQNAP製品がDSD配信に対応」って書いたのはあなたでしょうが。
 それに、以前からMinimServerを使えばQNAPでも普通にDSDの配信は可能だったでしょうに。


 Net Audioにせよ、Phile-webにせよ、“ネットワークオーディオの権威”と見なされ、同時にネットワークオーディオを普及させていく立場にある人間が、無理解と不勉強をさらけ出した挙句にみずから“ネットワークオーディオの可能性を狭めている”というこのありさま。


 ネットワークオーディオにおけるこのような状況は今に始まったことではないし、むしろ昔からずっとこんな感じなのだが、端的に言って、レベルが低すぎる。


 もう一度言う。


 レベルが低すぎる。



 あーすっきりした。



【音源管理の精髄】 目次

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】 Natalie Merchant / Tigerlily

・アーティスト / アルバムタイトル Natalie Merchant / Tigerlily

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Marcus Miller / Afrodeezia

・アーティスト / アルバムタイトル Marcus Miller / Afrodeez

記事を読む

【ネットワークオーディオ】 iPadに最も美しいアルバムアートを表示するコントロールアプリは?

※この記事は2012年5月15日と17日に書かれたものを統合、修正を加えたものです 手

記事を読む

Twonky Server 8.3、さらば、トンキー病

 Twonky Serverのバージョンがこないだ8.3になった。 Twonky Serv

記事を読む

JPLAYを使うならJPLAYStreamerを使わない手はない

 一年以上前にJPLAY/JPLAYStreamerを取り上げた身として、最近のJPLAYの隆興と、

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】BubbleUPnP ServerとJRiver Media Centerを組み合わせる、ついでにTIDALも使う

 そもそもBubbleUPnP Serverって何だ、使うにはどうすりゃいいんだ、使うと何がどうなる

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第83回『機動戦士ガンダム F91』

画質:7 音質:5 映像はAVCでレートは目一杯。 音声はリニアPCMステレオ。

記事を読む

【システム】 Dynaudio Audience122

 思い出深い初Dynaudio、Audience122。  東日本大震災でぶっ倒れてもなお、力強く

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第5位『眠れる森の美女』 ― 50年越しの奇跡

【BDレビュー】第90回『眠れる森の美女』  奇跡。  奇跡としか言いようが

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】AVアンプの選択②――Pioneer SC-LX59

【Dolby Atmos導入記】AVアンプの選択  上の記事を書いてから既に2年近く、ようやく

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. やたろう より:

    多分、メーカーの言われたままか編集者の思い込みでは?
    まあー 自社のオールインワンでは無いからね。
    その辺が問題が有るのかもしれないね。
    メーカーも全部知っている訳ではないからぇ。

  2. 通りすがりの若者その1 より:

    ホントにレベルが低いですね。
    同感です。

    私もネットオーディオ完全マニュアルと書かれた今回のNet Audioを立ち読みしましたが、記事の内容が酷すぎましたね。
    私のネットワークオーディオはまだまだ4、5年くらいの経験しかありませんがどこが完全マニュアルなのか記事のクオリティの低さが目立つマニュアルでしたね。
    私はDSD音源を幾つか購入してますが、ネットワークプレイヤーが対応して無いですがfoobar2000を使えばDSD対応してないネットワークプレイヤーでも聴けるので特別にDSD音源を聴きたくなった時はそれを利用してます。

  3. sakakihajime より:

    >やたろうさん

    全方位的に救いがないですね、その場合。
    書く側も、書かせる側も、それを掲載してしまう側も。
    一般のユーザーよりも遥かに“機会”に恵まれている評論家だからこそ、色々調べて有益な情報を出すべきだと思うのですが。


    >通りすがりの若者その1さん

    私のネットワークオーディオ経験年数も4年そこそこですが、この手のメディアのレベルはまったくと言っていいほど上がっていないようで。
    もっとも、その辺りのレベルの低さにしびれを切らした結果がこのブログだったりするので、私にとってはよいモチベーション源だったりしますが。
    ネットワークオーディオの文脈におけるfoobar2000の活用はもっと研究したいのですが、最近はくたびれ案配でなんとも……

    • 通りすがりの若者その1 より:

      どうも。
      ネットワークオーディオにおけるfoobar2000は実に面白いと私は感じます。
      メディアサーバの拡張性での遊びゴコロ、foobar2000自体のコントローラでiPadなどではMonkeyMoteアプリがあり、Windowsしか使えないですがネットワークプレイヤーで音楽を聴くだけでなく色々と遊べます。

      ちなみに最近気付いたんですがDSD音源(dsf)のタグ編集にMp3tagが対応したみたんでついでに検証してみてください。

      • sakakihajime より:

        通りすがりの若者その1さん

        情報ありがとうございます。
        Mp3tagはネットワークオーディオ導入最初期に見切りをつけて以来、完全にノーチェックでした。
        あぁ、早くMediaMonkeyもDSDに対応しないものか……

  4. たーくん より:

    Mp3tagのDSD対応、早速試してみました。以前から使用していますが、使いやすいですよ。食わず嫌いはダメです。
    DSFファイルはID3v2.3に準じた情報でタグ情報を管理できます。FLACとは微妙に項目の引っ張ってくるところが違います。詳しくはこちらを。
    http://minimserver.com/ug-library.html
    自分は日付を年月日(YYYY-MM-DD)ですべてタグ管理しているのですが、MinimServerでDSFファイルの日付がうまく読み込んでくれなかったのですが、Mp3TagがDSFに対応してくれたのでID3v2.4 frameで更新したらうまく認識してくれました。

    • sakakihajime より:

      たーくんさん

      毎度どうもです。
      >Mp3tag
      いやーお恥ずかしい。
      なにぶん「音楽を快適に聴くこと」が第一で、手法の追求や研究が主目的ではないため、自分にとって「これだ!」という方法を見出してしまえばなかなかそこから離れられませんで。私のタグ管理はもっぱらdBpoweramp Tag EditorとMediaMonkeyによるもので、かつ直近までDSDをそもそも聴ける環境になかったということもあり、DSDに関してはまだまだ勉強不足です。
      さらに、目に見える部分の背後にある、技術仕様的な領域になると、私にとってなかなかハードルが高いのですが、今後も精進します。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

DigiFi No.28で記事を執筆しました

 本日発売。 DigiFi No.28 特別付録ハイレゾ

→もっと見る

PAGE TOP ↑