*

【Audio】 システム遍歴 【Visual】

公開日: : 最終更新日:2014/12/05 オーディオ・ビジュアル全般, システム・機器 , , ,

2014/12/05更新終了
以降はシステムまとめに集約


備忘録として。



◎ヘッドホン環境

Sennheiser HD595(友人に贈呈)
Audio-Technica ATH-W1000(売却)
AKG K701(現役)
Luxman P-1(売却)


◎ステレオ環境

第1世代
Philips LHH-300R
Marantz PM6100SA ver.2
Rogers LS5/9 Classic

第2世代 (これ以降シアターと共存、AVアンプをプリに使用)
Philips LHH-300R
Quad 77 PowerAmp
Rogers LS5/9 Classic

第3世代 (学生時代最後の冒険としてDynaudioと出会う)
Philips LHH-300R
Quad 77 PowerAmp
Dynaudio Audience122

第4世代 (完全セパレートへ)
Philips LHH-300R
PS Audio Digital link Ⅲ
Primare PRE30
Acoustic Reality ear202-Ref
Dynaudio Audience122

第5世代 (LINNのDSに完膚なきまでに叩きのめされ、複雑化したシステムを清算)
LINN MAJIK DS-I
Dynaudio Audience122

第6世代 (Audience122の潜在能力ゆえに再びパワーアンプ導入)
LINN MAJIK DS-I
Nmode X-PW10
Dynaudio Audience122

第7世代 (夢叶ってSapphire導入)
LINN MAJIK DS-I
Nmode X-PW10
Dynaudio Sapphire

第8世代 (2014/02/05~)
LINN MAJIK DS-I
BENCHMARK DAC2 HGC
Nmode X-PW10
Dynaudio Sapphire

第9世代 (2014/03/21~)
LUMIN A1
BENCHMARK DAC2 HGC
Nmode X-PW10
Dynaudio Sapphire


◎シアター環境

第1世代 (初めて聴いたサラウンドの計り知れない衝撃……)
ソニーの安物DVDプレーヤー
Marantz PS4500
Pioneer 型番失念 センター+2本の安物スピーカー

第2世代 (PS3とBDの出現によるシステムの刷新)
Sony PS3
Sony TA-DA3200ES
AudioPro Image22
AudioPro Image12
Highland Audio AINGEL3203

第3世代 (色々変更、一時期プロジェクターも導入)
Panasonic DMP-BDT900
Marantz SR6004
Dynaudio Focus200C
AudioPro Image12

第4世代 (プロジェクターへ移行)
OPPO BDP-103
Pioneer SC-LX85
Dynaudio Focus200C
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

第5世代 (AVにもパワーアンプ導入)
OPPO BDP-103
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PW1 ×3
Dynaudio Focus200C
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

スポンサーリンク


関連記事

アニソンオーディオ Vol.2 収録音源

 いったいいつになったらこの人たちはタグの付け方を覚えるんですかね……

記事を読む

Dynaudio Audience52とNmode X-PW1で音楽を聴く

 今手元にAVアンプがないので、普段はサラウンドバックスピーカーとして使っているDynaudio A

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】7.1.4ch ドルビー Atmos TrueHD……?

「ゼロ・グラビティ」Dolby Atmos収録版BDが来年2月発売 - Phile-web

記事を読む

TIDALがリローンチ ― 「ストリーミングオーディオ」の時代は来るか?

 「ストリーミングオーディオ」とは、この記事では「音楽ストリーミングサービスを音源とするオーディオの

記事を読む

【音源管理の精髄】 ネットワークオーディオのデメリットと、それを克服するために 【ネットワークオーディオTips】

 ネットワークオーディオのメリットとはその大部分が「音源をデジタルファイルとして管理運用することのメ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第30回『ワールド・トレード・センター』

今となっては貴重なパラマウントのBDソフトです。 まだまだ発表されるソフトが少なかった当時だから買

記事を読む

4K BDは2015年末に登場

4K Blu-ray Confirmed, Coming in Late 2015  待ち

記事を読む

【オブジェクトベースシアターへの道】DTS:X正式発表

DTS:Xはどうなる? 2、3年前から劇場公開で使われまくっているDolby Atmosでさえ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第83回『機動戦士ガンダム F91』

画質:7 音質:5 映像はAVCでレートは目一杯。 音声はリニアPCMステレオ。

記事を読む

iFI nano iDSD 導入

 実際に聴きたいDSDの音源があるかどうかはさておいて、聴ける環境くらい作っておかないとまずいなあと

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突! OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

【UHD BDレビュー】第31回『キング・コング:髑髏島の巨神』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

【UHD BDレビュー】第30回『ハクソー・リッジ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事

【UHD BDレビュー】第29回『許されざる者』 米国盤

【BDレビュー】第112回『許されざる者』 画質

→もっと見る

PAGE TOP ↑