*

【Audio】 システム遍歴 【Visual】

公開日: : 最終更新日:2014/12/05 オーディオ・ビジュアル全般, システム・機器 , , ,

2014/12/05更新終了
以降はシステムまとめに集約


備忘録として。



◎ヘッドホン環境

Sennheiser HD595(友人に贈呈)
Audio-Technica ATH-W1000(売却)
AKG K701(現役)
Luxman P-1(売却)


◎ステレオ環境

第1世代
Philips LHH-300R
Marantz PM6100SA ver.2
Rogers LS5/9 Classic

第2世代 (これ以降シアターと共存、AVアンプをプリに使用)
Philips LHH-300R
Quad 77 PowerAmp
Rogers LS5/9 Classic

第3世代 (学生時代最後の冒険としてDynaudioと出会う)
Philips LHH-300R
Quad 77 PowerAmp
Dynaudio Audience122

第4世代 (完全セパレートへ)
Philips LHH-300R
PS Audio Digital link Ⅲ
Primare PRE30
Acoustic Reality ear202-Ref
Dynaudio Audience122

第5世代 (LINNのDSに完膚なきまでに叩きのめされ、複雑化したシステムを清算)
LINN MAJIK DS-I
Dynaudio Audience122

第6世代 (Audience122の潜在能力ゆえに再びパワーアンプ導入)
LINN MAJIK DS-I
Nmode X-PW10
Dynaudio Audience122

第7世代 (夢叶ってSapphire導入)
LINN MAJIK DS-I
Nmode X-PW10
Dynaudio Sapphire

第8世代 (2014/02/05~)
LINN MAJIK DS-I
BENCHMARK DAC2 HGC
Nmode X-PW10
Dynaudio Sapphire

第9世代 (2014/03/21~)
LUMIN A1
BENCHMARK DAC2 HGC
Nmode X-PW10
Dynaudio Sapphire


◎シアター環境

第1世代 (初めて聴いたサラウンドの計り知れない衝撃……)
ソニーの安物DVDプレーヤー
Marantz PS4500
Pioneer 型番失念 センター+2本の安物スピーカー

第2世代 (PS3とBDの出現によるシステムの刷新)
Sony PS3
Sony TA-DA3200ES
AudioPro Image22
AudioPro Image12
Highland Audio AINGEL3203

第3世代 (色々変更、一時期プロジェクターも導入)
Panasonic DMP-BDT900
Marantz SR6004
Dynaudio Focus200C
AudioPro Image12

第4世代 (プロジェクターへ移行)
OPPO BDP-103
Pioneer SC-LX85
Dynaudio Focus200C
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

第5世代 (AVにもパワーアンプ導入)
OPPO BDP-103
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PW1 ×3
Dynaudio Focus200C
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第212回『遊星からの物体X ファーストコンタクト』

画質:8 音質:8 映像はVC-1、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

SFORZATOに行ってきました

 こないだの東京インターナショナルオーディオショウにあわせて。  2010年のハイエンドショウの時

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】スピーカーの配置

 Dolby Atmos。  残念ながら映画館で聴いたことがないし、対応AVアンプで聴いたこともな

記事を読む

ネットワークオーディオの現状と展望

 愚痴の書き散らし。  何度同じことを書いたかわからない。  LUMIN A1を導入

記事を読む

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定生産 - ギャガ  

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロール関連の過去記事まとめ

 時間の経過によってあまり意味を持たなくなった記事。  あるいは、消滅してしまったアプリに関する記

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Technics Music App ブラウズとプレイリストについて

 以前に検証した際、Technics Music Appはブラウズ領域にもプレイリストにも音源のアル

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

再生ソフトを用いたPCのサーバー化――最も簡単なネットワークオーディオの形 foobar200

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】サーバーソフトの紹介と検証

 随分とサーバーソフト関連の記事がごちゃごちゃしてきたので、この辺りでまとめ直す。  サーバー

記事を読む

アニソンオーディオ Vol.2

 とりあえず、 ・ギャルゲ ・エロゲ ・アイドル声優  方向性はこの三本柱で

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

→もっと見る

PAGE TOP ↑