*

【Audio】 システム遍歴 【Visual】

公開日: : 最終更新日:2014/12/05 オーディオ・ビジュアル全般, システム・機器 , , ,

2014/12/05更新終了
以降はシステムまとめに集約


備忘録として。



◎ヘッドホン環境

Sennheiser HD595(友人に贈呈)
Audio-Technica ATH-W1000(売却)
AKG K701(現役)
Luxman P-1(売却)


◎ステレオ環境

第1世代
Philips LHH-300R
Marantz PM6100SA ver.2
Rogers LS5/9 Classic

第2世代 (これ以降シアターと共存、AVアンプをプリに使用)
Philips LHH-300R
Quad 77 PowerAmp
Rogers LS5/9 Classic

第3世代 (学生時代最後の冒険としてDynaudioと出会う)
Philips LHH-300R
Quad 77 PowerAmp
Dynaudio Audience122

第4世代 (完全セパレートへ)
Philips LHH-300R
PS Audio Digital link Ⅲ
Primare PRE30
Acoustic Reality ear202-Ref
Dynaudio Audience122

第5世代 (LINNのDSに完膚なきまでに叩きのめされ、複雑化したシステムを清算)
LINN MAJIK DS-I
Dynaudio Audience122

第6世代 (Audience122の潜在能力ゆえに再びパワーアンプ導入)
LINN MAJIK DS-I
Nmode X-PW10
Dynaudio Audience122

第7世代 (夢叶ってSapphire導入)
LINN MAJIK DS-I
Nmode X-PW10
Dynaudio Sapphire

第8世代 (2014/02/05~)
LINN MAJIK DS-I
BENCHMARK DAC2 HGC
Nmode X-PW10
Dynaudio Sapphire

第9世代 (2014/03/21~)
LUMIN A1
BENCHMARK DAC2 HGC
Nmode X-PW10
Dynaudio Sapphire


◎シアター環境

第1世代 (初めて聴いたサラウンドの計り知れない衝撃……)
ソニーの安物DVDプレーヤー
Marantz PS4500
Pioneer 型番失念 センター+2本の安物スピーカー

第2世代 (PS3とBDの出現によるシステムの刷新)
Sony PS3
Sony TA-DA3200ES
AudioPro Image22
AudioPro Image12
Highland Audio AINGEL3203

第3世代 (色々変更、一時期プロジェクターも導入)
Panasonic DMP-BDT900
Marantz SR6004
Dynaudio Focus200C
AudioPro Image12

第4世代 (プロジェクターへ移行)
OPPO BDP-103
Pioneer SC-LX85
Dynaudio Focus200C
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

第5世代 (AVにもパワーアンプ導入)
OPPO BDP-103
Pioneer SC-LX85
Nmode X-PW1 ×3
Dynaudio Focus200C
Dynaudio Audience122
Dynaudio Audience52
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第6回『ステルス』

今回はステルスを取り上げます。卑怯臭い性能のステルス戦闘機がギュオンギュオン飛び回る映画です。

記事を読む

NmodeのDACプリ

2016.10.12 Wednesday 新製品、開発中! - Nmodeブログ DACプリで

記事を読む

Nmode X-PW1導入

 どれだけ新しいサラウンドフォーマットが現れようが、“アンプでスピーカーを鳴らす”という基本は変わら

記事を読む

ネットワークオーディオと「OpenHome」

 まともなネットワークオーディオプレーヤーとまともじゃないネットワークオーディオプレーヤーを区別する

記事を読む

LUMINがTIDALに対応

 ん?  おッ!  「ストリーミングオーディオ」という形態が海外では常識になりつ

記事を読む

センタースピーカーの次はサブウーファーか!

 ホームシアターのマルチチャンネル・サラウンド再生においてセンタースピーカーは極めて重要である。「台

記事を読む

【音源管理の精髄】 タグ編集&CDのリッピングにかかる時間 【ネットワークオーディオTips】

 タグの編集と管理はめんどくさい。  確かにめんどくさい。  それは事実だ。  では、どれ

記事を読む

【BDレビュー】第261回『300: Rise of an Empire / 帝国の進撃』 北米盤

画質:9 音質:9 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Audio

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第117回『トレインスポッティング』

画質:7 音質:8 映像はAVCでビットレートは30台以上で高めに安定。 音声はドルビー

記事を読む

canarino Fils ― ついにデジタル・ファイル再生の原器を手に入れたぞ

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑