*

【システム】 LINN MAJIK DS-I

 2010年の春だったか。
 快適な音楽再生を求め、ネットワークオーディオなるものに手を出そうと考えた私は、既にネットワークオーディオという領域において不動の地位を築いていたLINNのDSなるシステムを体験しに某ショップを訪れた。

 そして打ちのめされた。
 操作性はもちろん、音質にも。

 ショップでの試聴に使われたシステムはMAJIK DS-Iに、スピーカーもLINNのMAJIK。一体型コンポ+スピーカーという非常にシンプルな構成だった。
 当時の私のシステムは、CDPからデジタル出力してDACに入れ、そこからプリ&パワーのセパレートでDynaudioのAudience122を鳴らすという、ショップのそれに比べると実に複雑なもの。

 私がショップを訪れたのは「ネットワークオーディオを体験する」ためであって、別に音質云々はどうでもよかった。
 しかし、打ちのめされた。CDP&DAC&プリ&パワー、総額で言えばMAJIK DS-Iよりも高額なシステムだったが、完敗だった。
 Audience122のスピーカーとしての能力がMAJIKに負けているとは思えない。Dynaudioびいきとか言ってはいけない。

 気が付くと、MAJIK DS-Iを買っていた。
 AVアンプからのいわゆるパワーアンプダイレクトも使えるしね。


現在のMAJIK DS-Iの様子
MAJIK DS-I_s

 悔しいことに? 嬉しいことに? Audience122は過去最高の音で鳴り始めた。
 ネットワークオーディオという方式の威力か、DSというシステムの威力か、チャクラとかいうアンプの威力か、何にせよ間違いなく音質は向上した。
 ネットワークオーディオのシステムセットアップが上手くいくかは少々不安だったが、色々と準備していたこともあって、あっけないほど簡単に繋がった。それからネットワークオーディオの可能性を追求する終わりのない旅が始まるわけだが、それはまた別の話。
 
 音質的にも、ネットワークオーディオのシステムとしても、決して高い買い物ではなかったと思う。
 特に後者。ネットワークオーディオについて極めようと思っても、もし最初に触れた製品がLINNのDSでなかったら、今のような蓄積は決して得られなかっただろう。いやそもそも、「なんだこのふざけた機器は! ネットワークオーディオなんてクソだ!」と匙を投げていた可能性さえある。その意味では非常に感謝している。
 さらに色々な意味で、こんなにもホスピタリティ精神にあふれたオーディオ機器が存在していることに感動したものだ。伊達に英国王室にシステムを納入しちゃいないということか。

 『DS』というシステムは、ネットワークオーディオの領域において、他と隔絶する完成度を有している。DSに対するLINNの絶対的な自信も頷けるし、この事実に異論を挟む気はない。
 ただ、純粋にDACやアンプ(プリ&パワー)としての性能を考えると、正直どうなの? と思わなくもない。



【システムまとめ】

スポンサーリンク


関連記事

Kinsky Version 4.3.21

 iOSに付いていくべく2年以上ぶりのアップデート。  ほんのりとデザインも変わった。

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 <HIGH END

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第98回『ショーシャンクの空に』

好い映画。 画質:7 音質:7 映像はVC-1、ビットレートは高くて25Mbps程度

記事を読む

【BDレビュー】 第235回『もののけ姫』

ギルガメシュ叙事詩 画質:9☆ 音質:9 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bi

記事を読む

“がっかり”BD10選

 善いものがあれば、悪いものもある。  目を逸らすわけにはいかない。  なお、この記事の各項

記事を読む

aria piccolo、日本上陸!

DAC内蔵+CDリッピング対応のオーディオサーバー「aria piccolo」 - av watch

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Led Zeppelin / Led Zeppelin IV (Deluxe Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Led Zeppelin / Led Zeppe

記事を読む

【BDレビュー】第307回『イミテーション・ゲーム』

 ベネディクト・カンバーバッチってのはたいした役者だな…… 画質:15 音質:12 (

記事を読む

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて

 HDRやら色域の拡大やら、業界はBDに対するUHD BDの優位性は解像度だけではないとしきりに叫ん

記事を読む

【ホームシアターでゲームをしよう!】「映画的なゲーム」はもっと評価されるべき

 恐縮だが、第1回の前にちょいと昔語りに付き合ってくれないか?  ゲームと一言

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑