*

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS

 LINN DSのファームウェア、Davaar Beta 60.192でDSDが再生可能になったそうだ。
 ただし、Katalyst DAC搭載モデル――KLIMAX DS/3・DSM/2に限られる。

rockfather LINN STAFF:

Let me clarify some of the points mentioned
・Playback is native DSD direct to analog, performed by the Katalyst DAC
・Volume control is available, and is also performed by the Katalyst DAC

As the signal remains DSD until its conversion, no processing can occur which limits some of the available features
・Songcast sending is disabled during DSD playback
・Space optimisation is not applied during DSD playback
・Signal cannot be transmitted across an exakt link (in its current form)
・Balance control is disabled during DSD playback

Media servers supporting DSD files include
・Kazoo Server – version 4.8.4 onwards (currently in beta)
・Minim
・Asset


 今まで「DSというプラットフォーム」を堅持し、再生可能フォーマットを初代からずっと据え置いてきたLINNにしてみれば、極めて重大な決断と言える。しかも、「DSDなんてサイテー!」と言ってきたのだからなおさらだ。

murrays LINN STAFF:

In an ideal world, DSD would have gone away, but the reality is that it has gained some traction in some markets, so when we designed the Katalyst DAC platform we made sure it was at least capable of playing DSD.


 うーんこの、ポリシーと現実のせめぎあい!
 LINNがKatalyst DACに採用したAKM AK4497はDSD512まで対応するので、それ以前のWolfson WM8741に比べれば、スペック的な意味でも本格的にDSDに対応させるための環境は整っていた。あとは、DSがDSDを再生に対応したところで、ユーザーからすれば別に損をするわけでもないので別に文句はないだろう。もしかしたら「裏切られた!」と感じるDSD嫌いなユーザーも中にはいるのかもしれないが。
 とにかく、こういう決断ができる辺りにも、LINNのメーカーとしての強さを感じずにはいられない。

 今後AKURATEシリーズにもKatalyst DACが採用されていくとすれば、ネットワークオーディオプレーヤーの市場はもっと面白いことになりそうだ。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

【Roon】関連記事まとめ

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

Playback Designs Syrah Server

 Roonが絡まない製品としては久々の、日本に上陸していないネットワークオーディオ関連機器をなんとな

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 『コントロール』する

 「ここにさえ来ればネットワークオーディオがまとめてわかる!」を目指し、ひたすら書いてきた【音源管理

記事を読む

【BDレビュー】第293回『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 【Dolby Atmos】

画質:13 音質:13 映像:AVC 音声:Dolby Atmos

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】LINN DS

 オーディオ業界に「ネットワークオーディオ」という領域を作り出したのはLINN DSであると言って間

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第181回『サウンド・オブ・ミュージック』

今回から見所と聴き所を別途書いてみようと試みる 画質:8 音質:8 映像はAVC

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第89回『シューテム・アップ』

画質:14 音質:12+(7.1ch収録のため) 映像はVC-1でビットレートはストレスな

記事を読む

【BDレビュー】第314回『コードネーム U.N.C.L.E.』

画質:9 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:Dolb

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Asia / Asia

・アーティスト / アルバムタイトル Asia / Asia ・購入元 e-onkyo

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第167回『serial experiments lain』

画質:8 音質:9 映像はAVC、音声はリニアPCM16bitステレオ 画質について

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第6位『スター・ウォーズ』 ― 超絶クオリティが示したBDの成熟

背中合わせのスカイウォーカー 発売直前最速レポート!『スター・ウォーズ』BD-BOXの

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑