*

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第八章「光ことなる錦秋の宮」

公開日: : 創作, 地元ネタ, 小野小町, 湯沢市, 秋田, 菅江真澄

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です

※この記事はFAN AKITAプロジェクトページ「活動報告」への投稿と同内容です


小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト – FAN AKITA


 江戸時代の紀行家・菅江真澄(すがえますみ)が残した文章と絵をもとに、秋田県雄勝郡を歩いた彼の足跡を辿り、その行程を綴った紀行文を本にするプロジェクトです。



菅江真澄と歩く
二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡

第八章
「光ことなる錦秋の宮」



 絵図集『勝地臨毫 出羽国雄勝郡』第五巻は、目次には小野・横堀・院内といった地名が並んでいるのですが、実際には二枚の絵しか収録されていません。
 一方で、明らかにその中から抜き取られたと思われる、院内銀山の風景を含む八枚の絵が『秋田八景画讃』の名で別に残っています。院内銀山は久保田藩の財政にとって非常に重要な存在であり、真澄は何かしらの政治的配慮から院内銀山の絵を『勝地臨毫』に収録しなかったのだと考えられます。政治的配慮がなされたと考える他の論拠としては、地誌『雪の出羽路 雄勝郡』の中にも院内・院内銀山の記述が一切存在しないということがあります。

 なお、残念ながら小野・横堀といった小野小町ゆかりの地の絵は、秋田八景画讃の中にも残されていません。


 ここでは『勝地臨毫 出羽国雄勝郡』第五巻に残された二枚の絵について紹介します。


 一枚目は雄勝町泉沢の「泉光院」。



 なにやら恐ろしい顔(仮面)が描かれています。
 そうです。ここに描かれ、『雪の出羽路 雄勝郡』でも言及されているのはド直球の怪異であり、真澄はまさにその実物を目の当たりにしました。

 この泉光院は神仏分離を経て既になく、今では「泉神社」となっています。



 そして神社の方に仮面について聞いてみましたが、「そんな話は聞いたことがない」とのこと。
 真澄が目にしたあの仮面は、「燃やしたはずなのに焼け残った」仮面は、歴史の闇の中に姿を消しました。


 ……


 気を取り直して、二枚目は秋ノ宮の風景です。



 これは視座100%完全一致の場所があります。
 そこからの眺めがこちら。



 役内川の流れや遠方に臨む神室山の姿は、真澄が訪れた二百年前から何も変わっていません。




 『勝地臨毫 出羽国雄勝郡』第五巻は雄勝町を広く扱っている巻なので、紀行文の内容もそれに準じています。かつての繁栄の面影すら完全に森に覆われつつある院内銀山や、どさくさに紛れて小野小町など、雄勝町を語るうえで欠かせない諸相を盛り込みました。

 院内の風景も、



 昏い口を開ける院内銀山の坑道跡も、



 小野小町と深草少将の墓と伝わる二ツ森も、



 菅江真澄と共に巡れば、きっと新たな発見があります。


 異邦人の視点で歩く秋田県雄勝町。


 是非、完成した本の中でお確かめください。

スポンサーリンク


関連記事

漫画『十文字綺譚 クロス・ストーリー』発売中です!

 『十文字綺譚 クロス・ストーリー』は胡原おみ先生による地域密着型伝奇漫画です。私は原作を担当しまし

記事を読む

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。 漫画が出ました!

記事を読む

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第五章「雄勝の背骨に麒麟舞う」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です ※この記事はF

記事を読む

【地元探訪】三吉神社(湯沢市古館山)

 お沢稲荷の横の道を進んでいくと、  まず火伏地蔵があり、  どなたかの顕彰碑が

記事を読む

「神様セカンドライフ」に地元が登場したので居ても立ってもいられず現地に行ってきた

 県南……もとい雄勝郡の存在感が薄すぎるとか言ってほんとごめんなさい。 神様セカンドライフ

記事を読む

漫画『後三年合戦物語』

 胡原おみ先生の新刊です。  平安時代、今日の秋田県横手市&美郷町が舞台となった「後三年合

記事を読む

「神様セカンドライフ」がとんでもなく面白い

 たまげだごど。 神様セカンドライフ - ヤマノス  「大神」的な、天照や素戔嗚といった

記事を読む

【地元探訪】泉光院稲荷(湯沢市古館山)

「神様セカンドライフ」に地元が登場したので居ても立ってもいられず現地に行ってきた  上の記

記事を読む

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA  江戸時代の紀行家・

記事を読む

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第四章「湯澤の山の上と下」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です ※この記事はF

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

→もっと見る

PAGE TOP ↑