*

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です

※この記事はFAN AKITAプロジェクトページ「活動報告」への投稿と同内容です




菅江真澄と歩く
二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡

第一章
「栗駒の心臓を御室に見る」


 時を遡ること2014年7月、紀行文「菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡」の第一歩を踏み出しました。
 この時はまだ、「真澄が絵に描いた場所を全部巡ってやろう」という想いのもと、なんとなく行程を面白くまとめてみよう程度の考えしかありませんでした。この第一章を紀行文として書き上げたことが、後に続く九篇すべての出発点となり、また「どのように書くか」という雛形となりました。

 さて、ひとまず以下の三枚の絵をご覧ください。






 これらはいずれも絵図集「勝地臨毫 出羽国雄勝郡」の七巻(最終巻)に描かれたもので、一枚目には「駒形山」、二枚目には「駒ヶ嶽」、三枚目には「大日嶽」という記述があります。
 当初、私はそれぞれまったく別の山を描いた絵なのだと考えました。しかし、雄勝郡には「駒形山」も「駒ヶ岳」も「大日嶽」もありません。この時の私は真澄の足跡をほとんど把握しておらず、さらに「山には多くの別名がある」という発想を持ち合わせていなかったため、「そもそもどこを/何を描いた絵なのか」すらわからないという有様でした。

 二重三重の無知の闇を越えて、ようやく私はこれらの絵がすべて今日の「栗駒山」を描いたものだと気づきました。
 きっかけは二枚目の絵の「酢河ノ温湯」という記述で、これはもしや今日の「須川温泉」のことではないか、ということはこれらの絵はすべて今日の「栗駒山」を描いたものではないか、と思い至ったわけです。ロクに文献も読まず、真澄研究の先達の皆様からすれば失笑物の経緯でしょう。とはいえ、とにもかくにも、この気付きは私の真澄理解にとって決定的なものとなりました。

 今日の須川高原温泉。
 まさしく、真澄の描いた温泉です。



 私は栗駒山に何度か登ったことはありましたが、基本的に須川高原の登り口から最短ルートで山頂に行って帰ってきただけで、栗駒山に関してはまったくの無知でした。真澄の絵が栗駒山を描いたものだとはわかっても、須川温泉を除き、具体的にどの場所を描いたものかまではまるで見当が付きませんでした。
 湯沢市の川原毛地獄や小安峡など、はじめから場所を特定できる絵ではなく、せっかくなら、新たな発見が得られる絵を最初に選びたい。
 こうして、「菅江真澄と歩く」の最初の目的地は栗駒山になりました。


 時に、平成26年。
 真澄が雄勝郡を訪れ、「雪の出羽路 雄勝郡」と「勝地臨毫 出羽国雄勝郡」を記したのは文化11年。
 真澄の来訪からちょうど二百年。季節さえほぼ同じ。
 あまりのタイミングの良さに言い知れぬ感覚を抱きながら、「二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡」を目の当たりにするために、栗駒山――またの名を駒形山/駒ヶ岳/大日嶽――に足を踏み入れました。

 栗駒山を知り尽くした方々に賛同を取り付けて同行してもらい、目指すは「勝地臨毫 出羽国雄勝郡」の最後を飾る絵に描かれた「御室」です。



 「御室」に行き着く過程で何を見たのか、なぜ御室は「栗駒の心臓」なのか。



 是非、完成した本の中でお確かめください。



スポンサーリンク


関連記事

【地元探訪】御機嫌坂記念公園(湯沢市関口寺沢)

 佐竹義宣は関ヶ原の戦いにおけるどっちつかずの対応が原因で、出羽国久保田(秋田)への転封を命じられた

記事を読む

漫画『十文字綺譚 クロス・ストーリー』発売中です!

 『十文字綺譚 クロス・ストーリー』は胡原おみ先生による地域密着型伝奇漫画です。私は原作を担当しまし

記事を読む

【地元探訪】村境の仁王像(湯沢市関口)

 湯沢市関口、厳密な意味での関口村の南北の境には仁王像が立っている。  南側の仁王像。  こ

記事を読む

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年は当ブログにお越しいただきあり

記事を読む

【地元探訪・小野小町編】熊野神社(湯沢市小野字小野)

秋田県湯沢市雄勝町の小野小町伝承  熊野神社は小野小町の父・小野良実が建立した神社

記事を読む

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第七章「風渡る山姫の幽谷」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です ※この記事はF

記事を読む

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA マスミスタイルの

記事を読む

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  湯沢の稲荷ズがめっちゃナチュラ

記事を読む

【地元探訪】湯沢市役所と中央公園(お城山・学校山・湯沢城址)

 地元って言うがらにはまずこごがらだべ。  この企画がどういう方向にいくのかまだわからないが、

記事を読む

【地元探訪】三吉神社(湯沢市古館山)

 お沢稲荷の横の道を進んでいくと、  まず火伏地蔵があり、  どなたかの顕彰碑が

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

→もっと見る

PAGE TOP ↑