*

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です

※この記事はFAN AKITAプロジェクトページ「活動報告」への投稿と同内容です




菅江真澄と歩く
二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡

第一章
「栗駒の心臓を御室に見る」


 時を遡ること2014年7月、紀行文「菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡」の第一歩を踏み出しました。
 この時はまだ、「真澄が絵に描いた場所を全部巡ってやろう」という想いのもと、なんとなく行程を面白くまとめてみよう程度の考えしかありませんでした。この第一章を紀行文として書き上げたことが、後に続く九篇すべての出発点となり、また「どのように書くか」という雛形となりました。

 さて、ひとまず以下の三枚の絵をご覧ください。






 これらはいずれも絵図集「勝地臨毫 出羽国雄勝郡」の七巻(最終巻)に描かれたもので、一枚目には「駒形山」、二枚目には「駒ヶ嶽」、三枚目には「大日嶽」という記述があります。
 当初、私はそれぞれまったく別の山を描いた絵なのだと考えました。しかし、雄勝郡には「駒形山」も「駒ヶ岳」も「大日嶽」もありません。この時の私は真澄の足跡をほとんど把握しておらず、さらに「山には多くの別名がある」という発想を持ち合わせていなかったため、「そもそもどこを/何を描いた絵なのか」すらわからないという有様でした。

 二重三重の無知の闇を越えて、ようやく私はこれらの絵がすべて今日の「栗駒山」を描いたものだと気づきました。
 きっかけは二枚目の絵の「酢河ノ温湯」という記述で、これはもしや今日の「須川温泉」のことではないか、ということはこれらの絵はすべて今日の「栗駒山」を描いたものではないか、と思い至ったわけです。ロクに文献も読まず、真澄研究の先達の皆様からすれば失笑物の経緯でしょう。とはいえ、とにもかくにも、この気付きは私の真澄理解にとって決定的なものとなりました。

 今日の須川高原温泉。
 まさしく、真澄の描いた温泉です。



 私は栗駒山に何度か登ったことはありましたが、基本的に須川高原の登り口から最短ルートで山頂に行って帰ってきただけで、栗駒山に関してはまったくの無知でした。真澄の絵が栗駒山を描いたものだとはわかっても、須川温泉を除き、具体的にどの場所を描いたものかまではまるで見当が付きませんでした。
 湯沢市の川原毛地獄や小安峡など、はじめから場所を特定できる絵ではなく、せっかくなら、新たな発見が得られる絵を最初に選びたい。
 こうして、「菅江真澄と歩く」の最初の目的地は栗駒山になりました。


 時に、平成26年。
 真澄が雄勝郡を訪れ、「雪の出羽路 雄勝郡」と「勝地臨毫 出羽国雄勝郡」を記したのは文化11年。
 真澄の来訪からちょうど二百年。季節さえほぼ同じ。
 あまりのタイミングの良さに言い知れぬ感覚を抱きながら、「二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡」を目の当たりにするために、栗駒山――またの名を駒形山/駒ヶ岳/大日嶽――に足を踏み入れました。

 栗駒山を知り尽くした方々に賛同を取り付けて同行してもらい、目指すは「勝地臨毫 出羽国雄勝郡」の最後を飾る絵に描かれた「御室」です。



 「御室」に行き着く過程で何を見たのか、なぜ御室は「栗駒の心臓」なのか。



 是非、完成した本の中でお確かめください。



スポンサーリンク


関連記事

言の葉の穴・三周年

 もう三年も経ったのか。  我ながらよく続いているものだと思わなくもない。  そして、結局三

記事を読む

【地元探訪・小野小町編】岩屋堂(湯沢市小野字別水林) その2

秋田県湯沢市雄勝町の小野小町伝承 岩屋堂 その1  前回の続き。

記事を読む

【地元探訪】泉光院稲荷(湯沢市古館山)

「神様セカンドライフ」に地元が登場したので居ても立ってもいられず現地に行ってきた  上の記

記事を読む

【地元探訪・小野小町編】長鮮寺跡(湯沢市桑崎字平城)

秋田県湯沢市雄勝町の小野小町伝承  長鮮寺は小野小町を追って京都からやって来た深草

記事を読む

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝町の小野小町伝承

記事を読む

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第七章「風渡る山姫の幽谷」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です ※この記事はF

記事を読む

HiVi 2017年8月号で『君の名は。』を含む新海誠監督作品の記事を執筆しました

 本日発売。 月刊HiVi 8月号 7/15発売 家で観るのが正解!UHDブルーレイ『

記事を読む

漫画『後三年合戦物語』

 胡原おみ先生の新刊です。  平安時代、今日の秋田県横手市&美郷町が舞台となった「後三年合

記事を読む

【地元探訪・小野小町編】磯前神社・小町泉(湯沢市桑崎字堂ノ前)

秋田県湯沢市雄勝町の小野小町伝承  深草少将に百夜通いという条件を吹っ掛けた小野小

記事を読む

シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

IMAXでシン・ゴジラを見納めできてよかった。 これだけでも遠路はるばる東京(川崎)に出てきた甲斐

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第13回『ローン・サバイバー』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【地元探訪・神様セカンドライフ編】元稲田神社/あぐりこ稲荷(羽後町杉宮)

神様セカンドライフ 66話「あぐりこ稲荷」  雄勝郡の稲荷オ

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・

【ハイレゾ音源備忘録】結城アイラ / decade wind(NetAudio27付録) 【768kHz/32bit】

・アーティスト / アルバムタイトル / 曲タイトル 結

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/10/07初出の記事を更新・

SOtM sMS-200でMinimServerとBubbleUPnP Serverが使えるようになった

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【レビュー】SO

【UHD BDレビュー】第3回『キング・オブ・エジプト / GODS OF EGYPT』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第2回『デッドプール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第1回『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/28初出の記事を更新・

LUMINのプレーヤーがついにMQAに対応

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpo

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi: Belkis, Regina di Saba, Ballata delle gnomidi & Pini di Roma 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Stravinsky: The Song Of The Nightingale, The Firebird, Rite of Spring 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

Wireworld Platinum Starlight、襲来

 時に、西暦2017年。  秋田の片田舎に、重厚な金属製

→もっと見る

PAGE TOP ↑