*

【音源管理の精髄】 OPPO BDP-103をネットワークオーディオプレーヤーとして使ってみる 【ネットワークオーディオTips】

公開日: : 最終更新日:2014/01/03 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 某氏からのリクエストにより。

 早速始めよう。




 OPPOのBDプレーヤーにはスマホアプリが用意されているが、これは公式も言っているとおり、単なる「リモコンの代替品」であって、ネットワークプレーヤー的な機能は一切備えていない。
 「MediaControl」というもうひとつの純正アプリではネットワークプレーヤーのコントロールもできるようだが、残念ながら私の環境ではエラーが出て繋がりすらしない。
 というわけで、DMRとして使う場合には他の汎用コントロールアプリを使う必要があるが、とりあえず先にプレーヤー本体で一通り再生し、ネットワークプレーヤーとしての使い勝手を確認してみよう。


 やったぜ。
縮小006

 『ネットワーク』から……
縮小007

 NASを選び……
縮小008

 アルバムを選び……
 なお、この段階でアルバムアートは表示されない。
縮小009

 曲を選び……
 この段階でアルバムアートが表示される。一段階遅くないか?
縮小011

 いざ再生。クレイトスさん。
縮小012

 試しに192kHz/24bitの音源も再生してみる。問題なし。
縮小015


 さて、アルバムアートもまぁ出ると言えば出るし、音源の情報もきちんと表示されるのだが、ひとつ大きな問題がある。
 圧倒的にレスポンスが遅いのである。
 NASの音源を表示して選曲する、その一連の流れはスムーズでいい。
 しかし、実際に音源をストリームして再生が始まるまでが異常に長い。さらに、曲のスキップもとにかく長い。長すぎる。
 以下、リモコンのスキップボタンを押してから延々待たされているの図。
縮小014



 少なからず不安を覚えつつも、次にDMRとしての検証を行った。
 そもそもDMRって何だ、という人は……とりあえず、スマホのコントロールアプリを介して操作するモード、的な理解で構わない。

 ChorusDSやLUMIN Appは使えないので、毎度おなじみSongBook Liteを使用する。
 あったあった。
アプリ004

アプリ005

 と、ここまではよかったのだが……

 再生できない!
 挙句の果てにエラー、こんなメッセージ初めて見たぞ。
アプリ006

 仕方がないのでKinskyを使用。
 出た出た。
アプリ007

 再生もできた。
アプリ008


 ……が、本体を直接操作した時よりさらに遅い! 遅すぎる! バッファリングに時間かかりすぎ。
縮小016

 ちなみにDMRとして使うと、OPPOから出力している画面上にはアルバムアートは表示されない仕様のようだ。さらに、タイトルから何から一切音源の情報が表示されない。不具合的な何か?
 まぁコントロールアプリを使っている以上何の問題もないが。
縮小019


 ここで、また致命的な問題が発生した。

 プレイリストが機能しない。
 アプリ009

 次の曲へスキップもできない。
 そもそもプレイリストの次の曲が再生されない。
 ギャップレスがどうとか言う次元ではない。
 ありゃりゃ……

 ネットワークプレーヤーとして非常に多機能であることを売りにしている割には、なんともしまらない結果となってしまった。
 公式では良好なレスポンス云々と言っているが、にわかには信じがたい。
 音楽再生は期待外れと言わざるを得ないが、動画再生だとまた違った感じかもしれない。



 結論。
 OPPO BDP-103(あるいはBDP-105も)は、ネットワークオーディオプレーヤーとしては、機能自体は備えているが、使い物にならない。
 餅は餅屋。
 以上。


 念のために言っておくと、この記事はあくまで私の環境でネットワークオーディオプレーヤーとして使った場合のものであって、OPPO製品の本懐であるBDプレーヤーとしての価値を損なうものでは決してない。
 むしろ、BDプレーヤー(のプラットフォーム)としては、操作に対するレスポンスといい、ユーザーフレンドリーなインターフェースといい、間違いなく最高の製品であることを付け加えておく。



【音源管理の精髄】 目次

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第301回『トレマーズ ブラッドライン』

 マメに写真を撮ってアイコンに仕立ててきたが、くたびれたのでおしまい。  というわけで、UHD

記事を読む

【アプリ紹介】SongBook’11 UPnP iPad版

※この記事のデータ等は基本的に2012年3月26日のものです ●イントロダクション

記事を読む

【記事修正とお詫び】オーディオ業界は本気でハイレゾを普及させる気があるのかという疑問

eufonius、大ヒット作『frasco』のDSDマスターを解禁!! 【記事修正とお詫び

記事を読む

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート機能を使ってみた OPP

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第62回『トロイ』

画質:9 音質:10 映像はVC-1、驚異の低ビットレート。詳細は後述。 音声はドルビー

記事を読む

【音源管理の精髄】 ネットワークオーディオのデメリットと、それを克服するために 【ネットワークオーディオTips】

 ネットワークオーディオのメリットとはその大部分が「音源をデジタルファイルとして管理運用することのメ

記事を読む

音展のおみやげ:NVSのでかくて太くて重いケーブル

 LUMIN A1の本体と外部電源を繋ぐNVS製ケーブルの試作品を借りてきた。  でかい。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第174回『トイストーリー 三部作』

ピクサーほんとすげえな…… 『トイストーリー』  画質:10 音質:10 『トイストーリ

記事を読む

1,000,000PVに想う

 「言いたいことを言える場所を自分で作る」べく、このページを立ち上げたのは約2年前。  かつて

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第146回『ターミネーター4』

画質:9 音質:13 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの16bit。SPEはドルビーを

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑