*

【イベントレポート】音展2015

 昨年の音展はあくまでLUMINのユーザー代表? としてネットワークオーディオの魅力を語りました。
 そしてふと気付けば、今回はだいぶ立場が変わってしまったようです。

 もっとも、どこまで行っても目線はあくまでユーザーの位置にありますけどね。



ネットワークオーディオ実践セミナー・音展スペシャル

 Phile-webでもレポートが上がっています。
 「体験と実践」というテーマは変わらず。
 ネットワークオーディオで音を出すだけなら簡単。しかし、真に「快適な音楽再生」を実現するためには、色々と理解し、把握する必要がある。そのことをお伝えしました。音展スペシャルということで、多少いつもよりも発展的な内容を盛り込みました。
 そして18日のセミナーは長い時間をもらい、ネットワークオーディオのスペシャリストである土方先生とタッグを組んだおかげで、過去最高に濃密な内容となりました。土方先生の究極的なジャズ・ライブラリーをナマで見せていただいたり、最短距離で作った最悪なライブラリを片っ端から修正して即座に「理想のライブラリ」へと叩き直したり、Twonky ServerがWAVのタグを拾い上げられずしょんぼりしたところですかさずAsset UPnPを使ったり。普段ならば話が複雑になりすぎるために触れないようなことまで盛りだくさん。
 やればできます。ぜひチャレンジしてみてください。
 「ネットワークオーディオは簡単である」なんて調子の良いことを言えるほど私は無責任ではありませんが、「何が必要で、何に気を付ければいいのか」を伝えることならできます。ネットワークオーディオという領域を盛り上げるためにも、ネットワークオーディオを実践するすべてのユーザーが快適な音楽再生を実現するためにも、これからも本当に必要なノウハウを伝えていきます。あらゆる場所で伝える努力をし続けます。オーディオ業界でせめてひとりくらい、私のような人間がいてもよろしいかと。



fidataが示す理想のネットワークオーディオ・サーバー像

 発売されて間もないサーバー、fidataのプレゼンテーションを行いました。
 大上段から一方的に話すのではなく、「音がいいですよ凄いですよ」に終始するのでもなく、開発陣の方々から様々なエピソードを引き出しながら、様々な側面からfidataの魅力をお伝えしました。
 単に「音が良い」だけでは「理想のサーバー」とは言えません。
 「PCの周辺機器」ではなく「オーディオ機器」として設計を突き詰め、高音質を実現すること。
 ネットワークオーディオにおいてサーバーが果たす役割を踏まえ、ユーザビリティを磨き上げること。fidataでされているTwonky Serverへの言及と要所を抑えた改善は、相当ネットワークオーディオについて熟知しているからこそです。
 そしてこの二つを両立してこそ、理想のサーバーと言えます。
 オーディオファンが満足し得る理想のサーバー、信頼に足る製品の選択肢が増えたことは大きな喜びです。



 どちらのイベントもたくさんの方々に参加していただきました。
 また、過去に行ったイベントやセミナーに参加し、今回のイベントにも来ていただいた方も数多くいらっしゃいました。必ずしもそうした方のすべてにお声がけは出来ませんでしたが、本当に感謝の念に堪えません。

 お越しいただいた皆様、関係者の皆様、土方先生、ありがとうございました。
 機会があれば、また来年の音展でお会いしましょう。

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips・実践編】 PCをサーバーとして使う/foobar2000 UPnP Server

 いまさらfoobar2000のDLの仕方から設定から何から書く必要はあるのか?  ……と思うとこ

記事を読む

LG OLED55B6P ― ブラウン管の呪縛からの解放

レーザー光源プロジェクターと有機ELテレビとブラウン管の呪縛 画質を取るか、迫力を取るか 画質が

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第159回『風の谷のナウシカ』

画質:7 音質:6 映像はAVC、音声はリニアPCMの24bitステレオ 画質につい

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Led Zeppelin / Physical Graffiti (Deluxe Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Led Zeppelin / Physical

記事を読む

TEAC NT-505(OpenHome/Roon Ready)

ティアック、MQAやRoon対応のデュアルモノラル構造ネットワークプレーヤー「NT-505」 - P

記事を読む

【レビュー】 BENCHMARK DAC2 HGC 外観・機能編

 導入&写真はコチラ。  とある理由(後述)により詳細な音質評価はまた後日。 ・

記事を読む

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現にUSB以上の利便性と汎用性と発

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian Lage / Arclight

記事を読む

【音源管理の精髄】 ネットワークオーディオにおけるDSD 【ネットワークオーディオTips】

 別にDSDに限った話ではないが、「より高いスペックのハイレゾ音源への対応」という点において、ハード

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Mayer / Continuum

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

→もっと見る

PAGE TOP ↑