*

【イベントレポート】音展2015

 昨年の音展はあくまでLUMINのユーザー代表? としてネットワークオーディオの魅力を語りました。
 そしてふと気付けば、今回はだいぶ立場が変わってしまったようです。

 もっとも、どこまで行っても目線はあくまでユーザーの位置にありますけどね。



ネットワークオーディオ実践セミナー・音展スペシャル

 Phile-webでもレポートが上がっています。
 「体験と実践」というテーマは変わらず。
 ネットワークオーディオで音を出すだけなら簡単。しかし、真に「快適な音楽再生」を実現するためには、色々と理解し、把握する必要がある。そのことをお伝えしました。音展スペシャルということで、多少いつもよりも発展的な内容を盛り込みました。
 そして18日のセミナーは長い時間をもらい、ネットワークオーディオのスペシャリストである土方先生とタッグを組んだおかげで、過去最高に濃密な内容となりました。土方先生の究極的なジャズ・ライブラリーをナマで見せていただいたり、最短距離で作った最悪なライブラリを片っ端から修正して即座に「理想のライブラリ」へと叩き直したり、Twonky ServerがWAVのタグを拾い上げられずしょんぼりしたところですかさずAsset UPnPを使ったり。普段ならば話が複雑になりすぎるために触れないようなことまで盛りだくさん。
 やればできます。ぜひチャレンジしてみてください。
 「ネットワークオーディオは簡単である」なんて調子の良いことを言えるほど私は無責任ではありませんが、「何が必要で、何に気を付ければいいのか」を伝えることならできます。ネットワークオーディオという領域を盛り上げるためにも、ネットワークオーディオを実践するすべてのユーザーが快適な音楽再生を実現するためにも、これからも本当に必要なノウハウを伝えていきます。あらゆる場所で伝える努力をし続けます。オーディオ業界でせめてひとりくらい、私のような人間がいてもよろしいかと。



fidataが示す理想のネットワークオーディオ・サーバー像

 発売されて間もないサーバー、fidataのプレゼンテーションを行いました。
 大上段から一方的に話すのではなく、「音がいいですよ凄いですよ」に終始するのでもなく、開発陣の方々から様々なエピソードを引き出しながら、様々な側面からfidataの魅力をお伝えしました。
 単に「音が良い」だけでは「理想のサーバー」とは言えません。
 「PCの周辺機器」ではなく「オーディオ機器」として設計を突き詰め、高音質を実現すること。
 ネットワークオーディオにおいてサーバーが果たす役割を踏まえ、ユーザビリティを磨き上げること。fidataでされているTwonky Serverへの言及と要所を抑えた改善は、相当ネットワークオーディオについて熟知しているからこそです。
 そしてこの二つを両立してこそ、理想のサーバーと言えます。
 オーディオファンが満足し得る理想のサーバー、信頼に足る製品の選択肢が増えたことは大きな喜びです。



 どちらのイベントもたくさんの方々に参加していただきました。
 また、過去に行ったイベントやセミナーに参加し、今回のイベントにも来ていただいた方も数多くいらっしゃいました。必ずしもそうした方のすべてにお声がけは出来ませんでしたが、本当に感謝の念に堪えません。

 お越しいただいた皆様、関係者の皆様、土方先生、ありがとうございました。
 機会があれば、また来年の音展でお会いしましょう。

スポンサーリンク


関連記事

BENCHMARK DAC2 HGC を買った

 やってきましたBENCHMARK DAC2 HGC。  きっかけは、MAJIK DS-IのDSと

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Natalie Merchant / Natalie Merchant

・アーティスト / アルバムタイトル Natalie Merchant / Natal

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第140回『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』

画質:8 音質:10 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit。 ちなみにこ

記事を読む

ネットワークオーディオと「OpenHome」

【2017/01/31更新・追記】  OpenHomeとは何か、という部分をページ冒頭にまとめ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第220回『リアル・スティール』

わたしは映画通になりたいわけではない。 深淵な映画全般の知識も無ければ、作品の衒学的文学的な評論な

記事を読む

【BDレビュー】第332回『キャプテン・アメリカ』

 シビル・ウォーBD発売記念。 画質:9 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

記事を読む

【レビュー】LUMIN T1 & D1

LUMIN T1 & D1 来たる LUMIN T1 & D1 ハード編 LUMIN

記事を読む

PS Audio DirectStream Junior

PS Audio launch DirectStream Junior FPGA DAC w/ st

記事を読む

【音源管理の精髄】 dBpoweramp Tag Editorを使ったDSDのタグ編集 【ネットワークオーディオTips】

Tag&Renameを使ったDSDのタグ編集 Mp3tagを使ったDSDのタグ編集

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第56回『アイ、ロボット』

画質:15 音質:12 映像はAVCでビットレートは20台から40台まで動的に変化。 音声は

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑