*

アイ・オー・データ RockDisk for Audio 運用編

 一週間ほど運用してみての諸々。

20150908io02

 一言で言えば、動作は安定している。

 「MagicalFinder」で見つからなかったことは一度もなかった。
 NAS・Twonky Serverともに設定画面に入れないというようなこともなかった。
 何度か再起動・電源オフからの起動も行ったが、何かしらの不安定さや不具合を感じることもなかった。起動も終了もそこそこ早い。

 本製品はキットの類ではない完成品で、用途をオーディオに絞っていることもあり、運用に関してユーザーが気にする内容は非常に少ない。新しくアプリを入れる余地もない。
 ネットワークに繋げば勝手に繋がって、あとは最初から用意されている「disk」フォルダに音源を突っ込めば、あとは基本的に何もしなくていい。Twonky Serverが全部やってくれる。
 これを楽と捉えるか拡張性がないと捉えるかは人それぞれと思うが、少なくとも本製品の美点は「楽」という部分にあるはず。
 ちなみにe-onkyoからの自動ダウンロードについては割と本気で価値がわからないので省略する。


 ユーザーが自発的に何かするとすれば、トンキー病の治療の際にTwonky Serverに潜るくらいか。

 トンキー病発症
20150908io13
 トンキー病治療後
20150908io16


 静音性は非常に優秀。
 私が使っているのは2TBモデルだが、カリカリ音が気になるシーンはなく、駆動音は部屋の暗騒音にほぼ溶け消えるレベルまで抑えられている。少なくともLUMIN L1(HDDモデル)よりも静か。決して音を抑え込めるような筐体ではないので、少々意外ではある。

 設置は基本的に三点支持だが、加重は平均的ではなく、特にケーブルの関係で後方に集中している。が、それを見越してか第四の足もあり、不安定というほどでもない。
20150908io04
 ただ、構造上縦置きにするしかないため、13センチという高さが「オーディオラックの隙間」に入れようと思った時に問題になる可能性もある。横置きにしてインシュレーターを使うということもできない。

 NAS本体、Twonky Serverの設定ともに、操作に対するレスポンスや動作は全体的に遅い。特にTwonky Serverの設定画面では、状況にもよるが画面の切り替えに数秒待たされることもある。「ん? 動かないぞどうなったカチカチカチカチ……」でますますドツボにハマる可能性もある……かもしれない。
 PCと比べるのは流石にアレだが、QNAP TS-119と比べても、音源のスキャンに要する時間も含め、遅い。価格もあり、性能的に仕方のない部分もあるとは思うが。
 最初の全体スキャンさえ終わってしまえば、その後の音源追加→即スキャンでは体感するほど時間はかからないため、実使用上は特に問題ないとも言える。

 ネットワークオーディオのサーバーとしての使用感を決定付けるサーバーソフト自体は定評ある(?)Twonky Server(7.2.9)が滞りなく動いているので、その点で問題はない。逆にRockDisk for Audioが使いにくいという人は、Twonky Serverが使い辛いということであり、その時点で市販されている大多数のNASが(初期状態で)使い辛いということになる。


 とりあえず、フリーズすることもなし、バグることもなし、不安定さを感じることなく、ネットワークオーディオのサーバーとして普通に運用できている。
 はじめて使う分には楽だ。



【レビュー】アイ・オー・データ RockDisk for Audio

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

SongBook HD Version 1.060

コントロールアプリの紹介 『SongBook HD』  アルバムアートの表示が改善

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】BDと歩んだ7年半

 最初に、一番最初に再生したBDはたしか『ステルス』だったような気がする。  発売からあまり間を置

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・クリアーサウンドイマイ

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  8月30日

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第29回『劇場版 カウボーイ・ビバップ 天国の扉』

画質:8 音質:10 映像はAVCでビットレートは30台で安定。 音声はドルビーTRUE

記事を読む

【音源管理の精髄】手を抜いたライブラリの成れの果て 【ネットワークオーディオTips】

 ディスクだろうと、ファイルだろうと、整理整頓しなければ滅茶苦茶になる。  というわけで、最短

記事を読む

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を観直そう/ヘッドホンアンプ+D

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第89回『シューテム・アップ』

画質:14 音質:12+(7.1ch収録のため) 映像はVC-1でビットレートはストレスな

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第221回『トップをねらえ2!』

画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit 画質につい

記事を読む

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。 ネットワークオーディオの魔境を

記事を読む

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要はオーディオ機器として作られた単

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

→もっと見る

PAGE TOP ↑