*

アイ・オー・データ RockDisk for Audio 運用編

 一週間ほど運用してみての諸々。

20150908io02

 一言で言えば、動作は安定している。

 「MagicalFinder」で見つからなかったことは一度もなかった。
 NAS・Twonky Serverともに設定画面に入れないというようなこともなかった。
 何度か再起動・電源オフからの起動も行ったが、何かしらの不安定さや不具合を感じることもなかった。起動も終了もそこそこ早い。

 本製品はキットの類ではない完成品で、用途をオーディオに絞っていることもあり、運用に関してユーザーが気にする内容は非常に少ない。新しくアプリを入れる余地もない。
 ネットワークに繋げば勝手に繋がって、あとは最初から用意されている「disk」フォルダに音源を突っ込めば、あとは基本的に何もしなくていい。Twonky Serverが全部やってくれる。
 これを楽と捉えるか拡張性がないと捉えるかは人それぞれと思うが、少なくとも本製品の美点は「楽」という部分にあるはず。
 ちなみにe-onkyoからの自動ダウンロードについては割と本気で価値がわからないので省略する。


 ユーザーが自発的に何かするとすれば、トンキー病の治療の際にTwonky Serverに潜るくらいか。

 トンキー病発症
20150908io13
 トンキー病治療後
20150908io16


 静音性は非常に優秀。
 私が使っているのは2TBモデルだが、カリカリ音が気になるシーンはなく、駆動音は部屋の暗騒音にほぼ溶け消えるレベルまで抑えられている。少なくともLUMIN L1(HDDモデル)よりも静か。決して音を抑え込めるような筐体ではないので、少々意外ではある。

 設置は基本的に三点支持だが、加重は平均的ではなく、特にケーブルの関係で後方に集中している。が、それを見越してか第四の足もあり、不安定というほどでもない。
20150908io04
 ただ、構造上縦置きにするしかないため、13センチという高さが「オーディオラックの隙間」に入れようと思った時に問題になる可能性もある。横置きにしてインシュレーターを使うということもできない。

 NAS本体、Twonky Serverの設定ともに、操作に対するレスポンスや動作は全体的に遅い。特にTwonky Serverの設定画面では、状況にもよるが画面の切り替えに数秒待たされることもある。「ん? 動かないぞどうなったカチカチカチカチ……」でますますドツボにハマる可能性もある……かもしれない。
 PCと比べるのは流石にアレだが、QNAP TS-119と比べても、音源のスキャンに要する時間も含め、遅い。価格もあり、性能的に仕方のない部分もあるとは思うが。
 最初の全体スキャンさえ終わってしまえば、その後の音源追加→即スキャンでは体感するほど時間はかからないため、実使用上は特に問題ないとも言える。

 ネットワークオーディオのサーバーとしての使用感を決定付けるサーバーソフト自体は定評ある(?)Twonky Server(7.2.9)が滞りなく動いているので、その点で問題はない。逆にRockDisk for Audioが使いにくいという人は、Twonky Serverが使い辛いということであり、その時点で市販されている大多数のNASが(初期状態で)使い辛いということになる。


 とりあえず、フリーズすることもなし、バグることもなし、不安定さを感じることなく、ネットワークオーディオのサーバーとして普通に運用できている。
 はじめて使う分には楽だ。



【レビュー】アイ・オー・データ RockDisk for Audio

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / Fragile

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / Fragile ・購入元 HDtrack

記事を読む

【音源管理の精髄】 普遍的なライブラリを目指して 【ネットワークオーディオTips】

 『普遍的なライブラリ』とは、 ・大元となる音源(CDやダウンロードしたファイル)からの情

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第118回『ヘルボーイ』

画質:11 音質:11 映像はAVCでSPEらしい手堅いエンコード。 音声はリニアPCM

記事を読む

LUMIN T1 & D1 ハード編

○参考 【レビュー】LUMIN A1 LUMIN T1(公式HP) LUMIN D

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第83回『機動戦士ガンダム F91』

画質:7 音質:5 映像はAVCでレートは目一杯。 音声はリニアPCMステレオ。

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの取り付け

スピーカーの配置④――ドルビーの推奨位置から考える トップスピーカーの選択②――ECLIPSE T

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Creation 5』(iPhone版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

【レビュー】逢瀬 AK4495S試作DAC 外観編

合同会社逢瀬 ブログ・AK4495S-DACのアップグレード検討中 何度もお伝えしており

記事を読む

続・サーバーソフトで音は変わるか?

ネットワークオーディオの魔境を往く - サーバーで音は変わるか? ハード編 ネットワークオーディオ

記事を読む

【BDレビュー】第302回『マチェーテ キルズ』

画質:9 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑