*

ふと気付けば、いい時代になっていた

 何がって、ネットワークオーディオを取り巻く状況が。


 一年半前、「ただ座して待っているつもりはない」と書いた。
 おかげさまで、その言葉を偽らずに済んでいる。

 【音源管理の精髄】と【ネットワークオーディオTips】を書き続ける中で、「音楽再生におけるコントロールの方法論としてのネットワークオーディオ」という考え方を、より強固かつ磨かれたものにしてきたつもりである。
 その結果として、少し違った視点から状況を見回せるようになった。


 いい時代になった。

 ネットワークオーディオの「製品ジャンルとしての盛り上がり」や、「業界全体の習熟」という点では、未だに……なのは確かだ。
 しかし、ユーザーひとりひとりが本気で「ネットワークオーディオをやろう!」と思った時に取り得る選択肢は、一昔前……それこそ私がネットワークオーディオの門戸を叩いた5、6年前からすれば、質・量ともに大いに広がっている。

 その意味で、いい時代になった。


 学生時代、私はLINNのHPを眺めながら、「ネットワークオーディオいいなぁ……DS欲しいなぁ……MAJIK DSでも45万か……無理だなあ……」と悶々としていた。
 当時の私は「ネットワークオーディオ=LINN DS」という認識しかなかった。しかし今になって見返してみても、本当の意味でネットワークオーディオを実践するためには、やっぱりLINN DSを導入するしか選択肢がなかった。

 時を経てMAJIK DS-Iを買った。
 その時にはiPhoneがあった。iPadがあった。SongBook DSがあった。ChorusDSがあった。ChorusDS HDがあった。QNAP TS-119があった。既に環境は整っていた。
 ただ、それしかなかった。まだまだandroidでは用を為せなかった。ネットワークオーディオの真価を味わえる環境は非常に限られていた。

 しかし、状況は変わった。
 androidにはBubbleUPnPがある。
 JPLAYStreamerだって使える。下手な単体プレーヤーが立つ瀬を失う。
 相変わらず単体プレーヤーは製品ジャンルとして盛り上がっていないことも確かだが、単体プレーヤーを使わず、PCの再生ソフトでネットワークオーディオを実践することもできる。あらゆるUSB DACとの組み合わせで快適な音楽再生が可能になる。PCオーディオはもっと自由になれる。
 もはや単体プレーヤーに頼る必要はなくなった。
 一方で究極を目指そうと思えば、単体プレーヤーも単体サーバーも選択肢が増えた。


 ふと気付けば、価格帯的に上から下まで、ネットワークオーディオの可能性は大きく広がった。大切なのは選択肢がたくさんあることだ。
 そして、ネットワークオーディオの本質、実践するための根本的なノウハウは、今も昔も変わっていない。

 このHPがネットワークオーディオの福音書となれば幸いである。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips】結局サーバーソフトは何がいいんだ?

 という疑問に対する極めて個人的な回答。  単体プレーヤーでシステムを組む場合の参考にしてほしい。

記事を読む

【音源管理の精髄】 理想のネットワークオーディオプレーヤーとは? 【ネットワークオーディオTips】

 理想のネットワークオーディオプレーヤーとは何か。  ……正直なところ、「音楽を快適に聴く」と

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第200回『善き人のためのソナタ』

足かけ約5年、記念すべき200回目は、 「爆発とかしない映画で一本だけ選べ」と言われたら選ぶ作品

記事を読む

【BDレビュー】第271回『攻殻機動隊 ARISE BORDER:4』

画質:10 音質:8 映像:AVC 音声:ドルビーTRUEHD 5.1ch

記事を読む

UHD BDとNetflixと映像鑑賞の未来

 今となっては遠い昔……  BDの登場前後はユーザーもメーカーも業界も全部ひっくるめて、と

記事を読む

【音源管理の精髄】 Asset UPnPをQNAPで使う 【ネットワークオーディオTips】

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Asset U

記事を読む

【音源管理の精髄】 HDDか、SSDか 【ネットワークオーディオTips】

 ネットワークオーディオにおけるサーバーのストレージに相応しいのはHDDか、SSDか。  

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第207回『ザ・ライト -エクソシストの真実-』

画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について。

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】上原ひろみ / Move

・アーティスト / アルバムタイトル Hiromi / Move ・購入元 HDtrack

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第99回『アイランド』

画質:12 音質:8 映像はVC-1でビットレートは頭打ち気味。 音声はドルデジのみ。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

→もっと見る

PAGE TOP ↑