*

ふと気付けば、いい時代になっていた

 何がって、ネットワークオーディオを取り巻く状況が。


 一年半前、「ただ座して待っているつもりはない」と書いた。
 おかげさまで、その言葉を偽らずに済んでいる。

 【音源管理の精髄】と【ネットワークオーディオTips】を書き続ける中で、「音楽再生におけるコントロールの方法論としてのネットワークオーディオ」という考え方を、より強固かつ磨かれたものにしてきたつもりである。
 その結果として、少し違った視点から状況を見回せるようになった。


 いい時代になった。

 ネットワークオーディオの「製品ジャンルとしての盛り上がり」や、「業界全体の習熟」という点では、未だに……なのは確かだ。
 しかし、ユーザーひとりひとりが本気で「ネットワークオーディオをやろう!」と思った時に取り得る選択肢は、一昔前……それこそ私がネットワークオーディオの門戸を叩いた5、6年前からすれば、質・量ともに大いに広がっている。

 その意味で、いい時代になった。


 学生時代、私はLINNのHPを眺めながら、「ネットワークオーディオいいなぁ……DS欲しいなぁ……MAJIK DSでも45万か……無理だなあ……」と悶々としていた。
 当時の私は「ネットワークオーディオ=LINN DS」という認識しかなかった。しかし今になって見返してみても、本当の意味でネットワークオーディオを実践するためには、やっぱりLINN DSを導入するしか選択肢がなかった。

 時を経てMAJIK DS-Iを買った。
 その時にはiPhoneがあった。iPadがあった。SongBook DSがあった。ChorusDSがあった。ChorusDS HDがあった。QNAP TS-119があった。既に環境は整っていた。
 ただ、それしかなかった。まだまだandroidでは用を為せなかった。ネットワークオーディオの真価を味わえる環境は非常に限られていた。

 しかし、状況は変わった。
 androidにはBubbleUPnPがある。
 JPLAYStreamerだって使える。下手な単体プレーヤーが立つ瀬を失う。
 相変わらず単体プレーヤーは製品ジャンルとして盛り上がっていないことも確かだが、単体プレーヤーを使わず、PCの再生ソフトでネットワークオーディオを実践することもできる。あらゆるUSB DACとの組み合わせで快適な音楽再生が可能になる。PCオーディオはもっと自由になれる。
 もはや単体プレーヤーに頼る必要はなくなった。
 一方で究極を目指そうと思えば、単体プレーヤーも単体サーバーも選択肢が増えた。


 ふと気付けば、価格帯的に上から下まで、ネットワークオーディオの可能性は大きく広がった。大切なのは選択肢がたくさんあることだ。
 そして、ネットワークオーディオの本質、実践するための根本的なノウハウは、今も昔も変わっていない。

 このHPがネットワークオーディオの福音書となれば幸いである。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

アイ・オーのオーディオ用NAS新製品

アイ・オー、“設定不要”の簡単オーディオ用NAS「RockDisk for Audio」。e-onk

記事を読む

Nmode X-DP10

<ヘッドホン祭>Cocktail Audio、デジタル出力特化の新ミュージックサーバー/Rogers

記事を読む

LUMIN L1のSSDを1TBに換装した

 急激に増えていくライブラリのサイズに耐えきれず、SanDisk X300sの512GBから、同じく

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第88回『ゴッドファーザー PART3』

赤い画。 画質:7 音質:9 映像はAVC、ビットレートは多少頭打ち感あり。

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Sam Smith / The Thrill Of It All (Special Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Sam Smith / The Thrill O

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 <HIGH END

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第122回『キング・コング』

画質:12 音質:(8) 映像はVC-1でビットレートは極めて低め。そもそも20Mbps台

記事を読む

no image

【アプリ紹介】Marantz Remote App

●イントロダクション NA7004で国産ネットワークオーディオプレーヤーの先陣を切ったマランツだっ

記事を読む

Pioneer SC-LX59でDolby Atmosを聴く

 まずはSC-LX85と比べたSC-LX59の音を把握すべく、トップスピーカーから音が出ていないこと

記事を読む

LUMIN L1をSSDに換装してみた

 SanDisk X300sの512GBに。  現在の私のライブラリのサイズは約400GBなの

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第41回『ブレードランナー』 【Dolby Atmos】

ようやく昨日2049を見てきました 【BDレビュー】

月刊HiVi 2017年12月号に記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 12月号 11/17発売 半

【BDレビュー】第348回『この世界の片隅に』

画質:9 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

TuneBrowserを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

 四年ほど前から、TuneBrowserというWindows用の再生ソ

【BDレビュー】第347回『夜明け告げるルーのうた』

画質:8 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

Twonky Server 8.5、WAVのタグが……!

 こないだ、Twonky Serverのバージョンが8.5になった。

【BDレビュー】第346回『BLAME!』 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNTITLED

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan & bohemianvoodoo / color & monochrome 2

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【祝】『ダンケルク』にあわせて『バットマン ビギンズ』・『ダークナイト』・『ダークナイト ライジング』・『インセプション』・『インターステラー』がまとめてUHD BD化

 海外に続き日本でも正式に発表された。 『ダンケルク』の4K

【ハイレゾ音源備忘録】Keishi Tanaka feat. fox capture plan / 透明色のクルージング

・アーティスト / アルバムタイトル Keishi Ta

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan feat. Keishi Tanaka / 透明色のクルージング

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

LUMIN D2

 1じゃない……2だ! http://www.luminmu

さらば、PlugPlayer

 ちょっと今更感が漂う気もするが、やはり決着をつけておかなければ。

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / FRAGILE

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / COVERMIND

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】Kygo / Kids in Love

・アーティスト / アルバムタイトル Kygo / Ki

【ハイレゾ音源備忘録】Sam Smith / The Thrill Of It All (Special Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Sam Smith

【イベント情報】11/18(土)にダイナミックオーディオ5555でファイル再生のセミナーを行います

前回 前回の報告  超盛況だった前回を受けて各方面の御理解

【UHD BDレビュー】第40回『猿の惑星:聖戦記』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:12 (評価の詳細については

→もっと見る

PAGE TOP ↑