*

ネットワークオーディオの現状と展望

 愚痴の書き散らし。
 何度同じことを書いたかわからない。



 LUMIN A1を導入するにあたり、販売店や輸入代理店とネットワークオーディオについて色々と話す機会があった。


 今さら、というか、今なお、というか、やはり、というか、聞こえてきたのは「サポート」の問題。
 ネットワークオーディオという領域が盛り上がらないのは、サポートの点で大きな問題を抱えているからだということ。

 悲しいことに、私が【音源管理の精髄】で指摘していることを再確認する結果となった。


 国内メーカーに目を向けてみる。
 ネットワークオーディオプレーヤーと言っても、本当にネットワークオーディオプレーヤーの単機能に絞ったプレーヤーは驚くほど少ない。
 多くの場合、スペック的にも位置づけ的にも、USB DAC、あるいはAVアンプやミニコンポの“オマケ”になってしまっている。
 それはなぜか、と考えた時に、この「サポート」という問題が現れる。
 私が常々言っていることだが、“ネットワークオーディオとは決して簡単ではない”。生まれたばかりのジャンルであり、ユーザー間のノウハウの共有や蓄積もほとんど進んでいない。
 メーカーはネットワークオーディオについて「簡単」「便利」「快適」と謳う。絵に描いた餅をひけらかすばかりで、「便利」「快適」をどうすれば実現できるか、そのノウハウをオフィシャルに最初から最後までユーザーに提供しているメーカーは、私が知る限り存在しない。
 なぜ?
 面倒だからだ。
 分からないではない。
 たかだか数万、高くても六桁前半の機器を売るのに、ネットワークの構築からサーバーの設定、コントロールの方法までいちいちサポートしていられない、というのがメーカーの偽らざる本心だろう。オーディオという夢を扱う業界とはいえ、ビジネスはビジネス。理解できなくはない。
 しかし、メーカーとしてノウハウを“提供しない”のではなく、そもそも不勉強で“提供できない”のだとしたら? ユーザーはどうすればいい?
 ……以上のことから、メーカーは当然、“ネットワークオーディオプレーヤーとして使えない・動かない”というリスクを見越して、文句を言われないように、あらかじめ機器にそれ以外の機能も与えるだろう。すなわち、“USB DACとしても使える”という機能を。USB DACなら、よほどのことがない限り、挿せば繋がり、とりあえず音が出る。音が出るまでのハードルはネットワークオーディオに比べて遥かに低い。つまりこの場合、“USB DACとしてもネットワークオーディオプレーヤーとしても使える”という製品は、「攻め」ではなく「逃げ」になってしまう。最初からネットワークオーディオプレーヤーとして勝負する気などないのである。
 この手の製品は売れるだろうし、“ネットワークオーディオの裾野を広げる”という意味はあるかもしれないが、メーカーがユーザーに対するノウハウの提供を放棄している以上、その効果は期待できない。そして実際、裾野はほとんど広がっていない。当然の話だ。



 メディアに目を向けてみる。
 基本的にメディアはメーカーと二人三脚を組む以外に何もしていない。
 「簡単」「便利」「快適」と合唱するのみである。
 為すべきことを見て見ぬふりして「簡単」と謳い、ふざけたユーザビリティしか提供できない製品を「便利」と嘯き、そこに到るための道も示さぬまま「快適」とのたまう。
 勿論、オーディオのメディアもビジネスである。メーカーにとって都合の悪いことなど書けるわけがない。そんなことは分かりきっている。
 しかし、良心はないのか?
 散々言っているように、PCオーディオだろうが、ネットワークオーディオだろうが、その前段に共通して【音源】が存在している。そのことについて、いったいどれだけのメディアがいったいどれだけの情報を伝えてきたというのか。音源の存在を無視し、あたかも“ネットワークオーディオプレーヤーを導入しさえすれば快適な音楽再生が手に入る”と喧伝してきたのはメディアであり、業界自身だ。
 その結果、どうなった?
 何も言う必要がない。ただ、辺りを見回すだけでいい。
 生暖かい関係性の上に胡座をかき、伝えるべきことを伝えてこなかった結果が、現状だ。
 可能性は花開かず、ユーザーは離れ、業界は萎む。



 メーカーとユーザーの間に立たなければならない販売店は大変だ。
 メーカーに聞こうにも、肝心のメーカーのサポートがまるで機能していないのだから。
 こうなるともう、販売店はメーカーをアテにせず自前でノウハウを積み重ねていくか、あるいは匙を投げるかしかない。
 販売店も暇ではないし、得意不得意もあって然るべきなので、「こんな手間のかかる製品なんてやってられるか! ネットワークオーディオなんてクソだ!」となったところで誰も責められない。ただし言うまでもなく、こうなってしまってはネットワークオーディオの普及など夢のまた夢だ。
 ちなみに私の手元にはNetAudioが全巻揃っている。この雑誌には毎回「全国のPC/ネットオーディオマスター」という特集が組まれているのだが、そこに登場する販売店の数は、創刊号に比べてどうなった?
 販売店がネットワークオーディオプレーヤーを取り扱う時、取り得る選択肢がもう一つあった。それは“メーカーにサポートを丸投げできる製品しか扱わない”ということだ。この場合、もはやLINNしか残らない。LINN DSの製品としての完成度がずば抜けているのは確かだが、大多数のユーザーにとっておいそれと手が出る価格ではない。となると、やはりネットワークオーディオの普及など夢のまた夢になってしまう。価格的にも性能的にも、LINN DS一強時代が続くだけでは、ネットワークオーディオプレーヤーというジャンルは盛り上がらない。



 メーカーが目に見える形でノウハウを提供しないことで、最終的に不利益を被るのはユーザーであり、ひいてはメーカーやメディアを包括するオーディオ業界自身である。
 目先の利益を追わず、刹那的な売り文句に逃げず、ネットワークオーディオというものに業界がもっと真摯に向き合ってさえいれば……いつもそう思う。
 そしてここで述べた「現状」は、現状であると同時に既に三年以上継続している常態でもある。このことをLUMIN A1を買う際に再認識した。

 私はネットワークオーディオのスタイルこそオーディオの未来であると信じ、可能な限りノウハウの共有に努めてきたし、これからもそのつもりだ。しかし、所詮プログラマーですらない個人の情報発信力などたかが知れている。
 メーカー、メディア、業界が本気で動かない限り根本的な解決にはならない。
 その日が来るかどうかは分からない。

 ただ、座して待つつもりはない。

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第252回『ゼロ・グラビティ』

 映画館では未見。  ちなみに見たのは2D版。  残念ながらDLA-X30の3Dはしょぼすぎてま

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 ネットワークオーディオのコントロールアプリ

 ネットワークオーディオの本質は「コントロール」である。  そして、コントロールを担うのがこの

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第56回『アイ、ロボット』

画質:15 音質:12 映像はAVCでビットレートは20台から40台まで動的に変化。 音声は

記事を読む

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v=fXlbhVVB7BU

記事を読む

ガルパン劇場版をDTS HEADPHONE:Xで聴く

【BDレビュー】第318回『ガールズ&パンツァー 劇場版』  ガルパン劇場版の音声はステレオ・

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第207回『ザ・ライト -エクソシストの真実-』

画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について。

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】嫌な予感

Dolby Atmos対応BD『トランセンデンス』が12月7日に国内発売 ポニーキャニオン

記事を読む

【UHD BDレビュー】第25回『バトルシップ』 米国盤 【DTS:X】

画質:8 音質:15 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:HEVC 

記事を読む

【オブジェクトベースシアターへの道】Dolby AtmosでもDTS:Xでもどっちでもいいから

 もっとソフト!  ソフト出して!  怒りのデスロードがDolby Atmos収録でテンショ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Dan Arborise / Around in Circles

・アーティスト / アルバムタイトル Dan Arborise / Around in Circl

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 通りすがり より:

    オーディオブリッジ(ネットワークプレーヤー)はPCオーディオやDAP用にライブラリを構築する習慣が出来ていてLANも当然完備された土壌の上で生まれた製品ですから、一部屋完結の日本の仏壇設置&物理メディアオーディオマニア達にはハードルが高過ぎ。
    ライブラリ化する習慣の出来ている20~30代はPC作業しながらのデスクトップスタイルかDAPでしか聴かないので需要無し。
    10代はスマホのクラウド配信で完結してるのでローカルライブラリすら必要なし。音楽なんてそれぞれのクラウドサービスの提供する中でちょっと聴けば十分。或いはYoutubeやニコニコの流行り動画のオマケとしての音を聴くだけで満足するので音源収集の欲望も熱情も必要性も無し。
    オーディオブリッジにしたってゼネラルユーザーに向けて出ている製品はローカルライブラリからの再生に特化した製品なんかよりラジオ含めたクラウド配信サービスを簡単に使う為の器として売られている。
    CDを大量に集めて自分でライブラリ化するなんて言う大変な作業を厭わない人達って寧ろ少数派で、もう各社が提供するクラウドサービスの中で専用アプリを入れるだけで大量の音源にアクセス出来ないならそんな面倒な音楽なんて聴く気がしない!となっている。
    DRMフリーの音源を集めてタグを編集して画像を埋め込んで、なんて事に価値を見出す人がどれだけいるか。
    データオーディオ時代に快適に音楽を楽しむと言う最低ラインは、過去全ての全レーベルのアルバムが統一されたクラウドにマスター音源の形で置かれてユーザーはブリッジでもPCでもスマホでも再生(操作)アプリを入れるだけで快適に選曲出来る事。勿論タグ情報やアルバムアートは表示デバイスの進化に合わせて常に最新最高の物に自動で更新されてユーザーは楽しむだけ。
    そこまで出来て初めてポストCDと言える。データ形式がバラバラでジャケットも付いてるか付いてないかバラバラで大きさもまちまちで曲名すら書いてない様なCDパッケージ群が並んでいてもとても受け付けないだろう。そんな酷い状況なのがダウンロード音源の現状。リッピングしてCDDBに付けてもらっても同じ惨状。
    かつてのCD全盛を経験して音楽鑑賞に特別な思い入れを持っている世代としてはCD棚の様に統一された美しいライブラリを求めるが、もう各社バラバラのクラウドサービス提供と言う分断された状況を変える事は無理だろう。下の世代はもう音楽への強迫的な入れ込みなんて無いのだから、業界的にも統一された高クオリティサービスを提供する力も魅力も無い。

    純粋な音質追及の結果としてネットオーディオに挑むのは良いが、老人世代にこんな不完全な世界を薦めるのは酷、と言うか無意味。大人しく死ぬまで円盤回してれば良いじゃないか。需要がある分野でならテープだろうがCDだろうが新譜は出続けるだろう。
    今のオーディオ業界が煽る「ネットオーディオ」は決して必然的な次世代の音楽鑑賞の潮流ではなく、CD全盛期の音楽文化に特別な思い入れのある「PC世代」の為のニッチな世界であり、CDに思い入れもなく音楽が必須のコミュツールでもなくPCも持たない様な次世代には無用の物。
    アナログがある限りこれからも残り続けるだろう物理メディア文化ともう音楽にはちょっと触れれば十分と言うクラウド文化の狭間でニッチに存在するプライベートなローカルライブラリ構築文化はもう風前の灯と言えるかも知れない。
    音楽を聴く以前の、道具の手入れですらない情報整理の下準備に手間を掛けるなんて馬鹿らしい。それでもやらざるを得ないのが悲しいオーディオマニア。
    物理メディアの棚と心中したくないし、さりとてライトな音楽スタイルに落ちる事も出来ない。

    • sakakihajime より:

      通りすがりさん

      通りすがりと言いつつ、非常に熱のこもったコメントをありがとうございます。
      「データオーディオ時代に快適に音楽を楽しむと言う最低ラインは、過去全ての全レーベルのアルバムが統一されたクラウドにマスター音源の形で置かれてユーザーはブリッジでもPCでもスマホでも再生(操作)アプリを入れるだけで快適に選曲出来る事。勿論タグ情報やアルバムアートは表示デバイスの進化に合わせて常に最新最高の物に自動で更新されてユーザーは楽しむだけ。」
      まったくもって仰る通りで、これこそ私が言う「コントロールの方法論」としてのネットワークオーディオの完成形であると思います。大事なのは音源/ライブラリであって、ローカルに置かれるサーバーというハードウェアではありませんから。
      いつかはこうなってほしいな、と思います。
      ですが、
      「データ形式がバラバラでジャケットも付いてるか付いてないかバラバラで大きさもまちまちで曲名すら書いてない様なCDパッケージ群が並んでいてもとても受け付けないだろう。そんな酷い状況なのがダウンロード音源の現状。リッピングしてCDDBに付けてもらっても同じ惨状。」
      という現実があることもまた確かです。
      ですから私は、「自分でやる」ことを選びました。誰かがやってくれるのを待つよりは、自分でできることをやったほうがいいと判断しました。自前でサーバーを立て、コツコツと音源を管理運用し、ライブラリを構築する。時間の無駄、馬鹿らしいと断じられてしまえばそれまでですが。
      正直なところ、自分でも時々「なんでこんなことやってんだろ?」と思うこともありますが、それでもなお、自らのライブラリを作り上げる「楽しさ」が勝ります。私はこれを「楽しい」と思ってしまう、悲しいオーディオマニアなのでしょう。

      私が共有している内容がたとえ過渡期の混沌の中で生まれたバッドノウハウに過ぎず、いずれ完全に消え去っていくとしても(むしろ、本当の意味で音楽を楽しむためにはそうなったほうがいい)、とりあえず「ニッチな層」が「今」何かしようと思った際、僅かでも糧になればそれでじゅうぶんです。
      私にとって大切なのは「快適な音楽再生」です。いわゆるオーディオなんてのは、それに付随する(少々いきすぎた)オマケみたいなものです。音にこだわりたいと思う人がこだわればいい。今までと何にも変わっていませんし、これからだって、どれだけ音楽そのものの地盤沈下が進もうが、「こだわりたい人」が絶滅することはないでしょう。

  2. 通りすがり より:

    わざわざ御返信どうも。
    2004年に第三世代iPod(オールタッチパネルの物)を購入してそのあまりの選曲の快適さに感動して(酷い音質に辟易しながらも)ドック出力でCDプレーヤーに置き換えたのが当方のネットオーディオの始まりでした。
    直ぐにiTunesで構築したライブラリをPCオーディオで利用する事に移りましたが当時はUSBオーディオなど玩具の様な製品ばかりでトラポとして堪え得るのはPCI接続のRMEかLynxのみ、単体DACも手頃な10万円代は個人輸入するしかなく、満足出来る品質の再生ソフトが無かった為苦肉の策でDTMソフトを使うなどの惨々たる状況。
    そんな中考えた事はPCオーディオはデスクトップに向かいながらのヘッドホンスタイルには親和性が高いが、本格的にルームセッティングしたスピーカーには配線や遮蔽物•操作のストレスなどの点からとても相性が悪いという事でした。
    当時はスマホもタブレットも影も形も無く、当方はただただiPodを無線コントローラーとしてPC上のiTunesを操作出来ればいいのに、そんな青歯アダプタでも無いものかと非常に苦々しく思っていた事を憶えています。

    時は流れて2009年初頭に普段全く見ないオーディオ雑誌をパラバラと立ち読みしたところ「iPhoneをリモコンに出来る」と言うDSの記事が目に止まり、此れぞ自分が求めていた物ではないか!と興奮し、翌日リン銀座へ出向いて実機を操作しこれは実用に堪えるレベルだと判断してSneakyを購入しました。
    実際に導入してやはり感じたのはネットワークスタイルのオーディオルームへの親和性でした。配線の美観の点だけでなく、モニタとマウスへの神経集中から解放される事がなんと気持ち良いものかと、当時一万円したSongbookが安く感じるほど感動してオーディオ熱が復活。当時20代でしたが半年経たずに700万近く注ぎ込み寝食忘れる程の勢いでオーディオルームに籠り切りになりました。
    Apple謹製アプリのRemoteの存在も知り、昔自分が専用ハードアダプタとして期待していた無線リモコン機能がアプリとWifiと言う汎用品の力技で実現可能になった事を実感しPCトラポの方もiTunesやFoobarのDLNA機能でネットワークスタイルにしてみましたがDSに比べると実際の操作感が今一で美観も悪く、また非力なファンレスSSDノートの音の悪さやUSBオーディオの品揃えの悪さ(オーディオメーカー製は皆無なので結局PCカード経由でRME等に頼る事になる)、何よりPCを再生機に仕立てあげ設置する迄のあまりの労力に「これは一般向けではない。やはりPCオーディオはどこまでもデスクトップスタイルで使うべきであり、部屋を醜い実験室にしても構わない求道的なマニアか大画面TVで10フィートUIで使うのが好きなAVマニアにしかスピーカーシステムへは組み込めないだろう」と強く感じました。何よりネットオーディオ黎明製品のDS(導入時はBute)がここまで快適な使い勝手を提供してくれるのだからオーディオルームへは専用プレーヤーを設置する他は無いと確信し、恥ずかしながら某掲示板にネットワークのスレッドを立ててユーザーが広がれば良いと微力ながら情報発信を続けました。

    しかしその後の惨状は貴サイトにある通り。音質以前の時点で話にならない未完成品しか出さない他メーカーばかりでDS以外に選択肢は無し。人によってはAMEやスクイーズTouchで足りるでしょうがソフトもハードも含めてデータオーディオ時代のトラポ部分(ハードとしてDAC一体型であってものトラポ部分)の重要性を実感する身にはお話にならず。
    Sneakyデジタル出力の限界の低さとDAC以降のLINNの音作りへの嫌悪、そして体調面や趣味の変化もあって2011年を最後に音楽を聴く事がなくなり、去年はじめに全てを処分して部屋を空にしてしまいました。
    最近ふとネットオーディオ含めてオーディオ業界の現状はどうなっているのかと思い立ち検索したところ全く進歩の無い状態を目の当たりにし、迷惑ながら此方の記事で愚痴の便乗をさせて頂きました。
    PCオーディオの方も当方の目からすると停滞している様に思います。一昔前なら「デジタル」という言葉の前に思考停止してネットオーディオを嘲り笑うしかなかったゼネラル層がヘッドホンやDAPの勢いに乗せられてUSBオーディオの世界になだれ込んだ為に製品数や機能は増えていますが、その中に旧来のスピーカーでルームセッティングに拘る所謂「オーディオマニア」達の姿はあまり無いと思います。改めて思うにCDプレーヤー時代のブラックボックスから全てを解放してしまったネットオーディオはあまりにもユーザーサイドで音質が激変乱降下する要素が大きく安定性が無さ過ぎます。ソフトのバージョン、OS、ハード、そしてネットワーク利用なら鯖やLAN環境によって一定以上の神経質なマニアには気が狂う程音が変わってしまう、そしてそれを止めたくても新機能を利用したり寿命の短いデジタル機器の宿命である強制的な入れ替えの為に音質の変化を受け入れざるを得ない。これではやってられません。
    あっけらかんと変化を常に進歩と考えられるライト層なら気が付かなくとも、なんとも質の悪い事にマニア程にトラポ部分の変化に強く反応してしまうという。正直言ってファームや鯖•LAN構成によってコロコロ音を変えるDSにはPCトラポを作り込んでいた時期以上にウンザリしていました。ファームアップもほぼ全く無いブラックボックスのディスクプレーヤーは高額の買い物における心の安定には向いている物だなと今更ながら思います。

    オーディオを処分するにあたってライブラリも全て消してしまいました。PCオーディオを始めた頃はライブラリを構築するというその作業自体にも充実感を覚えたものですが、結局どれだけ使い易く作り込もうと人に譲る事も出来ない、自分にとって用が無くなれば無価値になる、普通のくだらない趣味の道具の一部でしか無かった訳です。
    一時は食事と睡眠以外は生活の全てを占めた音楽も今では静寂の方が御馳走と思う様になり、これから先に音楽を取り入れる事になったとしても前回のコメントの通りにクラウドから適当に垂れ流す以上の事はしないでしょう。自前でPCで何かを作る事に快感ではなく苦痛と虚しさしか感じなくなりました。そして今になって強く思う事ですが、商業音源は例えクラシックであってもチープ環境に合わせたコンプの歪みのキツイ音源ばかりでありそもそもオーディオマニアのやっている事は究極的には聴くに堪える音源をゼロにする為の道程という苦役であるという事。当時買い漁ったハイレゾ音源達のあまりの音の潰れ方に呆れ、自前レーベルでコンプのキツいアルバムを作るリンに怒りを感じていましたが、考えてみれば2chAV融合システムでありとあらゆるチープ音源も含めて全て緩くライトに楽しませようとするメーカーの姿勢としてはそんなハイレゾ音源と高額オーディオにしては緩過ぎる音作りも当然のものだったのでしょう。

    オーディオも音楽趣味自体からも逃げ出した負け犬の遠吠えと諦めでしかありませんが今の音楽市場が提供するシステムには熱を注ぐだけの魅力を感じません。音楽の内容以前の検索選曲問題が出来るだけ早く解決し、その配信品質もオーディオマニアが納得出来るだけのレベルになる事を祈っています。

    • sakakihajime より:

      通りすがりさん

      再びの熱い熱いコメント、ありがとうございます。
      通りすがりさんのネットワークオーディオ遍歴が、意外なほどに私と似通っているのを知り驚きました。といっても、DSの存在を知って「コレだ!」と思ったときはまだ学生で、実際に導入したのは通りすがりさんに一年遅れて2010年でしたが。
      幸か不幸か? 私はまだ音楽やオーディオから足を洗えていません。それでも、おそらく言い尽くせないほどに、通りすがりさんの心中を私も共有していると思っています。生意気なことを言って申し訳ありません。
      もうしばらく、ネットワークオーディオという領域で足掻いてみます。ありがとうございました。

      ちなみに、私は自分自身をオーディオマニアだと思っていますが、幸いなことに、「コレはオーディオにとって本質的なものではない」と自分で思ったことについてはとことんドライになれます。このことは精神衛生上非常に良かったと自分でも思います。
      おかげでファームだのNASだのLANだのHDDだのSSDだの、そういったものに汲々とせず、気楽に笑ってネタにできますから。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突! OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

【UHD BDレビュー】第31回『キング・コング:髑髏島の巨神』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

【UHD BDレビュー】第30回『ハクソー・リッジ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事

【UHD BDレビュー】第29回『許されざる者』 米国盤

【BDレビュー】第112回『許されざる者』 画質

→もっと見る

PAGE TOP ↑