*

レーザー光源プロジェクターと有機ELテレビとブラウン管の呪縛

公開日: : オーディオ・ビジュアル全般, 雑記

ホームシアターにおけるプロジェクターの行く末


 上の記事ではいささかプロジェクターの将来について悲観的なことを書いたが、最近エプソンから素晴らしい新製品が発表(より正確には国内投入)になって心躍っている。

EH-LS10000

 レーザーを光源を消灯することで全黒画面時に完全な黒を実現、コントラスト比無限大。
 例えば宇宙空間といった、黒と白が同居するような画面でどれくらい黒が沈むかは実際に見ていないので分からない。しかし、画面に光る部分がわずかでもあれば視覚的にはそっちに引っ張られるため、感覚的には相当漆黒に近くなると思われる。
 何より、全黒画面時とはいえ、プロジェクターで完全な黒だなんて夢のような話だ。
 とりあえず、某所で目にした三管プロジェクターの画と較べてどうなのかが気になる。



 一方で、ほぼ時を同じくしてLGから有機ELテレビの国内投入が発表された。

LG OLED TV

 LGというメーカーに対する云々はとりあえずさておいて、まずは有機ELテレビがついに買えるようになったことを喜びたい。
 日本メーカーから有機ELテレビが発売される日は来るのだろうか。



 私が「画質」というものに意識を向け始めた頃、家にあったのはハイビジョンブラウン管テレビだった。
 とある液晶テレビを買った時、ブラウン管とのあまりの落差に愕然としたことを今でも覚えている。
 次にとある液晶テレビを買い、まあこんなもんかとそれなりに満足した。
 次に「黒が沈む」とのレビューを見てとあるプラズマテレビを買ったが、以前使っていた液晶テレビにすら劣る酷い黒浮きを目の当たりにしてプラズマに失望した。
 次にDLA-HD350を買い、プロジェクターでもこんなに黒が沈むのかと感激した。しかし当時は部屋が狭すぎて結局プロジェクターの継続使用は断念した。
 次にKDL-46HX900を買い、LEDバックライト部分制御のおかげでついにブラウン管以来の「完全な黒」を手に入れた。もっとも、完全な黒と言っても全黒画面時に限られていたが。
 そしてDLA-X30を買って今に到る。「完全な黒なんて不可能だ」と割り切ってさえしまえば、もはや何の不満もない。

 「画質」ということを考える時、私は今なおブラウン管の呪縛に囚われ続けている。
 ブラウン管の無限の黒が忘れられない。
 「高画質なテレビ」なんて言葉を聴いても、「どうせブラウン管に較べりゃ大したことないだろ」とさえ思ってしまう。
 BDというソフトの画質は間違いなく長足の進歩を遂げ、4Kの登場によって解像度も向上したが、純然たる黒の表現力という点で、真にブラウン管を凌駕した薄型テレビは存在する・したのだろうか。それこそXEL-1くらいしか思い付かない。KUROでさえ黒が浮いていた。

 黒。とにかく黒が欲しい。
 この欲求はブラウン管の終焉とともに諦めに変じて久しいが、エプソンのレーザー光源プロジェクターとLGの有機ELテレビの登場によって状況は変わった。
 はたしてブラウン管の呪縛から私を解放してくれるだろうか。


 プロジェクターか、テレビか。
 ますます悩ましい。

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第143回『鴉 -KARAS-』

言いたいことは腐るほどある。 そもそもモデリング解像度が足りてねーとか、 なんでラストバトル

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第229回『マクロスプラス』

再生環境はこちら 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Audio 5.1ch

記事を読む

ポタ研の中のデジ研

ポータブルしないオーディオイベント「デジ研」、ポタ研と同時開催 - Phile-web  

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 <HIGH END

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』

 ソフトのバージョンアップに伴い、2013/12/09初出の記事を刷新。 サーバーソフトの紹介

記事を読む

DELA N1Z 来たる

 色々と御縁があり試用する機会に恵まれた。  LUMIN L1同様、まずは開梱&外観&初回起動

記事を読む

言の葉の穴 2014-2015

 あけましておめでとうございます。  昨年は当ブログにお越しいただきましてありがとうございました。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第77回『ラストサムライ』

画質:7 音質:6 映像はVC-1のワーナー仕様。 音声はドルデジのみ。 画質につ

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】スピーカーの配置④――ドルビーの推奨位置から考える

スピーカーの配置 スピーカ-の配置②――天井にスピーカーを設置できない場合 スピーカーの配置③―

記事を読む

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUHD BDは本当に4Kマスターな

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【イベント報告】11/18にダイナミックオーディオ5555でファイル再生のセミナーを行いました

予告編:【イベント情報】11/18(土)にダイナミックオーディオ555

【UHD BDレビュー】第44回『ドラキュラ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

UHD BDはこの先生きのこれるか

DEGジャパン、4KのUHD BDは「4K Ultra HDブルーレイ

NASやネットワークプレーヤーの設定などを行う訪問サポート

 ……が始まるのだそうだ。 ブライトーン、NASやネットワー

Stereo 2017年12月号で記事を執筆しました

Stereo 2017年12月号 - 音楽之友社 ・20

【朗報】雪

 雪の夜。  防音や遮音の結果生じるものとは異次元の静寂

【悲報】雪

 夜行バスでセミナーから帰ってきたらこのありさま。

【UHD BDレビュー】第43回『ワイルド・スピード ICE BREAK』 【DTS:X】

画質:7 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第42回『未知との遭遇』 米国盤

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第41回『ブレードランナー』 【Dolby Atmos】

ようやく昨日2049を見てきました 【BDレビュー】

月刊HiVi 2017年12月号に記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 12月号 11/17発売 半

【BDレビュー】第348回『この世界の片隅に』

画質:9 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

TuneBrowserを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

 四年ほど前から、TuneBrowserというWindows用の再生ソ

【BDレビュー】第347回『夜明け告げるルーのうた』

画質:8 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

Twonky Server 8.5、WAVのタグが……!

 こないだ、Twonky Serverのバージョンが8.5になった。

【BDレビュー】第346回『BLAME!』 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNTITLED

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan & bohemianvoodoo / color & monochrome 2

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【祝】『ダンケルク』にあわせて『バットマン ビギンズ』・『ダークナイト』・『ダークナイト ライジング』・『インセプション』・『インターステラー』がまとめてUHD BD化

 海外に続き日本でも正式に発表された。 『ダンケルク』の4K

【ハイレゾ音源備忘録】Keishi Tanaka feat. fox capture plan / 透明色のクルージング

・アーティスト / アルバムタイトル Keishi Ta

→もっと見る

PAGE TOP ↑