*

レーザー光源プロジェクターと有機ELテレビとブラウン管の呪縛

公開日: : オーディオ・ビジュアル全般, 雑記

ホームシアターにおけるプロジェクターの行く末


 上の記事ではいささかプロジェクターの将来について悲観的なことを書いたが、最近エプソンから素晴らしい新製品が発表(より正確には国内投入)になって心躍っている。

EH-LS10000

 レーザーを光源を消灯することで全黒画面時に完全な黒を実現、コントラスト比無限大。
 例えば宇宙空間といった、黒と白が同居するような画面でどれくらい黒が沈むかは実際に見ていないので分からない。しかし、画面に光る部分がわずかでもあれば視覚的にはそっちに引っ張られるため、感覚的には相当漆黒に近くなると思われる。
 何より、全黒画面時とはいえ、プロジェクターで完全な黒だなんて夢のような話だ。
 とりあえず、某所で目にした三管プロジェクターの画と較べてどうなのかが気になる。



 一方で、ほぼ時を同じくしてLGから有機ELテレビの国内投入が発表された。

LG OLED TV

 LGというメーカーに対する云々はとりあえずさておいて、まずは有機ELテレビがついに買えるようになったことを喜びたい。
 日本メーカーから有機ELテレビが発売される日は来るのだろうか。



 私が「画質」というものに意識を向け始めた頃、家にあったのはハイビジョンブラウン管テレビだった。
 とある液晶テレビを買った時、ブラウン管とのあまりの落差に愕然としたことを今でも覚えている。
 次にとある液晶テレビを買い、まあこんなもんかとそれなりに満足した。
 次に「黒が沈む」とのレビューを見てとあるプラズマテレビを買ったが、以前使っていた液晶テレビにすら劣る酷い黒浮きを目の当たりにしてプラズマに失望した。
 次にDLA-HD350を買い、プロジェクターでもこんなに黒が沈むのかと感激した。しかし当時は部屋が狭すぎて結局プロジェクターの継続使用は断念した。
 次にKDL-46HX900を買い、LEDバックライト部分制御のおかげでついにブラウン管以来の「完全な黒」を手に入れた。もっとも、完全な黒と言っても全黒画面時に限られていたが。
 そしてDLA-X30を買って今に到る。「完全な黒なんて不可能だ」と割り切ってさえしまえば、もはや何の不満もない。

 「画質」ということを考える時、私は今なおブラウン管の呪縛に囚われ続けている。
 ブラウン管の無限の黒が忘れられない。
 「高画質なテレビ」なんて言葉を聴いても、「どうせブラウン管に較べりゃ大したことないだろ」とさえ思ってしまう。
 BDというソフトの画質は間違いなく長足の進歩を遂げ、4Kの登場によって解像度も向上したが、純然たる黒の表現力という点で、真にブラウン管を凌駕した薄型テレビは存在する・したのだろうか。それこそXEL-1くらいしか思い付かない。KUROでさえ黒が浮いていた。

 黒。とにかく黒が欲しい。
 この欲求はブラウン管の終焉とともに諦めに変じて久しいが、エプソンのレーザー光源プロジェクターとLGの有機ELテレビの登場によって状況は変わった。
 はたしてブラウン管の呪縛から私を解放してくれるだろうか。


 プロジェクターか、テレビか。
 ますます悩ましい。

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第112回『許されざる者』

画質:8 音質:8 映像はVC-1でビットレートは高くて20Mbps程度。旧きワーナー仕様

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第2位『スパイダーマン 3』 ― 4Kの胎動

【BDレビュー】第14回『スパイダーマン3』  BDに収録されている映像の解像度は

記事を読む

fidata HFAS1 運用編

 どれだけ音の良さを謳おうが、まともに使えないサーバーに用はない。  「信頼」の名を背負ったf

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第233回『天元突破グレンラガン 劇場版 紅蓮編&螺厳編』

BDBOXの大きさまで天元突破しなくても…… 尺の都合上仕方がないとはいえ、テッペリン攻略戦&ロー

記事を読む

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v=fXlbhVVB7BU

記事を読む

画質が迫力を凌駕する瞬間

画質を取るか、迫力を取るか  ≒テレビか、プロジェクターか。  4K/HDRをあっという間に

記事を読む

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・追記】

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第88回『ゴッドファーザー PART3』

赤い画。 画質:7 音質:9 映像はAVC、ビットレートは多少頭打ち感あり。

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『media:connect』(iPhone版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第4位『ダークナイト』 ― IMAXが見せ付けたフィルムの神髄

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』  正直に言うと、BDの黎明期からH

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑