*

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Creation 5』(iPad版)

公開日: : 最終更新日:2015/03/06 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。
 このままでは永遠に遅れ続けるので、とりあえず「検証」の前に「紹介」をしていこうと思う。今まで触れてこなかったアプリを放置したままでいるのは忍びない。

 メーカー製・サードパーティー製問わず、ある程度汎用的に使えるアプリをピックアップしていく。また、あくまで「使い物になる」(と思われる)アプリだけを紹介するようにして、あまりにもあんまりなアプリはなるべく最初から除外する。
 まずは今までの検証のように各機能の○×を書いていく。なお、プレーヤーは基本的にLUMIN A1を使用している。
 そしてコントロールアプリの基本要素である「再生画面」「プレイリスト」「ブラウズ」「機器の選択」の各インターフェースを見てもらう。
 最後には一応所感を付ける。

 これらの紹介記事はいずれ速度計測や機能確認を行ったうえで「検証記事」に進化する予定である。



 Creation 5。
 どうも激賞されているようなので実際に使ってみたその2。
 iPhone版も参照。


 以下の各項目の詳細についてはこの記事を参照。


【基本情報】

製作:Creation TM
汎用/専用:汎用
対応OS:iOS
スマホ/タブレット:iPad
縦画面/横画面:横
価格(2015/03/05時点):無料(アプリ内課金あり)
検証時のバージョン:4.4.0


【機能】

再生:○
一時停止:○
停止:○
曲送り(スキップ):○
シーク:○
ランダム/シャッフル:○
リピート:○
音量調整:○
ミュート:×
プレイリストでの再生管理:○
プレイリストの保存:△
ブラウズ時のタイル表示:×
音源の検索:×
アルバムアートの拡大表示:△(背後にはでかでかと表示されるが……)
アルバムアートの縦横比維持:×(ぶった切られるか強制リサイズされる)
高解像度対応:○
音源のスペック表示:×
機器の入力切替:×
電源のオンオフ:×
機器の再検索:×
接続のロック:○
その他の機能/特筆事項:広告は課金すれば消える……のか?


 とりあえずこれが最初の画面。
Creation 5(iPad)01


【再生画面】&【プレイリスト】
Creation 5(iPad)02
 背後にアルバムアートが表示される系。


【ブラウズ】
Creation 5(iPad)03
 一度に表示される情報量が少ないのが難点だが、円に沿って滑らかに動く様はなかなか楽しい。


【機器の選択】
Creation 5(iPad)04
Creation 5(iPad)05
 プレーヤーの選択とライブラリの選択はまったく別の場所にある。


【所感】
 iPad版になっていくらかマシになったが、やっぱりインターフェースが錯綜していることに変わりはなく、使いづらい。
 相変わらずデザインにだけは凝っている。が、カッコつけた結果肝心の使い勝手が犠牲になっているという印象。
 ネットワークオーディオの用途に限れば、少なくとも激賞されるようなアプリだとは思えない。
 iPhone版よりはマシなのでいずれ検証もしよう。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / f

・アーティスト / アルバムタイトル サラ・オレイン / f ・購入元 e

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第73回『ベオウルフ』

画質:8 音質:7 映像はVC-1で10台をうろつくワーナー仕様。 音声はドルビーTRU

記事を読む

友人宅にホームシアターが出来上がるという喜び

 私は自分が面白いと思ったことは人に伝えたくて仕方がない性分なので、基本的に年がら年中「オーディオは

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第121回『スターウォーズ クローンウォーズ』

画質:9 音質:8 映像はVC-1でビットレートは割と低め、高くても30に届く程度。 音

記事を読む

LFEとサブウーファーの意義を考える

 LFE。  Low-Frequency Effect。  映像音声にディスクリート収録(.1c

記事を読む

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。 ネットワークオーディオの

記事を読む

0.1の壁

 私のサラウンド再生環境は思想的にも使用機材的にも極めてオーディオ寄りである。と、少なくともシステム

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】ネットワークオーディオの実践に必ずしも単体プレーヤーは必要ではない

 この記事で言う「単体プレーヤー」とは、「オーディオ機器として売られているネットワークオーディオプレ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第190回『KICK-ASS』 北米盤

やる気無さすぎの日本版はスルー余裕でした 画質:8 音質:13 映像はAVC、音

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『mconnect player』

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

→もっと見る

PAGE TOP ↑