*

DELA N1Z サーバーソフト編

 みんな知ってのとおり、DELAの中身はみんな大好き(?)TwonkyServerである。
 中身が何なのかイマイチ釈然としないNAS界隈において、バシッと中身を公表しているDELAはそれだけで偉い。

 前回の運用編の最後で音源をぶち込んでやったわけだが、そこでふと気が付いた。


 そういえばTwonkyの設定はどうするんだ……?


 マニュアルにもTwonkyServerに関する言及は無し。
 仕方がないので、経験則に基づいてポチポチやっていたら、入れた。
20141211-11

 本来であれば覗いてはいけない部分な気もするのでこれ以上の詳細は避けるが、とりあえず実際に使うにあたって、何ら支障がない設定になっている。
 「コンテンツフォルダの再スキャン」にあたる操作は本体側で用意されているので、そちらを使えということだろう。
 一応言っておくと、この設定画面から表示言語を「日本語」にすればメニューやらナビゲーションツリーやらも全部日本語化する。借り物なのでいじっていないが、あしからず。


 では、BUFFALOが独自にいじったというTwonkyServerのナビゲーションツリーをPlugPlayerから見てみよう。
 と、その前に、コレがTS-119の中身のTwonkyServer 7.2.7のツリーである。要は素のトンキー。
20141211-19

 で、コレがDELA N1Z。
20141211-18

 DELA N1Zはツリーの表記が英語になっているのでアレだが、増えたり減ったり、ツリーの順番が変わったり、それなりに違いはある。いつぞやの発表会で言っていた通り。

 増えたのはこれら。
・Recently Added
・Album Index
・Format
・Year
・Personal rating
・Track Title Index

 逆に減ったのはこれら。
・アーティスト
・ジャンル/アーティスト/アルバム
・ジャンル/楽曲

 名称変更(統合)はこれら。
・Genre = ジャンル/アルバム
・Aritst = アーティスト/アルバム

 簡単に言えば、ソートの選択肢が増え、楽曲ではなくアルバムがメインになった。最大の違いは「Format」が用意されたことだろうか。ネットワークでのDSD配信が可能であることを売りにしたDELAらしいとも言える。
 一方で、「By Forlder」が一番上に来てしまったのは、悲しい。より厳密には、「By Folder」を一番上に持ってきた理由が、悲しい。


バッファロー、新ブランド「DELA」から80万円前後のオーディオ用NAS「N1Z」 – Phile-web

“ナビゲーションツリー”が使いづらいという要望がユーザーから多く寄せられており、これに応えるために「フォルダ別」などユーザーへのアンケートで利用頻度が高いものをツリーの上に配置。

 あのー、タグは……
 それとも、大多数のユーザーが本当にフォルダベースでしか実現不可能なくらいカリカリに階層構造をチューンしているとでも言うのだろうか……?
 まぁいいや。


 あとは、要するにトンキーである。
 シンプルかつ要点を押さえた使いやすいサーバーである。

 ちなみに、バージョン7以降で再発した感のある、みんなを悩ます例のトンキー病は根絶されている。
 やったね!


 まだまだ続く。



DELA N1Z まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

Nmode X-PM7 導入&外観編

 MAJIK DS-Iからのデジタル出力を受けるためにDAC2 HGCを買ったはいいが、その直後にL

記事を読む

アニソンオーディオ vol.3を買ったよ

 盛りだくさんの内容。  光田氏のインタビューも読めて満足。  ハルカナルトキノカナタへ

記事を読む

アイ・オー・データ RockDisk for Audioで高解像度のアルバムアートを配信する方法

 前回、ものの見事にトンキー病を発症したRockDisk for Audio。  公式

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 オリジナルサウンドトラック

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 オリジナルサウン

記事を読む

【音源管理の精髄】 『自分ルール』の重要性――ジャンル/アーティスト/アルバム 【ネットワークオーディオTisp】

 『自分にとって良いライブラリとはどのようなものか』  『どのようなライブラリを作りたいのか』

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第9回『ロッキー・ザ・ファイナル』

思い出ボム 画質:7 音質8 映像コーデックはMPEG-2でビットレートは30台

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第215回『男たちの挽歌 II』

ビバップの元ネタ 画質:6 音質:15 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの1

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】The Corrs / White Light

・アーティスト / アルバムタイトル The Corrs / White Light

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Kygo / Cloud Nine

・アーティスト / アルバムタイトル Kygo / Cloud Nine ・購入

記事を読む

【音源管理の精髄】フォーマットによるディスクナンバーの扱い サーバーソフト編

 「複数のディスクから成るアルバム」について、「物理ディスク一枚につきフォルダ分け&アルバムタイトル

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑