*

DELA N1Z サーバーソフト編

 みんな知ってのとおり、DELAの中身はみんな大好き(?)TwonkyServerである。
 中身が何なのかイマイチ釈然としないNAS界隈において、バシッと中身を公表しているDELAはそれだけで偉い。

 前回の運用編の最後で音源をぶち込んでやったわけだが、そこでふと気が付いた。


 そういえばTwonkyの設定はどうするんだ……?


 マニュアルにもTwonkyServerに関する言及は無し。
 仕方がないので、経験則に基づいてポチポチやっていたら、入れた。
20141211-11

 本来であれば覗いてはいけない部分な気もするのでこれ以上の詳細は避けるが、とりあえず実際に使うにあたって、何ら支障がない設定になっている。
 「コンテンツフォルダの再スキャン」にあたる操作は本体側で用意されているので、そちらを使えということだろう。
 一応言っておくと、この設定画面から表示言語を「日本語」にすればメニューやらナビゲーションツリーやらも全部日本語化する。借り物なのでいじっていないが、あしからず。


 では、BUFFALOが独自にいじったというTwonkyServerのナビゲーションツリーをPlugPlayerから見てみよう。
 と、その前に、コレがTS-119の中身のTwonkyServer 7.2.7のツリーである。要は素のトンキー。
20141211-19

 で、コレがDELA N1Z。
20141211-18

 DELA N1Zはツリーの表記が英語になっているのでアレだが、増えたり減ったり、ツリーの順番が変わったり、それなりに違いはある。いつぞやの発表会で言っていた通り。

 増えたのはこれら。
・Recently Added
・Album Index
・Format
・Year
・Personal rating
・Track Title Index

 逆に減ったのはこれら。
・アーティスト
・ジャンル/アーティスト/アルバム
・ジャンル/楽曲

 名称変更(統合)はこれら。
・Genre = ジャンル/アルバム
・Aritst = アーティスト/アルバム

 簡単に言えば、ソートの選択肢が増え、楽曲ではなくアルバムがメインになった。最大の違いは「Format」が用意されたことだろうか。ネットワークでのDSD配信が可能であることを売りにしたDELAらしいとも言える。
 一方で、「By Forlder」が一番上に来てしまったのは、悲しい。より厳密には、「By Folder」を一番上に持ってきた理由が、悲しい。


バッファロー、新ブランド「DELA」から80万円前後のオーディオ用NAS「N1Z」 – Phile-web

“ナビゲーションツリー”が使いづらいという要望がユーザーから多く寄せられており、これに応えるために「フォルダ別」などユーザーへのアンケートで利用頻度が高いものをツリーの上に配置。

 あのー、タグは……
 それとも、大多数のユーザーが本当にフォルダベースでしか実現不可能なくらいカリカリに階層構造をチューンしているとでも言うのだろうか……?
 まぁいいや。


 あとは、要するにトンキーである。
 シンプルかつ要点を押さえた使いやすいサーバーである。

 ちなみに、バージョン7以降で再発した感のある、みんなを悩ます例のトンキー病は根絶されている。
 やったね!


 まだまだ続く。



DELA N1Z まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、標準仕様になっているSOtMの

記事を読む

【BDレビュー】第328回『ワールド・ウォーZ』

 夏、熱すぎて無性にホラー映画が見たくなって買った。 画質:8 音質:8 (評価の詳細につ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第5回『スターシップ・トゥルーパーズ』

Kill ! Kill Them ! Kill Them All !!! という怒号が飛び交う

記事を読む

ディズニーのUHD BDはいつ出てくるのだろうか

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』がMovieNEX仕様で9月にBD化  スター・ウ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第90回『眠れる森の美女』

50年越しの奇跡 画質:15 音質:10+(7.1ch収録のため)

記事を読む

【ホームシアターでゲームをしよう!】はじめに

 今後【ホームシアターでゲームをしよう!】のタイトルで連載予定。 ホームシアターでゲームをしよ

記事を読む

【BDレビュー】第256回『機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編』

Iとまったく同じなら三部作をわざわざ分けることもないと思ったが、やはり微妙に違うようだ。

記事を読む

AURALiC ARIES MINI

 日本に上陸していないネットワークオーディオ関連機器を何となく紹介するシリーズ。 AURALi

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Joao Gilberto / Getz/Gilberto

・アーティスト / アルバムタイトル Joao Gilberto / Getz/Gilberto

記事を読む

【BDレビュー】第317回・特別篇『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 北米盤

画質:13 音質:15 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第13回『ローン・サバイバー』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【地元探訪・神様セカンドライフ編】元稲田神社/あぐりこ稲荷(羽後町杉宮)

神様セカンドライフ 66話「あぐりこ稲荷」  雄勝郡の稲荷オ

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・

【ハイレゾ音源備忘録】結城アイラ / decade wind(NetAudio27付録) 【768kHz/32bit】

・アーティスト / アルバムタイトル / 曲タイトル 結

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/10/07初出の記事を更新・

SOtM sMS-200でMinimServerとBubbleUPnP Serverが使えるようになった

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【レビュー】SO

【UHD BDレビュー】第3回『キング・オブ・エジプト / GODS OF EGYPT』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第2回『デッドプール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第1回『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/28初出の記事を更新・

LUMINのプレーヤーがついにMQAに対応

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpo

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi: Belkis, Regina di Saba, Ballata delle gnomidi & Pini di Roma 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Stravinsky: The Song Of The Nightingale, The Firebird, Rite of Spring 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

Wireworld Platinum Starlight、襲来

 時に、西暦2017年。  秋田の片田舎に、重厚な金属製

→もっと見る

PAGE TOP ↑