*

DELA N1Z サーバーソフト編

 みんな知ってのとおり、DELAの中身はみんな大好き(?)TwonkyServerである。
 中身が何なのかイマイチ釈然としないNAS界隈において、バシッと中身を公表しているDELAはそれだけで偉い。

 前回の運用編の最後で音源をぶち込んでやったわけだが、そこでふと気が付いた。


 そういえばTwonkyの設定はどうするんだ……?


 マニュアルにもTwonkyServerに関する言及は無し。
 仕方がないので、経験則に基づいてポチポチやっていたら、入れた。
20141211-11

 本来であれば覗いてはいけない部分な気もするのでこれ以上の詳細は避けるが、とりあえず実際に使うにあたって、何ら支障がない設定になっている。
 「コンテンツフォルダの再スキャン」にあたる操作は本体側で用意されているので、そちらを使えということだろう。
 一応言っておくと、この設定画面から表示言語を「日本語」にすればメニューやらナビゲーションツリーやらも全部日本語化する。借り物なのでいじっていないが、あしからず。


 では、BUFFALOが独自にいじったというTwonkyServerのナビゲーションツリーをPlugPlayerから見てみよう。
 と、その前に、コレがTS-119の中身のTwonkyServer 7.2.7のツリーである。要は素のトンキー。
20141211-19

 で、コレがDELA N1Z。
20141211-18

 DELA N1Zはツリーの表記が英語になっているのでアレだが、増えたり減ったり、ツリーの順番が変わったり、それなりに違いはある。いつぞやの発表会で言っていた通り。

 増えたのはこれら。
・Recently Added
・Album Index
・Format
・Year
・Personal rating
・Track Title Index

 逆に減ったのはこれら。
・アーティスト
・ジャンル/アーティスト/アルバム
・ジャンル/楽曲

 名称変更(統合)はこれら。
・Genre = ジャンル/アルバム
・Aritst = アーティスト/アルバム

 簡単に言えば、ソートの選択肢が増え、楽曲ではなくアルバムがメインになった。最大の違いは「Format」が用意されたことだろうか。ネットワークでのDSD配信が可能であることを売りにしたDELAらしいとも言える。
 一方で、「By Forlder」が一番上に来てしまったのは、悲しい。より厳密には、「By Folder」を一番上に持ってきた理由が、悲しい。


バッファロー、新ブランド「DELA」から80万円前後のオーディオ用NAS「N1Z」 – Phile-web

“ナビゲーションツリー”が使いづらいという要望がユーザーから多く寄せられており、これに応えるために「フォルダ別」などユーザーへのアンケートで利用頻度が高いものをツリーの上に配置。

 あのー、タグは……
 それとも、大多数のユーザーが本当にフォルダベースでしか実現不可能なくらいカリカリに階層構造をチューンしているとでも言うのだろうか……?
 まぁいいや。


 あとは、要するにトンキーである。
 シンプルかつ要点を押さえた使いやすいサーバーである。

 ちなみに、バージョン7以降で再発した感のある、みんなを悩ます例のトンキー病は根絶されている。
 やったね!


 まだまだ続く。



DELA N1Z まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / Canta Con Me~あの日の歌

 以下、光田康典公式ホームページ「Our Millenial Fair」より引用。

記事を読む

Cocktail Audio CA-X50

<ヘッドホン祭>Cocktail Audio、デジタル出力特化の新ミュージックサーバー/Rogers

記事を読む

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を観直そう/ヘッドホンアンプ+D

記事を読む

【RoonReady】Sonore Sonicorbiter SE

 UPnP/DLNAにあって、OpenHomeやRoonReadyのプラットフォームにないもの。

記事を読む

【BDレビュー】第237回『マン・オブ・スティール』

スーパーマンって人(型宇宙人)を殴っていいんだ…… 画質:12 音質:13 映像

記事を読む

JRiver Media Centerのライブラリビュー(ナビゲーションツリー)のカスタマイズ方法

 毎度おなじみJRiver Media CenterのPC画面。  再生ソフトとして何の変

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 2014・速度計測について

コントロールアプリの検証 2014  今まで何度もアプリの速度を計測してきた。  感

記事を読む

SFORZATOに行ってきました

 こないだの東京インターナショナルオーディオショウにあわせて。  2010年のハイエンドショウの時

記事を読む

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベロではない。 星座名の

記事を読む

exaSound PlayPointがRoonReady & Roon Serverで国内一番乗りになったぞ

 一番乗りおめでとう。 exaSoundからネットワークトランスポート「PlayPoint」。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

アニメ『宝石の国』が素晴らしい

 アニメから入って、原作漫画も全巻買ってしまった。フォス……

Fundamental LA10 version II / ATT10

「LA10v2」リリース文(PDF) 「ATT10」リリース文(

月刊HiVi 2018年1月号を読んで、ホームシアターでゲームをしよう!【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 1月号 12/16発売 

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

→もっと見る

PAGE TOP ↑