*

USB出力を搭載したネットワークオーディオトランスポートについて考える

 最近のオーディオ雑誌等を読んでいると、“USB出力を搭載したネットワークオーディオトランスポート”に関連して、「USB DACを使ってネットワーク再生が可能になる」「USB DACがネットワークオーディオプレーヤーとして使える」というような文言を目にする。
 そして「革新的」とか「業界を大きく揺るがす」とか言われているようだ。

 少し思ったことをまとめてみる。


 この手の文言が増えた直接的な理由はこのニュースだろう。

<音展>バッファローのNAS“DELA”が大きく進化、オーディオプレーヤーとしても使用可能に

 またタイムリーなことに、こんな新製品情報もある。

Aurender、USB-DAC直接接続できるDSDネットワークトラポ「X100L」

 あと、コレにももっと注目すればよかったのに。やはりネームバリューの差か。

高橋敦のオーディオ絶対領域【第85回】USB-DACがネットワークプレーヤーに変身! SOtM「sMS-100」を試してみる


 「USB DACを使ってネットワーク再生が可能になる」
 「USB DACがネットワークオーディオプレーヤーとして使える」
 “ネットワーク再生”なるものがいったい何を指すかはさておき、まぁ言いたいことは分かる。
 要は、「USB DACを用いる狭義のPCオーディオの形態のまま、ネットワークオーディオ的なコントロールが可能になる」ということだ。

 これは別に革新でも何でもないし、驚くようなことでもない。

 例えばMPDしかり、JRiverとJRemoteの組み合わせしかり、そんなことはとっくの昔に可能になっていたからだ。業界的にメジャーではないことも確かだが。
 “USB出力を持ち、ネットワークオーディオ的なコントロールが可能で、なおかつ一般的なPCではない”というまどろっこしいハードウェア――もとい、純粋なオーディオ製品の存在が、DELAの登場で脚光を浴びたのは事実だが、その製品だけを見て「夢のような」とか言われても困る。夢ではない。既に実現しているのである。

 ところで、単体のNASとしても機能する(というよりそれが本懐で、ネットワークオーディオトランスポートとしての機能はあくまでオマケ)DELAや、今回のAurenderの新製品などは、業界はいったいPCオーディオとネットワークオーディオのどちらにカテゴライズするのだろうか。USB出力を持っているからPCオーディオだろうか? それともネットワーク接続が必須という点でネットワークオーディオだろうか? 私にはわからない。そしてこんなことを考える時点で不毛な気もする。気にするだけ無駄なのである。

 いまいち言いたいことが上手くまとめられなくてアレなのだが、何にせよ、DELAが業界に空けた風穴は大きい。
 特に、なんだかんだ言って「ネットワークオーディオの快適さ」に憧憬を抱いていた(ように思われる)PCオーディオの領域にとって、大きなインパクトだったようだ。
 重要なのは、実質的なUSBオーディオと化したPCオーディオの領域も、コントロールの方法論としてのネットワークオーディオの恩恵を受けられるという事実が広まることだ。前から言っているように、再生機器に何を使うかは問題ではない。
 「PCオーディオ=実質的なUSBオーディオ vs 狭義のネットワークオーディオ」という不毛極まる対立の構図がさっさと終わり、私が言うところの「快適な音楽再生を実現する方法論としてのネットワークオーディオ」が浸透することを期待する。


 さ、その前に音源をしっかり管理運用してライブラリを構築しよう。

 すべてはそこからだ。



【音源管理の精髄】 目次

スポンサーリンク


関連記事

【アプリ紹介】 LUMIN App

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ 【ネットワークオーディオTips】コントロール

記事を読む

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【RoonReady】

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編  上

記事を読む

MonkeyMote Version1.6でアプリのアイコンが変わった

 コレから、  コレに。  MonkeyMote 4 foobar2000も同様

記事を読む

アニソンオーディオ vol.3を買ったよ

 盛りだくさんの内容。  光田氏のインタビューも読めて満足。  ハルカナルトキノカナタへ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第199回『マスク・オブ・ゾロ』

画質:8 音質:12 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

【BDレビュー】 第238回『エクスペンダブルズ』 エクステンデッド・ディレクターズ・カット

ジェット・リーの扱いが酷いのがちょっとなぁ…… 画質:8 音質:11 映像はAV

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第3位『AKIRA』 ― 192kHz/24bit/5.1chを巡る未曾有の狂騒

【BDレビュー】第107回『AKIRA』  アニメーションとしての『AKIRA

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Technics Music App ブラウズとプレイリストについて

 以前に検証した際、Technics Music Appはブラウズ領域にもプレイリストにも音源のアル

記事を読む

【音源管理の精髄】 同一アルバムにおける複数のアルバムアートの扱い 【ネットワークオーディオTips】

 質問をもらったので。 例えば、全10トラックのアルバムと、2つのアルバムアート「A」と「B」

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】iTunesのコントロールアプリ 『Remote』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  要は、オーディオ部屋で椅子に座った瞬間、PCの

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. じばにゃん より:

    はじめまして。
    MPDソフトの操作性は、ネットワークオーディオよりもかなり快適です。
    LINN DSやLuminのアプリと、MPadを比較すればよく分かると思います。ただ、MPDは誰でも使いこなせるわけでは無く、一定のPCスキルが必要です。

    PCが苦手な人、苦手な販売店、苦手なオーディオ業界は、ネットワークオーディオが優れている、という風潮にしていると思います。

    • sakakihajime より:

      じばにゃんさん
      コメントありがとうございます。

      MPDの操作性はネットワークオーディオよりもかなり快適とのことですが、「ネットワークを活用した音楽再生におけるコントロールの方法論」という意味で、私にとってMPDもネットワークオーディオである、という認識です。
      無論、業界の一般的な認識は「ネットワークオーディオ=いわゆるオーディオ機器としてのネットワークオーディオプレーヤーを使った形態」ですので、そんなもんと一緒にすんな! と思われても仕方ありません。
      とはいうものの、当ブログで何度も何度も書いているように、私にとって大切なのはネットワークを活用することで実現する「快適な音楽再生」です。USB DACを使おうが、ネットワークオーディオプレーヤーを使おうが、MPDを使おうが、それは問題ではありません。
      ご理解いただければ幸いです。

      アプリの操作性に関しては、抑えるべきポイントをしっかり抑えてさえいれば、インターフェース/デザインや諸々の機能は個々の好みの範疇であり、あとは動作の滑らかさ・速度・安定性が決め手であると考えます。
      その点で、MPaDが非常によくできたコントロールアプリであることに異論はありません。動画等を見ても、動作も非常にスムーズなようです。ただ、外野から見ている限りでは、ChorusDSやLUMIN Appと比べてかなり快適であるようには思いません。UPnP沼に長らく浸かった私自身の慣れも大いにあるとは思いますが。

      ちなみに、私もいつかはと思いつつも未だにMPDに手を出せていません。
      恥ずかしい話ではありますが、情報を集めれば集めるほど、仰るところの「一定のPCスキル」のハードルの高さに吹き飛ばされてしまいます。
      “広義の”ネットワークオーディオの可能性を追求する人間として、いずれきちんと取り組みたいと考えておりますので、どうかご容赦ください。

  2. じばにゃん より:

    レスポンスありがとうございます。

    iOSなどのアプリを使って操作をするという意味で有れば、理解できます。

    DLNAクライアントソフトの場合、どうしてもDLNAサーバーの特徴、ネットワークプレーヤーの性能の制限が有り、MPDというよりも、一般のPCを使った操作にはどうしても操作性は劣るように思います。DLNAネットワークプレーヤーが流行るには、根本的にDLNAのシステム改善が必要な気がします。

    具体的には、当たり前ですが、NASを使わないといけないこと。PCオーディオであれば外付けHDDもNASも区別なく同じ扱いで使えます。アートワークの解像度もイチイチDLNAサーバーの設定を変える必要もありませんし、DSDに関してもどんなNAS、HDDでもOKです。ギャップレス、プレイリスト、AIFFに対応とか議論の余地もなく全部対応です。PCオーディオの場合は、ネットワークプレーヤーができることは基本的に全部できます。

    また、現状のトンキーサーバーの場合、AIFFの音源については、アーティスト/アルバム順で並べた場合表示されず、フォルダ階層からしか音源の選択ができなかったように思います。結局いろんな音源があると、アーティスト/アルバム名で選ぼうとすると取りこぼしが有ります。

    全体的にアプリの動作もPC系のアプリよりも遅いですし、決して便利な印象を受けません。kinskyやluminアプリはまともな方ですが、今後の改善を期待したいところです。

  3. sakakihajime より:

    じばにゃんさん

    私も記事でちょろっと書いていますが、“いわゆる”ネットワークオーディオプレーヤーは結局のところ全力でオーディオ方面に特化したPCのようなものですので、機能面で行き着く先はPCそのものだと思っています。UPnP/DLNAは快適さを生む手段であって、それ自体が目的ではありませんから。

    さらなる高速化、さらなる高レスポンス。そして、機能面での真の意味でのユニバーサル化。
    どのようなハード・ソフトを使うかはさておき、私もありとあらゆる領域での改善を期待するものです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑