*

USB出力を搭載したネットワークオーディオトランスポートについて考える

 最近のオーディオ雑誌等を読んでいると、“USB出力を搭載したネットワークオーディオトランスポート”に関連して、「USB DACを使ってネットワーク再生が可能になる」「USB DACがネットワークオーディオプレーヤーとして使える」というような文言を目にする。
 そして「革新的」とか「業界を大きく揺るがす」とか言われているようだ。

 少し思ったことをまとめてみる。


 この手の文言が増えた直接的な理由はこのニュースだろう。

<音展>バッファローのNAS“DELA”が大きく進化、オーディオプレーヤーとしても使用可能に

 またタイムリーなことに、こんな新製品情報もある。

Aurender、USB-DAC直接接続できるDSDネットワークトラポ「X100L」

 あと、コレにももっと注目すればよかったのに。やはりネームバリューの差か。

高橋敦のオーディオ絶対領域【第85回】USB-DACがネットワークプレーヤーに変身! SOtM「sMS-100」を試してみる


 「USB DACを使ってネットワーク再生が可能になる」
 「USB DACがネットワークオーディオプレーヤーとして使える」
 “ネットワーク再生”なるものがいったい何を指すかはさておき、まぁ言いたいことは分かる。
 要は、「USB DACを用いる狭義のPCオーディオの形態のまま、ネットワークオーディオ的なコントロールが可能になる」ということだ。

 これは別に革新でも何でもないし、驚くようなことでもない。

 例えばMPDしかり、JRiverとJRemoteの組み合わせしかり、そんなことはとっくの昔に可能になっていたからだ。業界的にメジャーではないことも確かだが。
 “USB出力を持ち、ネットワークオーディオ的なコントロールが可能で、なおかつ一般的なPCではない”というまどろっこしいハードウェア――もとい、純粋なオーディオ製品の存在が、DELAの登場で脚光を浴びたのは事実だが、その製品だけを見て「夢のような」とか言われても困る。夢ではない。既に実現しているのである。

 ところで、単体のNASとしても機能する(というよりそれが本懐で、ネットワークオーディオトランスポートとしての機能はあくまでオマケ)DELAや、今回のAurenderの新製品などは、業界はいったいPCオーディオとネットワークオーディオのどちらにカテゴライズするのだろうか。USB出力を持っているからPCオーディオだろうか? それともネットワーク接続が必須という点でネットワークオーディオだろうか? 私にはわからない。そしてこんなことを考える時点で不毛な気もする。気にするだけ無駄なのである。

 いまいち言いたいことが上手くまとめられなくてアレなのだが、何にせよ、DELAが業界に空けた風穴は大きい。
 特に、なんだかんだ言って「ネットワークオーディオの快適さ」に憧憬を抱いていた(ように思われる)PCオーディオの領域にとって、大きなインパクトだったようだ。
 重要なのは、実質的なUSBオーディオと化したPCオーディオの領域も、コントロールの方法論としてのネットワークオーディオの恩恵を受けられるという事実が広まることだ。前から言っているように、再生機器に何を使うかは問題ではない。
 「PCオーディオ=実質的なUSBオーディオ vs 狭義のネットワークオーディオ」という不毛極まる対立の構図がさっさと終わり、私が言うところの「快適な音楽再生を実現する方法論としてのネットワークオーディオ」が浸透することを期待する。


 さ、その前に音源をしっかり管理運用してライブラリを構築しよう。

 すべてはそこからだ。



【音源管理の精髄】 目次

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第172回『トレマーズ』

“いきもの”、エイリアン、プレデターに並ぶ偉大なモンスター、グラボイズ!!!!!!!!!!

記事を読む

BD化を待ち望む作品10選

 BDのローンチから9年。  長らくBD化が待ち望まれてきた数多の作品も、年月の中で着実に消化され

記事を読む

LUMIN L1 続・音質編

前の記事  前回の試用ではS1との組み合わせだったが、本導入の今となってはA1との組み合わ

記事を読む

【CES2014】 Dynaudio Confidence Platinum

 CES2014で気になったものその3。    Dynaudio Confidence

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】The Corrs / White Light

・アーティスト / アルバムタイトル The Corrs / White Light

記事を読む

BubbleUPnPとJPLAY 6.2がQobuzに対応

 BubbleUPnPがQobuzに対応。  汎用アプリでありながらTIDALとQobuzに両対応

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】スピーカーの配置② ― 天井にスピーカーを設置できない場合

 前回の記事で、私の部屋におけるスピーカーの配置を下図のとおり決定した。  ただし、こ

記事を読む

音展のおみやげ:NVSのでかくて太くて重いケーブル

 LUMIN A1の本体と外部電源を繋ぐNVS製ケーブルの試作品を借りてきた。  でかい。

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Nirvana / Nevermind

・アーティスト / アルバムタイトル Nirvana / Nevermind ・購入元 H

記事を読む

【音源管理の精髄】 OPPO BDP-103をネットワークオーディオプレーヤーとして使ってみる 【ネットワークオーディオTips】

 某氏からのリクエストにより。  早速始めよう。  OPPOのBDプレーヤー

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. じばにゃん より:

    はじめまして。
    MPDソフトの操作性は、ネットワークオーディオよりもかなり快適です。
    LINN DSやLuminのアプリと、MPadを比較すればよく分かると思います。ただ、MPDは誰でも使いこなせるわけでは無く、一定のPCスキルが必要です。

    PCが苦手な人、苦手な販売店、苦手なオーディオ業界は、ネットワークオーディオが優れている、という風潮にしていると思います。

    • sakakihajime より:

      じばにゃんさん
      コメントありがとうございます。

      MPDの操作性はネットワークオーディオよりもかなり快適とのことですが、「ネットワークを活用した音楽再生におけるコントロールの方法論」という意味で、私にとってMPDもネットワークオーディオである、という認識です。
      無論、業界の一般的な認識は「ネットワークオーディオ=いわゆるオーディオ機器としてのネットワークオーディオプレーヤーを使った形態」ですので、そんなもんと一緒にすんな! と思われても仕方ありません。
      とはいうものの、当ブログで何度も何度も書いているように、私にとって大切なのはネットワークを活用することで実現する「快適な音楽再生」です。USB DACを使おうが、ネットワークオーディオプレーヤーを使おうが、MPDを使おうが、それは問題ではありません。
      ご理解いただければ幸いです。

      アプリの操作性に関しては、抑えるべきポイントをしっかり抑えてさえいれば、インターフェース/デザインや諸々の機能は個々の好みの範疇であり、あとは動作の滑らかさ・速度・安定性が決め手であると考えます。
      その点で、MPaDが非常によくできたコントロールアプリであることに異論はありません。動画等を見ても、動作も非常にスムーズなようです。ただ、外野から見ている限りでは、ChorusDSやLUMIN Appと比べてかなり快適であるようには思いません。UPnP沼に長らく浸かった私自身の慣れも大いにあるとは思いますが。

      ちなみに、私もいつかはと思いつつも未だにMPDに手を出せていません。
      恥ずかしい話ではありますが、情報を集めれば集めるほど、仰るところの「一定のPCスキル」のハードルの高さに吹き飛ばされてしまいます。
      “広義の”ネットワークオーディオの可能性を追求する人間として、いずれきちんと取り組みたいと考えておりますので、どうかご容赦ください。

  2. じばにゃん より:

    レスポンスありがとうございます。

    iOSなどのアプリを使って操作をするという意味で有れば、理解できます。

    DLNAクライアントソフトの場合、どうしてもDLNAサーバーの特徴、ネットワークプレーヤーの性能の制限が有り、MPDというよりも、一般のPCを使った操作にはどうしても操作性は劣るように思います。DLNAネットワークプレーヤーが流行るには、根本的にDLNAのシステム改善が必要な気がします。

    具体的には、当たり前ですが、NASを使わないといけないこと。PCオーディオであれば外付けHDDもNASも区別なく同じ扱いで使えます。アートワークの解像度もイチイチDLNAサーバーの設定を変える必要もありませんし、DSDに関してもどんなNAS、HDDでもOKです。ギャップレス、プレイリスト、AIFFに対応とか議論の余地もなく全部対応です。PCオーディオの場合は、ネットワークプレーヤーができることは基本的に全部できます。

    また、現状のトンキーサーバーの場合、AIFFの音源については、アーティスト/アルバム順で並べた場合表示されず、フォルダ階層からしか音源の選択ができなかったように思います。結局いろんな音源があると、アーティスト/アルバム名で選ぼうとすると取りこぼしが有ります。

    全体的にアプリの動作もPC系のアプリよりも遅いですし、決して便利な印象を受けません。kinskyやluminアプリはまともな方ですが、今後の改善を期待したいところです。

  3. sakakihajime より:

    じばにゃんさん

    私も記事でちょろっと書いていますが、“いわゆる”ネットワークオーディオプレーヤーは結局のところ全力でオーディオ方面に特化したPCのようなものですので、機能面で行き着く先はPCそのものだと思っています。UPnP/DLNAは快適さを生む手段であって、それ自体が目的ではありませんから。

    さらなる高速化、さらなる高レスポンス。そして、機能面での真の意味でのユニバーサル化。
    どのようなハード・ソフトを使うかはさておき、私もありとあらゆる領域での改善を期待するものです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑