*

【音展2014】個人的ハイライト② BUFFALO DELAが達成した偉業

<音展>バッファローのNAS“DELA”が大きく進化、オーディオプレーヤーとしても使用可能に


 非常に非ッ常に、とてつもなく重要なニュースである。
 アイ・オー・データの高音質NAS参入も重要だが、今回の音展における最重要項目は間違いなくコレだろう。



 はっきり言って、偉業である。



 何が?



 NASからUSB DACに直で接続できるようになったこと?

 違う。
 それだけなら一部のQNAP製品でも可能である。もっとも、現状では実質的に使い物にならないだろうが。
 素直にPCを使えばいい。



 実質的に“ネットワークオーディオトランスポート”として機能するようになったこと?

 USB出力を備えたネットワークオーディオトランスポート。ネットワークオーディオの方法論を用いつつ、製品層の厚いUSB DACを活用できる優れたソリューションである。私はこれこそ、狭義のPCオーディオの目指すべき地平だと考えている。Voyage MPDなんかが実現するのも本質的にはコレと同じものだ。(違ってたらごめんなさい)
 そしてアップデートにより、DELAの製品はその機能を獲得することになった。確かに素晴らしいアップデートではあるものの、厳密にはこれも違う。
 国内ではほとんどお目にかからないが、海外にはUSB出力を使用するネットワークオーディオトランスポートも色々と存在する。ストレージ内蔵タイプの製品もある。一応Aurenderなんかは国内にも入ってきている。何にも情報発信がないから存在感もゼロだけどね。とにかく、必ずしもDELA製品だけが備える価値ではないのだ。



 では、何が?



 これだよ!


LINN DSを除くほとんどのネットワークプレーヤーでは、いわゆる「プレイリスト」の情報を操作アプリ側で持つため、プレイリスト再生時にアプリ側が落ちるとプレーヤー側の再生も止まってしまうとのこと。しかしN1Z/AではリンDSと同様、プレーヤー(N1Z/A)側でプレイリストを持つため、アプリが落ちたり閉じたりしても、引き続きプレイリスト再生を続行できる




 待っていた。
 待ちくたびれて腐り落ちるくらい待っていたよ。

 あ、あと一応言っておくとLUMIN製品もOn Device Playlistの機能を備えてるのでよろしく

 なんでそんなに大騒ぎしてんの? と首をかしげる人は、とりあえずこの記事を読んでほしい。


 

 私は嬉しい。
 嬉しくてたまらない。
 国産ネットワークオーディオプレーヤー第一世代、LINN DSの後塵を拝しておきながらギャップレス再生すらできないという絶望。
 それ以降数を増やした国内外のネットワークオーディオプレーヤーの数々。いまさらギャップレス再生が可能になりましたなどと喧伝する情けない現状と現実。
 「On Device Playlist」、あるいはこの言葉が意味するところを、その重要性をきちんと理解している人、オーディオ業界の中にどれだけいました?

 はっきり言って、最近になって色々と登場した国産ネットワークオーディオプレーヤーの第二世代においても「On Device Playlist」への言及がまったくなかったのを見て、私はむこう3年間はまた足踏みが続くと思っていた。
 ところがどっこい、このニュースである。

 BUFFALO、偉い! ほんとに偉いよ! DELA製品が登場した時に色々と酷いこと言ってごめんなさい! でもN1Z高すぎ! よくやった! ありがとう!



 国産ネットワークオーディオプレーヤー(厳密にはトランスポートだが)が、「ネットワークオーディオで実現する快適な音楽再生」という夢を、「絵に描いた餅」ではなく真に実現したのである。操作性や快適さについても、正しい文脈で語ってくれている。

 そして、「On Device Playlist」という、ネットワークオーディオプレーヤーにとって必要不可欠な機能について、国内メーカーとしてついに言及してくれた。

 これを歴史的快挙と呼ばずして何と呼ぼうか!




 まぁ、「On Device Playlist」なんてあって当然の機能なんだけどね。



 それを実現したのが純然たるオーディオメーカーではなく、あくまでPCの周辺機器メーカーであることにこだわるBUFFALOだというところに、大きな歴史の転換を感じる。記事でも述べられているが、BUFFALOはこれだけのことを達成していながら、あくまでDELA製品は周辺機器であるとの認識のようだ。このアップデートによって、DELA製品を“ミュージックライブラリー”と呼んでいる辺りにもその思想が見て取れる。
 これが何を意味するのか。オーディオ業界はもっと真剣に考えるべきだ。
 「PCオーディオ対ネットワークオーディオ」なんていうクソくだらない対立軸で煽り合っている場合じゃないぞ!


 実際に音展会場でBUFFALOの担当者と話すこともできた。
 私は安心した。アイ・オーの担当者もそうだったが、彼らの熱意と真剣さは本物だ。
 ネットワークオーディオという領域について勉強し、その置かれた状況を理解し、出来ていることと出来ていないことを見極め、何か必要かを分析できている。
 私はことあるごとに、ネットワークオーディオという領域に対するオーディオ業界の無理解と不勉強に憤慨し、呆れ果ててきた。今回の音展のオーディオ協会によるネットワークオーディオの展示を見てみればいい。いったい何だあれは。
 その一方で、BUFFALOとアイ・オー・データの担当者からは、紛れもない情熱と、進歩への意欲と、そしてそれを実現するための姿勢を感じることができた。まったくもって嬉しくて仕方がない。この喜びは未だかつてなかったものだ。まさか、と言うと失礼かもしれないが、純オーディオメーカーではなく、周辺機器メーカーからこのような感慨を受けるとは思わなかった。これも時代の流れか。面白い。私も負けてはいられない。



 より細かく見ていけばまだまだ取り上げたい点も多いが、とりあえず私の歓喜で終わりたい。
  
 素晴らしいことが起こったのだ。

 ネットワークオーディオはまだまだこれからだ!


スポンサーリンク


関連記事

NmodeのDACプリ

2016.10.12 Wednesday 新製品、開発中! - Nmodeブログ DACプリで

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第29回『劇場版 カウボーイ・ビバップ 天国の扉』

画質:8 音質:10 映像はAVCでビットレートは30台で安定。 音声はドルビーTRUE

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】D’Angelo / Black Messiah

・アーティスト / アルバムタイトル D'Angelo / Black Messiah

記事を読む

【BDレビュー】第331回『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

画質:10 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DT

記事を読む

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハイレゾサンプラー音源DVD/巻

記事を読む

【BDレビュー】第266回『攻殻機動隊 ARISE』

次巻完結。 画質:9 音質:8 映像:AVC 音声:ドルビーTRUEHD

記事を読む

【UHD BDレビュー】第35回『スターシップ・トゥルーパーズ』 米国盤 【Dolby Atmos】

【BDレビュー】第5回『スターシップ・トゥルーパーズ』 画質:8 音質:13

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第171回『エイリアン 四部作』

『エイリアン』  画質:7 音質:8 『エイリアン2』 画質:8 音質:10 『エイリアン3』 

記事を読む

【音源管理の精髄】 ネットワークオーディオにおけるプレーヤーの役割 【ネットワークオーディオTips】

 復習と予習を兼ねて、以下の二つの記事を読んでほしい。 ネットワークオーディオの三要素――

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第22回『王立宇宙軍 オネアミスの翼』

アニメ製作集団“ガイナックス”の最高傑作はこの王立宇宙軍。異論は認める。 真面目に真剣オタク集

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑