*

「PCオーディオ対ネットワークオーディオ」という悲劇

 「PCオーディオとネットワークオーディオはどちらが優れているのか」という議論をことあるごとに目にする。
 そこで論じられているのはまず間違いなく両者の“音質”についてであって、残念なことに、私が言い続けている“快適性”という要素は影も形もないように思える。



 オーディオ業界やメディア、実際のユーザーが何と言うかは別として、私はネットワークオーディオの本質は“コントロール”であると考えている。
 それゆえに、私にとって【ネットワークオーディオ】とは、オーディオ機器としてのネットワークオーディオプレーヤーを用いる形態――“いわゆるネットワークオーディオ=狭義のネットワークオーディオ”にとどまらず、PCとUSB DACを用いる“いわゆるPCオーディオ”という形態も包括する。


 4年前にMAJIK DS-Iを導入した時、確かにそれ以前のCDPを上流に置いたシステムより音質が優れていたのは確かだ。しかし、それはあくまで私のシステムの場合であって、“ネットワークオーディオだから高音質”などとはまったく考えなかった。だいたいオーディオとはそんなに単純なものではない。


 私が【ネットワークオーディオ】という方法論に求めるのは、ひとえに“音楽再生における快適さ”である。


 音質ではない。


 よって、PCの再生ソフトと、それに対応するコントロールアプリの組み合わせが実現する快適性が、ネットワークオーディオプレーヤーを用いる場合を上回るなら、私は何の逡巡もなくハードを乗り換えるだろう。
 ただ、それはより快適な形態に移行するだけであり、狭義のネットワークオーディオからPCオーディオへ乗り換えたということではない。私にとっては、あくまで【ネットワークオーディオ】という領域内での変化である。たまたま再生機器がネットワークオーディオプレーヤーからPCとUSB DACに置き換わっただけに過ぎない。
 使う機材が変われば使いこなしも変わるのは当然のことだ。デジタル・ファイルとしての【音源】という巨大な共通項を持っている以上、PCオーディオだのネットワークオーディオだのと峻別して扱う必要性を感じない。あくまで“ソース”は同じ。音楽再生という大きなシステムの、プレーヤーの部分が変わるだけである。
 USBとLANではジッターがどうのこうのという議論もあろうが、私はジッターを比較するためにオーディオをやっているのではない。

 もっとも、あくまで現状ではネットワークオーディオプレーヤーを用いる形態の方が、トータルの快適性という点で優れているのは確かなので、当分乗り換えることはなさそうだが。


 何やら文章の着地点が見えなくなってきたが、とにかく私が言いたいのは「お互いもっと仲良くしようよ」ということだ。
 いわゆるPCオーディオの音質的な可能性を追求している人が、いきなり「LANストリーミングの方がUSB DACを使うより高音質」などと言われて頭に来るのは分かるし、逆もまた然り。
 とはいえ、PCオーディオにせよネットワークオーディオにせよ、【音源】を用いるのは同じ。なのに、DACやプレーヤーにばかり焦点が当たり、“音質”だけが論点になるのは非常に悲しい。


 一応言っておくと、私は【音源管理の精髄】で音質云々を問題にすることはないが(例の魔境は例外)、それは音質がどうでもいいからではない。そんな風に思うのならそもそもオーディオなんて趣味はやっていない。
 それはあくまで、ネットワークオーディオの本質は“コントロール”だと考え、またネットワークオーディオを通じて“音楽再生における快適さ”を手に入れるためには“音源の管理運用”こそ重要だと考えているからだ。
 総額1000万のシステムだろうが1万のシステムだろうが、ネットワークオーディオの方法論を用いることで、同等の“音楽再生における快適さ”を手に入れることができる。快適さを生む“コントロール”に焦点を当てた時、そこに“音質”という要素は介在しない。
 大事なのは、“いわゆるPCオーディオ”も、“狭義のネットワークオーディオ”も、“音楽再生における快適さ”を実現し得る大きな可能性を秘めているということだ。私が冒頭で述べた、コントロールの方法論として両者を包括する【ネットワークオーディオ】とは、まさにこのことである。


 仮に、オーディオ業界で一般的に語られるイメージに基づいて、“狭義のネットワークオーディオ”の側が「PCオーディオは上級者向き。ネットワークオーディオプレーヤーを使った方が簡単で快適」と言って憚らないとしたら、それは単なる不勉強からくる誤解に過ぎない。むしろ、それは【ネットワークオーディオ】の可能性を狭めることに他ならない。【ネットワークオーディオ】の可能性を追求する立場としても、「PCオーディオ=上級者向き、ネットワークオーディオ=簡単・快適」という、両者の対立を生む短絡的な姿勢は許しがたい。
 それに実際、“狭義のネットワークオーディオ”を推進するうえで、上記のように“快適”と喧伝するメーカーやメディアは、“いかにして快適性を実現するか”ということをまるで示せていないのだから、当て馬にされている“いわゆるPCオーディオ”の側もたまったものではない。となれば、「だったらこっちは音質で勝負だ!」となるのも分からないではない。
 こうして、また不毛な対立が繰り返される。


 「PCオーディオ対ネットワークオーディオ」という悲劇は、“快適性”という可能性を顧みず、“音質”にばかり着目するがゆえに起きる。
 音質を追求することを無為だと言っているのではない。
 どちらもオーディオである以上、音質の追求という命題からは逃げられない。
 ただし、それはそれ、これはこれ。どちらが上かでいがみ合ったところで仕方がない。
 互いに余計なちょっかいを出すことなく、それぞれで音質を磨いていけばいい。


 “音質”ではなく、“音楽再生における快適性”という視点で見れば、PCオーディオとネットワークオーディオの対立など、最初から存在しないのである。



【音源管理の精髄】 目次

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第332回『キャプテン・アメリカ』

 シビル・ウォーBD発売記念。 画質:9 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

記事を読む

アニソンオーディオ vol.3を買ったよ

 盛りだくさんの内容。  光田氏のインタビューも読めて満足。  ハルカナルトキノカナタへ

記事を読む

【音源管理の精髄】 『NAS』の正体――そもそも 『サーバー』とは何か 【ネットワークオーディオTips】

 さて、最大限の情熱を傾けてライブラリを構築した。  次はサーバーだ。  ところでサーバーっ

記事を読む

【音源管理の精髄】 DLNAにおけるデバイスクラスについて 【ネットワークオーディオTips】

 UPnP/DLNAとがどういうものなのかについては、前回の記事で概要を示した。  この記事で

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第227回『ダークナイト ライジング』

画質:15 音質:15 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質につい

記事を読む

【速報】 B&WからNew 600 series 登場!

New B&W 600 series(公式)  待ってました!  B&W

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第5位『眠れる森の美女』 ― 50年越しの奇跡

【BDレビュー】第90回『眠れる森の美女』  奇跡。  奇跡としか言いようが

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / The Yes Album

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / The Yes Album ・購入元 H

記事を読む

ネットワークオーディオのコントロールアプリに高解像度のアルバムアートを表示する、そこに到る長い道のり

※2015/09/12追記※ この記事は私が呼ぶところの「トンキー病」との出会いについて書いた

記事を読む

no image

【BDレビュー】第219回『電脳コイル』

この時代において攻殻機動隊を再解釈して再構築したとも言える傑作 画質:9 音質:10

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突!OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

→もっと見る

PAGE TOP ↑