*

「PCオーディオ対ネットワークオーディオ」という悲劇

 「PCオーディオとネットワークオーディオはどちらが優れているのか」という議論をことあるごとに目にする。
 そこで論じられているのはまず間違いなく両者の“音質”についてであって、残念なことに、私が言い続けている“快適性”という要素は影も形もないように思える。



 オーディオ業界やメディア、実際のユーザーが何と言うかは別として、私はネットワークオーディオの本質は“コントロール”であると考えている。
 それゆえに、私にとって【ネットワークオーディオ】とは、オーディオ機器としてのネットワークオーディオプレーヤーを用いる形態――“いわゆるネットワークオーディオ=狭義のネットワークオーディオ”にとどまらず、PCとUSB DACを用いる“いわゆるPCオーディオ”という形態も包括する。


 4年前にMAJIK DS-Iを導入した時、確かにそれ以前のCDPを上流に置いたシステムより音質が優れていたのは確かだ。しかし、それはあくまで私のシステムの場合であって、“ネットワークオーディオだから高音質”などとはまったく考えなかった。だいたいオーディオとはそんなに単純なものではない。


 私が【ネットワークオーディオ】という方法論に求めるのは、ひとえに“音楽再生における快適さ”である。


 音質ではない。


 よって、PCの再生ソフトと、それに対応するコントロールアプリの組み合わせが実現する快適性が、ネットワークオーディオプレーヤーを用いる場合を上回るなら、私は何の逡巡もなくハードを乗り換えるだろう。
 ただ、それはより快適な形態に移行するだけであり、狭義のネットワークオーディオからPCオーディオへ乗り換えたということではない。私にとっては、あくまで【ネットワークオーディオ】という領域内での変化である。たまたま再生機器がネットワークオーディオプレーヤーからPCとUSB DACに置き換わっただけに過ぎない。
 使う機材が変われば使いこなしも変わるのは当然のことだ。デジタル・ファイルとしての【音源】という巨大な共通項を持っている以上、PCオーディオだのネットワークオーディオだのと峻別して扱う必要性を感じない。あくまで“ソース”は同じ。音楽再生という大きなシステムの、プレーヤーの部分が変わるだけである。
 USBとLANではジッターがどうのこうのという議論もあろうが、私はジッターを比較するためにオーディオをやっているのではない。

 もっとも、あくまで現状ではネットワークオーディオプレーヤーを用いる形態の方が、トータルの快適性という点で優れているのは確かなので、当分乗り換えることはなさそうだが。


 何やら文章の着地点が見えなくなってきたが、とにかく私が言いたいのは「お互いもっと仲良くしようよ」ということだ。
 いわゆるPCオーディオの音質的な可能性を追求している人が、いきなり「LANストリーミングの方がUSB DACを使うより高音質」などと言われて頭に来るのは分かるし、逆もまた然り。
 とはいえ、PCオーディオにせよネットワークオーディオにせよ、【音源】を用いるのは同じ。なのに、DACやプレーヤーにばかり焦点が当たり、“音質”だけが論点になるのは非常に悲しい。


 一応言っておくと、私は【音源管理の精髄】で音質云々を問題にすることはないが(例の魔境は例外)、それは音質がどうでもいいからではない。そんな風に思うのならそもそもオーディオなんて趣味はやっていない。
 それはあくまで、ネットワークオーディオの本質は“コントロール”だと考え、またネットワークオーディオを通じて“音楽再生における快適さ”を手に入れるためには“音源の管理運用”こそ重要だと考えているからだ。
 総額1000万のシステムだろうが1万のシステムだろうが、ネットワークオーディオの方法論を用いることで、同等の“音楽再生における快適さ”を手に入れることができる。快適さを生む“コントロール”に焦点を当てた時、そこに“音質”という要素は介在しない。
 大事なのは、“いわゆるPCオーディオ”も、“狭義のネットワークオーディオ”も、“音楽再生における快適さ”を実現し得る大きな可能性を秘めているということだ。私が冒頭で述べた、コントロールの方法論として両者を包括する【ネットワークオーディオ】とは、まさにこのことである。


 仮に、オーディオ業界で一般的に語られるイメージに基づいて、“狭義のネットワークオーディオ”の側が「PCオーディオは上級者向き。ネットワークオーディオプレーヤーを使った方が簡単で快適」と言って憚らないとしたら、それは単なる不勉強からくる誤解に過ぎない。むしろ、それは【ネットワークオーディオ】の可能性を狭めることに他ならない。【ネットワークオーディオ】の可能性を追求する立場としても、「PCオーディオ=上級者向き、ネットワークオーディオ=簡単・快適」という、両者の対立を生む短絡的な姿勢は許しがたい。
 それに実際、“狭義のネットワークオーディオ”を推進するうえで、上記のように“快適”と喧伝するメーカーやメディアは、“いかにして快適性を実現するか”ということをまるで示せていないのだから、当て馬にされている“いわゆるPCオーディオ”の側もたまったものではない。となれば、「だったらこっちは音質で勝負だ!」となるのも分からないではない。
 こうして、また不毛な対立が繰り返される。


 「PCオーディオ対ネットワークオーディオ」という悲劇は、“快適性”という可能性を顧みず、“音質”にばかり着目するがゆえに起きる。
 音質を追求することを無為だと言っているのではない。
 どちらもオーディオである以上、音質の追求という命題からは逃げられない。
 ただし、それはそれ、これはこれ。どちらが上かでいがみ合ったところで仕方がない。
 互いに余計なちょっかいを出すことなく、それぞれで音質を磨いていけばいい。


 “音質”ではなく、“音楽再生における快適性”という視点で見れば、PCオーディオとネットワークオーディオの対立など、最初から存在しないのである。



【音源管理の精髄】 目次

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第293回『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 【Dolby Atmos】

画質:13 音質:13 映像:AVC 音声:Dolby Atmos

記事を読む

【ネットワークオーディオ】 iPadに最も美しいアルバムアートを表示するコントロールアプリは?

※この記事は2012年5月15日と17日に書かれたものを統合、修正を加えたものです 手

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q オリジナルサウンドトラック

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q オリジナルサウン

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第105回『プレデター2』

個人的にはターミネーター2と並び立つ超傑作SFだと思っている。 ちなみにプレデター2も主演はシ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Bloodborne The Old Hunters

・アーティスト / アルバムタイトル Various Artists / Bloodb

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第40回『スチームボーイ』

絵を見もしない人間がガタガタ抜かすな。 これはアニメだ。 動く絵だ。 画質:1

記事を読む

【レビュー】ECLIPSE TD316SWMK2

 ECLIPSE TD316SWMK2以外の単体サブウーファーを使ったことがないので、相対的な評価は

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第80回『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』

画質:9 音質:8 映像はVC-1、ビットレートは20台中心で推移。30台にも乗る。 音

記事を読む

Roonの「魔法」の正体

前記事 Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか Roon 導入編  RoonのOv

記事を読む

SOtM sMS-200でSpotifyを使ってみる

SOtM sMS-200 運用・音質編  sMS-200が再び手元にやってきたので、この手の貪

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第21回『スーサイド・スクワッド』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/03/23初出の記事を更新・

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した  純

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/03/12初出の記事を更新・

【レビューのような何か】ACOUSTIC REVIVE LANアイソレーター RLI-1GB-TripleC

 JS PC Audio NH100を入れて、既に「ハブから後」は気に

【UHD BDレビュー】第16回『ハドソン川の奇跡』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/01/30初出の記事を更新・

月刊HiVi 2017年9月号から連載が始まりました

月刊HiVi 9月号 8/17発売 特集「有機ELテレビ読本2

【UHD BDレビュー】第15回『レヴェナント: 蘇えりし者』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/30初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第14回『Sicario / ボーダーライン』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/21初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第13回『ローン・サバイバー』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【地元探訪・神様セカンドライフ編】元稲田神社/あぐりこ稲荷(羽後町杉宮)

神様セカンドライフ 66話「あぐりこ稲荷」  雄勝郡の稲荷オ

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・

【ハイレゾ音源備忘録】結城アイラ / decade wind(NetAudio27付録) 【768kHz/32bit】

・アーティスト / アルバムタイトル / 曲タイトル 結

→もっと見る

PAGE TOP ↑