*

「PCオーディオ対ネットワークオーディオ」という悲劇

 「PCオーディオとネットワークオーディオはどちらが優れているのか」という議論をことあるごとに目にする。
 そこで論じられているのはまず間違いなく両者の“音質”についてであって、残念なことに、私が言い続けている“快適性”という要素は影も形もないように思える。



 オーディオ業界やメディア、実際のユーザーが何と言うかは別として、私はネットワークオーディオの本質は“コントロール”であると考えている。
 それゆえに、私にとって【ネットワークオーディオ】とは、オーディオ機器としてのネットワークオーディオプレーヤーを用いる形態――“いわゆるネットワークオーディオ=狭義のネットワークオーディオ”にとどまらず、PCとUSB DACを用いる“いわゆるPCオーディオ”という形態も包括する。


 4年前にMAJIK DS-Iを導入した時、確かにそれ以前のCDPを上流に置いたシステムより音質が優れていたのは確かだ。しかし、それはあくまで私のシステムの場合であって、“ネットワークオーディオだから高音質”などとはまったく考えなかった。だいたいオーディオとはそんなに単純なものではない。


 私が【ネットワークオーディオ】という方法論に求めるのは、ひとえに“音楽再生における快適さ”である。


 音質ではない。


 よって、PCの再生ソフトと、それに対応するコントロールアプリの組み合わせが実現する快適性が、ネットワークオーディオプレーヤーを用いる場合を上回るなら、私は何の逡巡もなくハードを乗り換えるだろう。
 ただ、それはより快適な形態に移行するだけであり、狭義のネットワークオーディオからPCオーディオへ乗り換えたということではない。私にとっては、あくまで【ネットワークオーディオ】という領域内での変化である。たまたま再生機器がネットワークオーディオプレーヤーからPCとUSB DACに置き換わっただけに過ぎない。
 使う機材が変われば使いこなしも変わるのは当然のことだ。デジタル・ファイルとしての【音源】という巨大な共通項を持っている以上、PCオーディオだのネットワークオーディオだのと峻別して扱う必要性を感じない。あくまで“ソース”は同じ。音楽再生という大きなシステムの、プレーヤーの部分が変わるだけである。
 USBとLANではジッターがどうのこうのという議論もあろうが、私はジッターを比較するためにオーディオをやっているのではない。

 もっとも、あくまで現状ではネットワークオーディオプレーヤーを用いる形態の方が、トータルの快適性という点で優れているのは確かなので、当分乗り換えることはなさそうだが。


 何やら文章の着地点が見えなくなってきたが、とにかく私が言いたいのは「お互いもっと仲良くしようよ」ということだ。
 いわゆるPCオーディオの音質的な可能性を追求している人が、いきなり「LANストリーミングの方がUSB DACを使うより高音質」などと言われて頭に来るのは分かるし、逆もまた然り。
 とはいえ、PCオーディオにせよネットワークオーディオにせよ、【音源】を用いるのは同じ。なのに、DACやプレーヤーにばかり焦点が当たり、“音質”だけが論点になるのは非常に悲しい。


 一応言っておくと、私は【音源管理の精髄】で音質云々を問題にすることはないが(例の魔境は例外)、それは音質がどうでもいいからではない。そんな風に思うのならそもそもオーディオなんて趣味はやっていない。
 それはあくまで、ネットワークオーディオの本質は“コントロール”だと考え、またネットワークオーディオを通じて“音楽再生における快適さ”を手に入れるためには“音源の管理運用”こそ重要だと考えているからだ。
 総額1000万のシステムだろうが1万のシステムだろうが、ネットワークオーディオの方法論を用いることで、同等の“音楽再生における快適さ”を手に入れることができる。快適さを生む“コントロール”に焦点を当てた時、そこに“音質”という要素は介在しない。
 大事なのは、“いわゆるPCオーディオ”も、“狭義のネットワークオーディオ”も、“音楽再生における快適さ”を実現し得る大きな可能性を秘めているということだ。私が冒頭で述べた、コントロールの方法論として両者を包括する【ネットワークオーディオ】とは、まさにこのことである。


 仮に、オーディオ業界で一般的に語られるイメージに基づいて、“狭義のネットワークオーディオ”の側が「PCオーディオは上級者向き。ネットワークオーディオプレーヤーを使った方が簡単で快適」と言って憚らないとしたら、それは単なる不勉強からくる誤解に過ぎない。むしろ、それは【ネットワークオーディオ】の可能性を狭めることに他ならない。【ネットワークオーディオ】の可能性を追求する立場としても、「PCオーディオ=上級者向き、ネットワークオーディオ=簡単・快適」という、両者の対立を生む短絡的な姿勢は許しがたい。
 それに実際、“狭義のネットワークオーディオ”を推進するうえで、上記のように“快適”と喧伝するメーカーやメディアは、“いかにして快適性を実現するか”ということをまるで示せていないのだから、当て馬にされている“いわゆるPCオーディオ”の側もたまったものではない。となれば、「だったらこっちは音質で勝負だ!」となるのも分からないではない。
 こうして、また不毛な対立が繰り返される。


 「PCオーディオ対ネットワークオーディオ」という悲劇は、“快適性”という可能性を顧みず、“音質”にばかり着目するがゆえに起きる。
 音質を追求することを無為だと言っているのではない。
 どちらもオーディオである以上、音質の追求という命題からは逃げられない。
 ただし、それはそれ、これはこれ。どちらが上かでいがみ合ったところで仕方がない。
 互いに余計なちょっかいを出すことなく、それぞれで音質を磨いていけばいい。


 “音質”ではなく、“音楽再生における快適性”という視点で見れば、PCオーディオとネットワークオーディオの対立など、最初から存在しないのである。



【音源管理の精髄】 目次

スポンサーリンク


関連記事

ライオンズゲートからUHD BDがリリース

Lionsgate Announces First 4K Blu-ray Releases  

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】ネットワークオーディオの三要素――『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』

 「はじめに」でも言っているように、ネットワークオーディオは簡単ではない。  しかし、決して理

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第67回『FLAG ディレクターズ・カット』

画質:8(※) 音質:5 映像はMPEG-2で基本30台のハイビットレート。 音声はリニ

記事を読む

【BDレビュー】 第245回『MEMORIES』 High Spec Edition

画質:論外 音質:8 映像:AVC 音声:ドルビーTRUEHD advanced 96

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第17回『バイオハザード2』

真面目で高尚な映画は他の方々に丸投げして、私はひたすら御馬鹿で下品で愉快な映画。 ところで先日

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第6位『スター・ウォーズ』 ― 超絶クオリティが示したBDの成熟

背中合わせのスカイウォーカー 発売直前最速レポート!『スター・ウォーズ』BD-BOXの

記事を読む

【Roon Server】Antipodes DX Music Server

 日本に上陸していないネットワークオーディオ関連機器をなんとなく紹介するシリーズ。 Antip

記事を読む

【BDレビュー】第337回『モンスターズ 新種襲来』 【Dolby Atmos】

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:Dolb

記事を読む

【Dynaudio】 Sapphireの足元

 スパイク設置できるスピーカーは絶対的にスパイク設置するに限る。  トールボーイスピーカーなら

記事を読む

【音源管理の精髄】 『自分ルール』の重要性――ジャンル/アーティスト/アルバム 【ネットワークオーディオTisp】

 『自分にとって良いライブラリとはどのようなものか』  『どのようなライブラリを作りたいのか』

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑