*

【音源管理の精髄】 ネットワークオーディオにおけるプレーヤーの役割 【ネットワークオーディオTips】

公開日: : 最終更新日:2015/09/13 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 復習と予習を兼ねて、以下の二つの記事を読んでほしい。


ネットワークオーディオの三要素――『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』

・ネットワークオーディオの本質(続く第6章『コントロール』より)



 以上を踏まえたうえで、ネットワークオーディオにおけるプレーヤーの役割とは何か。


 それは、ひたすら再生に徹することである。


 何度も繰り返しているように、ネットワークオーディオの方法論において、コントロールは再生機器から独立している。

 すなわち、ハードウェアとしてのプレーヤーは、もはやディスプレイだのボタンだの付属リモコンだの、そういったものから完全に解放され、ただひたすら再生機器としての本分である信号処理と音声出力に専念することができる。
 PCの再生ソフト、すなわちソフトウェアとしてのプレーヤーをリモートコントロールするとなると、ちょっと考え方は変わってくるけれども。

 このように、ネットワーク越しにコントロールを独立させる、あるいはDLNAにおけるDMR/Digital Media Rendererとして機能する時、プレーヤーそのものに音楽再生をコントロールするために必要なインターフェースは不要となる。ディスプレイだのボタンだのが要らないのである。当然、それらを動かすための余計な回路も要らないし、そこから生じる諸々のノイズといった問題を気にする必要もない。
 プレーヤーをハードウェアとして捉えれば、音質の追求をするうえでこれ以上の環境はあるまい。



 DLNAについての記事で述べたように、実際ハードウェアとしてのネットワークオーディオプレーヤーは、ほとんどの場合コントロールの機能も有している。
 「快適さ/便利さ」を強調する文脈において、見やすいディスプレイや使いやすい操作ボタンの搭載が謳われていることも多い。

 しかし、ライブラリに含まれるアルバムが数百枚のレベルになってくると、プレーヤーに搭載されているディスプレイと操作ボタンだけでは、自由自在に聴きたい音源を探し出し、快適な再生を楽しむことは不可能に近い。経験上断言してもいい。
 ディスプレイにアルバムアートが表示されます、なんてしょうもない自慢をされても困る。そんなちっちゃい画像をリスニングポイントから離れた小さいディスプレイに表示したところで、最初の目新しさを越えた先でいったい誰が喜ぶのか……
 こういう力技を使うか、あるいは本体プレーヤーに余計な映像出力でもつけるかしないと無理だ。いや、映像出力したところでどのみち無理か。

 やはりコントロールの部分はコントロールアプリに任せて、プレーヤーはあくまで再生に徹するのが良い。それが一番快適だ。


 というわけで繰り返しになるが、ネットワークオーディオにおけるプレーヤーの役割とはひとえに「音源を再生すること」だと言える。
 コントロールは独立している。餅は餅屋。
 


 しかし、快適な音楽再生を実現するために、すなわち独立させたコントロールが十全に機能するために、プレーヤーに求められる機能がある。


 それは、再生中のプレイリストを機器本体に記憶/キューすること。


 これがないとどういうことになるかというと、コントロールアプリを終了すると、プレイリストの途中であっても曲の再生が止まる(より厳密には、再生中の曲が終了した時点でそれ以降の再生が止まる)。
 ということは、どれだけ長いプレイリストをコントロールアプリで作ろうが、スマホ/タブレットがスリープするとその時点で再生が止まってしまう。


 死ぬほど面倒くさいでしょう、コレ。
 肝心なところで全然快適じゃない。何が悲しくてバッテリーを気にしながらずっとコントロールアプリを起動させ続けなければいけないというのか。


 この現象、私の知る限り、「DLNA対応ネットワークオーディオプレーヤー」で普遍的に生じる。色々と話を聞く限り、どうやら、「再生中のプレイリストを機器本体に記憶/キュー」という発想はDLNAの中に存在していないらしい。基本的に国産プレーヤーは全滅と考えていい。設計を共有しているAVアンプも同じだろう。まぁ、未だに「ギャップレス再生ができます!」なんてことを自慢しているレベルじゃ仕方ないか。
 海外産のネットワークオーディオプレーヤー、例えばPrimare N30とかCHORD DSX1000なんかは情報が少な過ぎて不明。出来るなら出来ると普通書くと思うし、期待薄か。あるいは、情報を出す側がこの問題について把握すらしていないという可能性もあるかもしれない。


※2015/09/13追記※

再生中のプレイリストを機器本体に記憶/キュー――「オンデバイス・プレイリスト」についての詳細はこの記事を参照。

※追記おわり※




【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第304回『ジュラシック・ワールド』

画質:8 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

【音源管理の精髄】 NASとサーバーに関するありがちな誤解 【ネットワークオーディオTips】

 前回の内容を頭に叩き込んたうえで読んでほしい。  以下、サーバーに関するありがちな誤解である。

記事を読む

0.1の壁

 私のサラウンド再生環境は思想的にも使用機材的にも極めてオーディオ寄りである。と、少なくともシステム

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第38回『ダニー・ザ・ドッグ』

画質:11 音質:10 映像はAVCで30Mbpsを基準に上下。基本的にビットレートはかな

記事を読む

【アプリ紹介】ChorusDS HD

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ コントロールアプリの検証 2014 『Chor

記事を読む

【BDレビュー】第320回『白鯨との闘い』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:Dolb

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第24回『劇場版 機動警察パトレイバー2』

パトレイバーその2です。 1が89年で、2は93年。この二つを見ることで、日本のアニメーションの8

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】結局サーバーソフトは何がいいんだ?

 という疑問に対する極めて個人的な回答。  単体プレーヤーでシステムを組む場合の参考にしてほしい。

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第10位『キングダム・オブ・ヘブン』 ― 最初期に示されたBDの理想像

【BDレビュー】第2回『キングダム・オブ・ヘブン』  敬愛するリドリー・スコット監

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Twonky Server 導入・設定・運用編

サーバーソフトの紹介 『Twonky Server』 ・使用したサーバー機器 PC(Wi

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

→もっと見る

PAGE TOP ↑