復習と予習を兼ねて、以下の二つの記事を読んでほしい。


ネットワークオーディオの三要素――『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』

・ネットワークオーディオの本質(続く第6章『コントロール』より)



 以上を踏まえたうえで、ネットワークオーディオにおけるプレーヤーの役割とは何か。


 それは、ひたすら再生に徹することである。


 何度も繰り返しているように、ネットワークオーディオの方法論において、コントロールは再生機器から独立している。

 すなわち、ハードウェアとしてのプレーヤーは、もはやディスプレイだのボタンだの付属リモコンだの、そういったものから完全に解放され、ただひたすら再生機器としての本分である信号処理と音声出力に専念することができる。
 PCの再生ソフト、すなわちソフトウェアとしてのプレーヤーをリモートコントロールするとなると、ちょっと考え方は変わってくるけれども。

 このように、ネットワーク越しにコントロールを独立させる、あるいはDLNAにおけるDMR/Digital Media Rendererとして機能する時、プレーヤーそのものに音楽再生をコントロールするために必要なインターフェースは不要となる。ディスプレイだのボタンだのが要らないのである。当然、それらを動かすための余計な回路も要らないし、そこから生じる諸々のノイズといった問題を気にする必要もない。
 プレーヤーをハードウェアとして捉えれば、音質の追求をするうえでこれ以上の環境はあるまい。



 DLNAについての記事で述べたように、実際ハードウェアとしてのネットワークオーディオプレーヤーは、ほとんどの場合コントロールの機能も有している。
 「快適さ/便利さ」を強調する文脈において、見やすいディスプレイや使いやすい操作ボタンの搭載が謳われていることも多い。

 しかし、ライブラリに含まれるアルバムが数百枚のレベルになってくると、プレーヤーに搭載されているディスプレイと操作ボタンだけでは、自由自在に聴きたい音源を探し出し、快適な再生を楽しむことは不可能に近い。経験上断言してもいい。
 ディスプレイにアルバムアートが表示されます、なんてしょうもない自慢をされても困る。そんなちっちゃい画像をリスニングポイントから離れた小さいディスプレイに表示したところで、最初の目新しさを越えた先でいったい誰が喜ぶのか……
 こういう力技を使うか、あるいは本体プレーヤーに余計な映像出力でもつけるかしないと無理だ。いや、映像出力したところでどのみち無理か。

 やはりコントロールの部分はコントロールアプリに任せて、プレーヤーはあくまで再生に徹するのが良い。それが一番快適だ。


 というわけで繰り返しになるが、ネットワークオーディオにおけるプレーヤーの役割とはひとえに「音源を再生すること」だと言える。
 コントロールは独立している。餅は餅屋。
 


 しかし、快適な音楽再生を実現するために、すなわち独立させたコントロールが十全に機能するために、プレーヤーに求められる機能がある。


 それは、再生中のプレイリストを機器本体に記憶/キューすること。


 これがないとどういうことになるかというと、コントロールアプリを終了すると、プレイリストの途中であっても曲の再生が止まる(より厳密には、再生中の曲が終了した時点でそれ以降の再生が止まる)。
 ということは、どれだけ長いプレイリストをコントロールアプリで作ろうが、スマホ/タブレットがスリープするとその時点で再生が止まってしまう。


 死ぬほど面倒くさいでしょう、コレ。
 肝心なところで全然快適じゃない。何が悲しくてバッテリーを気にしながらずっとコントロールアプリを起動させ続けなければいけないというのか。


 この現象、私の知る限り、「DLNA対応ネットワークオーディオプレーヤー」で普遍的に生じる。色々と話を聞く限り、どうやら、「再生中のプレイリストを機器本体に記憶/キュー」という発想はDLNAの中に存在していないらしい。基本的に国産プレーヤーは全滅と考えていい。設計を共有しているAVアンプも同じだろう。まぁ、未だに「ギャップレス再生ができます!」なんてことを自慢しているレベルじゃ仕方ないか。
 海外産のネットワークオーディオプレーヤー、例えばPrimare N30とかCHORD DSX1000なんかは情報が少な過ぎて不明。出来るなら出来ると普通書くと思うし、期待薄か。あるいは、情報を出す側がこの問題について把握すらしていないという可能性もあるかもしれない。


※2015/09/13追記※

再生中のプレイリストを機器本体に記憶/キュー――「オンデバイス・プレイリスト」についての詳細はこの記事を参照。

※追記おわり※




【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】