*

【音源管理の精髄】 DSDを配信可能なサーバーソフト 【ネットワークオーディオTips】

 いわゆるPCオーディオなら、USB DACと再生ソフトを用意すれば事足りるが、ネットワークオーディオの場合そうはいかない。
 音源をネットワークを通じて配信する「サーバー」が必要となる。

 すなわち、サーバーがDSDの配信に対応していないと、プレーヤーがDSDに対応していても、そもそも再生不可能という事態に陥ってしまう。
 以前の記事でも述べたが、ネットワークオーディオにおけるDSD絡みの整備はPCオーディオに比べるとだいぶ遅れている印象がある。

 というわけで、この記事ではDSDを配信可能なサーバーソフトについて、私が実際に確認したものを紹介する。
 時間的にも資金的にも気力的にも、世の中のすべてのサーバーソフトを試せるわけではないので、そのあたりはご了承いただきたい。
 なお、今回紹介するサーバーソフトに関しては、【音源管理の精髄】第4章・サーバーでも記事を書いている。ナビゲーションツリーや使用感といった詳細はそちらを参照してもらいたい。



○Twonky Server
アイコンTwonky
例えばQNAPだと、バージョン7.2.7以降でDSDの配信に対応した。
また、別にQNAPに限らず、バージョン7以降であれば、内部の記述を書き換えることでDSDに対応する。そこまでする必要はないと思うが。
シンプルによくまとまったサーバーソフトなので、DSDに対応したことを喜ぶ人も多いのではないだろうか。



○MinimServer
アイコンMinimServer
LUMINが公式に推奨しているサーバーソフトであり、初期状態でDSDに対応している。
しかし、いかんせんとっつきにくく、Twonky Serverが使えるなら素直にそっちを使ったほうがいい気がする。



○Asset UPnP
アイコンAsset UPnP
歴史ある多機能サーバーソフト。
Release 5で正式にDSD対応を果たした。



○JRiver Media Center
アイコンJRiver Media Center
純粋なサーバーソフトではなく、あくまで多機能な音楽再生ソフトのサーバー機能。
JRiver Media Centerは初期状態でDSDに対応した再生ソフトであり、そのサーバー機能も最初からDSDをサポートする。
私の環境で、LUMIN A1の試聴機に初めてDSDを配信した記念すべきソフトでもある。
ただ、純粋にサーバーとして運用するにはちょっと……というのが正直なところ。



○foobar2000 UPnP Server
アイコンFoobar2000
御存知、機能拡張による大きな可能性を秘めたソフトである。そして無料。
コンポーネントによって「UPnP対応」と「DSD対応」を同時に果たした時、ネットワーク経由でDSD音源が配信可能であることを確認した。
無料であり、すぐに試せる。foobar2000 UPnP ServerがDSD配信に対応することで、ネットワークオーディオの可能性はだいぶ広がるように思う。




 とりあえず、DSD配信に対応したものとして以上のサーバーソフトを紹介した。
 もっと他にもあると思うし、これから増えていくことだろう。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

Roonの「魔法」の正体

前記事 Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか Roon 導入編  RoonのOv

記事を読む

音展のおみやげ:NVSのでかくて太くて重いケーブル

 LUMIN A1の本体と外部電源を繋ぐNVS製ケーブルの試作品を借りてきた。  でかい。

記事を読む

【レビュー】Bricasti Design M1 Special Edition mk2 音質編

外観・運用編 ネットワーク編 ・再生環境(詳細) canarino Fil

記事を読む

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、標準仕様になっているSOtMの

記事を読む

【Dynaudio】 Sapphireの足元

 スパイク設置できるスピーカーは絶対的にスパイク設置するに限る。  トールボーイスピーカーなら

記事を読む

【CES2016】LUMIN U1

 画像はLUMIN MusicのFBから。  DACを省き、デジタル出力に特化したネッ

記事を読む

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブルワイヤレスストリーマー」。

記事を読む

【音源管理の精髄】 ネットワークオーディオにおけるプレーヤーの役割 【ネットワークオーディオTips】

 復習と予習を兼ねて、以下の二つの記事を読んでほしい。 ネットワークオーディオの三要素――

記事を読む

【レビュー】ECLIPSE TD316SWMK2

 ECLIPSE TD316SWMK2以外の単体サブウーファーを使ったことがないので、相対的な評価は

記事を読む

Twonky Server 8.4にアップデートするのは待った方がいいかもしれない

 QNAPへの今後の対応が取り沙汰されたTwonky Serverだが、Twonky Server自

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突!OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

→もっと見る

PAGE TOP ↑