*

【音源管理の精髄】 DSDを配信可能なサーバーソフト 【ネットワークオーディオTips】

 いわゆるPCオーディオなら、USB DACと再生ソフトを用意すれば事足りるが、ネットワークオーディオの場合そうはいかない。
 音源をネットワークを通じて配信する「サーバー」が必要となる。

 すなわち、サーバーがDSDの配信に対応していないと、プレーヤーがDSDに対応していても、そもそも再生不可能という事態に陥ってしまう。
 以前の記事でも述べたが、ネットワークオーディオにおけるDSD絡みの整備はPCオーディオに比べるとだいぶ遅れている印象がある。

 というわけで、この記事ではDSDを配信可能なサーバーソフトについて、私が実際に確認したものを紹介する。
 時間的にも資金的にも気力的にも、世の中のすべてのサーバーソフトを試せるわけではないので、そのあたりはご了承いただきたい。
 なお、今回紹介するサーバーソフトに関しては、【音源管理の精髄】第4章・サーバーでも記事を書いている。ナビゲーションツリーや使用感といった詳細はそちらを参照してもらいたい。



○Twonky Server
アイコンTwonky
例えばQNAPだと、バージョン7.2.7以降でDSDの配信に対応した。
また、別にQNAPに限らず、バージョン7以降であれば、内部の記述を書き換えることでDSDに対応する。そこまでする必要はないと思うが。
シンプルによくまとまったサーバーソフトなので、DSDに対応したことを喜ぶ人も多いのではないだろうか。



○MinimServer
アイコンMinimServer
LUMINが公式に推奨しているサーバーソフトであり、初期状態でDSDに対応している。
しかし、いかんせんとっつきにくく、Twonky Serverが使えるなら素直にそっちを使ったほうがいい気がする。



○Asset UPnP
アイコンAsset UPnP
歴史ある多機能サーバーソフト。
Release 5で正式にDSD対応を果たした。



○JRiver Media Center
アイコンJRiver Media Center
純粋なサーバーソフトではなく、あくまで多機能な音楽再生ソフトのサーバー機能。
JRiver Media Centerは初期状態でDSDに対応した再生ソフトであり、そのサーバー機能も最初からDSDをサポートする。
私の環境で、LUMIN A1の試聴機に初めてDSDを配信した記念すべきソフトでもある。
ただ、純粋にサーバーとして運用するにはちょっと……というのが正直なところ。



○foobar2000 UPnP Server
アイコンFoobar2000
御存知、機能拡張による大きな可能性を秘めたソフトである。そして無料。
コンポーネントによって「UPnP対応」と「DSD対応」を同時に果たした時、ネットワーク経由でDSD音源が配信可能であることを確認した。
無料であり、すぐに試せる。foobar2000 UPnP ServerがDSD配信に対応することで、ネットワークオーディオの可能性はだいぶ広がるように思う。




 とりあえず、DSD配信に対応したものとして以上のサーバーソフトを紹介した。
 もっと他にもあると思うし、これから増えていくことだろう。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第82回『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』

画質:6 音質:5 映像はAVCでレートは目一杯。 音声はリニアPCMステレオ。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第41回『バイオハザード2 エクステンデッド・カット』

歯に衣着せぬ! 駄目なモンには容赦なく駄目出し! しかし素晴らしいモノには惜しみの無い賛

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第104回『ノーカントリー』

画質:9 音質:13 映像はAVCでビットレートは基本的に30台を推移。 音声はリニアP

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Kazoo Server 運用編

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 2014 『Linn Kazoo』

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】ヘラクレス堕つ

ドルビーアトモス第2弾 ! 『ヘラクレス』 (3D/2D Blu-Ray with Dolby At

記事を読む

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃Fun  やったぜ!

記事を読む

no image

【アプリ紹介】Marantz Remote App

●イントロダクション NA7004で国産ネットワークオーディオプレーヤーの先陣を切ったマランツだっ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第75回『ブラッド・ダイアモンド』

画質:7 音質:10 映像はVC-1で伸びないワーナー仕様。 音声はリニアPCMの16b

記事を読む

【BDレビュー】 第234回『パシフィック・リム』 北米盤

居ても立っても居られず 画質:15 音質:15 映像はAVC、音声はDTS-HD

記事を読む

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stream If you pl

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

→もっと見る

PAGE TOP ↑