*

【レビュー】 BENCHMARK DAC2 HGC 音質編

 外観・機能編はコチラ


 内部のジャンパーを動かし、ゲインを落とした。
 それでも、ボリュームノブを最適とされる11時以上まで上げるというのはなかなか厳しいのだが、少なくとも今までよりは位置が上がっている。10時50分くらいには。
 というわけで、音質についてレビューしようと思う。


・Before
LINN MAJIK DS-I
↓RCA・プリアウト
Nmode X-PW10

・After
LINN MAJIK DS-I
↓同軸デジタル
DAC2 HGC
↓XLR・プリアウト
Nmode X-PW10


・DAC/プリアンプとして

 プリアンプを別に噛ませず、DAC2 HGCから直にパワーアンプに繋いでいるせいか、とてつもない音の鮮度である。
 清廉・清冽を地で行くNmodeとの組み合わせも相まって、非常に透明感のある、引き締まった音だ。オーディオにある種の柔らかさとか、腹に響く低音の量感とか、そういったものを求める向きとは合いそうにない。
 また、極めてスピード感のある音だ。自分で書いておいて「スピード感のある音って何だ???」と思わなくもないが、とにかくそうとしか言いようがない。今まで聴いていた曲が別物のように聴こえる。余計な響きや歪みが取り去られた結果だろうか、リズムが明らかに早くなったように感じるのだ。落ち着いた感じの曲ではさほど変化を感じないが、情報量の多い、込み入った曲になると変化は歴然である。
 はたして私が欲しいのはこういう音かと言われると、もう少し滑らかな音がいいとも思うのだが、この鮮烈な音、エネルギーに満ちた音には大きな魅力がある。

 MAJIK DS-Iからの解像度の向上は著しく、微小音、それも特に打楽器や管楽器などの「急峻な立ち上がりが必要」な音の再現性が非常に高まった結果、耳に聴こえる情報量は激増した。耳を澄ませる必要もなく、今までは意識していなかった大量の音が自然と聴こえてくる。

 空間も大きく広がった。
 とはいえ、MAJIK DS-Iに比べると、上下左右への空間拡大は限定的。特筆すべきはむしろ、奥行き(前後)方向への展開である。
 先に述べたように、情報量は大幅に増した。その増えた分の音は決して飽和することなく、広くなった奥行きの中に散りばめられている。DAC2 HGCを入れたことで、今までは奥行き方向のイメージが限定的だったことに気付かされた。それなりに長い期間オーディオをやっているが、自分のシステムでここまでの奥行き表現が聴ける日が来るとは……実に喜ばしい。
 YesのRoundaboutなど、元から空間表現に優れた音源を再生した際の相乗効果はすさまじく、かつてない立体感と精緻な空間表現を味わうことができた。

 ただし、高品質な音源とイマイチな音源の差はさらに広がってしまった感がある。DAC2 HGCは特にアップサンプリングの類をしていないし、「良いものは良く、駄目な駄目なまんま」、あくまで厳格に出力するようだ。
 DAC2 HGCはイマイチな音源に対して冷酷な一面を見せる一方で、今までは特別高品質と思わなかったハイレゾ音源で急に輝くものが現れた。Natalie Merchant / Tigerlilyあたりが最たる例だ。MAJIK DS-Iでは良さを出し切れなかったのか、と今になって思う。



・ヘッドホンアンプとして

 手持ちのK701を久々に繋いで聴いてみた。
 ちなみDAC2 HGCにはヘッドホン端子が二つあるが、左側の端子に挿すとスピーカー出力が自動的にミュートになる。右側に挿すとそのまま。
 あらかじめ言っておくと、久しぶりのヘッドホンということもあり、ヘッドホンの音を表現する言葉がほとんど抜け落ちてしまっている。昔、というより私のオーディオの始まりはヘッドホンで、K701かHD650で悩んだりヘッドホンアンプにP-1を入れて大喜びしたりしていたのだが、当時に比べると随分ヘッドホンに対する感度が落ちてしまったようだ。
 端的に言って、「良いのか悪いのかわからない」。強いて言えば「K701ってこんなに細かい/尖った音を出したっけか……」と思った程度。
 こんなことしか言えない私の耳は完全にスピーカーを聴く用に最適化されてしまったようだ。よって、真面目にヘッドホン道に邁進する方々に対していい加減なことを書きたくないので、ヘッドホンアンプとしての音質評価は差し控えたい。



・総評

 DAC2 HGCの音を構成するのは鮮烈さ、容赦のないストレートさ、誤魔化しのないダイレクトさ。
 そこに甘さはないし、DACとしてイマイチな音源を拾い上げる優しさも、心地よさの演出もない。そういったものをDAC2 HGCに求めてはいけない。
 DACにはひたすら基本性能の高さを求め、とにかくスピーカーの音をダイレクトに出したいという志向には合致するだろう。




【システムまとめ】

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第62回『トロイ』

画質:9 音質:10 映像はVC-1、驚異の低ビットレート。詳細は後述。 音声はドルビー

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第151回『トランスフォーマー リベンジ』

画質:15 音質:13 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質につい

記事を読む

【音源管理の精髄】 dBpoweramp Batch Converterを使ったWAV⇔FLACの一括変換 【ネットワークオーディオTips】

 今さら、わかりきっていることだとは思うが……  とにかく「WAVか、FLACか」という不毛な

記事を読む

Roon Serverの重要性――Roon Readyを本当に活かすために必要なもの

 音楽の海を泳ぎ回れるRoonはよい。  システム構築の柔軟性と発展性を高める意味で、Roon R

記事を読む

ネットワークオーディオの現状と展望

 愚痴の書き散らし。  何度同じことを書いたかわからない。  LUMIN A1を導入

記事を読む

exaSound PlayPointがミュージックサーバー/Roon Serverになったぞ

exaSound PlayPoint  元々、PlayPointはすンごく多機能なネットワーク

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第25回『オペラ座の怪人』

画質:12 音質:12 映像はAVCでビットレートは30台を維持。 音声はリニアPCMの

記事を読む

fidataが「ミュージックサーバー」になったぞ

 対応フォーマットやら何やらは下の記事を参照。  DSD256に対応した「USB出力搭載ネットワー

記事を読む

【システム】 OPPO BDP-103

 以前に使っていたBDPはパナソニックのDMP-BDT900。  特に画質音質で不満があるわけでは

記事を読む

【音源管理の精髄】 DSDを配信可能なサーバーソフト 【ネットワークオーディオTips】

 いわゆるPCオーディオなら、USB DACと再生ソフトを用意すれば事足りるが、ネットワークオーディ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑