*

『アニソンオーディオ』を買ってみた

公開日: : 最終更新日:2014/02/17 オーディオ・ビジュアル全般, ハイレゾ音源, 雑記

1


 しかし、こんな企画がきちんと通るようになったとはたまげたなぁ……
 まぁ、ハイレゾ音源のランキングでさえこんな有様だから、なるべくしてなったという感じだろうか。色んな意味で地盤沈下の激しい業界だなホント。

 この雑誌では、

「アニソンは一般的にアニメ作品に用いられた楽曲という定義であるが、本誌ではアニメタイアップ、サウンドトラックであることはもちろん、アニメに関わる声優諸氏の単独名義作品、さらにアニメの世界と密接に結びついているゲーム音楽においても広義にアニソンと捉えることにする」

 とある。
 個人的には特撮ソングも入れてもらいたいところが、こんなもんだろう。

 内容は申し訳程度のオーディオ講座を所々に挟みつつ、基本的にはインタビューと音源紹介に終始している。

「アニソンって実はすごいこだわりを持って作られていて、それを聴くためのオーディオ機材にこだわればもっともっと楽しいぞ!」

 ということを伝えるのが本誌の本懐だろうし、その姿勢はオーディオ業界の裾野を広げるうえで必要不可欠なことだ。
 その一方で、個人的に以下の点が気になった。


・紙面にほとんどスピーカーが登場しない
・「アニソン」だけで、「アニメを見る際の音」はまったく問題にされない
とりあえず挿せば鳴るイヤホンやヘッドホンとは違って、アンプだのケーブルだのが別途必要なスピーカーは確かにハードルが高い。それは確かだが、紙面におけるスピーカーの存在は完全にオマケ状態。インタビューでも「スピーカーでも聴いてほしい」と言っているんだし、高品位なヘッドホンを紹介するのも結構だけど、後々スピーカーへ興味を持ってもらうような導線ももっとしっかり作るべきではなかったか。アニソンの前にアニメそのものを「見る」という行為がある以上、ホームシアターへの展開も含めて、ものすごく可能性のある市場が広がっていると思うんだが。もったいない。

・「萌え」に偏りすぎ
わざわざアニソンの定義にゲームを含めたのは、要はエロゲギャルゲの音源も扱いたかったから、とでも言わんばかりの選曲。
もう「アニソンオーディオ」じゃなくて「萌えオタオーディオ」にタイトルを替えたほうがいいんじゃないのか。
ある意味潔いと言えば潔いが……



 なんだかんだ言って、ここ最近買ったオーディオ雑誌(というくくりでいいのか)の中では一番楽しめたのも確か。
 ということで「アニソンオーディオ」の次は「アニメシアター」だな。
 誰か企画しないかな。



 ちなみに付属の音源はこんな感じ。

 まずWAV。
WS000210
WS000211

 ……

 次にDSD。
WS000212
WS000213

 あのさぁ……



 そして本誌の「リファレンス・アニソン10選」という記事に便乗してみた。

スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄】 再生ソフトを用いたPCのサーバー化――最も簡単なネットワークオーディオの形 【ネットワークオーディオTips】

 NASとサーバーに関するありがちな誤解に関する記事の中で、「NASがなくてもネットワークオーディオ

記事を読む

【BDレビュー】第283回『JOHN WICK / ジョン・ウィック』 北米盤 【Dolby Atmos】

画質:14 音質:9 映像:AVC 音声:Dolby Atmos

記事を読む

【レビュー】逢瀬 WATERFALL Power 400 外観編

【レビュー】逢瀬 AK4495S試作DAC 外観編  DACと一緒にパワーアンプもお借りした。

記事を読む

「DACプリ」に対するささやかな希望

 「DACプリ」と一言で言っても、実際の製品はいくつかの種類に分かれるようだ。 ①アナログ

記事を読む

【レビュー】EPSON EH-LS10000でリファレンスBD+αを見る

EPSON EH-LS10000を見てきた EPSON EH-LS10000がやってきた EPS

記事を読む

【祝】エヴァついにBD化

新世紀エヴァンゲリオン Blu-ray BOX & 新世紀エヴァンゲリオン TV放映版 DVD BO

記事を読む

【音源管理の精髄】 ネットワークオーディオのデメリットと、それを克服するために 【ネットワークオーディオTips】

 ネットワークオーディオのメリットとはその大部分が「音源をデジタルファイルとして管理運用することのメ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第84回『バンテージ・ポイント』

画質:10 音質:10 映像はAVCでビットレートはストレスなく変動。 音声はドルビーT

記事を読む

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・追記】

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / Yessongs

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / Yessongs ・購入元 HDtrac

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. バースト より:

    このアニソンオーディオ監修の岩井喬氏は金儲け主義らしく、過去に数多くの絵師さんと揉めた経緯があるようで過去にPhilewebなどで印税の記事がありましたがその事で絵師さんたちとトラブったと聞いてます。現在その記事は消えてます。
    私は何となく購入しましたがこの雑誌の内容もあまりいい印象ではなかったですね^^;
    エロゲー会社のレーベルを持ち上げていますし、彼はアコリバの工作員ですがあまりにもアコリバをヨイショしすぎだと思いました。
    こういう悪い人物だと分かっていながら購入した私も私ですがw

    • sakakihajime より:

      バーストさん

      岩井喬氏の云々はよくわかりませんが、

      ・まったく自重しないアコリバ押し
      ・あまりにも露骨なビクター押し
      ・萌えオタに媚びただけのオーディオ的にはふざけているとしか思えないレファレンス(音源・機材含めて)
      ・「そもそも大半の“アニソン”は絶対的音質において著しく劣悪」という現実を伝えていない

      という、「オーディオ」の雑誌としては色々と問題点があるのは確かだと思います。
      はたしてこの雑誌を読んでオーディオに目覚める人がいるのか、疑問です。

      とはいうものの、最近のオーディオ雑誌の中では一番楽しめました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪・神様セカンドライフ編】アオのふるさと:鬼越蒼前神社(岩手県滝沢市)

 既に地元ではない気もするが別に構うまい。  というわけでひ

NetAudio vol.28で記事を執筆しました

NetAudio vol.28 - Phile-web  昨

4,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年10月19日をもって、4,000,00

SFORZATO DSP-Doradoとfidata HFAS1-XS20を導入した

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

→もっと見る

PAGE TOP ↑