*

【システム】 Dynaudio Audience122

 思い出深い初Dynaudio、Audience122。
 東日本大震災でぶっ倒れてもなお、力強く鳴り続けている。
 私にオーディオの面白さをこれでもかと認識させてくれたスピーカーであり、私にオーディオの恐ろしさをこれでもかと叩き込んでくれたスピーカーであり、私にDynaudioと一蓮托生させる心を決めさせたスピーカーである。

 並み居る競合相手を蹴散らして自宅に迎え入れ、最初に音を聴いた時、「冷たい音を出すスピーカーだな」、と思った。
 こう言うと失望した、という意味で捉えられるかもしれないが、決してそうではない。私はむさくるしい音よりひんやりした音の方が好きだ。なんせ雪国育ちだし。その意味で、まずは選んで、買って正解だった。

 とりあえず買った状態で出てきた音に満足してしまったわけだが、それから機材を替えるたびに、まるで限界を感じさせずAudience122は追従してきた。どこまでもいい音で鳴るようになった。そして生まれた「もっといい音で鳴るはず」という呪いは、Nmode X-PW10の導入まで続いた。そこでやっと、一線を越えて「鮮やかに」鳴るようになった。「冷たい、翳りのある音」で鳴るのがDynaudioだと思っていたら、「陽を浴びた雪が七色に輝くように」色鮮やかになり始めたのである。感動もしたが、確信もした。
 「Dynaudioは……本当の意味ではなかなか鳴らない……!」
 でも本当に鳴ると凄いのよ。本当に。


現在のAudience122
Sapphireと背の高さを合わせるため、高さ36センチの手作りスタンドとトラバーチンを組み合わせて設置している
地震が来たら? ……考えてはいけない
Audience122 1_s

スパイク受けはマグネシウム製
メイン時代からずっと使っている
Audience122 足元_s


 Sapphireの導入に伴い、現在はサラウンドスピーカーとして活躍している。
 ただ、Focus200C同様、決してAVアンプごときで鳴るスピーカーではないため、本来のポテンシャルはまったく発揮していないはず。
 サラウンド再生においてどれほどの音を聴かせてくれるのか、メインから降りてなお楽しみである。



【システムまとめ】

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】 toe / For Long Tomorrow

・アーティスト / アルバムタイトル toe / For Long Tomorrow ・購入

記事を読む

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋なサーバーとしての音を聴く。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第73回『ベオウルフ』

画質:8 音質:7 映像はVC-1で10台をうろつくワーナー仕様。 音声はドルビーTRU

記事を読む

【レビュー】Roon ― 音楽鑑賞の新たな可能性

Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか Roon 導入編 Roonの「魔法」の正体 Roon 設定

記事を読む

DELA N1ZのUSB DAC接続機能を試したかった

USB出力を搭載したネットワークオーディオトランスポートについて考える  色々と大騒ぎ

記事を読む

SOtM sMS-200でSpotifyを使ってみる

SOtM sMS-200 運用・音質編  sMS-200が再び手元にやってきたので、この手の貪

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】サーバーソフトの画像配信能力をぶった斬る

 コントロールアプリ上で美しいアルバムアートを表示するためには三つの条件がある。  1、大前提

記事を読む

QNAP TS-119のアナログ電源を導入してみた

 システムまとめにも書いているが、現在私のシステムではサーバーとして600GのSSDを入れたQNAP

記事を読む

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこうと思う。  と

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第83回『機動戦士ガンダム F91』

画質:7 音質:5 映像はAVCでレートは目一杯。 音声はリニアPCMステレオ。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑