*

【システム】 Dynaudio Audience122

 思い出深い初Dynaudio、Audience122。
 東日本大震災でぶっ倒れてもなお、力強く鳴り続けている。
 私にオーディオの面白さをこれでもかと認識させてくれたスピーカーであり、私にオーディオの恐ろしさをこれでもかと叩き込んでくれたスピーカーであり、私にDynaudioと一蓮托生させる心を決めさせたスピーカーである。

 並み居る競合相手を蹴散らして自宅に迎え入れ、最初に音を聴いた時、「冷たい音を出すスピーカーだな」、と思った。
 こう言うと失望した、という意味で捉えられるかもしれないが、決してそうではない。私はむさくるしい音よりひんやりした音の方が好きだ。なんせ雪国育ちだし。その意味で、まずは選んで、買って正解だった。

 とりあえず買った状態で出てきた音に満足してしまったわけだが、それから機材を替えるたびに、まるで限界を感じさせずAudience122は追従してきた。どこまでもいい音で鳴るようになった。そして生まれた「もっといい音で鳴るはず」という呪いは、Nmode X-PW10の導入まで続いた。そこでやっと、一線を越えて「鮮やかに」鳴るようになった。「冷たい、翳りのある音」で鳴るのがDynaudioだと思っていたら、「陽を浴びた雪が七色に輝くように」色鮮やかになり始めたのである。感動もしたが、確信もした。
 「Dynaudioは……本当の意味ではなかなか鳴らない……!」
 でも本当に鳴ると凄いのよ。本当に。


現在のAudience122
Sapphireと背の高さを合わせるため、高さ36センチの手作りスタンドとトラバーチンを組み合わせて設置している
地震が来たら? ……考えてはいけない
Audience122 1_s

スパイク受けはマグネシウム製
メイン時代からずっと使っている
Audience122 足元_s


 Sapphireの導入に伴い、現在はサラウンドスピーカーとして活躍している。
 ただ、Focus200C同様、決してAVアンプごときで鳴るスピーカーではないため、本来のポテンシャルはまったく発揮していないはず。
 サラウンド再生においてどれほどの音を聴かせてくれるのか、メインから降りてなお楽しみである。



【システムまとめ】

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第10回『ミッション・インポッシブル3』

なんだかんだ言ってこのヤケクソ視聴記も10回目を数えました。 色々思うことはありますが、それはおま

記事を読む

ホームシアターにおけるプロジェクターの行く末

 CES2015雑感でも書いたが、別にCESに限った話ではなく、ここ最近の「ホームシアター用プロジェ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】サーバーソフトの画像配信能力をぶった斬る

 コントロールアプリ上で美しいアルバムアートを表示するためには三つの条件がある。  1、大前提

記事を読む

SOtM sMS-200にアナログ電源を使ってみる

SOtM sMS-200 運用・音質編  外付けHDDやNASといった純PC周辺機器に付属

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第196回『デスペラード』

画質:7 音質:14 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの16bit 画質について

記事を読む

コンテンツに貴賎なし

 画質が良かろうが悪かろうが、音質が良かろうが悪かろうが、どんな機材や環境で再生・鑑賞しようが、作品

記事を読む

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年は当ブログにお越しいただきあり

記事を読む

canarino Fils あらためてソフト編

canarino Fils ― デジタル・ファイル再生の原器 ついにデジタル・ファイル再生の原器を

記事を読む

LUMIN A1、導入1周年!

 近景  見栄えを重視して? なんとなくシンメトリーにしてみた。  L1のHDDの振

記事を読む

【BDレビュー】第292回『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』

画質:8 音質:8 映像:AVC 音声:リニアPCM 5.1ch 16bit

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

→もっと見る

PAGE TOP ↑