*

【システム】 Dynaudio Focus200C

公開日: : 最終更新日:2014/04/11 Dynaudio, オーディオ・ビジュアル全般, システム・機器

 映画のサラウンド再生において、センタースピーカーは必要か不要かという議論がある。
 非常に難しい問題である。
 どちらにもメリットがあり、どちらにもデメリットがある。

 ちなみに私は、「必要」派だ。
 俳優の声が画面に強固に定位するというのは勿論ある。しかし、センタースピーカーは必ずしもダイアローグだけを再生するスピーカーではない。
 よく聴けばわかることだが、BGMと効果音の殆どは、実はセンタースピーカーからも出力されている。すなわち、優れたセンタースピーカーを設置することは、サラウンド再生において音の包囲感と情報量を大いに向上させる。これを使わない手はない、というのが私の論だ。

 Focus200Cは三代目のセンタースピーカーになる。
 初代はパイオニアの一本5000円くらいの型番も忘れたスピーカー、二代目はAudioProのImage22。
 このAudioproというのは大したメーカーで、製品自体は安価だが、日本製ではとても味わえないような鮮やかで抜けの良い音を出す。北欧(スウェーデンだっけ?)のスピーカーのくせに、まるで南国を思わせる色鮮やかな音を出すメーカーだった。AudioProは私に海外製スピーカーの魅力を教えてくれたし、Image22はセンタースピーカーの存在意義を理解させてくれた。実に思い出深いスピーカーである。

 ただ、フロントスピーカーをDynaudioのAudience122に替えてから、センタースピーカーの性能に不満が芽生えてきた。
 分解能やらレンジやらといった性能面においても、Dynaudioの冷涼さにあわせる音色の面においても。
 しかし、当時既にAudienceシリーズはディスコン。まさにAudience122のために作られたようなAudience122Cを手に入れることはもはや叶わない。
 ならば、と選んだのが、シリーズとしてひとつ上位に位置するFocus200Cである。


ヤマハのGTラックの上に鎮座するFocus200C
埃を払わないと……
Focus200C_s


 こうしてやってきたFocus200Cにより、映画におけるダイアローグの再生は一変した。例えば『レッド・ドラゴン』における恐るべき情念の深みは南国情緒漂うImage22では再生できなかった類の、冷気と翳りを湛えるDynaudioならではの再現性と言える。
 ちなみにFocus200Cの最初の出番はヱヴァ序のBDだった。たまたま同じ日にやってきたもんで、なかなか鮮烈な初舞台となった。
 Focus200Cで音楽を聴くわけではないので、厳密な比較は難しいのだが、音質的なポテンシャルは間違いなくAudience122を凌駕していた。それが顕著にわかるのが、『プライベート・ライアン』の冒頭の上陸戦。火を吹く機関銃が画面の右から左に流れていくシーンがある。音もまたフロントライト→センター→フロントレフトのようにリニアに移動するという地味な魅せ場だ。そのシーンにおいて、明らかに音の存在感も威力も何もかも、センターに音がやってきた瞬間が一番良いのである。映画を見る際、フロント2本をAVバイパスをするのを忘れていても、普通にセンターだけで違和感なく一本見てしまうなんてことも……

 唯一問題があるとすれば、Dynaudioの他の例に漏れず、そもそもAVアンプで鳴るようなスピーカーではないだろう、ということだ。
 現在使っているSC-LX85ですら、Focus200Cを鳴らせているとはまったく思わない。一線を越えたDynaudioが見せる「極彩色の輝き」を、まだダイアローグの再生において目にしていないからだ。Audience122ですら「鳴った!!!」と確信するまでに巨大な労力を要している。さらにその上に位置するFocus200Cの潜在能力は、失礼ながらAVアンプごときで掘り起こせるものではないはずだ。

 サラウンド再生のシステムに組み込まれている以上、Focus200Cを輝かせるにはステレオとはまた違った方法論が必要になるとは思うが、今後の大化けが非常に楽しみだ。



【システムまとめ】

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips】プレーヤーがOpenHome対応か否かを確認する方法

 ちょっと思うところがあったので書く。  方法はものすごく簡単。  Linn Kaz

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第222回『となりのトトロ』

あらためて見るとなんだこの神作画のオンパレードは……たまげたなぁ…… 画質:10 音質:1

記事を読む

【ホームシアターでゲームをしよう!】記事まとめ

 でかい画面とすごい音で遊べば、ゲームはもっと面白くなる。  ホームシアターでゲームを

記事を読む

UHD BDとNetflixと映像鑑賞の未来

 今となっては遠い昔……  BDの登場前後はユーザーもメーカーも業界も全部ひっくるめて、と

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Creation 5』(iPhone版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第121回『スターウォーズ クローンウォーズ』

画質:9 音質:8 映像はVC-1でビットレートは割と低め、高くても30に届く程度。 音

記事を読む

【OpenHome】TEAC NR-7CD

 せめて私だけでも、OpenHomeはいいぞと言い続けよう。  それはそうと、(わりと前から)

記事を読む

【BDレビュー】第284回『思い出のマーニー』

画質:15 音質:9 映像:AVC・MGVC 音声:DTS-HD Mast

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第46回『プレステージ』

ミュータントの人とガン=カタの人が火花を散らす映画です。 ガン=カタの人はターミネーターの新シ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Keith Jarrett / The Koln Concert

・アーティスト / アルバムタイトル Keith Jarrett / The Koln Conce

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

→もっと見る

PAGE TOP ↑