*

【システム】 Dynaudio Focus200C

公開日: : 最終更新日:2014/04/11 Dynaudio, オーディオ・ビジュアル全般, システム・機器

 映画のサラウンド再生において、センタースピーカーは必要か不要かという議論がある。
 非常に難しい問題である。
 どちらにもメリットがあり、どちらにもデメリットがある。

 ちなみに私は、「必要」派だ。
 俳優の声が画面に強固に定位するというのは勿論ある。しかし、センタースピーカーは必ずしもダイアローグだけを再生するスピーカーではない。
 よく聴けばわかることだが、BGMと効果音の殆どは、実はセンタースピーカーからも出力されている。すなわち、優れたセンタースピーカーを設置することは、サラウンド再生において音の包囲感と情報量を大いに向上させる。これを使わない手はない、というのが私の論だ。

 Focus200Cは三代目のセンタースピーカーになる。
 初代はパイオニアの一本5000円くらいの型番も忘れたスピーカー、二代目はAudioProのImage22。
 このAudioproというのは大したメーカーで、製品自体は安価だが、日本製ではとても味わえないような鮮やかで抜けの良い音を出す。北欧(スウェーデンだっけ?)のスピーカーのくせに、まるで南国を思わせる色鮮やかな音を出すメーカーだった。AudioProは私に海外製スピーカーの魅力を教えてくれたし、Image22はセンタースピーカーの存在意義を理解させてくれた。実に思い出深いスピーカーである。

 ただ、フロントスピーカーをDynaudioのAudience122に替えてから、センタースピーカーの性能に不満が芽生えてきた。
 分解能やらレンジやらといった性能面においても、Dynaudioの冷涼さにあわせる音色の面においても。
 しかし、当時既にAudienceシリーズはディスコン。まさにAudience122のために作られたようなAudience122Cを手に入れることはもはや叶わない。
 ならば、と選んだのが、シリーズとしてひとつ上位に位置するFocus200Cである。


ヤマハのGTラックの上に鎮座するFocus200C
埃を払わないと……
Focus200C_s


 こうしてやってきたFocus200Cにより、映画におけるダイアローグの再生は一変した。例えば『レッド・ドラゴン』における恐るべき情念の深みは南国情緒漂うImage22では再生できなかった類の、冷気と翳りを湛えるDynaudioならではの再現性と言える。
 ちなみにFocus200Cの最初の出番はヱヴァ序のBDだった。たまたま同じ日にやってきたもんで、なかなか鮮烈な初舞台となった。
 Focus200Cで音楽を聴くわけではないので、厳密な比較は難しいのだが、音質的なポテンシャルは間違いなくAudience122を凌駕していた。それが顕著にわかるのが、『プライベート・ライアン』の冒頭の上陸戦。火を吹く機関銃が画面の右から左に流れていくシーンがある。音もまたフロントライト→センター→フロントレフトのようにリニアに移動するという地味な魅せ場だ。そのシーンにおいて、明らかに音の存在感も威力も何もかも、センターに音がやってきた瞬間が一番良いのである。映画を見る際、フロント2本をAVバイパスをするのを忘れていても、普通にセンターだけで違和感なく一本見てしまうなんてことも……

 唯一問題があるとすれば、Dynaudioの他の例に漏れず、そもそもAVアンプで鳴るようなスピーカーではないだろう、ということだ。
 現在使っているSC-LX85ですら、Focus200Cを鳴らせているとはまったく思わない。一線を越えたDynaudioが見せる「極彩色の輝き」を、まだダイアローグの再生において目にしていないからだ。Audience122ですら「鳴った!!!」と確信するまでに巨大な労力を要している。さらにその上に位置するFocus200Cの潜在能力は、失礼ながらAVアンプごときで掘り起こせるものではないはずだ。

 サラウンド再生のシステムに組み込まれている以上、Focus200Cを輝かせるにはステレオとはまた違った方法論が必要になるとは思うが、今後の大化けが非常に楽しみだ。



【システムまとめ】

スポンサーリンク


関連記事

【Munich HIGH END 2016】記事まとめ

 このブログで取り上げたもの。 Dynaudio The New Contour O

記事を読む

no image

【BDレビュー】第70回『時をかける少女』

画質:15 音質:8 映像はAVCで30台後半中心の超ハイビットレート。 音声はドルビーTR

記事を読む

【おしらせ】春のヘッドホン祭2015に参加します

フジヤエービック 春のヘッドホン祭り2015 新製品発表会 日時:5/17(日) 14:00~

記事を読む

4年以上前のノートPCでRoonは快適に使えるか?

4年以上前のノートPCでRoon Remoteは快適に使えるか?  前回の続き。  Roon

記事を読む

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』こそがネットワークオーディオの

記事を読む

【ネットワークオーディオ】 iPadに最も美しいアルバムアートを表示するコントロールアプリは?

※この記事は2012年5月15日と17日に書かれたものを統合、修正を加えたものです 手

記事を読む

【音源管理の精髄】 『タグ』に関するありがちな誤解 【ネットワークオーディオTips】

 前回と前々回の記事によって、タグの何たるかはだいぶわかってもらえたと思う。  それを踏まえて

記事を読む

no image

【BDレビュー】第156回『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』

画質:13 音質:13 映像はAVC、ビットレートは非常に高め 音声はDTS-HDMAの

記事を読む

LUMIN L1 続・運用&サーバーソフト編

○前の記事○ 運用編 サーバーソフト編  はじめに。  以前全力でツッコミを入れた、

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第223回『超時空要塞マクロス ~愛・おぼえていますか~』

画質:1 音質:9 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第20回・特別篇『君の名は。』

思ひつつ 寝ればや人の 見えつらむ 夢と知りせば 覚めざらましを

ESOTERIC N-01

エソテリック、最上位ネットワークプレーヤー/USB-DAC「N-01」

OPPO Sonica DACに贈り物をしよう

 というわけで企画記事を書きました。 話題のOPPO「Son

NetAudio vol.27で記事を執筆しました

 本日発売。  今回は、ありそうでなかった「やりたいこと

【祝】『ターミネーター2』がUHD BD化

StudioCanal: Remastered Terminator

HiVi 2017年8月号で『君の名は。』を含む新海誠監督作品の記事を執筆しました

 本日発売。 月刊HiVi 8月号 7/15発売 家で観

LG OLED55B6P ― ブラウン管の呪縛からの解放

レーザー光源プロジェクターと有機ELテレビとブラウン管の呪縛 画質を

エイサーの4K/HDR対応液晶ディスプレイ「ET430Kwmiiqppx」

エイサー、実売7万円でHDR/4K対応の43型液晶ディスプレイ - a

【祝】ついにディズニーからUHD BDがリリース――第一弾は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』

James Gunn Confirms Guardians of th

パケットビデオ・ジャパンが……解散

パケットビデオ・ジャパンが解散。Twonky Beamやbonoboな

【イベント報告】7/1にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行いました

予告編:7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

【祝】『ブレードランナー』がUHD BD化

Blu-ray.comのニュース Warner Bros. Ho

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

→もっと見る

PAGE TOP ↑