*

【システム】 Dynaudio Focus200C

公開日: : 最終更新日:2014/04/11 Dynaudio, オーディオ・ビジュアル全般, システム・機器

 映画のサラウンド再生において、センタースピーカーは必要か不要かという議論がある。
 非常に難しい問題である。
 どちらにもメリットがあり、どちらにもデメリットがある。

 ちなみに私は、「必要」派だ。
 俳優の声が画面に強固に定位するというのは勿論ある。しかし、センタースピーカーは必ずしもダイアローグだけを再生するスピーカーではない。
 よく聴けばわかることだが、BGMと効果音の殆どは、実はセンタースピーカーからも出力されている。すなわち、優れたセンタースピーカーを設置することは、サラウンド再生において音の包囲感と情報量を大いに向上させる。これを使わない手はない、というのが私の論だ。

 Focus200Cは三代目のセンタースピーカーになる。
 初代はパイオニアの一本5000円くらいの型番も忘れたスピーカー、二代目はAudioProのImage22。
 このAudioproというのは大したメーカーで、製品自体は安価だが、日本製ではとても味わえないような鮮やかで抜けの良い音を出す。北欧(スウェーデンだっけ?)のスピーカーのくせに、まるで南国を思わせる色鮮やかな音を出すメーカーだった。AudioProは私に海外製スピーカーの魅力を教えてくれたし、Image22はセンタースピーカーの存在意義を理解させてくれた。実に思い出深いスピーカーである。

 ただ、フロントスピーカーをDynaudioのAudience122に替えてから、センタースピーカーの性能に不満が芽生えてきた。
 分解能やらレンジやらといった性能面においても、Dynaudioの冷涼さにあわせる音色の面においても。
 しかし、当時既にAudienceシリーズはディスコン。まさにAudience122のために作られたようなAudience122Cを手に入れることはもはや叶わない。
 ならば、と選んだのが、シリーズとしてひとつ上位に位置するFocus200Cである。


ヤマハのGTラックの上に鎮座するFocus200C
埃を払わないと……
Focus200C_s


 こうしてやってきたFocus200Cにより、映画におけるダイアローグの再生は一変した。例えば『レッド・ドラゴン』における恐るべき情念の深みは南国情緒漂うImage22では再生できなかった類の、冷気と翳りを湛えるDynaudioならではの再現性と言える。
 ちなみにFocus200Cの最初の出番はヱヴァ序のBDだった。たまたま同じ日にやってきたもんで、なかなか鮮烈な初舞台となった。
 Focus200Cで音楽を聴くわけではないので、厳密な比較は難しいのだが、音質的なポテンシャルは間違いなくAudience122を凌駕していた。それが顕著にわかるのが、『プライベート・ライアン』の冒頭の上陸戦。火を吹く機関銃が画面の右から左に流れていくシーンがある。音もまたフロントライト→センター→フロントレフトのようにリニアに移動するという地味な魅せ場だ。そのシーンにおいて、明らかに音の存在感も威力も何もかも、センターに音がやってきた瞬間が一番良いのである。映画を見る際、フロント2本をAVバイパスをするのを忘れていても、普通にセンターだけで違和感なく一本見てしまうなんてことも……

 唯一問題があるとすれば、Dynaudioの他の例に漏れず、そもそもAVアンプで鳴るようなスピーカーではないだろう、ということだ。
 現在使っているSC-LX85ですら、Focus200Cを鳴らせているとはまったく思わない。一線を越えたDynaudioが見せる「極彩色の輝き」を、まだダイアローグの再生において目にしていないからだ。Audience122ですら「鳴った!!!」と確信するまでに巨大な労力を要している。さらにその上に位置するFocus200Cの潜在能力は、失礼ながらAVアンプごときで掘り起こせるものではないはずだ。

 サラウンド再生のシステムに組み込まれている以上、Focus200Cを輝かせるにはステレオとはまた違った方法論が必要になるとは思うが、今後の大化けが非常に楽しみだ。



【システムまとめ】

スポンサーリンク


関連記事

Roon 1.3の諸々 再生機能編

 Roon 1.3! Roon 1.3 Is Live! - Roon Labs

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第88回『ゴッドファーザー PART3』

赤い画。 画質:7 音質:9 映像はAVC、ビットレートは多少頭打ち感あり。

記事を読む

【ネットワークオーディオ】 iPadに最も美しいアルバムアートを表示するコントロールアプリは?

※この記事は2012年5月15日と17日に書かれたものを統合、修正を加えたものです 手

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / BUTTERFLY

・アーティスト / アルバムタイトル fox capture plan / UNDER

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第119回『羊たちの沈黙』

すげー久々に見たFOXのクソ手抜きやっつけ仕事 たまげたなぁ 画質:5 音質:5

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】iTunesのコントロールアプリ 『Remote』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  要は、オーディオ部屋で椅子に座った瞬間、PCの

記事を読む

【BDレビュー】第310回『ターミネーター:新起動/ジェニシス』 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14→15 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第2位『スパイダーマン 3』 ― 4Kの胎動

【BDレビュー】第14回『スパイダーマン3』  BDに収録されている映像の解像度は

記事を読む

【レビュー】 BENCHMARK DAC2 HGC 外観・機能編

 導入&写真はコチラ。  とある理由(後述)により詳細な音質評価はまた後日。 ・

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第142回『七人の侍』 東宝盤

画質:5 音質:無評価 映像はAVC、音声はモノラルで見たのでそれ以外は不明。5.1chド

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

→もっと見る

PAGE TOP ↑