*

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

公開日: : 最終更新日:2017/03/23 創作, 地元ネタ, 湯沢市, 秋田, 羽後町, 菅江真澄

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です

※この記事はFAN AKITAプロジェクトページ「活動報告」への投稿と同内容です


小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト – FAN AKITA


 江戸時代の紀行家・菅江真澄(すがえますみ)が残した文章と絵をもとに、秋田県雄勝郡を歩いた彼の足跡を辿り、その行程を綴った紀行文を本にするプロジェクトです。



菅江真澄と歩く
二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡

第十章
「神杉の座はかく語りき」



 紀行文『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』を締めくくるのは羽後町の三輪神社です。
 『勝地臨毫 出羽国雄勝郡』第三巻は羽後町の絵を収録していますが、その大半が三輪神社に関連する絵です。そして他の巻がそうであるように神社や周辺の光景を描いたものだけでなく、三輪神社が所蔵する数々の「宝物」の絵が含まれることが大きな特徴と言えます。


 こちらが今に名高き三輪神社です。





 真澄が訪れた二百年前と比べると、三輪神社も、神社周辺の光景も、大きく様変わりしました。
 特に「杉宮」の地名の元となった神杉の群立つ林は、今ではすっかり小さくなってしまいました。

 しかし、大鳥居に向かう道も、道脇の水路も、よくよく真澄の絵を照らし合わせれば、かつての姿を思い浮かべることは今でもできます。






 宝物は様々なものが描かれていますが、「鎗」や「刀」、他には「鏃」など、武具が多い印象です。
 三輪神社は本社の三輪神社の他に八幡神社と須賀神社が合祀されており、長く続いた武士の時代では特に八幡神社が篤く信仰されました。武具が多かったのはそのせいでしょうか。





 
 真澄が描いた三輪神社の宝物の中で、残存するものの大部分は現在羽後町歴史民俗資料館に保管されています。
 先ほどの「鎗」と「刀」もあります。





 ちなみに嘘か真か、この刀は小野寺氏の祖・藤原秀郷が「蜈蚣」を斬った「勢田丸霊剣」として伝えられています。
 普段は資料館の倉庫にしまわれているのですが、幸運にして私は刀身を目にすることができました。

 その姿は、なんと…………


 ……是非、完成した本の中でお確かめください。



 「昔のものが今も変わらず残っていること」だけが歴史なのではありません。
 「変わること」や「無くなること」も、時間の経過の中でひとつの流れとして捉えれば、それもまた紛れもない歴史なのです。

 菅江真澄という人物の視点から私の地元を見つめ直した体験を、多くの人と共有できれば幸いです。

スポンサーリンク


関連記事

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第八章「光ことなる錦秋の宮」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です ※この記事はF

記事を読む

【地元探訪・小野小町編】桐善寺(湯沢市桑崎字平城)

秋田県湯沢市雄勝町の小野小町伝承  小野小町は深草少将が亡くなった後、少将が仮の宿

記事を読む

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第七章「風渡る山姫の幽谷」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です ※この記事はF

記事を読む

【地元探訪・小野小町編】桐木田の井戸(湯沢市小野字桐木田)

秋田県湯沢市雄勝町の小野小町伝承  小野良実と大町子が出会い、比古姫(後の小野小町

記事を読む

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第六章「恵み色濃き深碧の淵」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です ※この記事はF

記事を読む

【地元探訪】三吉神社(湯沢市古館山)

 お沢稲荷の横の道を進んでいくと、  まず火伏地蔵があり、  どなたかの顕彰碑が

記事を読む

【地元探訪】村境の仁王像(湯沢市関口)

 湯沢市関口、厳密な意味での関口村の南北の境には仁王像が立っている。  南側の仁王像。  こ

記事を読む

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA  江戸時代の紀行家・

記事を読む

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です 小町ゆかりの地

記事を読む

【地元探訪】三関フルーツラインの金精様(湯沢市上関)

 関口の阿形の仁王像がある交差点から、下関・上関と続く道がある。  さくらんぼやりんご畑の中をひた

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑