*

TIDAL MASTERS with MQA

公開日: : 最終更新日:2017/01/12 PC・ネットワークオーディオ関連, Roon, オーディオ・ビジュアル全般

TIDAL MASTERS

TIDAL is delivering master-quality audio recordings directly from the source to HiFi members — an audio experience exactly as the artist intended — in partnership with MQA.


 とうとう音楽ストリーミングサービスも来るところまで来た感。

 TIDAL MASTERSの詳細は以下の記事が詳しい。

Tidal master quality audio NEW – MONO and STEREO


 とりあえず現時点で(あるいはずっと?)TIDAL MASTERSの音源はTIDALのデスクトップアプリでしか使えないということなので、早速試してみた。画像はクリックで拡大。
【ページ下部に追記あり】


 起動するとででんと告知が。
 TIDALにとって、ユーザーにより上位のコースである「TIDAL HiFi」への移行を促す格好の材料ともなっているようだ。


 HiFi / Masterを選択


 「What’s New」→「Albums」から「Masters」を選択


 おッ……


 おォッ……


 サービス開始時点で結構な数の「Master」のアルバムが用意されている。
 「Joni Mitchell / Blue」や「Yes / Close To The Edge」もある。

 TIDAL MASTERSの音源は再生すると右下に「MASTER」と表示される。



 しかし、MQAに対応するDACか……
 うーむ……



【追記】

 RoonでTIDAL MASTERSは使える/聴けるのかと試してみた。

 TIDAL MASTERSに含まれている「Enya / Dark Sky Island (Delux)」をRoonで見る。
 ン……?


 ……


 ……!?


 もちろん他にも。




 Roonの画面上には(現時点では当然ながら)TIDAL MASTERSを示す情報は一切ないものの、FLAC/24bitバージョンが用意されている。
 これらはDAC次第できちんとMQAとしてデコードされる、すなわちTIDAL MASTERSの音源なのだろうか。
 もしそうなら、

All you need is a TIDAL HiFi membership to access thousands of master-quality albums only through the TIDAL desktop application.


 と言いつつ、他のアプリとの連携でもTIDAL MASTERSの音源が聴けるということになる。未来は明るい。


 ちなみに、RoonでMQAの音源をMQA非対応のDACを使って再生するとこうなる。


 →こういうことだった。



TIDALがもたらすもの


Qobuzがハイレゾストリーミングを開始

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

no image

【アプリ紹介】Marantz Remote App

●イントロダクション NA7004で国産ネットワークオーディオプレーヤーの先陣を切ったマランツだっ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第147回『コンタクト』

言葉では……とても表現できない! 詩人を……詩人を乗せるべきだった!! 大好きなSF映画である。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第119回『羊たちの沈黙』

すげー久々に見たFOXのクソ手抜きやっつけ仕事 たまげたなぁ 画質:5 音質:5

記事を読む

LUMIN T1 音質編

 まずT1。 ○再生/比較環境 LUMIN A1 LUMIN L1(HDD 2

記事を読む

【オブジェクトベースシアターへの道】DTS:Xはどうなる?

DTS:X!!!  3月中に発表するとか言っておきながらなしのつぶてとはいったいどうい

記事を読む

【インプレッション】逢瀬 WATERFALL Power 400 外観編

【インプレッション】逢瀬 AK4495S試作DAC 外観編  DACと一緒にパワーアンプもお借

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第117回『トレインスポッティング』

画質:7 音質:8 映像はAVCでビットレートは30台以上で高めに安定。 音声はドルビー

記事を読む

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて

 HDRやら色域の拡大やら、業界はBDに対するUHD BDの優位性は解像度だけではないとしきりに叫ん

記事を読む

【システム】 Pioneer SC-LX85

 Marantz PS4500 → Sony TA-DA3200ES → Marantz SR600

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Bloodborne

・アーティスト / アルバムタイトル Various Artists / Bloodb

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. atsushi より:

    Auralic ALTAIRをRoonで鳴らしてますが、ハイレゾでロスレス再生できています。

    • sakakihajime より:

      atsushiさん

      確認して追記しました。
      コメントありがとうございました。

      • atsushi より:

        ありがとうございます。参考になります。
        ご指摘のようにMasters表記はないし、Auralic ALTAIRはMQAに対応していない(はず)なので、なんとも心もとないんですが…

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【インプレッション】fidata HFAS1-XS20 外観編

【レビュー】fidata HFAS1 fidata HFAS1-

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「神杉の座はかく語りき」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第九章「馨る女神の御膝元」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第八章「光ことなる錦秋の宮」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

Twonky Server 8.4にアップデートするのは待った方がいいかもしれない

 QNAPへの今後の対応が取り沙汰されたTwonky Serverだが

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第七章「風渡る山姫の幽谷」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第六章「恵み色濃き深碧の淵」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

ポタ研の中のデジ研

ポータブルしないオーディオイベント「デジ研」、ポタ研と同時開催 - P

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第五章「雄勝の背骨に麒麟舞う」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】OPPO Sonica DAC 音質編

導入・外観編 ネットワーク編 ・再生環境(詳細)

【ハイレゾ音源備忘録】Marcus Miller / Afrodeezia

・アーティスト / アルバムタイトル Marcus Mi

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / BUTTERFLY

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【レビュー・更新】OPPO Sonica DAC ネットワーク編

導入・外観編 音質編  USB入力と比べて対応フォ

【レビュー】OPPO Sonica DAC 導入・外観編

ネットワーク編 音質編  待ちに待ったOPPO S

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNDERGROUND

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第四章「湯澤の山の上と下」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave One

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

Roon 1.3の諸々 再生機能編

 Roon 1.3! Roon 1.3 Is Live!

→もっと見る

PAGE TOP ↑