*

TIDAL MASTERS with MQA

公開日: : 最終更新日:2017/01/12 PC・ネットワークオーディオ関連, Roon, オーディオ・ビジュアル全般

TIDAL MASTERS

TIDAL is delivering master-quality audio recordings directly from the source to HiFi members — an audio experience exactly as the artist intended — in partnership with MQA.


 とうとう音楽ストリーミングサービスも来るところまで来た感。

 TIDAL MASTERSの詳細は以下の記事が詳しい。

Tidal master quality audio NEW – MONO and STEREO


 とりあえず現時点で(あるいはずっと?)TIDAL MASTERSの音源はTIDALのデスクトップアプリでしか使えないということなので、早速試してみた。画像はクリックで拡大。
【ページ下部に追記あり】


 起動するとででんと告知が。
 TIDALにとって、ユーザーにより上位のコースである「TIDAL HiFi」への移行を促す格好の材料ともなっているようだ。


 HiFi / Masterを選択


 「What’s New」→「Albums」から「Masters」を選択


 おッ……


 おォッ……


 サービス開始時点で結構な数の「Master」のアルバムが用意されている。
 「Joni Mitchell / Blue」や「Yes / Close To The Edge」もある。

 TIDAL MASTERSの音源は再生すると右下に「MASTER」と表示される。



 しかし、MQAに対応するDACか……
 うーむ……



【追記】

 RoonでTIDAL MASTERSは使える/聴けるのかと試してみた。

 TIDAL MASTERSに含まれている「Enya / Dark Sky Island (Delux)」をRoonで見る。
 ン……?


 ……


 ……!?


 もちろん他にも。




 Roonの画面上には(現時点では当然ながら)TIDAL MASTERSを示す情報は一切ないものの、FLAC/24bitバージョンが用意されている。
 これらはDAC次第できちんとMQAとしてデコードされる、すなわちTIDAL MASTERSの音源なのだろうか。
 もしそうなら、

All you need is a TIDAL HiFi membership to access thousands of master-quality albums only through the TIDAL desktop application.


 と言いつつ、他のアプリとの連携でもTIDAL MASTERSの音源が聴けるということになる。未来は明るい。


 ちなみに、RoonでMQAの音源をMQA非対応のDACを使って再生するとこうなる。


 →こういうことだった。



TIDALがもたらすもの


Qobuzがハイレゾストリーミングを開始

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

Roonの「魔法」の正体

前記事 Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか Roon 導入編  RoonのOv

記事を読む

ジャングルジムのような何かを作った

 …………  …………!  …………!!

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・サウンドシティ

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  7月4日と

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】7.1.4ch ドルビー Atmos TrueHD……?

「ゼロ・グラビティ」Dolby Atmos収録版BDが来年2月発売 - Phile-web

記事を読む

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化へ。TEACやLUXMANら8

記事を読む

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UPnP 導入・設定・運用編

記事を読む

【UHD BDレビュー】第23回『エイリアン:コヴェナント』 米国盤 【Dolby Atmos】

 40年近くの時を経てついにリドリー・スコットがゼノモーフを撮る。  もうそれだけで面

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第190回『KICK-ASS』 北米盤

やる気無さすぎの日本版はスルー余裕でした 画質:8 音質:13 映像はAVC、音

記事を読む

【UHD BDレビュー】第24回『マグニフィセント・セブン』 【Dolby Atmos】

画質:8 音質:13 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:HEVC 

記事を読む

【レビュー】LUMIN L1 ― 未完の高音質Network “Audio” Storage

 実際に導入したのでインプレッションからレビューに昇格。 LUMIN L1来たる 導入!

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. atsushi より:

    Auralic ALTAIRをRoonで鳴らしてますが、ハイレゾでロスレス再生できています。

    • sakakihajime より:

      atsushiさん

      確認して追記しました。
      コメントありがとうございました。

      • atsushi より:

        ありがとうございます。参考になります。
        ご指摘のようにMasters表記はないし、Auralic ALTAIRはMQAに対応していない(はず)なので、なんとも心もとないんですが…

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

SFORZATO DSP-Doradoとfidata HFAS1-XS20を導入した

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

→もっと見る

PAGE TOP ↑