*

【地元探訪】君は小野小町の生まれ在所を知っているか

公開日: : 最終更新日:2016/11/30 地元ネタ, 小野小町, 湯沢市, 秋田

コラ、秋田の女ご何どしてきれ(い)だと聞くだけ野暮だんす(アーソレソレ)
小野小町の生まれ在所お前(め)はん知らねのげ

 wikipedia「秋田音頭」 より


 歴史を学んできた身として、せっかく帰ってきた地元の歴史をアレコレしようとする者として、絶対に避けて通れない存在がいる。

 小野小町である。

 秋田県湯沢市雄勝町は、「小野小町の生誕と終焉の地」として有名である。

201610280107小野小町


 秋田新幹線「こまち」。
 秋田の誇る米「あきたこまち」。
 なぜか読売の「大手小町」。

 いたるところに溢れる「小町」、その大元こそ「小野小町」である。
 「秋田美人」というイメージ、その原型こそ「小野小町」である。

 世界三大美人の一人だったり六歌仙の一人だったり犬に食わせたりあなめあなめだったり、小野小町と言えば何かと話題には事欠かない。
 私の地元に、こんなにも歴史的にメジャーな人物がいるなんて!

 しかし、小野小町について確かなものといえば古今和歌集に選出された歌と紀貫之による評伝くらいなもので、数多の伝説と創作文学によって厚く塗り込められた結果、伝承地だけでも軽く百を越す有様だという。どこで生まれ、どのように育ち、過ごし、老い、死んでいったのか、小野小町の実像は茫として掴み難い。

 とはいえ、私は基本的に「火のない所に煙は立たぬ」という姿勢である。小野小町に関する伝承が残るからには、その伝承の元になった「何か」があったのだと考えている。


 実際に雄勝町では、道を歩けば小町に出会う。
201610280102
201610280101

 立派なパンフレットも用意されている。
201610280105
201610280106

 もちろん、そもそもの文献史料が乏しい(というよりほとんど存在しない)以上、雄勝町こそが小野小町の生誕の地であり他の伝承地はみんな嘘っぱち、などと言うつもりは毛頭ない。
 それでも、雄勝町における小野小町に関する伝承と史跡は、質・量ともに群を抜いていることもまた事実である。

 パンフレットにはそんな小町史跡の地図も用意されている。
 (拡大して見てね)
201610280103

 パンフレットの裏面を拡大して、これが雄勝町に伝わる小野小町の軌跡。
 色々とツッコミどころはあるが、とりあえずこまけえことはいいんだよ。
201610280104


 この【地元探訪】では、文献学的歴史研究だのなんだのかんだの、そういった小難しい話は抜きにして、ただただ、地元で綿々と大切にされてきた小野小町の諸相を、地元民の視線で紹介していきたい。

 雄勝町の小町伝承を織り交ぜながら、まずはパンフレットにもある史跡巡りから始めようと思う。



【地元探訪】記事まとめ

言の葉の穴は「神様セカンドライフ」を応援しています

【創作・地元ネタ】まとめ

スポンサーリンク


関連記事

「神様セカンドライフ」に地元が登場したので居ても立ってもいられず現地に行ってきた

 県南……もとい雄勝郡の存在感が薄すぎるとか言ってほんとごめんなさい。 神様セカンドライフ

記事を読む

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第四章「湯澤の山の上と下」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です ※この記事はF

記事を読む

漫画が出ました!

 地域密着型伝奇漫画『十文字綺譚 クロス・ストーリー』が発売されました!  オビから何から

記事を読む

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第三章「彼岸の真白なる静寂」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です ※この

記事を読む

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA マスミスタイルの

記事を読む

【地元探訪・小野小町編】長鮮寺跡(湯沢市桑崎字平城)

秋田県湯沢市雄勝町の小野小町伝承  長鮮寺は小野小町を追って京都からやって来た深草

記事を読む

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA ※この記事はFAN AK

記事を読む

【地元探訪】湯沢市役所と中央公園(お城山・学校山・湯沢城址)

 地元って言うがらにはまずこごがらだべ。  この企画がどういう方向にいくのかまだわからないが、

記事を読む

雪国、冬、静寂

 今年は暖冬で例年と比べて随分と遅くなったが、いよいよオーディオにとって最高の季節がやってき

記事を読む

【地元探訪・小野小町編】小町の郷公園

 道の駅おがち「小町の郷」から道を挟んだ側、物産館「菜菜こまち」に隣接する形で、「小町の郷公園」が広

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑