*

続・なぜ、オーディオなのか?

公開日: : 最終更新日:2014/01/11 オーディオ・ビジュアル全般, 雑記 , ,

 前回の続き。

 大枚を叩いて購入したHD595は、私にある確信をもたらした。
 「再生機器の音がよくなれば、好きな音楽をより楽しめるようになる」ということだ。
 音楽だけではない。「音の良さ」という要素は、容易に、映画やアニメといった映像に対しても巨大な威力を発揮した。映像を見る際の視点が完全に塗り替えられたと言っていい。「音」が、これほどまでに映像に強烈な意味を与えるものだとは思いもしなかった。音響、「サラウンド」というものが何故あるのか、何の為にあるのか、全身全霊で理解した。映像はむしろ音によって本物になるのだと私は気付いた。激甚な衝撃だった。
 映画でも音楽でもアニメでもゲームでも何でもいい。愛してやまない数々の作品、その感動をさらに増幅できる可能性を私は見た。作り手でもない、受け手、単なる消費者にすぎない私が、より能動的に作品を楽しめる可能性を得たのだ。
 オーディオ=再生環境に投資することで、より深い感動を得られる。そこで再生されるソースは何だっていい。そこに貴賎はない。
 より深い感動、オーディオとはそのためにこそある。

 オーディオは楽しい。機器を揃え、システムを構築する。無限に等しい組み合わせの中から、悩みに悩みながら自分に最適なものをひとつひとつ選び出し、自分だけの環境を作り上げていく過程は、正直言ってそれだけで楽しい。作品から得られる感動を増幅するという根本的な目的があるとはいえ、ただひたすらに音質を追求し、機器そのものを愛でる楽しみというのも間違いなくある。
 だからこそ、昨今の「オーディオ」という言葉に対して醸成されているイメージを非常に残念に思う。
 「オーディオカルト」などと揶揄される、例えば音質の追及のためにケーブル一本に巨額の投資を行い、音の変化に一喜一憂し狂奔する様。残念ながら、オーディオ業界自身がその様相を肯定し、盛んにその方向へと誘導していると言っていいだろう。「頭おかしいんじゃね?」という至極まっとうな外からの意見に背を向け、ひたすら内に内に閉じていっているのが紛れもない現状だ。とはいうものの、ケーブルでも何でも、「音をよくするために」高額な投資をしてもらわない限り、業界そのものが存続し得ないというのも事実であり、難しい。

 ただ、どこまで行っても、オーディオとはあくまで手段であるべきだ。少なくとも私はそう思う。
 どうか、「オーディオ」という趣味を、印象に残りやすい表層だけを見て「存在するかどうかも怪しい音の変化を求めて意味不明な高額投資を繰り返す狂信的行為」と断じないでほしい。
 オーディオの根本には、自分が愛する作品からより深い感動を得ようとする想いがあることを知ってほしい。

 私にとって、オーディオはあくまで手段で在り続けた。
 もちろん、多くのいわゆるオーディオマニアと呼ばれる人種がそうであるように、オーディオ機器そのものに魅力を覚え、手段――すなわち高音質の追及が目的化するような意識の局面も数えきれないくらい経験した。今だってそうだ。新しいスピーカーが、アンプが、プレーヤーが発表されるたび、私の心は焦がれて物欲にまみれる。
 ただ、私自身すごく幸運、あるいは幸福だったのは、前述した「オーディオとは自分が愛する作品から、より深い感動を得るためにこそ」という信条を失わなかったことだ。どんな機器を買おうが、どんなシステムを組もうが、根底には常にこの想いがあった。
 HD595が解きほぐした時の傷痕の深淵に、K701によって奏でられたKOKIAの歌声に心震え、初めて組んだサラウンドシステムで聴いた鴉-KARAS-第一巻冒頭、プライベート・ライアン冒頭の上陸シーンで筆舌にし難い昂揚を得た。感動こそが私のオーディオ遍歴の根底にあった。

 胸を張って言える、この趣味を初めてよかった、オーディオに投資して本当に善かったと。

スポンサーリンク


関連記事

「センタースピーカーさえ無ければ」と何度思ったことか

 今まで、何かしら試聴機が届くたびに、ラックの一番上のセンタースピーカーをどかしてスペースを作ってき

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第58回『ロボコップ』

画質:3 音質:8 映像はMPEG-2でビットレートは20Mbps前後。 音声はDTS-

記事を読む

UHD BDのローンチと今後の【BDレビュー】について

 3月1日を迎え、とうとうタイトルが発売されたUHD BD。  既にアメリカから輸入して実際に見た

記事を読む

Netflixを使ってみた

 ネットワークオーディオなんてものを実践して、TIDALやQobuzに価値を見出している以上、Net

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第69回『ブレードランナー』

画質・実写場面:7 特撮:10☆ 音質:10 映像はVC-1でビットレートは10台後半が中

記事を読む

【システム】 Victor DLA-X30

 むかしむかし、VictorのDLA-HD350を使っていたことがある。  部屋があまりにも狭くて

記事を読む

DTS:Xのソフトを片っ端から聴く

 片っ端っつっても3枚しか持っていないが。 Pioneer SC-LX59でDolby

記事を読む

【Roon Server】Salk Sound StreamPlayer Generation III

 Roon Serverのパートナーで気になったブランドその1。 Salk Sound Str

記事を読む

コンテンツに貴賎なし

 画質が良かろうが悪かろうが、音質が良かろうが悪かろうが、どんな機材や環境で再生・鑑賞しようが、作品

記事を読む

【音源管理の精髄・応用編】 サーバーソフトの複数同時運用 【ネットワークオーディオTips】

 サーバーソフトの複数同時運用。  今までに何度も言及してきたことだが、具体的にどんなメリットがあ

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 00Q より:

    私が「音楽」を意識しはじめたのは、ヱヴァQのサントラを購入し、PCにCDを入れて、iTunesで再生したのがきっかけでした。
    1トラック目から鷺巣詩郎の音楽に魅了された。
    それが、2012年の冬、初めてCDを買った日のことでした。

    その後、2度の映画館でのヱヴァQの鑑賞で、「音響」の素晴らしさを認識しました。
    1度目は展開に圧倒されて、音響を意識している余裕は無かったんですよ(笑)
    余裕の持てた2度目は、効果音と劇版の使い方が、声優の喋り方や息遣い1つが、どれほど重要かというのを教えられた気がします。

    それ以来、PCやテレビからの音では満足できなくなり、満足のいくスピーカーを探そうと、ネットを通してオーディオの世界に入り込みました。
    このサイトを知ったのも、その過程でです。

    結果、
    Pioneer 5.1ch サラウンドシステム HTP-S353
    ONKYO GX-77M
    この2つを購入。
    どれもオーディオ入門用です(笑)
    私は学生で、かつ都合でバイトが出来ないので、1年かけてこれらを買うのが精いっぱい。
    しかも、HTP-S353のリアスピーカーを置ける場所がなかったので、フロントに置くことに!
    後になって1万ほど高くなるがS757にすれば良かったと後悔。
    しかし、それらが私の音の世界を変えてくれました。
    とりあえず、サブウーファーの有る無しだけでもかなり違う。

    より良いオーディオ機器選びにはこのサイトを参考にさせてもらってます。その影響でネットワークオーディオにも興味が芽生えました。
    次は、YAMAHAのシステムコンポ「MCR-N560」を狙ってます。
    学生の身分では金額の問題で時間はかかるでしょうが、それは承知の上で。

    所詮は趣味です。
    ですが、だからこそ熱中できるし、自分の満足できるまで突き詰めたいと思う。
    マニアの性と言っていいのでしょうかね?

    ヱヴァQのレビューを楽しみにしてます。

    • sakakihajime より:

      00Qさん

      若い方が自発的にオーディオ趣味へ足を踏み入れるというのはとても嬉しいものです。
      そして、何かしらお役に立てているようで光栄です。
      善い絵、善い音で好きな作品を存分に楽しんでください。
      【ネットワークオーディオ】の領域へも、いつでもどうぞ。

      ちなみにヱヴァQは画質音質はさておき、映像的にも音響的にも序破からの演出力低下が著しく、あまりレビューをする気が起きません。
      絶賛するにせよ酷評するにせよ、「書きたい」と思う何かがない限り【BDレビュー】は書かない方針です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑