*

理想のオーディオ用PCを求めて ソフト編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日
理想のオーディオ用PCを求めて ハード編
理想のオーディオ用PCを求めて 設置・接続・音質編
理想のオーディオ用PCを求めて ミュージックサーバー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体プレーヤー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体サーバー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体Roon Server編

 器は万全。
 お次はソフト。


 まず、遠隔操作用にSplashtop 2を入れる。
 これでディスプレイもマウスもキーボードも不要で、iPadから通常のPC操作が可能になる。もっとも、最初の諸設定ではそれらを繋げているが……

 で、PCを音楽再生機器たらしめるソフトを一通り入れていく。
 用途や音の好みによってはこんなに必要ないと思うが、とりあえず。
 なお、音源は内蔵ストレージに保存している。


「ミュージックサーバー」とするために
JRiver Media Center(以下JRiver)
foobar2000
Hysolid(今後への期待も込めて)
Roon Server(※Controlも含めた全部入りのRoonももちろん使えるが、今回はあくまで「Roon Server」として使うことを念頭に置いている)


「単体サーバー」とするために
Twonky Server
Asset UPnP
MinimServer
Kazoo Server


「単体ネットワークオーディオプレーヤー」とするために
JPLAY/JPLAYStreamer
BubbleUPnP Server(JRiverとの組み合わせ)


 さらにこれらのソフトをスタートアップに登録して、PCを起動した時点で全機能が使えるようにしておく。
 あとは使用するUSB DACのドライバも入れて、セットアップは終了。
 各ソフトの設定やらOSの最適化やら何やら、音質のためにできることはまだまだあるが、これでPCを音楽再生機器として使えるようになった。
 動作はすべてのソフトにおいて自前のデスクトップPCとまったく遜色なし。音源用のストレージにSSDを使っている関係でむしろ速い。


 ちなみに、上記のソフトをすべて動かし、さらにRoon ServerでDSD128の音源を再生している状態の負荷はこんな感じ。
20160408evo01
20160408evo02

 CPUはおおむね20%未満、メモリは30%前後で推移している。
 CPUはSplashtop 2が最も使用し、それにTwonky Serverが続く。Roon Serverは想像以上に低いようで安心した。ControlをiPadのRoon Remoteに丸投げして自前で持たないことが奏功しているのだろうか。
 メモリはサーバーソフトなど、音源を扱うソフトが多く使用している印象。あとはJPLAYStreamerが想像以上に食っている。

 使い方を絞り込んでいけば、Splashtop 2を含めて使わずに済むソフトも多いので、負荷はもっと下げられる。
 ここまでくるとCore i5-T6600にメモリ8GBというのはいささかオーバースペックのようにも思えてくるが、やはり将来性を考えた際の安心感が違う。音質への影響は……それこそCPU以外はまったく同じ構成のPCを用意でもしない限り検証のしようがない。


 今回インストールしたソフト群の使い勝手は百も承知なので、あとは、聴いて、どうか。
 どうだ。



【理想のオーディオ用PCを求めて】canarino fils ― デジタル・ファイル再生の原器


Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第115回『FFⅦAC コンプリート』

画質:8 音質:5 映像はAVC、ビットレートは随時変動。 音声はドルビーTRUEHDの

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第144回『白雪姫』

画質:15 音質:6 映像はAVC、音声は英語日本語共にDTS-HDMA、7.1ch

記事を読む

LFEとサブウーファーの意義を考える

 LFE。  Low-Frequency Effect。  映像音声にディスクリート収録(.1c

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第193回『ロビン・フッド』

最後のアレがやりたかっただけだろ! ライアン病患者乙!! 画質:9 音質:9

記事を読む

【音源管理の精髄】 ネットワークオーディオにおけるプレーヤーの役割 【ネットワークオーディオTips】

 復習と予習を兼ねて、以下の二つの記事を読んでほしい。 ネットワークオーディオの三要素――

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第157回『第9地区』 北米盤

画質:9 音質:12 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

【UHD BDレビュー】第13回『ローン・サバイバー』 北米盤 【DTS:X】

【BDレビュー】第270回『ローン・サバイバー』 画質:11 (画質はHD環境・B

記事を読む

【インプレッション】逢瀬 WATERFALL Power 400 運用・音質編

【インプレッション】逢瀬 WATERFALL Power 400 外観編  使用中は結構な

記事を読む

【Roon & RoonReady】sMS-1000SQ Windows Edition & sMS-200 【Munich HIGH END 2016】

<HIGH END>SOtM、世界に先駆けたRoonServer「sMS-1000SQ Window

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

再生ソフトを用いたPCのサーバー化――最も簡単なネットワークオーディオの形 foobar200

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

canarino Fils 単体サーバー編 その2

その1  懸案だったアナログ電源を手に入れて状況が整ったので

→もっと見る

PAGE TOP ↑